エジプトおすすめ観光スポット13選!ピラミッドで撮れる面白い写真も!

14,370

views

0

歴史、文化、風景、食事、全てにおいて独特で、謎が多く神秘的な国エジプト。ピラミッドやスフィンクス等の有名な文化遺産を始め、ラクダや馬にのって砂漠を散歩してみたり、街中のカフェで本場の水タバコを吸ったり、伝統衣装を着てモスクに入ったり、日本では味わえない体験が可能。そんな神秘的な国、エジプトで必ず行くべき観光スポットを紹介します。

10.王家の谷

王家の谷は先ほどルクソール神殿をご紹介した際に少し触れた通り、ルクソールの西側にある世界遺産です。英語では「ヴァレー・オブ・ザ・キングス(Valley of the Kings)」と呼ばれており「キングス(Kings)」という複数形の表現からお察しの通り、王家の谷は複数の王様を祀った場所です。
名前の由来はここに古代エジプトの新王国時代(紀元前1570年頃 から紀元前1070年頃で、古代エジプト文明が最も栄えたとされる時代)の王様たちの墓が集中している為。現在までになんと24箇所の王墓を含む64箇所の墓が発見されており、現在でもまだなお新しい発見は続いています。

上の写真はラムセス6世の墓へと続く道です。ラムセス6世は紀元前1141年 から紀元前1133年頃に生きた時の王様(ファラオ)と言われており、この頃はちょうどエジプトの新王国時代の繁栄が衰退しはじめた頃と言われています。
ラムセス7世の墓の発掘に始まり、ツタンカーメンの墓が現在最も新しい発見とされている王家の墓。墓の中のいくつかは見学可能ですが、来訪時期によってどれが見られるかは随時異なるので是非王家の谷への旅行を計画されている方は、事前に修復作業状況に係る最新情報を入手してから訪ねてみてください。
また、一つ一つがとても大きいのである程度時間を取って見学する、もしくは事前に行きたいところを洗い出してから向かうことをオススメします。

王家の谷(Valley of The Kings)
住所:
West Bank of Luxor
アクセス:
ルクソールのナイル川フェリー乗り場から車で約15分
入場料:
史跡により異なる
営業時間:
史跡により異なる

11.フィラエ神殿

先述のアブシンベル大神殿と是非セットで訪れたいのがこちら「フィラエ神殿」です。両者は決して隣同士にあるわけではないのですが「アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」としてセットで世界遺産登録されている為、2つ見ると感動もひとしおですよ。フィラエ神殿もアブシンベル神殿と同様にアスワン・ハイ・ダム建設計画の際、一度消滅(水没)の危機にさらされたのですが、世界中からの援助によって一命をとりとめました。
現在フィラエ神殿があるのはエジプトの南に位置するアスワン(Aswan)近郊の「フィラエ島(Philae, island)」で、アスワンはヌビア地方の都市の一つです。

実は現在フィラエ島と呼ばれているものの正体は「アギルキア島(Agilkia Island)」という名前の島です。フィラエ神殿はアスワン・ハイ・ダム建設計画によってフィラエ島の隣のアギルキア島にそっくりそのまま移設され、アギルキア島もフィラエ島と呼ばれるようになりました。神殿へは周辺の船着き場より頻繁にボートが出ているのでそちらに乗って向かいましょう。約10分で島に到着。船着き場を降りて真っ直ぐ進むと、まもなく眼前にイシス神殿(Temple of Isis)が現れます。写真はイシス神殿の第一塔門という場所で、門をくぐるとまもなく誕生殿・第二塔門・本殿へと続きます。

フィラエ神殿(Temple of Philae)
住所:
Agilkia Island
アクセス:
周辺船着き場より船で10分
入場料:
40EGP

12.黒砂漠・白砂漠

「エジプトと言えば砂漠!」という方も多いのではないでしょうか?お察しの通り、エジプトには砂漠がたくさん!その中で特に人気が高いのが世界的にも珍しい黒砂漠・白砂漠です。
上の写真が黒砂漠で、場所はエジプトの中北部に位置するリビア砂漠にあるバハレイヤオアシス(Bahariya Oasis)からファラフラオアシス(Farafra Oasis)の間にあります。オアシスとは乾燥地域における緑地のこと。黒砂漠にやってくると辺り一帯は太古に噴火した真っ黒な火山岩(Dolerite,ドレライト)で覆われた山がにょきにょきと連なっており、遠くから見ると黒々と光って見えます。

こちらは白砂漠の写真です。なんとも不思議な白色の奇妙な岩々の織りなす風景!「砂漠」と言えば、見渡す限り砂しかないと思っていた方は、この写真を見てさぞかし驚かれたのではないでしょうか?
メレンゲのような雪のようなまっしろ岩の正体はなんと石灰岩で、白砂漠はかの昔、海底でした。その時海底に積もった珊瑚などの死骸が石灰となって固まり、それが何千年もの時を経て陸となり風にさらされ現在のような不思議な形となったそうです。
風でこのような形になるなんて本当に不思議ですね。白砂漠・黒砂漠のあるエリアはカイロからバスで約5時間と決してアクセス抜群とは言い難いのですが、こんな光景滅多に見られません。ぜひ、思い切って足を運んでみてはいかがでしょうか?

