イギリス観光はここが鉄板!欠かさず行くべきおすすめ観光スポット15選!

7,824

views

0

治安もよく、たくさんの観光スポットがあるイギリスは、旅行や留学先としても人気ですよね。歴史の深い文化に触れることができるところも魅力です。今回はイギリス旅行で外せないおすすめの観光スポットをまとめてみました。首都のロンドンを中心にご紹介します!

イギリス観光のおすすめスポット:①ロンドン・アイ(London Eye)

ヨーロッパの中でもトップレベルの大きさの観覧車、ロンドン・アイ(London Eye)。ロンドンの街を一望できるということで、毎日多くの観光客が列を作っています。かなり混雑することが予想されるので、長時間待つのは嫌!という方には予約やファストパスの購入をおすすめします。イギリスに来たら是非訪れたい観光スポットです。

ロンドン・アイはロンドンを象徴する建物として、ミレニアムプロジェクトの一環で1999年末にオープンしました。日本でよく見かける観覧車とは違い32個のカプセルは1つ約25名も乗ることの出来る超大型サイズです。ゆえに、観覧車の中にいるとケーブルカーや小型バスに乗っているような感覚になることでしょう。

カプセル1つ1つのスケールの大きさもさることながら、観覧車自体もとても大きく、1周するのになんと約30分もかかります。お値段はお高めですがこれだけゆっくりと市内の景色を満喫できるのであれば十分元が取れちゃいますね!
乗る時間がない方も、ふもとまで行って写真を撮るだけでも十分ロンドンらしい一枚を残すことが出来るので是非足を運んでみてください。

ロンドン・アイ(LONDON EYE)
住所:
Westminster Bridge Rd., SE1
営業時間:
11:00~18:00
電話番号:
0871-781-3000
アクセス:
Waterloo駅より徒歩約7分
(営業時間:
季節により変更になる場合あり)
定休日:
クリスマス
料金:
£18.90~

イギリス観光のおすすめスポット:②ビッグベン(Big Ben)

国会議事堂、通称ビッグベン(Big Ben)はイギリスロンドンに来たら欠かせない観光スポットです。
人気ディズニー映画「ピーターパン」でこの時計台を見たことのある方も多いのではないでしょうか。
夜になると奇麗にライトアップされ、また違った雰囲気を楽しめます。

ビッグベンはウエストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する時計台ですが、いまや宮殿よりも有名なロンドンの観光スポットとなってしまいました。どこよりもロンドンに来たことを感じさせてくれる荘厳な建物は、高さは約96.3m、1859年7月11日より、ロンドン市内を見守り続けています。
毎日正午にはまさに日本の学校のチャイムでおなじみのあのチャイムの音が鳴りますので、見逃せません。鐘の音を聞くと、異国にいながらも、なんだか懐かしい気持ちになることでしょう。

老朽化により2021年まで大規模修繕工事に入ることになったビッグベン。次回、鐘の音がロンドンじゅうに響き渡る日が今から待ち遠しくてなりません。

ビッグベン(Big Ben)
住所:
Westminster, SW1
営業時間:
09:15~16:30
電話番号:
0844-847-1672
アクセス:
Westminster駅より徒歩約3分
(営業時間:
季節や曜日によって変更になる場合あり)
料金:
£15

イギリス観光のおすすめスポット:③ロンドン塔(Tower Of London)

11世紀に要塞として作られた、ロンドン塔(Tower Of London)。お城の中を見学しながら、イギリスの歴史に触れることができる観光スポットです。
「アフリカの星」と呼ばれる世界最大のダイヤモンドが見所。なんと530カラット!また、衛兵「ヨーマン・ウォーダー」が館内を案内してくれるツアーへの参加もおすすめです。

ダイヤモンドは地元イギリスでは、発掘された鉱山の所有者トーマス・カリナンにちなんで「ザ・カリナン(The Cullinan)」と呼ばれています。1907年に、時のイギリス国王エドワード7世の66歳の誕生日プレゼントとして贈呈された為、現在もイギリス王室が所有し、ロンドン塔で大切に保管および永久展示されています。

