カトリックの国ペルーでのクリスマスの過ごし方とは?

5,295

views

0

地球の反対側にあるペルーでは、私たち日本人とは違うやり方でクリスマスを祝っています。2015年のクリスマスをペルーで迎えた筆者にとって、それはとても興味深いものでした。今回はカトリックの多いこの国で、人々はどうやってクリスマスを過ごしているのかをご紹介します。

1.ペルーってどんな国?

南米大陸の西に位置するペルーは、西側は太平洋に面しており、一方、東側はアンデス山脈に属しています。また住んでいる人々も様々で、多様な文化を持つのがペルーです。

ペルーにはマチュピチュやナスカの地上絵などがあり、世界でも指折りの観光大国として知られています。筆者は世界一周の旅の中で、2015年12月から翌2016年1月まで、約2週間滞在しました。そこで日本とは異なるクリスマスの過ごし方を見て、とても興味深く感じたことを覚えています。そもそも、ペルーではクリスマスはどういった位置づけなのでしょうか?

2.ペルー人にとってのクリスマス

カトリックが多いペルー

ペルーにはカトリックを信仰する人が多く、その数はなんと9割もいるのだそう。ヨーロッパの新大陸発見により、先住民の多くはカトリックに改宗し、以降、現在に至るまでペルーはカトリックの国となっています。従ってペルーの人々にとって、クリスマスは最も重要な祝日なんです。

夏のクリスマス

ところで南半球に位置するペルーは、私たちと季節は真逆。つまり、クリスマスは夏なんです。首都リマの平均最高気温は23.8℃となっており、12月にはビーチで日光浴なんて人もチラホラ。一方、アンデスに位置する古都クスコでは平均最高気温19.4℃に対し、平均最低気温は6.4℃とこちらはまだまだ冷え込みます。とは言え夏であることにかわりません。

家族?カップル?どちらと過ごす?

日本では、どちらかというとクリスマスはカップルで過ごすものとされています。ですがペルーでは家族や親族と過ごすためのもの。以前訪れたキリスト教徒の多いフィリピンでも同じでしたが、クリスチャンの人々にとってのクリスマスは,私たちにとってのお正月のようなものだそうです。24日のイヴに実家や親戚の家に集まり、24時に近づくにつれ、みんなでカウントダウンをしたりするようです。

3.ペルーでの祝い方

ド派手な花火でクリスマスを祝う!

そんな大事なクリスマスですが、ペルーの人たちはどうやって祝うのでしょう?

まず目に入るのが、何といっても花火でしょう。リマやクスコでは、どこにいてもクリスマスになった瞬間を感じることが出来るのは花火のおかげ。あちこちで派手にドーン!と花火が上がっていて、なかなか楽しいものです。カウントダウンが始まるとともに人々の興奮は高まり、そして花火、それに続くダンスとともに最高潮に達するのです。

敬虔なカトリックはミサに参列

またクリスマスには深夜22時頃からミサが行われ、敬虔なカトリックはそこに参列します。こちらも2014年のクリスマスに滞在したフィリピンと同様で、かなり遅い時間であるにもかからわず、熱心に祈りを捧げている姿は信仰の強さを感じさせます。

クリスマスに欠かすことは出来ない飾り"ナシミエント"

ペルーでもクリスマスツリーを飾る習慣はありますが、他にナシミエントというものも飾ります。これはイエスキリストの誕生を人形などで表現したもので、一般的には聖母マリアとその夫である聖ヨゼフ(ホセ)、誕生したばかりの赤ちゃん=キリストを真ん中に配置し、それを見守る動物たちを周りに飾ります。中には凝り性の人もいて、キリストが生まれたとされる家畜小屋や本物の蔓草を飾ったり、動物にリャマを加えてみたり。筆者が過ごしたクスコでは、周りに赤ちゃんキリストの人形を抱いている人があまりに多く、初めて見た時はギョッとしてしまいました。

日本と同じくプレゼント交換の習慣も!

ペルーにもクリスマスプレゼントの習慣がありますが、やはり日本とは少し毛色が違います。ある調査によるとプレゼントとして欲しいものの順位は、「1位洋服、2位電気製品、3位香水、4位パソコン、5位チョコレート」。日本のプレゼントとは一味違いますよね、電気製品とかパソコンとか。こんなところにも家族で過ごすクリスマス、というのがにじみ出ているように感じられます。

4.クリスマスの食事

これは欠かせない!パボ・レジェーノ

日本でクリスマスに食べるものというと、ケーキやフライドチキンといったところでしょうか。それではペルーの場合は何を食べるのでしょう?

ペルーのクリスマスの食事と言ったら欠かせないのがパボ・レジェーノ、スペイン語で七面鳥という意味です。ペルーではオーブンでローストしたターキーにアップルやサツマイモのピューレ、パイナップルサラダなどの付け合わせとともに食べます。

ポークも人気!チャンチョ・アル・オルノ

またパボ・レジェーノほどではありませんが、人気があるのがこのチャンチョ・アル・オルノ。ペルー風のローストポークで、クリスマス前にはたくさんのお店で扱っているのを見かけました。これがメインでも十分ですね。

付け合わせのサラダも人気高し!

