ペルー・クスコから行くマラス塩田徹底ガイド!不思議な光景が広がる山あいの岩塩の産地

6,248

views

0

アンデスの山脈の中に塩田があると言うのは不思議な話ですよね。山あいの中に真っ白な棚田が何千もある光景は不思議としか言いようがありません。そこでおすすめしたいのが「マラス塩田」。ペルーのクスコを訪れたら、少し足を延ばして岩塩の産地「マラス塩田」を訪れてみてはどうでしょうか。そこで獲れる塩はお土産にもぴったりですよ。

ウルバンバの山あい

クスコから約1時間半のウルバンバの山あいには不思議な光景が広がっています。真っ白な棚田で作られているのは塩。

マラスはプレインカ時代から塩の産地として知られていました。このマラスの塩田について詳しく見てみることにしましょう。

どうして山の中で塩が?山の中で湧き出る塩水の不思議

六千年前、マラスの塩田の付近は海でした。これが地殻変動を起こして現在の塩水の源泉になったと言われています。海水が地上に閉じ込められてしまったのですね。これはインカ時代よりもずっと前から湧き出ている泉なのです。

何と、この源泉の塩分濃度は20%以上。海水で3%だと言うのですから、かなり濃度が濃いことが分かりますね。この湧き出る塩水を水路に引いて棚田へため、天日干しすることで塩が作られます。

マラスの塩田の塩作りは誰がしているの?仕組みは?

現在、マラスの塩田の棚田は3800もあると言われています。その作業をしているのは住民たち。太陽光に温められて蒸発した塩をかき集めて干す作業があります。

それぞれが塩田を持っており、自分の塩田で作業をするのです。小さな子どもも作業に関わっていることがあり、家族事業であることが分かりますね。

棚田を区切っているのは石。自然のもので作られた塩田では、作業をしている様子も見ることができます。日本であまり見ることがない塩田での仕事は、興味深い光景ですね。

インカより前の時代から続く?塩田の姿

こうした天日干しの塩田は、インカの時代にはもう既に行われていました。真っ白の塩は「インカの白金」と呼ばれて皇帝にも献上されたとか。また、遠地からもマラスの塩を求めてさまざまな人が集まったようですね。

スペインに侵略された後、ほとんどのものは破壊されてしまいましたが、マラスの塩田は破壊を免れました。そして、今に続く天日干しの作業が残されたのです。

訪れるのにおすすめなのはいつ?

マラスの塩田を訪れるのにおすすめなのは、乾期です。この地方の乾期は5月~9月。この時期には作業を見ることができる点で魅力的。また、塩田が真っ白になるのも乾期のことです。山あいの不思議な光景を見るのなら、乾期の時期に訪れることにしましょう。

マラスの塩田の塩の味はどんな感じ?本当においしいの?

マラスの塩田の塩はまろやかでかすかに甘みを感じるものであると言われています。これは、マラスの塩の結晶が大きいから。

ゆっくりと結晶化するために、通常の塩の2倍くらいの大きさに固まるのが特徴のマラスの塩は、ゆっくりと舌の上で溶けるために甘みとうまみを感じるのです。また、ミネラルも豊富に含んでいますよ。

マラスの塩田で取れる塩の種類は?

マラスの塩田ではいくつかの種類の塩が取れます。表面に浮かび上がっている白い結晶は一番上質の塩。

ミネラルを多く含むローズソルトも取れ、これはバスソルトなどに使われることもありますよ。お土産物屋ではさまざまな塩が販売されていますが、茶色の塩は家畜用で人間が食べることはできません。

実は、クスコで使われている塩はほとんどがウユニ塩田のもので、マラスの塩田のものではありません。クスコではマラスの塩は高級品扱いなのですね。お土産物にはぴったりなのではないでしょうか。日本で購入すると高いですが、現地では比較的安めに購入できますよ。

最後に

いかがでしたか?

マラスの塩田の不思議な光景は、日本では絶対に見られないものですよね。ぜひ訪れて、昔から続く塩田の作業を見学してみてはどうでしょうか。

マラスの塩田(Salineras de Maras)
住所:
Procuradores 366, Cusco 00051
営業時間:
8:00~18:00
アクセス:
クスコから車で1時間半。
料金:
2s/.
おすすめの時期:
5~9月(乾季のため塩田が白くなり作業がみられる)

ちなみに…

一緒に行くならモライ遺跡もおすすめ!

マラスの塩田から25分の位置にはミステリーサークルのような遺跡、モライもあります。これは農業の研究を行うためのものだったという説も。一つの円を歩いて一周するだけで数十分と言う巨大さです。

マラスの塩田はクスコから1時間半ほどなので、せっかくならモライ遺跡も訪れればかなり満足できると思います。

モライ遺跡(Moray)
住所:
Maras, Peru
アクセス:
マラスの塩田から車で25分
kris

ヨーロッパの国々を数日間で数か国巡るという弾丸旅行をして以来、現地に到着するまで旅行先のことを調べず、気の赴くまま散歩する旅行が好きになりました。現在はあまり旅行に行けていませんが、また機会があれば様々な国、地域に行ってみたいと思っています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • 南米ペルーを感じる音楽おすすめの歌手&曲5選!コンドルは飛...

    みなさんはペルーの音楽についてご存知ですか?有名なペルーの音楽家といえば、Daniel Alomía Roblesがいます。彼はあのアンデスの音楽、コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)の作曲家です。ということで、今回はペルーを代表する歌手やオススメのCDをご紹介します。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

このエリアの新着記事
  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • ペルーで買うべき食材3つ!お土産にも喜ばれること間違いなし!

    ペルーといえば観光資源豊富の国ですよね。みなさんは訪れたことがありますか?日本からの直行便はなし、さらに20時間以上かかるにもかかわらず、一度訪れるとまた行きたくなるような不思議な国です。今回は、そんなペルーで買いたい食べ物を紹介したいと思います。

  • ペルーのお土産ショップ!チチカカ湖畔の街プーノでチェック...

    ペルーにあるチチカカ湖の畔にある町プーノは、標高約3500メートル以上に位置します。 富士山の高さと数百メートルしか違わない標高の高い町です。 今回は、お土産選びにも役立つプーノにあるおすすめギフトショップを紹介します。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • ペルー基本情報 【治安・情勢編】

    ペルーはクスコ、マチュピチュ、ナスカなどたいへん見所の多い国です。しかし南米はあまり治安がいい地域ではありません。ここではペルーの治安と、訪れる際に注意したいことについてまとめてみました。

  • ペルー基本情報 【時差・空港編】

    南米にあるペルーは古代遺跡などが残っていて、たいへん魅力的な国です。日本からは直行便がないので時間がかかるのですが、一度は訪れてみたい国のひとつです。ここではそんなペルーとの時差や行き方、国際空港などについて紹介しましょう。

  • ペルー基本情報 【お金編】

    ペルーは南米に位置する国で、南米では3番目に大きい国です。インカ帝国の遺跡である「マチュピチュ」や世界的に有名なナスカの地上絵など、見所が多い国でもあります。ここではそんなペルーのお金に関する情報をまとめてみました。通貨、両替、チップなど、役に立ててくださいね!

このエリアの人気記事