ダイヤモンドも見所のひとつですが、ロンドン塔の建物自体も1988年にユネスコの世界遺産に登録された大変見応えのあるものですので、時間がない方も是非外観だけでもご覧になってみてはいかがでしょうか?
テムズ川のほとりに建てられた塔は、ホワイトタワーともよばれており、白い外観がエレガントなデザインとなっております。

ロンドン塔(TOWER OF LONDON)
住所:
Tower Hill, EC3
営業時間:
09:00~17:30
電話番号:
0844-482-7777
アクセス:
Tower Hill駅より徒歩約5分
(営業時間:
日・月曜日は10:00〜17:30)
定休日:
クリスマス
料金:
大人£20.90 / 学生£17.60

イギリス観光のおすすめスポット:④バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)

イギリスの数ある観光スポットの中でも、人気ナンバーワンとの呼び声が高いバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)。ロンドンを訪れたら必ず訪れたい場所ですね。夏季には宮殿内を見学できます。シーズン中に旅行へ行く際は、予約を忘れずにしておきましょう!

観光客の目当てはズバリ、衛兵交替式!春から夏にかけては、毎日行われます。それ以外のシーズンは1日おきに交替式が行われるので、事前に公式サイトなどでチェックしておきましょう。今でも王室の住居であるため、王室行事などで変更になる場合もあるので注意。

バッキンガム宮殿は1703年の完成当初はこぢんまりとしたものでしたが、その後どんどん拡張され、今では約1万坪もの広大な敷地面積を誇る大変大きな施設となりました。
今も500名近い人が毎日勤務している現役の施設です。宮殿内の見学は毎年7月26日~9月24日となっておりますので、夏休みやシルバーウィークなどに合わせロンドン旅行を計画するのも良いかもしれません。冬の寒さ厳しいロンドンも、ちょうどこの時期は大変過ごしやすく、観光を満喫できることでしょう。

宮殿には年間約4万人の招待客がやってくる為、中に入れないことも少なくありませんが、その際は宮殿上の王室旗がみどころ!旗が掲げられるのは、女王が在宅している時限定です。

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)
住所:
Buckingham Palace Rd., SW1
営業時間:
09:45~18:30
アクセス:
Victoria駅より徒歩約10分
(営業時間:
宮殿内の見学は夏季のみ)
定休日:
王室行事などによる休館もあるため、事前に確認必須
料金:
£18(宮殿内見学)
備考:
衛兵交替は毎日11:30〜(春・夏季)。それ以外のシーズンは1日おきに行われる。

イギリス観光のおすすめスポット:⑤タワー・ブリッジ(Tower Bridge)

ロンドンのテムズ川に架かる橋、タワー・ブリッジ(Tower Bridge)です。このタワー・ブリッジには登ることができます。ガラス張りになっているフロアもあるので、興味のある方は高さ42メートルのスリルを感じてみてください。
タワー・ブリッジは可動式になっており、船が通る時は橋が開きます。公式サイトに時間が載っているので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

タワー・ブリッジはロンドン塔のすぐ横にあります。すぐ近くにはビッグベンなどイギリスの一大観光スポットが密集していますので、是非この辺りではたくさん写真を撮ってくださいね!
長さ244m、両サイドにデコラティブなゴシック式の高さ65mのタワーを構えるタワー・ブリッジは、橋というよりもはやお城や教会かと見紛うほどのスケール感。絵本や映画、テレビでおなじみの風景をひとたび生で見たら、思わずその姿に息を呑まずにはいられないことでしょう。

ちなみにイギリス民謡「ロンドン橋落ちた」が有名な為、この橋を「ロンドン橋なのでは?!」と勘違いする方が世界中にたくさんいますが、ロンドン橋は別の場所にあるものです。どうぞお間違いなく!そして、機会があればぜひロンドン橋へも足を延ばしてみてください。

