ドイツ旅行で食べるべき人気ドイツグルメ8選!ソーセージやパンが絶品!

3,157

views

0

ドイツと聞いて、まず思い浮かべるグルメは何でしょうか。ビールも勿論世界的に有名なグルメですが、パンとソーセージも欠かせません。パンはドイツ語で「ブロート(Brot)」、ソーセージは「ヴルスト(Wurst)」といいます。ブロートはおよそ1,500種類、ヴルストもおよそ1,500種類もの数がドイツには存在するのです。まさに、ブロートとヴルストの王国!その中から代表的なものをピックアップしてご紹介したいと思います。

テューリンガー(Thüringer )

ドイツで最も人気のあるソーセージです。ニンニクやハーブがたっぷりと練りこまれており、炭火焼きにして食べるのが正統派の食べ方なのだとか。また、テューリンガーはソーセージの基本中の基本ともいわれるほどです。テューリンガーの存在なしには、他のソーセージは生まれていなかったかもしれませんね。

ヴァイスヴルスト(Weißwurst)

ミュンヘンの名物、白ソーセージです。仔牛肉が原料となっており、ソーセージとは思えないほどふわふわな食感が特徴です。ミュンヘンでは朝食に食べられていますが、それにはこんな理由がありました。「ヴァイスヴルストに、12時の鐘の音を聞かせるな」という言葉があります。それは、ヴァイスヴルストの鮮度が理由のようです。ソーセージは通常保存のきく食料ですが、ヴァイスヴルストは鮮度が落ちると同時に美味しさも落ちてしまうのです。非常に短命なソーセージのようですね。

ニュルンベルガー(Nürnberger)

ニュルンベルガーは、他のソーセージと比べてかなりのミニサイズなのが特徴です。ニュルンベルクが発祥の地となっています。正式名称は、「ニュルンベルガー・ローストブラートヴルスト(Nürnberger Rostbratwurst )」です。小腹がすいた時に、マスタードと共に片手サイズのパンにはさんだものを食べるのが一般的であると同時に、人気の食べ方でもあるのだとか。

アウフシュニット(Aufschnitt)

まるでハムのように薄くスライスし、冷やして食べるソーセージ。
それが、アウフシュニットです。
ドイツの朝食では、火を使わない食事が一般的。

そのため、薄くスライスしたアウフシュニットを、野菜や調味料と共にパンにはさんで食べるのが、朝食のスタンダードメニューなのです。
忙しい朝も、ささっと用意できそうなメニューですよね。
その上、バランス良く野菜も摂れてしまうのも魅力的。

シュヴァルツヴァルトブロート(Schwarzwälder Brot)

ドイツ南部のシュヴァルツヴァルト地方が発祥の、伝統的なパンです。丸形のものであったり、楕円形のものであったりと、形はさまざまです。シュヴァルツヴァルトという言葉は、地名以外にも「黒い森」という意味もあります。この名前の通り、黒っぽいとした表面が特徴ですが、この黒っぽい色をした表面の理由は、糖蜜をたっぷり塗って焼き上げているからだそうです。

ミッシュブロート(Mischbrot)

肉料理にも魚料理にも合うという、オールマイティーな食事パンです。そのため、ドイツで最もポピュラーなパンのひとつでもあります。ミッシュブロートは、小麦粉とライ麦粉の分量が同じです。ミッシュブロートを基本とし、ライ麦粉のほうが比率の高い場合は「ロッゲン・ミッシュブロート」、小麦粉のほうが比率の高い場合は「ヴァイツェン・ミッシュブロート」と呼び分けられています。

ロッゲン・ザフト・ブロート(Roggenzaftbrot)

原料はライ麦が100パーセント使用されており、酸味の強いドイツ生まれのパンです。ザフトは「ジュース」という意味です。なぜ、パンなのにジュースなのかというと、それは生地に秘密があります。ロッゲン・ザフト・ブロートは、生地から滴るほど多くの水分を含ませて作られます。そのため、焼き上がった後もなお、ずっしりとくる重みが特徴です。また、食物繊維を多く含み、酸味の多い味わいはアルコールやおつまみと相性バツグンなのだとか。

ワリサー・ブロート(Walliserbrot)

北ドイツで生まれた伝統のパンです。原料のおよそ90パーセントがライ麦全粒粉のため、食物繊維がたっぷり含まれている健康的なパンでもあるのです。また、表面の白い粉はライ麦粉がふりかけられています。パンの表面全体にヒビが広がっていますが、これはパン生地の黒い部分がヒビで見えることにより、ライ麦粉の白さをより引き立てる効果があるとのことです。

おわりに

いかがでしたか?ドイツの食卓に欠かせないパンやソーセージには、さまざまな種類があります。どれもこれもおいしそうなものばかり!日本のパン屋さんやお肉屋さんなどでも購入することは可能ですが、ドイツに足をお運びの際には、是非!本場の味を楽しんでみてください。

akaneko

世界中のおいしいものがすき。趣味でイラストや痛ネイルをします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事