絶大なるファン多数! ロンドンで憧れイギリス映画のあの舞台へ足を運ぼう

3,040

views

0

名作も多く、根強い人気のあるイギリス映画。ロンドン市内にはそんなイギリス映画のロケ地が多数点在します。今回は、特に人気の高い「ハリー・ポッター」「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」のロケ地巡りをしてみましょう。

1. ハリー・ポッター

イギリスの女性児童文学作家J・Kローリング原作の映画。作品はシリーズ化されてますよね。

ハリーポッターは幼い頃に両親を亡くし、母親の叔母の家で肩身の狭い思いをしながら暮らしていました。11歳の誕生日に突然魔法使いハグリッドが迎えに来て、魔法学校へ入学することになります。

第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」では、ハリーの出自の謎や生い立ちに触れ、ホグワーツ魔法魔術学校での最初の1年間の冒険を描いています。

キングス・クロス駅

スコットランドやイングランド北東部への玄関口であるキングス・クロス駅は、ハリーがホグワーツ魔法魔術学校ヘ行く為にホグワーツ特急に乗り込む駅。

ホグワーツ特急が発着するプラットフォームは9と3/4番線。9番線と10番線の間に秘密の入り口があり、そこからプラットフォームに出ましたね。

勿論、実際には9と3/4番線は存在しませんが、ホームの近くにハリー・ポッターのキャラクター・ショップが有るのでファンは要チェックです♪

キングス・クロス駅 (Kings Cross Station)
住所:
Euston Road, London
電話番号:
03457 11 41 41
月曜日~金曜日 5:
00~1:36
土曜日 5:
00~1:11/日曜日 5:00~1:36

ロンドン動物園

意地悪な叔母さん一家と一緒に訪れたロンドン動物園の爬虫類館。
そこで初めてハリーは、自分の持つ不思議な力を知ってしまいます。

ロンドン動物園は、ロンドン市民の憩いの場所リージェンツ・パークの中に有る世界で最初の科学動物園です。650種以上の様々な動物が集められ、大人も子どもも楽しめますよ。

ロンドン動物園 (London Zoo)
住所:
Regent's Park, London
営業時間:
10:00~18:00
※閉園時間は季節により異なるのでホームページで確認を
定休日:
12月25日
料金:
大人£24.30、子ども(3~15才)£17.10
アクセス:
地下鉄Regent's Parkから徒歩20分、Camden Townから徒歩15分
電話:
+44-0344 225 1826

オーストラリアン・ハイ・コミッション

出典: momluck.com

グリンゴッツ魔法銀行の建物に使われたオーストラリアン・ハイ・コミッション(大使館)。

映画では柱がかなりナナメになっていましたね。内部の撮影もこの場所で行われたそうです。

オーストラリアン・ハイ・コミッション (Australian High Commission)
住所:
Strand London WC2B 4LA
アクセス:
地下鉄Aldwych Drury Lane駅から徒歩4分
電話:
+44(0)20 7379 4334
定休日:
土曜日・日曜日

ワーナー・ブラザーズ・スタジオ・ツアー・ロンドン / メイキング・オブ・ハリー・ポッター

ハリー・ポッター・シリーズ全8作が撮影されたスタジオを見学するツアーです。

グリフィンドールの談話室やダンブルドアの校長室などのセットや、衣装などを歩いて見てまわります。
記念撮影をしたり、バタービールを味わったり、ファンにとってはたまらない楽しい時間となるでしょう。

なお、ツアーは当日券は有りません。必ず事前予約が必要ですのでお気をつけ下さい。

ワーナー・ブラザーズ・スタジオ・ツアー・ロンドン / メイキング・オブ・ハリー・ポッター (Warner Bros. Studio Tour London / The Making of Harry Potter)
住所:
Leavesden WD25 7LR
営業時間:
9:00~20:00
※最終ツアーの入場は16:
30
ツアー所要時間 約3時間
料金:
大人£33.00、子ども(5~15才)£25.50
アクセス:
Watford Junction駅よりシャトルバス有り
電話:
+44-0345 084 0900
営業時間については、ホームページで確認が必要