タワー・ブリッジ(Tower Bridge)
住所:
Tower Bridge Rd., SE1
営業時間:
10:00~18:30
電話番号:
(020)7403-3761
アクセス:
Tower Hill駅より徒歩約10分
(営業時間:
10〜3月は09:30〜)
定休日:
クリスマス
料金:
大人£8 / 学生£5.60

イギリス観光のおすすめスポット:⑥ケンジントン宮殿(Kensington Palace)

ダイアナ元妃が住んでいたというケンジントン宮殿(Kensington Palace)も、イギリスの人気の観光スポットとして知られています。宮殿ももちろんですが、美しい庭園も見所の一つです。

宮殿の中には調度品や絵画などが展示されており、一度は訪れてみる価値があるでしょう。見学できるのは宮殿のごく一部のみですが、建物のスケールに圧倒されること間違いなしです。

ケンジントン宮殿は、現在ウィリアム王子一家らが住んでいる現役の施設。バッキンガム宮殿と並び、テレビなどで英国のロイヤルファミリーの姿が映った際に、背景に映った映像で、ケンジントン宮殿を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

一般公開されているのはマーガレット王女が住んでいたアパートメントの庭部分のみですが、宮殿の一角にある「オランジェリー(The Orangery)」は、カフェ兼レストランとして開放されており、オランジェリー(オレンジの温室)の特長を活かした光を多く取り込む優雅な空間の中でお茶や食事を楽しむことができますよ!
こちらは宮殿に入らずとも利用することが可能です。

ケンジントン宮殿(Kensington Palace)
住所:
Kensington Gardens, W8
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
0844-482-7777
アクセス:
High St. Kensington駅より徒歩約5分
(営業時間:
11〜2月は〜17:00)
定休日:
クリスマス
料金:
大人£14.50 / 学生£12

イギリス観光のおすすめスポット:⑦ハロッズ(Harrods)

老舗高級百貨店として有名なハロッズ(Harrods)もおすすめです。330店ものお店が入っているイギリス最大級のデパートで、映画に出てきそうな豪華な外観が特徴。中でもハロッズ・ショップは、イギリスでしか買えないグッズがそろっているので観光だけではなくお土産探しにぴったり。

空港内のお土産物店や日本の百貨店などでもハロッズの製品は多数扱われている為、「Harrods」のロゴを見たら「あ、知ってる!」と思い出す方も多いのではないでしょうか?本店は、日本よりも何倍も豊富にアイテムが取り揃えられており、お値段も日本で買うよりぐっとお手頃なので、ハロッズファンの皆さまは思わず時がたつのも忘れてしまうほどでしょう。

地下鉄ナイツブリッジ駅からもスグの所にあるので、海外旅行初心者の方にも行きやすく、一通りのお土産を揃えることが出来るので見逃せません。紅茶・クッキーなどのグルメも絶品ですが、女性の皆さんは是非キュートな「ハロッズ・ベア」のアイテムのチェックもお忘れなくどうぞ!

ハロッズ(Harrods)
住所:
87-135 Brompton Rd, Knightsbridge, London
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
010 44 20 8479 5100
アクセス:
バス停・Harrodsより徒歩1分
(営業時間:
日曜日のみ11:30〜18:00)
定休日:
なし

イギリス観光のおすすめスポット:⑧ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)

ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)は、ロイヤル・バレエ、ロイヤル・オペラの拠点でもあります。バレエやオペラに興味がある方は絶対に訪れるべき場所ですね。

この会場の雰囲気は一生に一度は味わっておきたいものです。シーズンにより、バックステージ・ツアーが開催されることもあります。ツアーの予約や、公演のチケットは公式サイトから購入できます。

ロイヤル・オペラ・ハウスはコヴェント・ガーデンというエリアにある歌劇場です。ツウの間では「ROH」という略称で呼ばれたりすることもあります。
「ロイヤル・オペラ」「ロイヤル・バレエ団」「ロイヤル・オペラ・ハウス・オーケストラ」の本拠地として使用されており、これらの団体は日本人ファンも多い為、ファンのブログや旅行記などをチェックしてみるのも会場の雰囲気を掴むよい手段かもしれません。

イギリスだけではなく世界的に有名な施設ですので、観光ツアー予約代行サービスなども充実しています。英語での予約が不安な方はそれらを利用してみるのも良いですね。逆に英語が話せる方は上手くいけば当日券でお得に鑑賞できるチャンスもありますので是非トライしてみてはいかがでしょうか?

ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)
住所:
Bow St, London
電話番号:
+44 20 7240 1200
アクセス:
Covent Garden駅より徒歩約3分

イギリス観光のおすすめスポット:⑨大英博物館(British Museum)

一日では回りきれないほど、壮大なスケールの大英博物館(British Museum)。スケジュールの関係で余裕を持って鑑賞できない場合は、あらかじめ見たいものをピックアップしておくといいでしょう。800万点もの芸術品が展示されているので、博物館、美術館好きにはたまらないですね。入場料は無料ですが、特別展は有料になる場合があります。

大英博物館は、イギリスの古美術収集家のお医者さんのコレクションを集めた場所としてスタートしました。それが時を経て1759年より一般に開放されるようになり、現在に至ります。
英語に自信がない方も、館内へは無料で入れますので気軽に訪れてみてはいかがでしょうか?お土産物ショップも充実しており、センスのよい物が沢山扱われています。

入口を抜けて美しいグレート・コート(ホール)へ。こちらで日本語のガイドをゲットすると良いでしょう。英語がわかる方は無料のツアーなども随時開催されていて便利です。
数ある展示物の中でも最も有名なもののひとつ「ロゼッタ・ストーン」は、入口ホール(グレート・コート)左手からギャラリー内に入ると早速ございますので、観光で時間がない方もどうぞお見逃しなく!

大英博物館(British Museum)
住所:
Great Russell St, Bloomsbury, London
営業時間:
10:00~17:30
電話番号:
(020)73238299
アクセス:
Holborn駅より徒歩約5分
(営業時間:
金曜日のみ〜20:30)
定休日:
クリスマス
料金:
無料

イギリス観光のおすすめスポット:⑩リバティ・ロンドン(Liberty London)

1875年に創業した歴史あるデパート、リバティ・ロンドン(Liberty London)。ファッションやインテリア、文具や雑貨などあらゆるものが手に入ります。建物の中は吹き抜けになっていて、日本とはまた違う雰囲気でのショッピングを楽しむことができますよ。

リバティオリジナルの商品をお土産にするのもいいかもしれませんね!リバティならではのアイテム探しを楽しんでみてください。

リバティ・ロンドンは先ほどご紹介した「ハロッズ」と双璧をなす有名老舗デパート。日本の観光ガイドブックでは「リバティ百貨店」などの名前で紹介されていることもあります。
建物は吹き抜けの内部も見事ですが、チューダー様式を採用した木材の白壁とのコントラストがなんともヨーロッパらしい外観も素敵ですので、是非外からもじっくりとその姿をご堪能ください。

リバティ・ロンドンはイギリスにおいてGrade Ⅱ Listed Buildeing(第2種指定建造物。イギリス国内で建築上および歴史上重要な建築物に与えられる称号)に指定されており、数ある商品の中でも特に有名なファブリック関連アイテムは必見です。日本よりもだいぶお手頃価格でゲットできますよ!

リバティ・ロンドン(Liberty London)
住所:
Regent St, Carnaby, London
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+44 20 7734 1234
アクセス:
Oxford Circus駅より徒歩約3分
(営業時間:
日曜日のみ12:00〜18:00)
定休日:
なし

イギリス観光のおすすめスポット:⑪ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)

ビッグベン(Big Ben)の後ろ側にある建物が、ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)。国王の戴冠式など、王室のあらゆる行事で使用されてきた世界遺産にも登録されている場所です。日本語のガイドブックも販売されているので便利!チケットはオンラインでも購入することが可能です。

