【ドイツ】アルプス山脈の絶景を味わう「アルペン街道」ハイライト

8,456

views

0

ドイツ・アルプス山脈の自然を思う存分堪能できるアルペン街道♪第一次世界大戦後、ドイツ初の観光街道として誕生しました。ルートは、ドイツ南西部のボーデン湖に佇むリンダウという街からベルヒテスガーデンまでの約450Km。アルプスの風を感じられる美しい街道をご紹介しましょう!

リンダウ (Lindau)

出典: www.citi.io

ドイツ・スイス・オーストリアの3国に面しているボーデン湖。リンダウは、その東側に浮かぶ島にある小さな町です。駅のすぐ前に港が広がり、バイエルン州の象徴「ライオンの像」が佇む灯台によって見守られています。町中は、ドイツらしい切妻屋根の旧市庁舎や壁にたくさんのだまし絵が描かれている博物館、教会にマルクト広場など、のんびり散策しながら観て回れます。

リンダウ (Lindau)
住所:
Lennart-Bernadotte-Haus, Alfred-Nobel-Platz 1, 88131 Lindau
アクセス:
EC特急でミュンヘンから約2時間15分。オーストリアのブレゲンツへは、普通列車で約10分。
◇観光案内所
営業日:
月~金10:00~12:00、14:00~17:00(1月上旬~4月上旬)、月~土10:00~18:00、日10:00~13:00(4月中旬~10月上旬)、月~金10:00~12:00、14:00~17:00(10月上旬~12月下旬)
電話番号:
08382-260030

ミッテンヴァルト (Mittenwald)

カーヴェンデル山脈を背にして広がる小さな町。家々の壁面に描かれているフレスコ画を見たドイツの文豪ゲーテが、この町を「生きた絵本」と称するほど。フレスコ画のバックに山脈…これ以上の絵本はないのではないかと感嘆する風景が続く町です。

ミッテンヴァルト (Mittenwald)
住所:
Dammkarstraße 3, 82481 Mittenwald
アクセス:
ドイツとオーストリアの国境にあたる。ミュンヘンからPB(普通)列車で約1時間50分。オーストリアのインスブルックから約55分。
◇観光案内所
営業時間:
月~金8:30~18:00、土9:00~12:00(11月上旬~12月中旬と4月の月~金は~17:00、土は休業)
電話番号:
08823-33981

バイオリン博物館 (Geigenbaumuseum)

17世紀にイタリアでバイオリン作りをマスターしたマティアス・クロッツという職人が、この町にバイオリンをもたらしました。以来、この町は世界中のバイオリン製作者の聖地になるわけです。博物館では、そのバイオリン製作にまつわる歴史や品々が展示されており、それまで主だった産業がなかったミッテンヴァルトの歴史そのものを知ることができます。

バイオリン博物館 (Geigenbaumuseum)
住所:
Ballenhausgasse 3, 82481 Mittenwald
開館日:
10:00~17:00(2/1~3/15、5/15~10/14、12/7~1/6)、11:00~16:00(1/7~1/31、3/16~5/14、10/15~11/3)
閉館日:
月、11/3~12/16・24・31
料金:
€4.50、学生€3.50
電話番号:
08823-2511
アクセス:
ミッテンヴァルト駅から0.8km、徒歩 10分

ガルミッシュ・パルテンキルヒェン (Garmisch-Partenkirchen)

元々はガルミッシュとパルテンキルヒェンという別々の街が存在していましたが、1936年に冬季オリンピックを開催するにあたり、基準を満たすため合併した街。ツークシュッピッツェというドイツ一の高さ(2962m)を誇る山もあり、夏はハイキング、冬はスキーと世界中から絶景とスポーツを堪能しに観光客が訪れます。

ガルミッシュ・パルテンキルヒェン (Garmisch-Partenkirchen)
住所:
Richard-Strauss-Platz 2, 82467 Garmisch-Partenirchen
アクセス:
ミュンヘンからRB(普通列車)で所要約1時間25分。
◇観光案内所
営業時間:
月~金9:00~17:00、土9:00~15:00、夏期・スキーシーズンは月~土、9:00~18:00、日・祝10:00~12:00
電話番号:
08821-180700

ガルミッシュ・クラシック (Garmisch Classic)

アルプシュピッツェ山麓中腹に広がるエリア。高所恐怖症でなければ、絶対に行っていただきたいアルプスピクスという展望台があります。崖からニョキっとせり出した、バツの字に交差している二つの展望台の端っこの足元はシースルー!!迫力満点の景色が広がります。

ガルミッシュ・クラシック (Garmisch Classic)
アクセス:
アルプスピッチェロープーウェイでOsterfelderkopf 下車

オーバーアマガウ (Oberammergau)

10年に1度、村人が総出で「キリスト受難劇」を上演することで有名な村。1632年にペストが流行したとき、村全体でキリストに祈りを捧げることにより、ペストの被害を免れたという。以来、ずっと受難劇を上演し続けているというから、村人の信仰心は想像以上に厚いものです。

オーバーアマガウ (Oberammergau)
住所:
Eugen-Papst-Straße 9A, 82487 Oberammergau
アクセス:
鉄道/ミュンヘンからRB(普通列車)で約55分のムルナウで乗り換えて、さらに約40分。バス/フュッセンから9606番で約1時間30分。
◇観光案内所
営業時間:
月~金9:00~18:00、土9:00~13:00
電話番号:
08822-922740

リンダーホーフ城 (Schloss Linderhof)

王として執務に従事することなく、自分の趣味の世界に生きた「メルヘン王」ルートヴィヒ2世が1878年に建てた城。贅をつくしたロココ調の城内とワーグナーのオペラ「タンホイザー」に出てくるヴィーナスの洞窟は必見!

