サイパンダイビングで出会うカラフルな魚たち!ダイバー憧れスポットの魚辞典

1,260

views

0

ダイバーが憧れる美しい海に囲まれたサイパン。サイパンの海ではカラフルでかわいい魚、珍しい魚に出会えます。今回はサイパンの海で出会える魚をまとめました。海の中のチャンスを見逃さないためにもサイパンダイビング前に要チェック!

ダイバーなら一度は行ってみたいサイパン

サイパンと言えば、「マリアナブルー」と呼ばれる透明度の高い美しい海が有名ですよね。ダイバーなら誰でも一度は潜ってみたいと思うはず。
そんなサイパンの海では、どんなお魚に出会えるのでしょうか?

ダスキーアネモネフィッシュ(Dusky anemonefish)

鮮やかなオレンジ(赤)と黒のコントラストがきれいなダスキーアネモネフィッシュ(学名:Amphiprion melanopus 英名:Fire clownfish,Dusky anemonefish,Red and blacknemonefish)。サンゴやイソギンチャクの影に隠れていることが多いので、すき間までよく見てみるといいでしょう。

スダレチョウチョウウオ(Chaetodon ulietensis)

白黒の縞模様に黄色が映えるスダレチョウチョウウオ(Chaetodon ulietensis)。サンゴ礁に生息していますが、成長すると体長が約20cmほどになるので比較的見つけやすいはず。目に黒色帯がかかっているのが特徴です。

ミスジチョウチョウウオ(Chaetodon lunulatus)

楕円形をしたミスジチョウチョウウオは、体長約15cmの魚。紫色の横縞模様が可愛らしく、漢字名の「三筋蝶々魚」という名前の通り蝶々のようにひらひらと泳ぐのが特徴です。サンゴの周辺に生息していますが、稚魚はサンゴからなかなか出てこないのでサンゴ付近まで行ってじっくりと探してみましょう。

ツノダシ(Zanclus cornutus)

黒・白・黄色の縞模様が特徴のツノダシ(Zanclus cornutus)は、体長約20cmのお魚。ハタタテダイと似ていますが、背びれが長く伸びているものはツノダシ、と見分けることができます。群れで過ごすことも多く、岩礁やサンゴ礁域で特によく見られます。

デバスズメダイ(Chromis viridis)

鮮やかな青緑色をしたデバスズメダイ(Chromis viridis)は、特に目立った模様などがなく体長も約7cmと小さいので単体だと見つけるのが難しいかもしれません。ただ、サンゴ礁の周りに群れていることも多く、テバスズメダイの群れとサンゴ礁のコラボレーションは幻想的です。

ミツボシスズメダイ(Dascyllus trimaculatus)

黒い体に白い斑が3つあることからミツボシスズメダイ(Dascyllus trimaculatus)と呼ばれているお魚。成長すると頭の斑はなくなってしまうそうですが、類似する魚はいないので見分けはできるでしょう。サンゴ礁やイソギンチャクのそばで泳いでいる姿が見られます。

メガネモチノウオ(Cheilinus undulatus)

体長1mを超えるものもいるほど大きな魚、メガネモチノウオ(Cheilinus undulatus)。不思議な横縞が入っていて、色はグレーや緑色のものが多いです。頭がボコッと出ていて不思議な形をしています。

ヘラヤガラ(Aulostomidae)

細長い不思議な形をしたヘラヤガラ(Aulostomidae)。鮮やかな黄色のものは比較的見つけやすいですが、実はグレーや黒っぽい色をしたものもいます。水族館ではあまり見られない魚ですので、ダイビングをした際はぜひ探したいですね。

まとめ

サイパンの海には、色鮮やかな可愛い魚もいますが、不思議な形をした珍しい魚もたくさんいます。ぜひ、サンゴ礁やイソギンチャクの影に隠れている小さな魚たちも探してみてくださいね!

aya_3104

国内外のおすすめの観光スポットやお土産など、旅をもっと楽しめるまとめを作っていきたいです。よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

このエリアの新着記事
  • サイパンでおすすめのアクティビティ4選!思いっきり海遊びし...

    サイパンと聞いてイメージするのはやはり青い海と白い砂浜が広がる南の楽園。マリンアクティビティをするために存在する場所といっても過言ではありません。そこで、日本から3時間半の常夏、サイパンの海を思い切り満喫できるオススメのアクティビティを4つご紹介します。

  • サイパン発マニャガハ島レンタルアイテムリスト!マリンスポ...

    サイパン島の沖にあるマニャガハ島は美しい自然が残された無人島です。透明度の高い海に囲まれたマニャガハ島を訪れるなら、マリンスポーツを楽しむのがおすすめ。マニャガハ島ではマリンスポーツに必要なアイテムがレンタル出来ます。どんなアイテムがレンタルできるのか知っておけばお手軽旅行が出来ますよ!

  • サイパン旅行を楽しむ6つのポイント!人気リゾート地を徹底的...

    人気のリゾート地サイパン。サイパンに旅行に行くならぜひプランに組み込んでほしいポイントがあります。サイパンを思いっきり楽しむために、ぜひポイントをおさえてスケジュールを立ててみてください。

  • サイパンで人気のダイビングスポット5選!透明度抜群のスポッ...

    自然が多く、海がきれいなサイパンには魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。ダイビングツアーや現地のダイビングショップも充実しており、ダイビングを楽しみたい人にはうってつけ!今回は数多くあるサイパンのダイビングスポットの中から、特にオススメしたいダイビングスポットを5カ所ご紹介します。

  • 現地で困らない!サイパン旅行前に知っておきたい基本情報

    サイパンへの旅行を決めたら、知っておきたいのが現地の基本情報。通貨や服装などの基本中の基本からチップの習慣など、知っておくと便利な情報をご紹介します。海外で快適に過ごすためには事前の下調べは必須。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイパンおすすめホテル4選!ファミリー向けの島南部のステイ先♪

    サイパン島南部に位置するススペ地区には大型リゾートホテルが数多く在ります。ススペ地区には観光客向けのお店が少なく、サイパン1番の繁華街ガラパン地区までは車で約10分と徒歩圏内ではありませんが、静かにゆっくりとホテルライフを満喫したい方にはオススメです☆今回はそんな島南部にあるファミリーにおすすめのリゾートホテルを4軒ご紹介します!

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事