カメラ初心者必見 一眼レフの使い方まとめ!旅行の写真を美しく収めよう

1,151

views

0

スマートフォン内蔵のカメラやデジタルカメラの発展により、旅行先で誰もが気軽に写真を撮ることができるようになりました。撮ることに慣れてくるともっと綺麗に撮りたい!と欲が出てきて、一眼レフに興味を持ち出す方もいるのではないでしょうか。難しいイメージの一眼レフを上手に使いこなせるか心配という方のためにも基本の操作についてお教えします♪

一眼レフには2種類あります。お好みはどちら?

「デジタル一眼レフ」は重いです…だけど高性能!

いわゆる普通の一眼レフ。本体の中にミラーが入っていて、レンズを通した被写体をミラーで屈折させファインダー(覗き窓)に映す仕組みです。普通のデジタルカメラのように液晶モニターを見ながらの撮影も可能。メリットは、高画質の写真が撮れる、ファインダーを見ながら撮影できるので動く被写体を捉えやすいなどです。デメリットは、重い、値段が高いなどです。

「ミラーレス一眼」は持ち運びに便利♪

本体からミラーを無くしたカメラ。よってファインダーが無く、撮影は液晶モニターを見ながら行います。メリットは、値段に幅があるので買いやすい、軽いので旅行に持っていきやすいなど。デメリットは、ミラーありの一眼レフに比べて機能はやや劣る、レンズの種類が少ないなどです。

とりあえず、カメラに触ってみよう

画質の設定。画素数を大きくしておけば安心?

画素数が大きいほどきめ細やかな写真が撮れますが、実際にどの程度の大きさで印刷するかなど使い道を考えて設定しましょう。A4サイズの用紙に印刷する場合は500万画素あれば問題ありません。これより大きいサイズ、または小さいサイズで印刷する場合は必要に応じて設定を変えると扱いやすく、データ容量の節約にもなります。

レンズは何を使ったらいい?初心者なら…

レンズには、望遠、広角、単焦点など様々な種類があり、撮りたいものに合わせてレンズを交換することができます。しかし、場面に応じて使い分けるにはそれなりの経験が必要です。まだ始めたばかりの方は、幅広く対応できる標準ズームレンズが使いやすいでしょう。旅行先にあれこれ持って行くのも大変ですしね。

でも、いつか使うときのために望遠レンズについて知っておきたい

望遠レンズは、遠くにある被写体を近くに引き寄せて撮るためのものです。離れて撮影するので、子供や動物の自然な姿を撮りたいときに力を発揮します。また、他の特徴としては、写真に写る範囲が狭い、背景を「ボケ」させた表現が作りやすい、被写体と背景の距離を近づけたような写真が撮れるなどです。

じゃあ広角レンズって?

広角レンズも名前のとおり、広い範囲を撮影するためにあります。空間の広がりを写したいとき、大きな建物を画面内に収めたいときなどに最適です。他の特徴は、「ボケ」にくく遠くまでピントがハッキリした写真を撮ることができます。また、遠近感が強調できることを利用してわざと歪みを作った表現もできます。

たくさんある撮影モード。この4つだけは頭に入れましょう。

撮影モードは様々ありますが、一眼レフカメラで覚えておきたいのはこの4つ!
P=絞りもシャッタースピードもカメラにおまかせ。A、Av=絞りは自分で、シャッタースピードはカメラが行う。S、Tv=シャッタースピードは自分で、絞りはカメラが行う。M=絞りもシャッタースピードも自分で決める。
これだけ聞いても何が何だか…と思われるでしょうが、まずは実際に撮ってみましょう。

さあカメラを持って外に出よう!

構えは安定感を大事に

これは一眼レフに限ったことではありませんが、両足を開き、脇をしっかり締め、安定した姿勢を心がけましょう。右手はグリップを握り、人差し指でシャッターを切れるようにします。左手は下からレンズと底部を支えるように持ちます。縦構図の場合はシャッター側を下にすると安定します。これで写真のブレをだいぶ防ぐことができるでしょう。

「絞りを開く」と背景が「ボケ」たプロっぽい写真になる(A、Avモード)

絞りとはカメラ内に入る光の穴を調整する部分で、絞り穴の大きさはF値という単位で表わされます。F値は小さい(絞りを開く)ほど明るく、大きい(絞りを絞る)ほど暗くなります。絞りを開くほどピントの合う範囲は狭まり、ピントを合わせたところ以外は「ボケ」た表現で撮ることができます。これをマスターするだけで上達した感じになりますよね。

「絞りを絞る」とクリアでシャープな写真になる(A、Avモード)