2. ノッティングヒルの恋人

ノッティングヒルの恋人は、片やジュリア・ロバーツ扮する有名ハリウッド女優、片やヒュー・グラント扮する平凡な男の恋の行方を、ユーモアを交えて描いた映画です。

ウェストロンドンにあるごく平凡な街“ノッティングヒル”が舞台。小さな本屋を経営するウィリアムの店に、ある日偶然ハリウッドスターのアナ・スコットが訪れたことから物語が始まります。

互いに運命を感じた2人。やがて恋に落ちるのですが……。

コロネ・シネマ

コロネ・シネマは、ロンドンで一番古い円形の映画館。とても美しい建物ですね。

この映画では、ここで傷心のウィリアムがアナの映画を観ているんです。

コロネ・シネマ (Coronet Cinema)
住所:
Notting Hill Gate, London
電話番号:
020 7727 6705
アクセス:
地下鉄Notting Hill Gate駅から徒歩1分

ポートベロー・ロード142番地

映画でウィリアムが経営してる旅行書専門店「THE TRAVEL BOOKS」の外観に使われてのがこのお店。

今は、本屋さんではないようですが・・・

この一帯は、おしゃれでかわいいものを扱っているお店も多いので、ロケ地巡りついでに散策してみるのもオススメ♪

ポートベロー・ロード142番地 (Portbello Road 142)
住所:
142 Portobello Road, Notting Hill, London
アクセス:
地下鉄Notting Hill Gate駅から徒歩5分

3. ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記は、世界中の女性の共感を集めるベストセラー小説を映画化した恋愛コメディ。

出版社に勤める32歳の独身女性ブリジット(レニー・ゼルウィガー)。ダイエットと恋愛のみが目下の関心事。彼女は。出版記念パーティーの夜、セクシーな上司ダニエル(ヒュー・グラント)と急接近します。しかし、彼はとんだ浮気男。浮気相手のアメリカ人の同僚と婚約してしまいます。傷心のブリジットは会社をやめ、リポーターに転職するのですが・・・

恋も仕事もうまくいかない・・・ロンドン在住のシングルウーマンの本音を、切実かつユーモラスにつづっています。

王立裁判所

王立裁判所は、テレビ局に転職したブリジット・ジョーンズが、取材に訪れた場所。実際、注目度の高い裁判があった時などは数多くのジャーナリストやレポーターが詰めかけます。

内部見学ツアーも有りますので、予約して参加するのも面白そう。

王立裁判所 (Royal Courts of Justice)
住所:
The Strand, London
営業時間:
10:00~16:30
定休日:
土曜日・日曜日
電話番号:
020 7936 6751
アクセス:
地下鉄Charing Cross駅より徒歩6分

ピカデリー・サーカス

ピカデリー・サーカスは、通勤途中のブリジットの妄想のなかで電光掲示板が流れていたところ。

ロンドンの中心地であり、旅行者が必ず通る場所。周りには色んなスポットが集まっています。

ピカデリー・サーカス (Piccadilly Circus)
住所:
Piccadilly Circus, City of Westminster, London
アクセス:
地下鉄Piccadilly Circus駅からすぐ

いかがでしたか? ロンドン市内のけっこう身近な場所で映画が撮影されていますね。映画がお好きな方は、ロンドンでの観光にロケ地巡りを加えて、映画の世界に浸ってみるのも素敵ですよ。

lyrica

趣味はマリンスポーツと海外マラソン参戦。秘かに世界中の海の制覇を目論むバイリンガル主婦です。海外アクティビティ系の情報を中心にわくわくする記事をお届けします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • イギリスのお菓子お勧め人気TOP22!お手軽お菓子から優雅なア...

