ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製品や、チョコレート!

40,355

views

0

かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

ミステリアスな魅力溢れる国ペルー

ペルーの歴史は古く、紀元前より多くの文化が発展してきました。その中でも有名なのが、紀元前後に起こったナスカ文化 。巨大なナスカの地上絵で知られていますが、何のために描かれたのか未だ解明されず多くの謎に包まれています。

ペルーの文明を語る上で外せないマチュ・ピチュ遺跡。インカ帝国時代の空中都市とも言われる謎の多いミステリアスな遺跡で、 世界遺産にも登録されています。

ペルーのイチオシお土産

チョコ博物館(Choco Museo)のチョコレート

カカオの産地として有名なペルー。お土産で買うなら専門店で購入するのがおすすめです。その中でもおすすめはチョコ博物館(Choco Museo)のチョコレート。観光客だけでなく地元ペルーの人達からも愛されている人気店です。

お店には板チョコ以外にも色んな種類のチョコがあり選ぶのに悩んでしまいそう。パッケージもおしゃれで、お土産にぴったりです。

チョコ博物館(Choco Museo)
住所:
Calle Berlin 375, Miraflores 15074, Lima – Lima, Peru
営業時間:
11:00~20:30
電話番号:
+51 19 77 197560
アクセス:
Ricardo Palma stationバスターミナルより徒歩約13分
定休日:
無休

スーパーマーケットで買えるペルーのお土産

ペルーコーヒー

カカオと並ぶ特産物として有名なコーヒー。ペルーのコーヒーは酸味や苦みの少ないマイルドな味わいが特徴。クセが少なく飲みやすいのでお土産におすすめです。

マラス塩田の塩

ペルー南部の街クスコの近郊にあるマラス塩田。インカ帝国以前からある美しい棚田で作られた天然塩は、やさしい風味とまろやかさが特徴。料理好きの方へのお土産にいかがでしょう。

インカコーン

インカコーンは、クスコ地方原産のジャイアントコーンを使ったスナックでペルーで定番のお菓子のひとつ。小分けになっているのでバラまき用のお土産におすすめ。

インカコーラ

ペルーでコーラと言えばコレ!という絶大なシェアを誇る国民的な飲み物インカコーラ。日本でも黄色いコーラとして一時期話題になった商品です。

キヌア

キヌアはペルー原産の穀物で、必須アミノ酸の9つを含むなどその栄養価の高さからスーパーフードとして注目されています。健康志向の女性におすすめのお土産です。

ウォン(Wong)

こちらはペルーの首都リマを中心に展開しているスーパーマーケット。ペルー産のオーガニックコーヒーやハーブティー、マラスの天然塩やトウガラシペーストなどの調味料などお土産にぴったりの品が手に入ります。

ウォン(Wong)
住所:
Las Retamas 190 Urb. Los Sirius
営業時間:
08:30~22:00
電話番号:
+51 625 0000
アクセス:
Paradero Bambuesバスターミナルより徒歩約8分
定休日:
無休

お土産におすすめのペルーの民芸品

アルパカ製品

軽くて暖かいアルパカ製品。日本でも購入できますが、ペルーだとかなり安く購入できます。ストール、セーター、ソックスなど色々なものがありますが、女性へのお土産には特にストールが人気です。

布製品

美しい発色と幾何学模様が特徴的なインカ柄の布製品もお土産におすすめ。マンタという日本の風呂敷のような大きめのものや、ポーチなどの小物まで種類も色々あって見ているだけで楽しくなります。

お土産にペルーの民芸品を買うならここ

セントロ アルテサナル クスコ(Centro Artesanal Cusco)

セントロ アルテサナル クスコはバスターミナルから歩いてすぐの所にあります。広い建物の中には沢山のお店が入っていて、地元ペルーの民芸品などが数多く並んでいるのでペルーならではのお土産を買うのにおすすめのスポットです。

一店舗当たりのスペースが狭いため、品物が山積みになっており見応え充分、じっくりお気に入りを探しましょう。商品には値札が付いていないので、買う時には価格交渉が必要です。

セントロ アルテサナル クスコ(Centro Artesanal Cusco)
住所:
Avenida Pachacutec y Tullumayo 1229, Cusco, Peru
営業時間:
08:00~20:00
電話番号:
+51 84 243074
アクセス:
Cuscoバスターミナルより徒歩約4分
定休日:
無休

その他おすすめのペルーのお土産

ベビーアルパカ製品

先ほどお土産におすすめのペルーの民芸品として「アルパカ製品」をご紹介しましたが「せっかくペルーまで来たのだから長く愛用できるとっておきの製品を買って帰りたい!」という方もいらっしゃると思います。
そんな皆様に是非チェックしてほしいのが「ベビーアルパカ」の製品です。ベビーアルパカ製品は、生後3ヶ月以内のアルパカの子の柔らかい毛だけを使って作った製品のこと。1頭から1度きりしかとれない上に、そもそもアルパカ自体が世界に約300万頭しか飼育されていないとだけあって、現地ペルーでも非常に貴重な製品として扱われています。上の写真はネック&レッグウォーマー!デザインも性能も抜群な一品です。

