バルト三国・ラトビアのお土産におすすめ!「蜜ろうキャンドル」は空気を浄化する不思議なハチミツのロウソク

9,098

views

0

自然豊かな北ヨーロッパの国ラトビアの特産品のひとつがハチミツです。そして、良い匂いのする蜜ろうキャンドルはお土産として喜ばれるおすすめアイテム。プロポリスが配合されているものもあるんです!今回は、ラトビアの蜜ろうキャンドルについてお届けします。

ラトビアの特産品・ハチミツ

国土の約55%が森林に覆われている北ヨーロッパの国ラトビアでは、森からの恵みを受けて人々が生活しています。彼らの食卓に欠かせないのがハチミツ。養蜂家でなくても趣味で蜂蜜採りをする人も多く、近所の人におすそ分けするのは当たり前の光景!

出典: ameblo.jp

蜜ろうキャンドルが可愛い!

ハチミツの副産物として取れる蜜ろう。その蜜ろうを使ったキャンドルがとっても可愛いのをご存じでしょうか?

ラトビアの蜜ろうキャンドルは、その可愛らしさが魅力。自然をモチーフにしたものが多く、家、松ぼっくり、動物…見ているだけでキュンキュンしてしまいます!

キャンドルを楽しもう☆

飾る

出典: tsumug1.com

お気に入りのキャンドルをインテリアとして森や自然などのテーマごとにまとめれば、とっても可愛い癒しのコーナーになります。きっとハチミツの香りがほんのりと漂う素敵な空間になるでしょう。

作る

ハニカム模様が可愛い蜜ろうシートをぐるぐる巻いて、真ん中に芯を入れたキャンドルは、自分で作れるキットも販売されています!

アイディア次第で素敵な作品に変身します!

灯す

ラトビアで蜜ろうキャンドルを買うと「蜜ろうキャンドルは部屋の空気を浄化してきれいにする」という説明を必ず受けます。蜜ろうキャンドルは灯すと空気中にマイナスイオンが発生します。空気中のゴミやダニ、花粉などアレルギーの原因物質と結合して浮遊させなくする効果があり、ぜんそくなどアレルギー持ちの人にとても良いと言われているんです!

原材料の蜜ろうは高い抗菌作用を持っています。それも「空気をきれいにする」と言われる理由のひとつ。蜜ろうキャンドルなら、どなたにも喜ばれるお土産として安心して購入することができます♪

ラトビアで蜜ろうキャンドルを買おう!

出典: dego.ocnk.net

安価でお土産に最適な蜜ろうキャンドルはどこで買えるのかご紹介します!

旧市街の有名店 "Medus Istaba"

出典: www.viss.lv

リガの旧市街に、人気のハチミツ専門店があります!"DAUGMALES JĀŅA BIŠU MEDUS"(ダウグマレス ヤーニャ ビーシュ マードゥス)は家族経営の可愛い会社。旧市街では"Medus Istaba"(マードゥス イスタバ)というお店を開いています。お父さんがハチミツ、お母さんとお兄さんが陶芸、娘さんが売り子と一家で力を合わせているんです。

このマークで覚えましょう!旧市街に2店舗あり、夏至祭や民芸市などイベントの時は必ず出店しているので要チェックです。

Medus Istaba (マードゥス イスタバ)
住所:
Peterbaznicaz 17, Riga
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+371-6722-4355
リガの旧市街、聖ペテロ教会のすぐ隣です。

ラトビア産の雑貨が勢ぞろい! pienene

リガ旧市街のカフェ"pienene"(ピエネネ)は雑貨併設のとっても可愛いお店!扱っている雑貨は全てラトビア産で、お土産探しにも最適です。ここに蜜ろうのキャンドルを作れるワックスシートのキットがありますよ♪

ラトビアのハーブがずらりと並ぶこちらのカフェは、ゆっくりハーブティを楽しみたい方にオススメのお店です。

pienene(ピエネネ)
住所:
Kungu 7/9, Vecrīga
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+371-2929-8748
リガ旧市街、市庁舎広場の横にあります。

リガ中央市場

リガの中央市場はハチミツや蜜ろうキャンドルをお安くゲットできる穴場スポット!地元の人が日常的に買うものなので、観光地のお店より断然安いです。様々な形のキャンドルがありますが、それぞれ何時間焼成できるか表示されている点、そしてお店の人との交流をもてる点が市場で買うメリットでしょう♪

蜜ろうキャンドル以外にも、市場にはラトビアらしいお土産がたくさん!ぜひ一度は訪れてみてください。

リガ中央市場 (Rīgas Centrāltirgus / リーガス ツェントラールティルグス)
住所:
Nēģu iela 7, Latgales priekšpilsēta, Rīga
営業時間:
7:00~18:00
電話番号:
+371-6722-9985
日曜、月曜日は17:
00までの営業。

最後に

ラトビアの定番のお土産といえば、ミトンに木工用品、ハーブティ…まだあまり知られていませんが、蜜ろうキャンドルもとってもおすすめです!自然を愛するラトビア人ならではのオーガニックなキャンドル、ぜひラトビア土産に選んでみてください。甘い香りに包まれてとっても幸せな気分になれますよ☆

memeri

ヨーロッパ在住です。
手仕事が大好きな視点から在住者ならではの情報をお届けします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 日本人の舌に合う!北欧ラトビア料理とおすすめレストラン紹介

    ラトビア料理と言われても何も思い浮かばない…それほど私たちになじみのないラトビア料理ですが、実は日本人の口にとっても合うんです☆ラトビア料理をあれこれ食べられる現地のビュッフェレストラン"LIDO"もご紹介!

  • リガでミトンを買うならここ!ラトビア手編みのミトンおすす...

    ラトビアのミトンは今大注目のアイテム。でも、日本で取り扱っているところはまだ僅か。ラトビアで自分だけのミトンを探してみませんか?世界遺産のリガ旧市街には素敵なミトンショップが点在しています!

  • ラトビア基本情報【気候・服装編】

    バルト三国の真ん中、ラトビアはヨーロッパ大陸の北の国。とっても寒いイメージがありませんか? これさえ読めば怖くない、ラトビア旅行のための服装講座をお届けします!

  • バルト三国・ラトビアのお土産におすすめ!「蜜ろうキャンド...

    自然豊かな北ヨーロッパの国ラトビアの特産品のひとつがハチミツです。そして、良い匂いのする蜜ろうキャンドルはお土産として喜ばれるおすすめアイテム。プロポリスが配合されているものもあるんです!今回は、ラトビアの蜜ろうキャンドルについてお届けします。

  • ラトビアの「ルンダーレ宮殿」はバルトのヴェルサイユと呼ば...

    北ヨーロッパに位置するバルト三国。「バルトのヴェルサイユ」と呼ばれるほど美しい宮殿がラトビアのバウスカ(Bauska)という町にあるのをご存知でしょうか?首都リガから国内バスでバウスカまで行く方法と、ルンダーレ宮殿の見どころをお伝えします!

  • ラトビア基本情報【トイレ編】

    旅行においてトイレ事情は死活問題!公衆トイレが少なかったり有料だったり、やはり日本とは違いがあります。旅の憂鬱を解消するために、ラトビアに行く前に読んでおきたいトイレ情報です。

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事