反対に、絞りを絞っていくと遠くのほうまでピントを合わせた写真を撮ることができます。手前のものと奥のものをしっかり見せたいとき、一面に広がる花畑など全体が主役になるような被写体を撮るときに適しています。

シャッター速度を遅くすると時間の流れを表現できる(S、Tvモード)

シャッター速度とはカメラ内に光を取り込む時間をいい、1、1/2……1/1000秒のように表されます。シャッター速度を遅くするのは、動いているものの軌跡(滝や川の流れ、車のライトの光跡など)を撮りたいときです。注意点は、ゆっくり撮るぶん手ブレが生じやすいのでカメラをしっかり固定して撮影することです。

動くものの一瞬を切り取るならシャッター速度を速く!(S、Tvモード)

動く被写体をブレずに撮りたいときはシャッター速度を速くしましょう。動いている動物や水しぶきなどをクッキリと綺麗に撮ることができます。また、短い時間でパッと撮ってしまうので手ブレが少ないのも利点です。

明るさについて知っておくともっと便利!

露出を変えてより思い通りの写真に

露出補正を行うことで自分の思い描いた明るさの写真が撮影できます。明るく見せたい部分を強調するなら露出をプラスに、暗く見せたい部分を強調するなら露出はマイナスに調整します。やりすぎると白く飛んだり黒くつぶれてしまうので注意しましょう。操作方法はカメラごとに違いがありますので説明書で確認してください。

明るい場所、暗い場所に合わせてISO感度を変えてみよう

ISO感度とはカメラが光を感じる度合いのことで、ISO感度を高くすると暗い場所でもフラッシュ無しで撮影することができます。便利な機能ですが、ISO800あたりからノイズが入り画面が荒れたようになってしまいます。画質を優先したいなら、ISO感度を低くし、シャッタースピードを遅くして撮りましょう。また、日中の明るさならISO400程度が適しています。

おわりに

基本的な機能についてざっと説明しましたが、これらの組み合わせで写真は幾通りもの表現ができます。一眼レフの世界はもっともっと広くて深いのですが、初めのうちはまずカメラに触れてどんどん撮ってみるのが一番です。
使いこなせるようになれば、きっと旅行の思い出がさらに豊かなものになりますよ!

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 世界各国のクリスマスに飲む飲み物まとめ!お酒はもちろんノ...

    いろいろな国のクリスマスに飲まれる特別な飲み物をレシピ付きでまとめてみました。すでにご存じのものもあるかもしれませんが、ホームパーティーなどのネタにいかがですか?是非試してみてくださいね。

  • 世界各国の伝統的なクリスマスケーキ&スイーツまとめ

    クリスマスといえばケーキ。日本では生クリームのデコレーションケーキが主流ですが、世界ではさまざまな伝統的なクリスマスケーキがたくさん!今年の手作りクリスマスケーキは、いつもとちょっと違ったケーキに挑戦してみてはいかがでしょうか?

  • 低カロリーのお菓子おすすめ20選!コンビニやスーパーでも買...

    低カロリーのお菓子は数多くあります。メーカーやコンビニが開発したお菓子は、カロリーや糖質を抑えた、ダイエットに効果的なお菓子が販売され、気軽に手に入ります。低カロリーなだけではなく、おいしいものが数多くあり驚くでしょう。コンビニ(コンビニエンスストア)やスーパーで気軽に手に入る、低カロリーのお菓子を20個厳選しました。

  • 旅行中は食べても太らない!その理由と太らない方法

    旅行中に食べすぎて困った!ということはありませんか? 実は、旅行中は自律神経の働きや、運動量の多さから太りにくい身体になっているので、ダイエット中でも、たくさん食べられるチャンスかもしれない!?という説があるのです。

  • 出来れば避けたい!世界の危険な空港ランキングワースト8

    世界にはどうしてこんなところに空港を作ったの?と思わず目を疑う場所に空港があります。どうしてもその地域に旅行に行きたければその空港を利用するしかありませんよね。ここでは、世界の危険な空港をランキング形式でご紹介!訪れる際のイメージトレーニングにどうぞ。

  • なんと無料!! トランジットで市内観光ツアーに参加できる空港...

    空港で乗り継ぎをする際、次の飛行機までかなり時間が空いてしまうことがありますよね。 そんな時、ビザなしでも乗り継ぎ空港から市内観光ツアーに参加できる空港をご存知でしたか? しかも、なんとツアー参加日は無料! 入国審査を受けずに入国できるので、数時間余裕があれば参加できるのです。 これなら空港内で暇つぶしすることなく、トランジットですらも楽しめますね!

