ヨーロッパ・ラトビアの「ミュージアムナイト」は真夜中の美術館!?無料で行ける素敵な夜を紹介!

2,711

views

0

北ヨーロッパのラトビアでは年に一晩だけ美術館や博物館が無料で開放される夜があります。それが「ミュージアムナイト」!夜中の美術館に入れるなんて、ちょっと素敵じゃないですか?

ミュージアムナイトって?

5月の半ば、ラトビアでは「ミュージアムナイト」というイベントが行われます。リガとその周辺のミュージアムが夜中まで開放されるワクワクする一日!このイベントはヨーロッパ各地で行われるのですが、ラトビアでは文化遺産の普及を目的としており、美術館・博物館のみならず各公共機関や劇場も参加しているのが面白いポイントです。

入場料は無料

出典: www.tvnet.lv

何と、このイベントでは各施設の入場料が無料!リガっ子は皆この夜を楽しみにしていて、事前にどこを回ろうかウェブサイトをチェックしています。一番人気は「ラトビア国立美術館」。2016年の春に新装オープンしたばかりで、ディズニーランドもびっくりの長蛇の列が!

おすすめスポット

ミュージアムナイトで人気なのが、①入場料の高い施設 ②普段は開放されていない施設 です。前述の「ラトビア国立美術館」はもちろん、いつもは一般開放されていない「リガ市庁舎」などは沢山の人!逆に、穴場は旧市街の小さい小さいミュージアム。リガの旧市街には小規模のミュージアムが点在しているので、一晩でいくつも回ることが可能です。

ジャンルごとにいくつかピックアップしてみました☆

ラトビア国立美術館(Latvijas Nacionālais mākslas muzejs)

大通りに面した広くて美しい美術館。2016年の改装により、ラトビア美術の展示スペースが広くなりました。本館は1903年~1905年にかけて建てられたもので、バロック様式とアールヌーヴォー様式が取り入れられています。

ラトビア国立美術館(Latvijas Nacionālais mākslas muzejs)
住所:
Krišjāņa Valdemāra iela 10a, Rīga
営業時間:
11:00~17:00
※金曜日は11:
00-20:00、火曜日定休日
電話番号:
+371 67 325 051

工芸とデザインの博物館(Dekoratīvās mākslas un dizaina muzejs)

リガの旧市街に位置するアートとデザインに特化した美術館。聖ゲオルギ教会跡の建物をギャラリーのように使っています。テキスタイルや陶器、木工や琥珀。ラトビアの手仕事や民俗に興味のある方は必見!大きなタペストリーの展示もありますよ。1階がエキシビジョン、2階が常設展示。

工芸とデザインの博物館(Dekoratīvās mākslas un dizaina muzejs)
住所:
Skārņu 10, Rīga
営業時間:
11:00~17:00
※水曜日は11:
00-19:00、月曜祝日は定休日
電話番号:
+371 67 222 235

リガ市庁舎(Rātsnamas)

普段は一般開放されていない市庁舎も見る事ができます!有名な「ブラックヘッドの会館」と同じリガ市庁舎広場に位置しており、リガ市議会や表敬の部屋、市長の部屋も開放されています。運がよければ市長が飼っている猫たちに会えるかも?

リガ市庁舎(Rātsnams)
住所:
Rātslaukums
アクセス:
リガ旧市街の市庁舎広場(Rātslaukums)。

ラトビア国立図書館(Latvijas Nacionālā bibliotēka)

出典: www.lnb.lv

出典: wmuk.org

旧市街から大きな橋を渡ったところにあるダウガヴァ川対岸に新しくできた図書館です。見上げると天井の高い吹き抜けになっていて、「民族の棚」という圧巻の寄贈書が目を引きます。
ラトビアの民謡「ダイナ」を全土から収集したバロンス氏のコレクションが「民謡の棚」という特注のキャビネットに収められているのを見ることができます。

ラトビア国立図書館(Latvijas Nacionālā bibliotēka)
住所:
Mūkusalas iela 3, Rīga
営業時間:
9:00~20:00
※土曜日、日曜日は9:
00-17:00
電話番号:
+371 67 806 135

公式サイトで情報収集☆

この時期のラトビアは夜まで明るく、人々がミュージアムナイトのために街中へ繰り出しているので治安も悪くありません。深夜のミュージアム巡り、非日常的イベントをぜひ楽しんでください!

memeri

ヨーロッパ在住です。
手仕事が大好きな視点から在住者ならではの情報をお届けします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 日本人の舌に合う!北欧ラトビア料理とおすすめレストラン紹介

    ラトビア料理と言われても何も思い浮かばない…それほど私たちになじみのないラトビア料理ですが、実は日本人の口にとっても合うんです☆ラトビア料理をあれこれ食べられる現地のビュッフェレストラン"LIDO"もご紹介!

  • リガでミトンを買うならここ!ラトビア手編みのミトンおすす...

    ラトビアのミトンは今大注目のアイテム。でも、日本で取り扱っているところはまだ僅か。ラトビアで自分だけのミトンを探してみませんか?世界遺産のリガ旧市街には素敵なミトンショップが点在しています!

  • バルト三国・ラトビアのお土産におすすめ!「蜜ろうキャンド...

    自然豊かな北ヨーロッパの国ラトビアの特産品のひとつがハチミツです。そして、良い匂いのする蜜ろうキャンドルはお土産として喜ばれるおすすめアイテム。プロポリスが配合されているものもあるんです!今回は、ラトビアの蜜ろうキャンドルについてお届けします。

  • ラトビア基本情報【気候・服装編】

    バルト三国の真ん中、ラトビアはヨーロッパ大陸の北の国。とっても寒いイメージがありませんか? これさえ読めば怖くない、ラトビア旅行のための服装講座をお届けします!

  • ラトビアの「ルンダーレ宮殿」はバルトのヴェルサイユと呼ば...

    北ヨーロッパに位置するバルト三国。「バルトのヴェルサイユ」と呼ばれるほど美しい宮殿がラトビアのバウスカ(Bauska)という町にあるのをご存知でしょうか?首都リガから国内バスでバウスカまで行く方法と、ルンダーレ宮殿の見どころをお伝えします!

  • ラトビア基本情報【トイレ編】

    旅行においてトイレ事情は死活問題!公衆トイレが少なかったり有料だったり、やはり日本とは違いがあります。旅の憂鬱を解消するために、ラトビアに行く前に読んでおきたいトイレ情報です。

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事