ドイツ・ドレスデンで行くべき観光スポット6選

2,292

views

0

古くはザクセン王国の首都として繁栄したドレスデン。その名残は今も街のあちらこちらに残っています。そんなドレスデンで、ぜひ行ってほしい観光スポットを6つ選んでみました。それらをまとめて紹介します。

フラウエン教会

フラウエン教会は、1726年から1743年にかけて建てられた教会です。教会が着工した1726年当時のザクセン選帝侯はポーランド王アウグスト2世でもあるフリードリヒ・アウグスト1世。カトリックの支配者をいただきながら、プロテスタントの教会として建てられました。

7年戦争の砲弾を跳ね返したという伝説が残る教会ですが、第二次世界大戦で廃墟となります。1993年に再建が始まり、2005年に完了しました。公開されると人々が多数押し寄せ、その数は3年間で700万人にも上ったとか。今でも人気の観光スポットです。

フラウエン教会(Church of Our Lady)
住所:
Georg-Treu-Platz 3 01067 Dresden
営業時間:
9:00~12:00・13:00~18:00(イベントによって変更有)
電話番号:
+49 351 65606100
定休日:
無休
入場料:
無料
アクセス:
ドレスデン中央駅(Dresden Hauptbahnhof)からタクシーで約6分

ドレスデン城

ザクセン選帝侯の居城として使われていたドレスデン城。バロック様式の建物で、一番古い箇所を辿れば16世紀にまでさかのぼるのだとか。現在は博物館として一般公開されています。

ドレスデン城(Dresden Castle)
住所:
Taschenberg 2 01067 Dresden
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
+49 351 49142000
定休日:
火曜日
入場料:
12ユーロ
アクセス:
ドレスデン・フリードリッヒ通り(Dresden, Bahnhof Friedrichstadt)駅からタクシーで約7分

ツヴィンガー宮殿

ツヴィンガーとは、そもそも拡張した新しい城壁と古い城壁の間にできた場所のこと。そこに18世紀前半、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世の命令で宮殿が作られます。それが現在のツヴィンガー宮殿です。ドイツにおけるバロック様式の傑作と称されています。

ツヴィンガー宮殿(Zwinger)
住所:
Theaterplatz 01067 Dresden
営業時間:
6:00~20:00(1月~3月・11月・12月)
     6:
00~22:00(4月~10月)
電話番号:
+49 351 49142000
定休日:
月曜日
入場料:
12ユーロ
アクセス:
ドレスデン中央(Dresden Mitte)駅から徒歩約12分
     

クンストホーフパッサージュ

鮮やかな色遣いがとても印象的な建物です。クンストホーフパッサージュとは、何のことか分かり難い名前ですが、クンストは芸術、ホーフは中庭。パッサージュは通り抜けることができるアーケード街のこと。中庭の小径に面して、いろいろなお店が軒を連ねているのです。

ショップの種類は多岐にわたります。例えばクラフトビールのお店だったり、バレエ教室だったり、アトリエやお花屋さん、中には下着ショップまで。どんなお店があるのか、覗いてみるだけでも楽しいですよ。

クンストホーフパッサージュ(Kunsthofpassage)
住所:
Görlitzer Straße 23 01099 Dresden
営業時間:
それぞれによって異なる
電話番号:
それぞれによって異なる
定休日:
それぞれによって異なる
アクセス:
ドレスデンノイシュタット(Dresden-Neustadt)駅からタクシーで約7分

ブリュールのテラス

ブリュールのテラスとは、エルベ川に沿って作られた遊歩道のこと。ちょうどアウグスト橋とカローラ橋の間にあり、距離にして約1km。この周辺にはドレスデンが誇る名所がいくつも点在しているので、どこから見ても眺めの良いビュースポットとして人気があります。

実はこの場所、ドイツを代表する文豪ゲーテのお気に入りの場所だったとか。フランクフルト生まれのゲーテは、1775年にヴァイマールに移ってからは大半をヴァイマールで過ごすのですが、ドレスデンにもよく来ていたとか。ゲーテを思いながら景色を眺めるのもいいですね。

ブリュールのテラス(Bruehl terrace)
住所:
Eingang Georg-Treu-Platz 1, 01067 Dresden
アクセス:
ドレスデン中央駅(Dresden Hauptbahnhof)からタクシーで約5分

ゼンパーオーパー

ゼンパーオーパーとは、ザクセン州立歌劇場のこと。東ドイツ時代には国立でしたが、現在は州立になっています。歌劇場が作られたのは1838年から1841年にかけて。設計したのはドレスデン美術館やウィーン宮廷劇場などを手掛けたゴットフリート・ゼンパー。