このエリアの新着記事
  • 東京の文房具専門店20選!誰かに伝えたくなる、とっておきの...

    東京で文房具のお店巡りをしませんか?文房具博なるイベントが開かれたり雑誌で特集がくまれたりするほど人気で注目を集めている、奥の深い文具の世界。新宿や池袋にある大型文房具店だけではなく、店内の隅から隅にまでこだわりが感じられる品ぞろえの、おしゃれでかわいい文房具専門店もコッソリご紹介しますね。

  • ソロキャンプで人気の焚き火台10選!持ち運びに便利なアイテ...

    ソロキャンプにおすすめの焚き火台をご紹介!安い・軽量・コンパクト・コストパフォーマンス・初心者向き、の5つのポイントからイチオシアイテムを厳選ピックアップしました。重量は?価格の目安はいくらか?持ち運びは楽か?などの特徴を選び方の参考に、ご自身にぴったりのソロキャンプ向け焚き火台を購入して下さいね。

  • バイクで行くソロキャンプにおすすめのアイテム10選!コンパ...

    ソロキャンプへバイクでお出かけですか?キャンプツーリングをしたいと思った時に参考にして頂きたい持ち物リストを作ってみました!テントもタープもバックも、サイズや積載重量が肝。おすすめのアウトドア道具や選び方のポイント、一推ししたい理由もご紹介します。軽量かつコンパクト、素材が防水の万能アイテムはコレ!

  • コメダのおすすめランチメニュー10選!楽しい時間を過ごそう

    コメダ珈琲店が提供するグルメなランチメニューをご紹介。名古屋&コメダ名物の小倉あんトーストはモーニングでしか食べられない!?実はランチでしか味わえないおすすめのオーダー方法があります。ボリューム満点かつ美味で、お値段にも納得のコメダランチのプレート、サンドイッチ、ハンバーガーのカロリー情報もお届け。

  • ソロキャンプ初心者へのおすすめアイテム20選!準備をしっか...

    ソロキャンプ初心者さんにオススメしたいアウトドア用品の道具リストを作りました!選び方のポイントやアイテムの魅力をご紹介。テントの設営や調理の準備だけでなくランタンを消し寝袋に入るまで文字通り一人のソロキャンプ。最低限これさえあれば…という持ち物について解説していきますので購入の参考にしてみてくださいね。

  • ソロキャンプでおすすめの料理20選!簡単レシピをご紹介

    ソロキャンプ料理で簡単なメニューって?定番食材のチーズやバター、ベーコン、ジャガイモ、玉ねぎを使った絶品グルメやアレンジをご紹介。小さなポイントやコツさえ掴めば缶詰め料理もパスタもアヒージョも思いのまま。お好みのお酒に合うオツマミや、食後のスイーツ作りのチャレンジも全力サポートしちゃいます。

  • トクサツガガガのロケ地巡り15選!ファン必見のロケ地を調査

    2019年NHKで放送されたドラマ・トクサツガガガのロケ地&撮影場所情報をまとめた記事をお届け。ロケ地の大半は愛知県名古屋市や周辺エリアに集中しているのをご存じですか?トクサツガガガのロケ地となったカフェや海、地下鉄直結の商業施設への聖地巡礼で吉田や仲村の気持ちに!?あの「岸和田」も登場します!

  • かつやのメニュー・カロリー情報15選!カツ丼や定食など栄養...

    カツ丼が食べたい時にカロリーを気にして「かつや」を敬遠していませんか?かつやは人気のカツ丼チェーン店。看板メニューのカツ丼の他にもサクサクで美味しい揚げ物や定食を安く消費者に提供しています。かつやはダイエットに不向き?かつやのメニューの中でカロリーと塩分そして糖質の低いカレーや定食をご紹介します。

  • 海のおすすめ遊び道具10選!子どもから大人まで楽しめるグッ...

    海を漫喫できる遊び道具は、浮き輪だけではありません。今回紹介する10個の遊び道具は、水中で使えるものから水に濡れずに使えるものまであり、対象年齢は大人から子供まで様々。ぜひ大人の方は童心にかえってお子さんと一緒に遊んでみてください。

  • ローソンのブランパンのカロリーランキングTOP16!糖質制限ダ...

    2017年6月で累計1億5千万個を突破したローソンのブランシリーズ。ブランとは、穀物の「外皮」の部分を指します。ローソンではロカボ(低炭水化物ダイエット)の選択肢で、この「ブラン」を使用したブランパンを販売しています。今回は、ローソンのバリエーション豊富なブランパン16種類を紹介していきます。

このエリアの人気記事