黒砂漠・白砂漠(Black desert and white desert)
住所:
Bahariya Oasis, Farafra Oasis
アクセス:
カイロから車で約5時間

13.紅海リゾート

紅海と書いて「こうかい」と読みます。エジプトと言えば砂漠のイメージが強く「水」とは到底縁のない印象がありますが、実は世界的な高級リゾート・ダイビングスポットとしても有名で、他では決して体験することの出来ない最高のマリンスポーツを楽しむことが出来るんですよ!
特に写真でご紹介しているシャルム・エル・シェイク(Sharm el-Sheikh)というシナイ半島(Shibh Jazīrat Sīnā')の先端にある街は、ヨーロッパから多くの観光客やダイバーが足を運ぶ一大有名スポット。特に5月から10月にかけてのバカンスのシーズンは、紅海自体が抜群の透明度を誇り、日本ではお目にかかることの出来ないサンゴ礁やカラフルな魚たちを愛でることが出来るでしょう。

また、紅海は冬場も潜ることが可能で、夏よりも更に水の透明度が増すため写真撮影などにももってこい。是非これを機にダイビングの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?
実は紅海は「世界一コスパの良いリゾート地」としても名高く、世界でも類を見ないほどリーズナブルなお値段でダイビングのライセンスをゲット出来ることでも有名です。いつかダイビングライセンスを取得したい!と考えていた方にはもってこいですね。それ以外のマリンレジャーも格安で楽しむことが出来、サーフィン・パラセーリング・シュノーケリングなど日本でもおなじみのアクティビティも各種体験可能です。是非エジプトに行く際は水着のご用意をお忘れなく!

紅海(Red Sea)
住所:
Red Sea
アクセス:
シャルム・エル・シェイク空港より車で5~10分でリゾート地域にアクセス可能

いかがでしたか?

日本とは全く違う街並みや文化遺産の数々に思わず写真に収めたくなるようなものがたくさん発見できたのではないでしょうか?!是非沢山SNSにアップして旅を楽しんでくださいね!ちなみに写真を見ているといかにも「暑そう!」というイメージを持たれたと思いますが…実際かなり暑いです!笑
しかも、日本と同じで温暖化の影響でエジプトはどんどん暑くなっているそう。4月頃から40度になる日もあり、10月頃まで暑さのピークは続くので、クリスマスや冬休み、春休み頃に行くのがベストかもしれません。この頃になると日中は日差しもやわらかでいくぶん気持ちよく過ごせます。もちろん砂漠気候なので夜は結構冷えます。お出かけ前には絶対に天気予報をチェックしてくださいね。

この記事を書いたのは―

TapTrip 公式Travel Model ― Romi

  • 1
  • 2

Romi

東京都港区在住の26歳。
国内外問わず旅行が大好き。1人で5ヶ月かけて25都市とまわる世界旅行にでた経験も。
実際に自分が行った場所で体験した内容を、自分の写真を使いつつ記事にしていきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • エジプトの人気お土産決定版!バザールでゲットできるおすす...

    友人へのお土産って、何を選んだら良いのか迷うものですが、そんな悩める時間も最大限楽しめるのが、エジプトです。テレビで観るより、実際に、その目で見つめるファラオやスフィンクスの思い出は、旅人経験値アップ!異国情緒溢れるバザールでは、他の国にはない掘り出し物が、安く、たっくさん揃っていますよ!

  • エジプト基本情報 【お金編】

    スフィンクスにギザの3大ピラミッドなど、誰もが知る観光スポットがひしめく悠久の歴史を誇るエジプト。しかし、使われている通貨については、意外にどのようなものか知られていません。観光旅行をする時に役立つ両替のやり方や、チップ事情、エジプト特有の「バクシーシ」という習慣など、お金に関する豆知識をまとめました。旅行に出かける前に、是非事前に確認いただけたらと思います。

  • エジプト・カイロで観光しながらプチプラお土産探しプラン!...

    エジプトに行ったら買って帰りたい手軽なお土産をご紹介します。エジプトのカイロには素晴しい観光名所がいっぱい!思い出を沢山作ったら、その合間に市場やスーパーを回って小さな思い出のお持ち帰り・おすそ分けはいかがですか?手のひらサイズのアラバスターの置きものやお気に入りのエジプトの味をお家で味わうのもいいかも。

  • スイーツ好きなら絶対食べて!伝統のエジプシャン・デザート

    エジプト料理のデザートと言われてもピンとくる人は少ないかもしれません。実は、エジプト人は甘いものが大好き!甘党のあなたも大満足の伝統的なエジプシャン・デザートを紹介しちゃいます。思わずびっくりする甘さのものから、ちょっと変わった素材を使ったものまで、日本では味わえないエジプトの味を楽しんでみてください。

  • エジプト基本情報 【気候・服装編】~エジプトの冬は東京並み...