一時期ワーグナーが指揮者を務めていたことがあり、「タンホイザー」や「さまよえるオランダ人」初演の劇場としても知られています。また専属の管弦楽団「シュターツカペレ・ドレスデン」は、人気のあるオーケストラでコンサートも行います。
こんな素晴らしい劇場でオペラを観てみたいですね。

ゼンパーオーパー(Semperoper)
住所:
Theaterplatz 2 01067 Dresden
営業時間:
演目によって異なる
電話番号:
+49 351 4911705
定休日:
演目によって異なる
入場料:
演目によって異なる
アクセス:
ドレスデン中央駅(Dresden Hauptbahnhof)からタクシーで約8分

いかがでしたでしょうか。ドレスデンに行った際には、訪れてみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • フランクフルト・マイン国際空港(FRA) での過ごし方まとめ !...

    ドイツの「Flughafen Frankfurt am Main(フランクフルト空港)」は、同国最大規模の国際空港として知られています。日本からも直行便があり、ヨーロッパ各地へ行くにも便利な経由地としても人気。そんなフランクフルト空港での待ち時間の過ごし方、空港内の便利施設、周辺観光など、フランクフルト空港の魅力をたっぷりとお届けします。

  • ドイツ観光でラグジュアリーな滞在ができるホテルおすすめ15選

    ドイツは、多くの日本人が訪れる観光スポットとして人気があります。特に首都ベルリンは国内最大の都市で、観光客やビジネスでも多くの人が利用する街。今回はそんな首都ベルリンを中心に、ドイツ滞在にぴったりなラグジュアリーホテルを15選お届けします。ホテル周辺の観光スポットや街並みについても合わせてご紹介!

  • ドイツ・ベルリンの注目デザイナーアイテムやセレクト雑貨の...

    最新ファッションやアートなど、非常に魅力ある街としてベルリンが改めて注目されています。伝統的な建物も多く残しつつ再開発され、近代的なビルやさまざまなショップが軒を連ねます。今回ご紹介するのは、ベルリンの地元デザイナー発信のショップやオシャレなセレクトショップなどトレンドのお店4選です!どうぞお楽しみください♪

  • アディダスのコンセプトストアも!ベルリンで必見!ドイツ発...

    ドイツには有名なスポーツブランド「アディダス」をはじめ、世界で愛されるブランドがたくさんあります。ここでは、ドイツの首都・ベルリンにあるおすすめのドイツ発祥ブランドのショップを5つ紹介するので、ベルリンに行かれる際はぜひチェックしてくださいね!

  • ドイツ・ローテンブルクで人気のホテルおすすめ4選!日本人ス...

    絵本に出てくるようなメルヘンチックな街並みが魅力のドイツ・ローテンブルク(Rothenburg)。中世の文化や街並みが色濃く残るローテンブルクのおすすめホテルをまとめてみました。可愛らしいインテリアや伝統的な建築物にときめくこと間違いなし!

  • ドイツ・ミュンヘンおすすめカフェ4選!おいしいスイーツで素...

    ドイツといえばカフェ! カフェ文化が発達したドイツには、素敵なカフェがたくさんあります。その中でも、今回はミュンヘンにスポットを当て、スイーツのおいしいお店を中心に集めてみました! ミュンヘンの観光中に小腹が空いたらぜひ立ち寄って欲しい素敵なカフェばかりですよ♪

  • ドイツ・フランクフルトの人気ショッピングモール&おすすめ...

    ヨーロッパ経済の中心地と言われるフランクフルト(Frankfurt)。大規模な商業施設がたくさんあってショッピングし放題!♡今回はそんなフランクフルトでおすすめのショッピングモール&デパートをまとめてみました。

  • ドイツ・ミュンヘン観光スポット11選!見どころ満載の南部最...

    ドイツ南部最大の都市ミュンヘン!周辺地域の政治や文化の中心地であり、観光地としても知られています。この街を訪れたら行ってほしいスポットをご紹介します。

  • ドイツ有名音楽家ゆかりの場所5選!クラシックファン必見

    ドイツの有名な音楽家のゆかりのスポットがドイツにはたくさんあります。彼らが音楽と共に過ごしてきた場所や彼らの功績をたたえる建物はファンの方にとっては堪らない場所ではないでしょうか?もし、彼らが使っていたピアノなどを間近で見ることができたらきっと興奮してしまいますね。

  • ドイツに行ったら買いたい!「ビオ(オーガニック)製品」おす...

    ドイツといえばオーガニック先進国として知られていますよね。エコで体にもいいビオ製品は自分用としてもお土産用としても買いたいもの。そこで今回はドイツでおすすめのビオ製品6ブランドをご紹介します。

このエリアの人気記事