近年ではウィリアム王子とキャサリン妃が結婚式を上げた場所としてもすっかりおなじみとなったウェストミンスター寺院。日本では「寺院」と訳されていますが、イングランド国教会の教会のひとつで、地元の人は「The abbey」と呼んで親しんでおります。

ビッグベンのあるウエストミンスター宮殿と名前がとてもよく似ているので、観光の際はどちらがどちらか混乱しないようにご注意を!さらには少し離れた場所に「ウエストミンスター大聖堂」というものもあり、はじめてイギリスに来た多くの日本人旅行者が混乱しています。寺院は「Abbey」宮殿は「Palace」大聖堂は「 Cathedral」ですよ!
とにかく大きなこの建物は写真に収めるのが大変なほど。日曜日の礼拝日を除き、一年中見学可能です。

ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)
住所:
20 Deans Yd, Westminster, London
営業時間:
09:00~16:30
電話番号:
(020)7222-5152
アクセス:
Westminster駅より徒歩約5分
(営業時間:
水曜日は〜19:00、土曜日は〜14:30)
定休日:
日曜日
料金:
大人£16 / 学生£13

イギリス観光のおすすめスポット:⑫バイブリー(Bibury)

コッツウォルズにあるバイブリーは、イギリスで最も美しい村として有名です。絵本の世界のような、どこを切り取っても絵になるすてきな景色が広がります。

コッツウォルズはロンドンの次に日本でも人気のイギリスの観光地のひとつで、ツアー会社ではセットで周遊するプランなども多数扱われています。
イギリス(イングランド)の中央部に位置する標高約300mの丘陵地帯では、ロンドンとはまったく趣のことなる原風景を堪能できることでしょう。その光景はまさにピーターラビットの世界そのもの!
景色をのんびり楽しむのも良いですし、名物のマス料理に舌鼓を打つのもよいでしょう。マスは燻製や缶詰のパテなどもありますのでお土産にもおすすめですよ!

一年を通じて四季折々の楽しみ方が出来るコッツウォルズですが、バイブリーは商業施設が少なく、自然をメインで楽しむエリアですので、花や緑が綺麗な夏の方が見応えがあるかもしれません。

バイブリー(Bibury)
住所:
Bibury, Gloucestershire, GL7
アクセス:
オクスフォード(Oxford)より車で約1時間

イギリス観光のおすすめスポット:⑬ウィンザー城(Windsor Castle)

ウィンザー城(Windsor Castle)もイギリスのもっとも有名な観光地の一つです。バッキンガム宮殿より車で1時間ほどの場所にあります。女王エリザベス2世は、ここウィンザー城で週末を過ごすそうです。広大な敷地と美しい庭園に圧倒されてしまうこと間違いなし。
ステート・アパートメントやメアリー王妃のドール・ハウスを見学できます。

ロンドンから約40km西にあるウィンザー城は、ロンドンへの玄関口「ヒースロー空港」の先にあります。直通電車もあって約40分で行くことが出来るので是非気軽に足を運んでみてください。バッキンガム宮殿同様、こちらも11時に行われる衛兵交代式が有名で、お昼近くになると多くの観光客で賑わいます。

ステート・アパートメントは日本のガイドブックでは「公式諸間」などと訳されている場所。現在も多くの公式行事で使用されています。ドール・ハウスはメアリー王妃の理想の宮殿の模型で、12分の1の縮尺でつくられた世界はとにかく緻密で驚かされることでしょう。他にもセント・ジョージ礼拝堂などが有名です。

ウィンザー城(Windsor Castle)
住所:
Windsor Castle, Berkshire SL4
営業時間:
09:30~17:30
電話番号:
+44 303 123 7334
アクセス:
(営業時間:
日曜日のみ〜12:00)
定休日:
なし
料金:
大人£20 / 学生£18.2

イギリス観光のおすすめスポット:⑭セント・ポール大聖堂(St Paul's Cathedral)