    イギリスにはお菓子のバリエーションが少ないと思っている方、集合!ケーキやスコーン、クロテッドクリームにクリスマス限定のパイなど実は奥が深いイギリスお菓子の世界へご招待致しましょう。王室御用達のチョコレートからスーパーで買えるお菓子まで取りそろえはバッチリ。ハリーポッターやアガサ・クリスティの好物も登場!

  • ロンドンでオーダースーツが作れるアトリエ「Paul Smith West...

    イギリス・ロンドンに所在する「Paul Smith Westbourne House-ポール・スミス・ウェストボーン・ハウス-」はデザイナー、ポール・スミスの邸宅を改装したアトリエ兼フラッグシップストア。ここでしか作れないオーダースーツは必見です!旅の記念に1着オーダーしてみては?

  • イギリス基本情報 【時差・空港編】

    モノトーンの落ち着いた街並みの中を走る赤いバスが印象的な国「イギリス」。本記事では、イギリスに行く前に知っておきたい日本とイギリスの時差や、イギリスの玄関口、ロンドンのヒースロー空港までの飛行時間などの基本情報をお送りします。

  • スコットランド・エディンバラでおすすめの人気お土産ショッ...

    日本でのスコットランドの知名度、高いとは言えません。どんな国?と聞かれてもなかなか即答しがたい国の一つです。そんなスコットランドですが、行ったからにはスコットランドらしいお土産を買って帰りたいですよね♪ そこで今回は、スコットランドの民芸品やスコットランド人アーティストによるオリジナルアクセサリーを購入できるおすすめのお店3店を詳しくご紹介していきます!

  • ロンドンにあるおすすめホテル15選!人気観光スポットへのア...

    歴史がある国として、観光の見どころも多く、訪れる人が多いイギリス。首都であるロンドンまでは、日本から直行便が出ているので、旅先に選ぶ人も多いのではないでしょうか?英語も通じるので比較的旅行もしやすいですよね。今回は、そんなロンドン市内にあるオススメホテルを紹介しましょう。

  • ロンドンでおすすめのおしゃれハイセンスホテル7選!思わず予...

    歴史ある建物を訪れたり、洗練されたファッションストリートを歩いてみたり・・・せっかくのロンドン旅行ですから、宿泊先もおしゃれにキメませんか?そんなトラベラーの夢を叶えるハイセンスなホテルをドンと紹介します。

  • ロンドンのコヴェント・ガーデン観光スポットまとめ!おしゃ...

    常に人が集まっているコヴェント・ガーデン。ショッピング街にカフェやレストラン、しゃれた小さなお店が立ち並んでいます。今回はそんなおしゃれでにぎやかな街、コヴェント・ガーデンをご紹介します。

  • 【イギリス・コッツウォルズ】ブロードウェイのおすすめスポ...

    コッツウォルズの北にある町で世界で一番のコッツウォルズの羊毛を運ぶ拠点となりました。 そんなブロードウェイにはおしゃれなカフェやブロードウェイタワーなどの観光名所もあります。 イギリスのアフタヌーンティーやクリームティーを楽しめるお店も紹介します。

  • 007のロケ地、イギリス・ブレナム宮殿!極上の庭園や巨大迷路...

    元首相ウィンストン・チャーチルの生家としても知られるブレナム宮殿は、その規模だけではなく、美しさにおいても英国随一との評判です。1987年には世界遺産にも登録。一度は訪ねてみたいと思われている方のために、今回はその魅力の一端をご紹介したいと思います。

  • エディンバラのおすすめ観光スポット7選!鉄板観光スポット...

    スコットランド・エディンバラと聞いて何を思い浮かべますか?キルトやバグパイプなどが有名ですよね。そのほかにも美しいお城や建造物、奥深い歴史があります。そして忘れてはならないのがウイスキー!パブの文化があるため、美味しいお酒や食事がたくさん!今回はそんな魅力触れるスコットランドの首都、エディンバラについてご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事