フランス料理で絶対おさえておきたい定番料理10選!

3,477

views

0

みなさんは本場のフランス料理と言ってもピンと来るものありますか? 見たことはあるけど、名前がわからないと言う食べ物もあると思います。なので、今回はフランスに来たら是非試してほしい定番料理を紹介します♪

①ウフ・マヨ (OEUF MAIYONNAISE)

ウフとはフランス語で卵のことです。ウフマヨ(ウッフ・マヨネーズ)とはゆで卵にマヨネーズをかけただけのシンプルな料理です。

卵の味は決まってるので、味の決め手はマヨネーズ! きちんとしたレストランではこのマヨネーズソースにこだわってます♪ 前菜の定番なので、シンプルな料理ですが試してみて下さい☆

②生ガキ (huîtres entières)

ヨーロッパでフランスは牡蠣の生産第一位の国です。秋から冬にかけて、色んなレストランで生牡蠣を提供してます。
日本のように焼いたり揚げたりとか調理せずに、生の牡蠣にレモンやビネガーなどをかけて食べたりが基本です♪
新鮮で美味しいですが、やはり牡蠣なのでもしかしたら、あたることも…。それなりの覚悟も必要かも…。

③エスカルゴ (escargot)

エスカルゴとはカタツムリのことですが、食用のエスカルゴは専門の施設で飼育され、餌なども管理されていて野生のカタツムリとは違います。なので野生のカタツムリを採って調理しても危険極まりないのです。

と、話がズレましたがブルゴーニュ地方の郷土料理とも言われるエスカルゴ。きちんと処理したエスカルゴの殻にパセリやニンニク、エシャロットのみじん切りをあわせたバターとともに詰め、オーブンで焼いたものです。ワインによく合うので、前菜に是非とも♪

④牛ステーキとピュレ (noix dentrecote puree)

牛のステーキの付けあわせに、欠かせないのがじゃがいもをすりつぶして牛乳やバターなどで味を整えたピュレ♪
殆どのパリのレストランではこのように提供してくれます☆ ステーキの味の決めてとも言えます♪

⑤黒ブーダン (boudin)

豚の血と脂で出来た腸詰の1つ(血のソーセージ)。血を使ってるから、生臭いのでは?と思うかもしれませんが、生臭さもなく、フワフワで想像してたものとは違うと思います。

食べ方は至ってシンプルで茹でた黒ブータンにサラダや野菜を添えたりして、食べます。デリでも見かけることがあるので、フランスに来たら是非試してみて下さい♪

⑥牛肉のタルタル (steal tartare)

ステーキ料理の1つ、生の牛肉や馬肉を粗みじん切りにし、オリーブオイル、塩こしょうで味付けし、たまねぎやニンニク等の薬味も混ぜて卵黄を添えたものです。日本では生の牛肉(ユッケ)を食べる機会が減ってるので、ユッケ好きだった人はパリに来た際には是非ステーキタルタルを♪ 薬味でさっぱりした味付けですが、間違いなく美味しいです☆

⑦砂肝のサラダ (Salade Landaise)

サラダと聞いたら副菜のように思いますが、結構なボリュームです。日本では砂肝を手に入れることは難しいですが、パリではスーパー等でも見かけたり手に入れやすい食材です。サラダがメインディッシュと言っていい程の野菜やお肉の量が多いので、他にメインを頼むときはお腹とご相談を♪

⑧クレーム・キャラメル (Creme Caramel)

通称カスタードプリンのことです。昔からパリのビストロでデザートとして出され、全世代の人に愛され続けてます。本場で食べるプリンはまた一段と美味しいので、是非デザートに♪

⑨フォアグラのテリーヌ (Terrine de Foie gras de Canard)

フォアグラとはもともとダチョウの肝臓ですが、近年は鴨の肝臓や胸肉も出回ってます。テリーヌはどちらかのフォアグラを用いて、テリーヌ用の型に敷き詰めオーブンで焼き、そして1日程冷やしてと言う料理で、フランス料理の前菜によく見られます。

フォアグラと言うと高級食材で高いイメージですが、フランスでは日本で食べるよりそこまで高くないので、是非パリに来られた時はお試しを♪

⑩フロマージュ・ブラン (fromage blanc)

フロマージュブランとは白いチーズのことです。日本ではチーズケーキでのイメージで強いと思いますが、フランスでは脂肪分0%のフロマージュブランは赤ちゃんの離乳食などにも使われていたり、ヨーグルとの様な食べ方もしています。

このチーズに味はないので、オリーブオイルや塩で味付けて、生野菜と食べても最高です♪ スーパーなどでも安く売ってるので、是非フランスに来た時には食べてみて下さい♪

★定番フランス料理が食べれるレストラン

ビストロ・ヴィクトワール (BISTROT VICTOIRES)