セント・ポール大聖堂(St Paul's Cathedral)は、シティ・オブ・ロンドンにある聖パウロを記念して作られた建物。チャールズ皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げた場所としても有名ですね。ドーム型の場所は展望スペースになっており、ロンドンの街を見渡すことができます。

セント・ポール大聖堂はイングランド国教会ロンドン教区の主教座聖堂で、最初のものは607年頃建設されたと言われています。当時は木造のもので、その後何度かの建て替えを経て現在の姿となりました。
「セント・ポール」とは「聖パウロ」のこと。屋内に入ると直径34mの丸いドームの天井に、聖パウロの一生が金色で見事に描かれております。

テレビや写真などのイギリスの特集などを組まれている時にセント・ポール大聖堂を見たことがある人は多いと思いますが、実際観光でその場に来てみると、びっくりするほど大きく、そして何より天井が高いことに驚かされます。
教会部分や展望スペースも必見ですが、地下には偉人達の眠る納骨室もありこちらも、見逃せないスポットのひとつです。

セント・ポール大聖堂(St Paul's Cathedral)
住所:
St. Paul’s Churchyard, EC4
営業時間:
08:30~16:00
電話番号:
(020)7246-8357
アクセス:
St. Paul’s駅より徒歩約1分
定休日:
日曜日
料金:
大人£14.50 / 学生£13.50

イギリス観光のおすすめスポット:⑮グリニッジ天文台(Royal Observatory Greenwich)

グリニッジ天文台(Royal Observatory Greenwich)は、世界遺産にも登録されているイギリスの人気の観光スポット。ロンドンからは若干離れた場所にありますが、行ってみる価値のある場所だと思います。

世界の時間はこのグリニッジ天文台にある時計を基準にしているんです。ここでの記念撮影は定番で、世界中からの観光客が写真を撮っているのを見かけます。

1884年、ここが子午線0度に定められ、いわゆる地図帳や地球儀などでおなじみの「グリニッジ標準時」が採用されました。現在天文台は別の場所にありますが施設は博物館として利用されています。

ロンドンから電車で行くのもおすすめ(約1時間弱で到着します)ですが、せっかくなのでフェリーを使って行くのもおすすめです。こちらも約1時間で最寄りの船着き場まで行くことができ、途中有名観光地が右に左に飛び込んで来るので、天文台に到着するまでの間もロンドンを満喫することが出来るでしょう。

冬はロンドンよりさらに風が強く寒いことが多いので、是非あたたかい格好でお出かけください。また、天文台までの道は傾斜があるので歩きやすい靴でいくと良いでしょう。

グリニッジ天文台(Royal Observatory Greenwich)
住所:
Blackheath Av., Greenwich SE10 8XJ
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
(020)88584422
アクセス:
Cutty Sark駅より徒歩約10分
定休日:
なし
料金:
£9.5(5歳未満は無料)

最後に

いかがでしたか?今回はイギリスのおすすめ観光スポットをご紹介しました。日本では体験できない歴史や文化を感じることができるので、イギリス旅行を計画している方は是非選択肢に入れてみてくださいね。

イギリスは公用語が英語なので、他のヨーロッパの主要都市に比べてとても気楽に観光することが出来るでしょう。
よく「料理が美味しくない」などと言われることが多いですが、今では世界各国の料理を扱うレストランが多数進出し、様々なグルメにチャレンジすることができますのでイギリス料理が口に合わない方も安心です。

また、アフターヌーンティや、サッカーのプレミアリーグ観戦などもイギリスでは見逃せないアクティビティです。どちらも世界中からの観光客が殺到しますので、事前に席やチケットを押さえておくとよいでしょう。

春~秋が過ごしやすくおすすめですが、凍てつく冬もホリデーシーズンのイルミネーションが寒空に映えて大変美しいです。是非時期を変えて何度でも足を運んでみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • ロンドンのコヴェント・ガーデン観光スポットまとめ!おしゃ...

