ドイツに行ったらあれもこれも欲しいお土産リスト5選

3,952

views

0

海外旅行の楽しみのひとつといえばショッピング。日本にいればたいていの物は手に入るけど、やっぱり現地で買いたい欲求はどうしようもない!ということで、ドイツに行ったらぜーったいに欲しいリストをピックアップしてみました。だって欲しいんだもん。

シュタイフ

シュタイフ社といえば、くまのぬいぐるみテディ・ベアで知られています。それもそのはず。世界で最初にテディ・ベアを作ったのがシュタイフ社なのです。可愛くてキュートで、テディ・ベア好きなら一度は手に入れてみたいと願うぬいぐるみではないでしょうか。

シュタイフ社の創立は1880年。その3年前にマルガレーテ・シュタイフによって開かれた、フェルトメール・オーダー・カンパニーという服や家庭用品を作る会社を前身としています。マルガレーテの作る品質の高い製品は評判を呼び、繁盛していったそうです。

くまのぬいぐるみは初めから作っていたわけではなく、最初に作ったのはゾウのぬいぐるみ。まだ社名はシュタイフ社にはなっていませんが、ゾウのぬいぐるみを作った1880年が、シュタイフ社としての創業年なのです。

シュタイフ社が大事にしているのは、品質の高い製品を作ること。ぬいぐるみは職人が1体1体を手作りで仕上げるので、どれもが微妙に異なるのです。また縫い目がしっかりしているので、長持ちします。そしてなんといっても素材として使われる材料の良さ。いつまでも抱きしめていたくなるのもうなずけます。

シュタイフ(Steiff)
住所:
Margarete-Steiff-Platz 1 D-89537 Giengen/Brenz(シュタイフ博物館)
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
+49 180 5 131101
定休日:
不定休
アクセス:
ギーンゲン(Giengen)駅より徒歩5分

マイセン

中国の磁器や日本の伊万里がもてはやされた17世紀のヨーロッパ。マイセンはそんな風潮の中から誕生します。マイセンを生み出したのは、ザクセン選帝侯にして、ポーランド国王アウグスト2世。アウグスト強王とも呼ばれている人物です。

作られ始めてから約300年を経ているマイセン。白く美しい磁器は、現在でもヨーロッパで最高品質を誇るとたたえられています。

真っ白い磁器だけではなく、華やかな彩色もマイセンの魅力といえるでしょう。伝統を守りながらも新しいものを取り入れていく姿勢にも、さらなる発展がうかがえます。

マイセン(Meissen)
住所:
Talstraße 9、01662 Meißen(マイセン博物館)
営業時間:
9:00~18:00(5月1日~10月31日)
     9:
00~17:00(11月1日~4月30日)
      10:
00~16:00(12月31日~1月1日)
電話番号:
+49 3521 468208
定休日:
12月24・25・26日
アクセス:
ニーデラウ(Niederau)駅からタクシーで15分

ビレロイ&ボッホ

ロレーヌ地方で誕生したビレロイ&ボッホ。もともとはビレロイ家とボッホ家がそれぞれ1791年と1748年に別々に創業した会社です。1836年に合併してビレロイ&ボッホになりました。現在ではマイセン、ロイヤルコペンハーゲンとともに世界三大陶磁器メーカーともいわれています。

クラシカルなものからカジュアルなもの、またシンプルでモダンなどさまざまなバリエーションを持つビレロイ&ボッホのデザイン。創業から250年たった今でも、高品質で洗練された製品の数々が愛されています。

ビレロイ&ボッホの製品には、食器だけではなく、バスタブや洗面台も。あっという間にお部屋がおしゃれになること間違いないと思いませんか。

ビレロイ&ボッホ(Villeroy & Boch)
住所:
Saaruferstraße、66693 Mettlach
営業時間:
9:00~18:00(4月1日~10月31日までの月~金)
      9:
30~18:00(4月1日~10月31日までの土・日・祝)
     10:
00~17:00(11月1日~3月31日までの月~土)
     14:
00~17:00(11月1日~3月31日までの日・祝)
電話番号:
+49 6864 810
定休日:
不定休
入場料:
4.5ユーロ
アクセス:
メトラッハ(Mettlach)駅から徒歩6分

モンブラン

万年筆メーカーとして1906年に創業されたモンブラン。創業当時はシンプロ・フィラーペン・カンパニーという社名でした。モンブランと社名を変えたのは1934年。万年筆のブランドとして世に知れ渡っていたモンブランを社名として採用したのです。

もちろんモンブランとは、4000mを超えるアルプスの最高峰。そもそもモンブランの名前をブランド名として使ったのは、ペン先の形とモンブランが似ているからといわれています。

現在は宝飾品やファッションなどのブランドを何社も所有するリュシモングループの傘下に入っているモンブラン。万年筆にとどまらず、腕時計やフレグランスなども手掛けています。

モンブラン(Montblanc)
住所:
Hellgrundweg 100、22525 Hamburg
営業時間:
9:00~18:00
電話番号:
+49 40 840010
定休日:
土・日
アクセス:
ハンブルクアイデル駅(Hamburg-Eidelstedt)から徒歩約11分

ヴィー・エム・エフ

1853年に、わずか16人の従業員とともに金属製品会社として始まったヴィー・エム・エフ。創業から9年後の1862年にはロンドン万国博覧会で賞を取り、製品が高い評価を受けます。それからというもの、現在に至るまで数々の賞を受賞しています。