パリ1区にあるビストロ。メインでも10€〜とお値段もお安めで、定番のフランス料理が食べれるお店♪タルタルステーキも砂肝サラダもあります☆ お値段安くて美味しいので、是非お立寄を♪

ビストロ・ヴィクトワール (BISTROT VICTOIRES)
住所:
6 rue de la Vrillière
75001 Paris
営業時間:
8:00~23:30
営業時間に関する備考:
土・日は10時開店
定休日:
なし
アクセス メトロブルス/ Bourse(3番)
サンティエ/ Sentier( 3番)
電話番号 01 42 61 43 78

ミロワール (Miroir)

モンマルトルにある実力派シェフで話題のビストロ♪ リーズナブルで美味しい定番のフランス料理が食べれます。店員さんの対応がとても丁寧だし、こじんまりとしてて居心地が良いお店です☆

ミロワール (Miroir)
住所:
94 Rue des Martyrs, 75018 Paris
営業時間:
12:00~14:00
営業時間に関する備考:
夜は19:30〜22:00。土曜は夜のみ営業
定休日:
日曜・月曜日 1/1 5/1 7月下旬〜8月上旬 12/25
アクセス:
Abbesse駅から徒歩3分
電話番号:
01.46.06.50.73

ル・バー・ア・ユイットル モンパルナス (Le Bar a Huitres)

モンパルナスにあるシーフードレストラン。店の前に水槽や魚が並べられてたりですぐ見つけやすいです♪ お値段は高いですが、パリで新鮮な生牡蠣を食べれるお店なのでオススメです☆ただ、生牡蠣は十分気をつけて下さい。

ル・バー・ア・ユイットル モンパルナス (Le Bar a Huitres)
営業時間:
12:00~24:00
定休日:
なし 
アクセス:
ヴァヴァン(VAVIN)駅の近く
電話番号:
01.43.20.71.01

いかがでしょうか?パリにはまだまだ上記のレストラン以外にも沢山のレストランがあり、定番のフランス料理を食べることができます♪ 日本でフランス料理と言うと大きいお皿の真ん中にちょこんと料理が乗ってるイメージですが、フランスでは量が多いです。なので、注文のしすぎには気をつけて下さい☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • フランス・パリのブランドセール!お得すぎるパリのバーゲン...

    デザインや芸術が溢れるフランスは現在も有名ファッションブランドやデザイン性の高い雑貨が多くある町です。そんなフランスは税金も高いことで有名なのですが、貴重なセールが年に数回あります。今回は買い物女子注目のフランス行くならチェックしておくべきフランスのセール情報を紹介します。

  • パリで美術館巡り!必ず行くべき人気の個性派ミュゼ5選

    オシャレな街の代名詞でもあるパリに来たのなら、やはり外せない観光スポットといえばミュゼ(美術館)!パリ市内エリアだけでも数多くの美術館が点在しているので、全部を制覇しようなんて考えると大変な労力と多大な時間が必要になります。そこで今回はパリの中でも、異彩を放つイチオシの個性派ミュゼをご紹介します!

  • フランス・コニャック地方でブランデー工場見学!人気のコニ...

    コニャックは最高級のブランデー。フランスのコニャック地方周辺では数多くの会社が、こだわりのコニャックを製造しています。街に広がる独特の黒カビの風景はコニャックの代名詞といっても過言ではありません。大人のお土産にもおすすめなコニャック情報をご紹介します。

  • フランス・ドンペリワイナリーの聖地シャンパーニュ地方旅プ...

    ドンペリの愛称で親しまれている最高級のシャンパンは私たちの憧れです。ドンペリにとどまらず、晴れの席でのシャンパンは私たちの生活には今や欠かせないものとなりました。そんなシャンパンの秘密とドンペリが製造されているワイナリーへの見学をご紹介します!

  • フランス・ノルマンディー観光へ!本場カルヴァドスを求めて...

    フランス、ノルマンディー地方カルヴァドスには厳しい条件のもとお酒を造り続ける人たちがいます。その上質なブランデーの味といえば、お酒好きにはたまりません。ノルマンディー地方でカルバドスを楽しめるお店やその他ノルマンディーの素敵な観光スポットと共にカルバドスについてご紹介します。

  • フランス・ブルゴーニュ地方ワイン見どころ大発見!ワイン愛...

    フランスのブルゴーニュ地方と言えば、言わずと知れたワインの一大産地。ブルゴーニュ地方のワインのあれこれとおすすめのワイナリー見学、そしてワイン祭りをご紹介します!

今週の人気記事