    灼熱の太陽に砂漠の国といったイメージのエジプト。実際にイメージ通りの国なのでしょうか。これからエジプト旅行を計画している方は、訪れるエリアにより気候や服装も異なるので、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • ミネラルウォーターだから安心!ではない?エジプトの水ガイド

    エジプトでは、水を飲むならボトルに入ったミネラルウォーターがおすすめ。しかし、ミネラルウォーターというだけで安心とは言えないので要注意です!エジプトのミネラルウォーターは硬度が高いものがあり、日本人はおなかを壊してしまうことも。ここでは日本人でも安心して飲めるボトルウォーターを集めてみました。エジプトに行かれる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

このエリアの新着記事
  • エジプト・ルクソール西岸アメノフィスホテルは、じっくり観...

    西岸観光の重要ポイント、遺跡のチケットオフィスに近いホテル。メムノンの巨像周辺の発掘隊御用達。長期滞在者にはフラットや一軒家のレンタルも可能。ルクソール西岸を満喫する拠点には最高のローケーションです。 フラットはハブ神殿の正面!ホテルも朝から夜のライトアップまで神殿ビューが楽しめます。

  • エジプト・ルクソールで行くべき観光スポット「カーターの家...

    幻の少年王ツタンカーメンの存在を信じて発掘を続けた、イギリス人考古学者ハワード・カーター。20世紀最大の発見といわれるツタンカーメン王墓の発見と、その後の発掘の拠点ともなったカーターの家で考古学者になった気分を味わってみませんか。ツタンカーメン王墓のレプリカも併設されています。

  • エジプト・カイロのイスラーム地区で人気の観光スポット5選...

    カイロはアフリカ最大の都市でありエジプトの首都。東洋の魅力と中東の側面両方の印象を持つ場所として観光の要所となっています。特にイスラーム地区は宗教色が色濃くあるので、神秘的であり静寂さが伺えます。世界遺産にもなったこの町の散策スポットを紹介します。

  • エジプト・ルクソール最高級ホテル「ウィンターパレス」で優...

    ルクソールのランドマーク!ウィンターパレスは一度は泊まってみたいゴージャスホテル。エジプトの冬は冷え込みが厳しく、ルクソールはそんなエジプトでの避寒地となっています。王侯貴族やアガサ・クリスティなどの著名人に愛された19世紀のホテルです。

  • エジプト観光で行くべきパワースポット!ルクソール神殿と神...

    ファラオの時代約2000年の間エジプトの都として栄えたテーベ(ルクソール)は「古代都市テーベとその墓地遺跡 」として世界遺産に登録されています。古代からの熱いエネルギーは今も人々にパワーを与えているようです。現在は一角がモスクになり多くの人の憩いの場になっています。

  • エジプト・ルクソールで観光でおすすめ!偉大な建築家ハッサ...

    古代の遺跡で有名なルクソール西岸には、現代の有名建造物もあります。泥棒村の異名を持つ、遺跡の上に立っていたクルナ村の移転先の現状は? エジプト生まれの中東を代表する建築家ハッサン・ファトヒーのつくった村と日干し煉瓦のお宅拝見!

  • カイロ最大!ショッピングモール「スターズセンター」で絶対...

    600以上もの店が軒を連ねるカイロ最大のショッピングモール「スターズセンター」。カイロに滞在するなら絶対に訪れたいお買い物スポットです。洗練された雰囲気に思わずうっとり♪日本食レストランやシネマコンプレックスまであるスターズセンターで、ぜひ行っておきたいエジプトらしいお店をご紹介します。

  • エジプト・カイロで観光しながらプチプラお土産探しプラン!...

    エジプトに行ったら買って帰りたい手軽なお土産をご紹介します。エジプトのカイロには素晴しい観光名所がいっぱい!思い出を沢山作ったら、その合間に市場やスーパーを回って小さな思い出のお持ち帰り・おすそ分けはいかがですか?手のひらサイズのアラバスターの置きものやお気に入りのエジプトの味をお家で味わうのもいいかも。

  • エジプトの人気お土産決定版!バザールでゲットできるおすす...

    友人へのお土産って、何を選んだら良いのか迷うものですが、そんな悩める時間も最大限楽しめるのが、エジプトです。テレビで観るより、実際に、その目で見つめるファラオやスフィンクスの思い出は、旅人経験値アップ!異国情緒溢れるバザールでは、他の国にはない掘り出し物が、安く、たっくさん揃っていますよ!

  • エジプト旅行カイロ観光必見3大スポット大特集!7000年の時を...

    エジプトの首都カイロには古代の歴史を感じることができるたくさんの観光スポットがあります。今回はそれらの中でも、特にオススメのスポットを3つご紹介したいと思います。7000年の時をさかのぼる歴史ロマン旅へ出掛けましょう!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事