WMFといえば、すぐに思い出されるのが圧力鍋。ハンドルがワンタッチで取れたり、洗うのがらくちんだったりと使い勝手のよさから愛用する人が続出。洋食だけではなく和食のレパートリーも広がりますね。

フライパンや鍋といった調理器具もおしゃれで、持っていると自慢したくなります。これはもう買うしかないですね。

ヴィー・エム・エフ(WMF)
住所:
Eberhardstraße 35、73312 Geislingen an der Steige
営業時間:
9:30~18:30(月~土)
     9:
30~11:30(12月25日・31日)
電話番号:
+49 7331 258870
定休日:
日曜日
アクセス:
ガイスリンゲンシュタイゲ西(Geislingen(Steige)West)駅からタクシーで6分

どれもこれもドイツを代表する品々ばかりで、全部欲しくなっちゃいますね。早速、買いに行ってみませんか。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ドイツの土産はおすすめ5選!!絶対買うべき人気アイテム大公...

    ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

  • フランクフルト観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき...

    フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

  • 革製品ならドイツブランド!高品質で実用的なドイツブランド...

    品質が非常に優れているので、世界中に多くのファンを持つドイツブランド。革製品をはじめとしたドイツブランドの中から、有名なブランドをご紹介します♪

  • ドイツの古都アーヘン!旧市街で行くべき観光おすすめスポット

    アーヘンといえば、歴代の神聖ローマ皇帝・カール大帝が戴冠式を挙げたドイツでも最も西の都市。古き良き温泉町としても有名ですが、忘れてはいけないのが世界遺産第1号のアーヘン大聖堂です。そこで今回は、大聖堂を含めたアーヘン旧市街の必見ポイントをご紹介したいと思います。

  • ドイツ・ローテンブルクでお土産購入!マルクト広場周辺おす...

    中世の宝石箱とも呼ばれる、ローテンブルク。ロマンティック街道に古城街道が交差し日本とは全く異なる雰囲気を味わえます。せっかく素敵な街に行ったのだから、お土産にもこだわりたい!!そんなみなさまにおすすめのお土産屋さん3店を紹介します♪

  • ドイツ基本情報 【Wi-Fi事情編】

    自分が持っている電話が海外で使えるようになってから久しいですが、現地で高額の通話やネット費用はなるべく避けたい……。そのためには空港や街中でいかに上手くWi-Fiを探すかが重要!今回はドイツのWi-Fi事情を説明します!

このエリアの新着記事
  • ハイデルベルク観光のおすすめ人気スポット!最古の大学があ...

    ハイデルベルクは中世の建物をそのまま残す旧市街で有名な街。ハイデルベルク大学もまた、ドイツ最古と言われる歴史ある大学です。今回はそんなハイデルベルクの人気観光スポットをまとめました!

  • ドイツ旅行で絶対飲むべき人気ビール&ワイン特集♡

    ドイツを訪れたら、やっぱり本場のビールとワインで乾杯~!といきたいところ。でもチョット待って。。ドイツビールとドイツワインといっても何を頼めばいいのかわからないわ~!!となっているあなたに、現地であたふたしない情報をお届けします!

  • ミュンヘンのお土産探しにおすすめなショッピングスポット12選

    旅で楽しみなのが、お土産探し。でも、何にしようかどこに行こうか…と迷ってしまいますよね。そういった方のために、ジャンル問わず色々と選べるスポットをチョイスしました!お土産選びも思い出になるよう、ミュンヘンを満喫しちゃいましょう♪

  • ドイツで行くべき人気の観光名所15選!おすすめのスポットが...

    ヨーロッパのほぼ真ん中にあり日本でもお馴染みの国「ドイツ」。美しいお城、美味しいビールやソーセージがあなたを待っています。ここではこれからドイツに旅行に行く人におすすめの定番から穴場まで人気スポットをご紹介。

  • シュトゥットガルト観光で行くべきスポット6選!世界的企業...

    ドイツ南西部に位置し、大戦後にはアメリカ軍司令部が置かれた街。今や世界的に有名な大企業が集まる産業都市となったのですが、この街の魅力はそれだけではありませんよ!広大なブドウ畑を要する「農業都市」でもあり、19世紀にヴュルテンベルク王国の首都であったため「文化都市」としての機能も併せ持つ凄い街なのです!

  • ドレスデン観光で必ず行くべき美しき名所4選!エルベ川に佇...

    16世紀、ザクセン王国の首都であった「ドレスデン」。百塔の都と謳われるこの商業都市は、第二次世界大戦で一夜にして瓦礫の山となりました。東西統一を経て、かつての建物・文化を取り戻し、さらに発展し続けるこの街の魅力に迫ります。

  • ポツダム観光で必ず行くべき人気観光スポット4選

    ベルリンから日帰りでもアクセスが可能なポツダム。『ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群』は世界遺産にも登録されていて、その見どころの多くが世界遺産となっています。ここでは、そんなポツダムで散策したい、お勧めの観光スポットを4つ紹介します。

  • フランクフルト観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき...

    フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

  • ドイツの土産はおすすめ5選!!絶対買うべき人気アイテム大公...

    ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

  • ドイツに行ったら買いたい!「ビオ(オーガニック)製品」おす...

    ドイツといえばオーガニック先進国として知られていますよね。エコで体にもいいビオ製品は自分用としてもお土産用としても買いたいもの。そこで今回はドイツでおすすめのビオ製品6ブランドをご紹介します。

このエリアの人気記事