こちらはクスコで売られているベビーアルパカのぬいぐるみです。アルパカのぬいぐるみは気軽に買えるお土産として街の至る所で売られているので、是非おひとつ旅の思い出に買ってみてはいかがでしょうか?
なおベビーアルパカ製品を買う際「雰囲気重視」という方は露店や街の土産店等でお買い求めいただいてOKですが、これらは本当にベビーアルパカの毛が使われているのかどうか疑問だそう。しっかりとした正規品を買いたい方は、専門店やホテル、空港などでチェックすると良いでしょう。
余談ですが、現地にはアルパカにそっくりな「リャマ」という動物もおり、アルパカの毛で作られたリャマのぬいぐるみなどもあるのでご注意くださいね。

チアシード

男性の皆様!「チアシード(Chia Seed)」をご存知ですか?女性の皆様はもちろんご存知ですよね。チアシードは名前からお察しの通りシソ科の植物チアの種(シード)のことで、ここ、ペルーは世界的一大産地の一つなんです。チアは温暖な気候を好む為、主に南米やオーストラリアの一部などで栽培されています。
「種」ということで庭にまいて楽しむ…わけではありません。実はこれ、近年大注目されている「ダイエットフード」なのです。食べ方にはちょっとコツが要るのですが、一般のダイエットフードに比べて無味無臭なので無理なく続けることが出来ますよ!また一粒一粒はゴマより小さいので日本への持ち帰りも楽ちんです。

チアシードはお店で売られる時はだいたい1枚目や上の写真のようにパウチタイプの袋に入って売られています。これを水に浸して膨らませると一気にダイエットフードに大変身!見た目は少々グロテスクですが「食物繊維」「オメガ3」「カルシウム」「鉄分」「亜鉛」といった生きていく上でとても大切な栄養素をバランスよく補うことができますので気になる方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?
現地では市場や露店などでも簡単に買うことができますが、種の品質に良し悪しがあり、オーガニックのものでも数百円で買うことが出来るので、出来たらスーパーやちゃんとした専門店で買うことをオススメします。

ペルーでおすすめのお土産をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ぜひペルーを旅行される際は参考にしてみて下さいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • 南米ペルーを感じる音楽おすすめの歌手&曲5選!コンドルは飛...

    みなさんはペルーの音楽についてご存知ですか?有名なペルーの音楽家といえば、Daniel Alomía Roblesがいます。彼はあのアンデスの音楽、コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)の作曲家です。ということで、今回はペルーを代表する歌手やオススメのCDをご紹介します。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

このエリアの新着記事
  • ペルー・クスコおすすめレストラン5選!在住者に人気のアン...

    ペルーの古都クスコ。マチュ・ピチュ観光の拠点として、クスコのホテルに宿泊する観光客は大勢います。せっかくクスコに滞在するなら、地元の人に人気のレストランで食事をしてみてはいかがでしょう。クスコのあるアンデス山脈一帯はトマトやトウガラシやジャガイモの原産地。新鮮な食材を生かした料理が盛りだくさんです!

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • ペルーで買うべき食材3つ!お土産にも喜ばれること間違いなし!

    ペルーといえば観光資源豊富の国ですよね。みなさんは訪れたことがありますか?日本からの直行便はなし、さらに20時間以上かかるにもかかわらず、一度訪れるとまた行きたくなるような不思議な国です。今回は、そんなペルーで買いたい食べ物を紹介したいと思います。

  • ペルーのお土産ショップ!チチカカ湖畔の街プーノでチェック...

    ペルーにあるチチカカ湖の畔にある町プーノは、標高約3500メートル以上に位置します。 富士山の高さと数百メートルしか違わない標高の高い町です。 今回は、お土産選びにも役立つプーノにあるおすすめギフトショップを紹介します。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • ペルー基本情報 【治安・情勢編】

    ペルーはクスコ、マチュピチュ、ナスカなどたいへん見所の多い国です。しかし南米はあまり治安がいい地域ではありません。ここではペルーの治安と、訪れる際に注意したいことについてまとめてみました。

  • ペルー基本情報 【時差・空港編】

    南米にあるペルーは古代遺跡などが残っていて、たいへん魅力的な国です。日本からは直行便がないので時間がかかるのですが、一度は訪れてみたい国のひとつです。ここではそんなペルーとの時差や行き方、国際空港などについて紹介しましょう。

  • ペルー基本情報 【お金編】

    ペルーは南米に位置する国で、南米では3番目に大きい国です。インカ帝国の遺跡である「マチュピチュ」や世界的に有名なナスカの地上絵など、見所が多い国でもあります。ここではそんなペルーのお金に関する情報をまとめてみました。通貨、両替、チップなど、役に立ててくださいね!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事