    常に人が集まっているコヴェント・ガーデン。ショッピング街にカフェやレストラン、しゃれた小さなお店が立ち並んでいます。今回はそんなおしゃれでにぎやかな街、コヴェント・ガーデンをご紹介します。

  • 【イギリス・コッツウォルズ】ブロードウェイのおすすめスポ...

    コッツウォルズの北にある町で世界で一番のコッツウォルズの羊毛を運ぶ拠点となりました。 そんなブロードウェイにはおしゃれなカフェやブロードウェイタワーなどの観光名所もあります。 イギリスのアフタヌーンティーやクリームティーを楽しめるお店も紹介します。

  • 007のロケ地、イギリス・ブレナム宮殿!極上の庭園や巨大迷路...

    元首相ウィンストン・チャーチルの生家としても知られるブレナム宮殿は、その規模だけではなく、美しさにおいても英国随一との評判です。1987年には世界遺産にも登録。一度は訪ねてみたいと思われている方のために、今回はその魅力の一端をご紹介したいと思います。

  • エディンバラのおすすめ観光スポット7選!鉄板観光スポット...

    スコットランド・エディンバラと聞いて何を思い浮かべますか?キルトやバグパイプなどが有名ですよね。そのほかにも美しいお城や建造物、奥深い歴史があります。そして忘れてはならないのがウイスキー!パブの文化があるため、美味しいお酒や食事がたくさん!今回はそんな魅力触れるスコットランドの首都、エディンバラについてご紹介します。

  • ロンドンで買うべきお土産おすすめ15選!人気の紅茶、チョコ...

    「ロンドンのお土産は何にしたらいいのか?」旅をすれば誰もが悩むお土産アイテム。ロンドンには日本人が好むお土産がたくさんあるので、どれにしたらいいか迷ってしまいそう…。初めてのロンドン旅行の方も、定番のお土産に飽きた方もきっとお気に入りが見つかるそんなロンドンならではのお土産品を集めてみました。

  • プーさん故郷のイギリス田舎町・ハートフィールドに行きたい!

    くまのプーさん。誰もが聞いたことのある蜂蜜大好きな黄色いクマは全世界で人気です。しかし、このプーさんの故郷がイギリスにあるというのはご存知でしょうか?イギリスにある田舎町・ハートフィールドに別荘を構えた作者はこの地の自然に構想を得て物語を書いたとされ、現在も観光地として人々に人気の町でもあります。

  • ロンドンに行ったら絶対食べたい!マフィンマンの絶品スコーン

    ロンドンと言うと料理がおいしくないというイメージがあり、旅行中の料理にもあまり期待はしていない、なんて方も多いのではないでしょうか?でも安心してください、スコーンがとってもおいしいカフェがハイストリートケンジントン駅近くにあるのです。ここのスコーンはかりかりの食感で食べたらまた来たい!と思ってしまうほどおいしいと評判のお店なのです。そんなマフィンマンをご紹介いたします。

  • ロンドンで人気のハムステッド・ヒースを散策!名画も堪能で...

    ロンドンには大きな公園がいくつかありますが、中でもロンドンっ子に人気なのがハムステッド・ヒースです。ヒースとは「荒野」のこと。どうしてそんな場所が市民の憩いの場となっているのでしょうか。ハムステッド・ヒースの魅力をご紹介してみたいと思います。

  • ロンドン旅行で必ず行きたい!「スケッチ」のオシャレ空間と...

    ロンドンの人気レストラン「スケッチ」は、有名シェフの作る料理だけでなく、アートな5つの空間と卵形のトイレが訪れる人の心をわしづかみにしています。誰もが「ここへ行くなら必ずカメラを持っていって!」と言うスケッチの魅力に迫ってみましょう。

  • イギリス・ロンドンの老舗ブランド・マッキントッシュの本店...

    イギリスの老舗ブランド「MACKINTOSH-マッキントッシュ-」はロンドンの店舗では、イギリスの風土から成り立つマッキントッシュの魅力を存分に味わえます。そして、MACKINTOSHファンならぜひチェックしたいグラスゴー美術学校もご紹介。

このエリアの人気記事