北ヨーロッパのラトビアで蚤の市に行こう!在住者が楽しみ方を教えます!

7,750

views

1

ラトビアの蚤の市は北欧諸国と比べて規模は小さいものの、なかなかレトロで可愛いものが揃っています!値段交渉の方法も一緒に見て行きましょう♪

ラトビアのヴィンテージ雑貨

旧ソ連国のラトビア。蚤の市にはソ連時代の質実剛健な生活雑貨が並びます。ラトビアのヴィンテージ雑貨はレトロ可愛い雰囲気でお値段もお手頃!蚤の市で良く出会うラトビアンヴィンテージをご紹介します。

RPR(リガ陶器工場)の食器

出典: instagy.com

リガ陶器工場は日用品と装飾品を大量生産しソ連に供給する一大工場でした。西洋と東洋の混じったような雰囲気の陶器は国外でも高く評価されていましたが、ソ連からの独立後1997年に工場を閉鎖。今ではもう生産されていないものの、ラトビア国民の定番食器として愛されているRPRは蚤の市で必ずお目にかかれます。

出典: www.etsy.com

陶器をひっくり返してみて、裏に"RPR"の刻印があればリガ陶器工場の製品。特徴は、白くて薄い陶器と金彩の絵付け。カップのふちなどに必ずと言って良いほど金彩があしらわれています。

リガ陶器工場はフィギュリンも数多く手掛けています。特に動物シリーズはコレクターも多い人気商品。アニメ寄りではなくリアルな動物なのに、可愛らしさを損なっておらず本当に素敵!お気に入りの動物をゲットしてみては。

ガラス製品

ラトビアではガラス製品の製造も盛んでした。有名なのはリーヴァーニガラス工場。2008年に閉鎖してしまいましたが、これぞ実用品!なガラスです。厚ぼったいフォルムとやりすぎないカットのおかげでよそゆきな雰囲気が無く、日常の生活になじみます。

出典: www.etsy.com

淡いニュアンスカラーのものが多く、様々な製品が作られました。小さくて可愛らしいビールジョッキは蚤の市での遭遇率高し。小皿やグラスも使いやすいです。

カトラリー

旧ソ連のカトラリーは細工が細かく、それでいてシルバーではないのでこれまた日常使いしやすいものが揃っています。セットで売られているものもあれば、かごにごっそりバラで入っている中からお気に入りの一本を探し出す楽しみも。

色々な柄のスプーンを1本ずつ集めたらきっと可愛い。中には琥珀が埋め込まれた少し特別感のあるものもあります。

夏季限定の蚤の市"Spīķeri Flea Market"

おすすめの蚤の市は夏場に月1-2回の頻度で開催される"Spīķeri Flea Market"(スピーチェリ)。出店数も多く、観光客が集まるので英語が通じやすいのもでおすすめです。雨天中止なので、事前にFacebookで開催情報をチェックすると安心!

Spīķeri Riga Flea Mariket
住所:
Maskavas iela 6, Rīga
営業時間:
11:00~16:00
リガ中央市場の奥、Spīķeri(スピーチェリ)地区という赤レンガ倉庫街の広場で開催されます。

値段交渉してみよう!

観光客の多いSpīķeri Flea Marketでは値段設定が少し高めな傾向にあります。値札が付いていない商品は、相手によって売値を変えている事も。かといって、ものすごくぼったくり価格のものも無いので軽めの値段交渉が良いでしょう。
単価が安いものが殆どなので、複数買った場合オマケをお願いしたり、端数をカットしてもらったりするのが双方気持ち良い値段交渉の仕方です。値段交渉くらいなら英語が通じる店主が多いので挑戦してみて下さい。

蚤の市の注意点と持ち物

出典: www.diena.lv

*人が多く集まる蚤の市なので、スリには十分気を付けて!後ろから開けられてしまうので、リュックは前がけがベターです。商品はビニール袋に入れてもらえるので、身軽にポシェット一つで出かけるのが一番良いかも。

*せっかく値段交渉が成立しても、大きな紙幣ではおつりが無く破断になる事も…セントや1ユーロの小銭、5ユーロ紙幣を沢山用意するとスムーズです。

*ヴィンテージ雑貨を物色した後は手が真っ黒になっています!ウエットティッシュがあると便利。

最後に

いかがでしたか?ラトビアの蚤の市、ぜひ楽しんで下さい!
なつかしい雰囲気のヴィンテージ雑貨はドイツやロシア、東欧と似ているけれど異なるテイスト。お気に入りの一点が見つかるといいですね☆

memeri

ヨーロッパ在住です。
手仕事が大好きな視点から在住者ならではの情報をお届けします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 日本人の舌に合う!北欧ラトビア料理とおすすめレストラン紹介

    ラトビア料理と言われても何も思い浮かばない…それほど私たちになじみのないラトビア料理ですが、実は日本人の口にとっても合うんです☆ラトビア料理をあれこれ食べられる現地のビュッフェレストラン"LIDO"もご紹介!

  • リガでミトンを買うならここ!ラトビア手編みのミトンおすす...

    ラトビアのミトンは今大注目のアイテム。でも、日本で取り扱っているところはまだ僅か。ラトビアで自分だけのミトンを探してみませんか?世界遺産のリガ旧市街には素敵なミトンショップが点在しています!

  • バルト三国・ラトビアのお土産におすすめ!「蜜ろうキャンド...

    自然豊かな北ヨーロッパの国ラトビアの特産品のひとつがハチミツです。そして、良い匂いのする蜜ろうキャンドルはお土産として喜ばれるおすすめアイテム。プロポリスが配合されているものもあるんです!今回は、ラトビアの蜜ろうキャンドルについてお届けします。

  • ラトビア基本情報【気候・服装編】

    バルト三国の真ん中、ラトビアはヨーロッパ大陸の北の国。とっても寒いイメージがありませんか? これさえ読めば怖くない、ラトビア旅行のための服装講座をお届けします!

  • ラトビアの「ルンダーレ宮殿」はバルトのヴェルサイユと呼ば...

    北ヨーロッパに位置するバルト三国。「バルトのヴェルサイユ」と呼ばれるほど美しい宮殿がラトビアのバウスカ(Bauska)という町にあるのをご存知でしょうか?首都リガから国内バスでバウスカまで行く方法と、ルンダーレ宮殿の見どころをお伝えします!

  • ラトビア基本情報【トイレ編】

    旅行においてトイレ事情は死活問題!公衆トイレが少なかったり有料だったり、やはり日本とは違いがあります。旅の憂鬱を解消するために、ラトビアに行く前に読んでおきたいトイレ情報です。

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事