リンダーホーフ城 (Schloss Linderhof)
住所:
Linderhof 12, 82488 Ettal
開館時間:
9:00~18:00(3/28~10/15)、10:00~16:00(10/16~3/31)
休館日:
12/24、25、31、1/1、カーニバルの火曜
料金:
€8.50
電話番号:
08822-92030
アクセス:
鉄道 オーバーアマガウ駅から13km、バス(9622番) 20分

プリーン (Prien am Chiemsee)

キーム湖畔にあるリゾート地。遊覧船のある船着場まで、プリーン駅前から出ているSLでのんびりと風景を楽しめます。それと反対側に広がる町の中心部であるマルクト広場周辺は、博物館などの見どころがあります。

プリーン (Prien am Chiemsee)
住所:
Alte Rathausstraße 11, 83209 Prien am Chiemsee
アクセス:
ミュンヘンからEC特急または私鉄Meridianで所要約55分。
◇観光案内所
営業時間:
月~金8:30~18:00、土8:30~16:00(5~9月)、月~金8:30~17:00(10~4月)
電話番号:
08051-69050

ヘレンキームゼー城 (Schloss Herrenchiemsee)

バイエルン国王ルートヴィヒ2世により1878年から1886年まで作られていた、キーム湖に浮かぶ未完の夢の城。陶酔していたルイ14世のベルサイユ宮殿を模して作られました。マイセンの巨大シャンデリアや美しい庭園。未完ながら豪華で素晴らしいお城です。

ヘレンキームゼー城 (Schloss Herrenchiemsee)
住所:
83209 Herrenchiemsee
開館時間:
9:00~18:00(4~10月下旬)、9:40~16:15(10月下旬~3月)
休館日:
1/1、12/24、12/25、12/31、カーニバル火曜
料金:
€8
電話番号:
08051-68870
アクセス:
鉄道 プリーン駅から船着場へ行き、さらに島までボート15分、そこから徒歩20分。

ベルヒテスガーデン (Berchtesgaden)

オーストリアの国境に近いドイツ有数の高級リゾート地。ケールシュタインハウスと呼ばれる、1940年に建てられたヒトラーの山荘があることで有名です。ヒトラー専用エレベーターが完備され、山頂からの雄大な景色が一望できます。また古来より岩塩の採掘が盛んで、現役で使われている岩塩坑の内部も観ることができます。

ベルヒテスガーデン (Berchtesgaden)
住所:
Königsseer Str. 2, 83471 Berchtesgaden
アクセス:
ミュンヘンから私鉄Meridianで約1時間40分のFreilassingでBLBに乗り換えてさらに約55分。
◇観光案内所
営業時間:
月~金8:30~18:00、土9:00~17:00、日・祝9:00~15:00(6月中旬~10月中旬)、月~金8:30~17:00、土9:00~12:00(10月中旬~6月中旬)

出典: hqwall.net

ドイツ・アルペン街道を駆け足でご紹介しましたがいかがでしたか?他の観光街道に比べて、雄大な自然を色々な方法で満喫できるコースですし、国境近くにあるため他の国へも訪れやすい!南ドイツを訪れたら是非おさえておきたい観光街道です♪

maorun

旅行と食べ歩き大好きの神戸っこです☆センス溢れる記事を目標に頑張ってます!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランクフルト観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき...

    フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

  • 革製品ならドイツブランド!高品質で実用的なドイツブランド...

    品質が非常に優れているので、世界中に多くのファンを持つドイツブランド。革製品をはじめとしたドイツブランドの中から、有名なブランドをご紹介します♪

  • ドイツの古都アーヘン!旧市街で行くべき観光おすすめスポット

    アーヘンといえば、歴代の神聖ローマ皇帝・カール大帝が戴冠式を挙げたドイツでも最も西の都市。古き良き温泉町としても有名ですが、忘れてはいけないのが世界遺産第1号のアーヘン大聖堂です。そこで今回は、大聖堂を含めたアーヘン旧市街の必見ポイントをご紹介したいと思います。

  • ドイツ・ローテンブルクでお土産購入!マルクト広場周辺おす...

    中世の宝石箱とも呼ばれる、ローテンブルク。ロマンティック街道に古城街道が交差し日本とは全く異なる雰囲気を味わえます。せっかく素敵な街に行ったのだから、お土産にもこだわりたい!!そんなみなさまにおすすめのお土産屋さん3店を紹介します♪

  • ドイツのおすすめお土産15選!絶対買いたい人気のビール、コ...

    ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

  • ベルリン4大蚤の市4選!掘り出し物やアンティークに出会え...

    ベルリンに旅行する際の日程に週末が含まれていれば、是非行っていただきたいのが蚤の市。ドイツの人たちは街を見てもわかるとおり、物を大切にしています。保存状態の良い陶器や家具などがたくさんあって、プロもこぞって仕入れに来るほど!早速ご紹介しましょう♪

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事