クリスマスに食べられるサラダとしてエンサラダ・ルサがあります。こちらはベテラガと呼ばれるビーツにポテト、リンゴ、ニンジン等をマヨネーズで和えたもの。ビーツというとロシアのボルシチのイメージが強いですが、ペルーでは簡単に手に入ります。これを加えるとピンクがかかり、日本ではなかなかお目にかかれない色のサラダが出来上がります。

中南米で幅広く食べられているタマル

ペルーの定番の朝ご飯であるタマルもよく食べられるそうです。タマルとはトウモロコシの粉を、トウモロコシやバナナの葉っぱに包んで蒸したもの。具はチキンや卵、野菜やオリーブなど様々で、地方によっても種類が違っているんです。なおタマルは中南米の国々で広く食べられており、ペルーでも町を歩いていると山のようなタマルを積んだ売り子が歩いているのをよく見かけます。

こちらも欠かせない!パネトーネ

イタリアからやってきた移民がもたらしたのが、こちらのパネトーネ。丸型の菓子パンの中にたっぷりとドライフルーツが入っており、非常に高カロリー。なおペルーで一般的になったのはここ100年のことだそう。パネトーネは、他にポルトガル、ブラジル、チリなどでもクリスマスの定番のお菓子とされており、これらの国では欠かすことが出来ないものになっているそう。こういったところにペルー文化の多様性を窺うことが出来ますね。

夏なのに?ホットチョコレート

この時期は夏で、リマなど海岸沿いはかなり暑いのですが、ペルーではこの時期にホットチョコレートを飲む習慣があります。これは、クスコなどアンデス山脈沿いでは夜になると急激に気温が下がってしまうため、暖かい飲み物を求める人が多かったからだとか。筆者が2015年のクリスマスを過ごしたクスコは、確かに寒く、教会で無料で配っていたホットチョコレートが体に沁み渡ったものです。

5.最後に

南米のペルーで過ごすクリスマス、いかがだったでしょうか?カトリックが多いペルーでは、クリスマスに関して日本とは異なる習慣を持っており、筆者はそれを肌で感じることが出来て非常に興味をそそられてしまいました。敬虔な人たちはミサに足を運ぶ一方、花火をバンバン打ち上げて楽しそうに踊っている、本当に幸せそうなペルーの人たちもいる。そんなクリスマスも興味深いものです。日本を離れて味わう異国のクリスマスもまた楽しいものですよ!

ペルー共和国(República del Perú)
アクセス:
日本からペルーへの直行便はなく、北米を経由して20~25時間程度で首都リマに到着する。
石塚皓

2014年7月より、元教師の妻と世界一周の旅を始め、2016年3月に無事、帰国した33歳の元会計士。1年8カ月かけ48カ国を回る中で出会った絶景やオススメのグルメ情報など、旅に関する情報を発信していきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • 南米ペルーを感じる音楽おすすめの歌手&曲5選!コンドルは飛...

    みなさんはペルーの音楽についてご存知ですか?有名なペルーの音楽家といえば、Daniel Alomía Roblesがいます。彼はあのアンデスの音楽、コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)の作曲家です。ということで、今回はペルーを代表する歌手やオススメのCDをご紹介します。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

このエリアの新着記事
  • クスコでペルー名物の食材キヌアとアルパカを食べられる「ブ...

    知っていますか?ペルーって実は南米随一のグルメな国。ペルーには海も山も川も砂漠もジャングルもあり、気候も暑いところから寒いところまで色々あるため様々な食材があります。そして移民も多いため、料理の幅が広く美味しいものが多いんです!

  • ペルー・ウルバンバおすすめホテル3選!癒しの聖なる谷にステイ

    ペルーの世界的観光地マチュピチュに行く途中に立ち寄りたい「聖なる谷」と呼ばれるバレ・サグラドのウルバンバ。かの地で心も体も癒やしてくれるような最上級のホテルに泊まってみませんか?今回はウルバンバ周辺で特に人気の高い癒やしのラグジュアリーホテルをご紹介します。

  • ペルー・マチュピチュ村でおすすめの人気レストラン&温泉4...

    マチュピチュと聞けば、山あいにぽっかりと浮かぶあの空中都市を思い浮かべる人が多いでしょう。もちろん、遺跡はマチュピチュ観光のハイライト。とはいえ、遺跡だけがマチュピチュの見どころではありません。遺跡観光の拠点となるのは麓にある村。その名もマチュピチュ村! レストラン、カフェ、お土産屋、さらにはスパまでもそろう観光エリアでもあるのです。遺跡を眺めたら麓でおいしい料理、なんてコースもなかなか魅力的。そんなマチュピチュ村でおすすめのスポットを紹介しましょう。

  • ペルー・クスコ旅行にぴったりの二大高級ホテル!お部屋も施...

    歴史の町クスコに泊まるならこちらのホテルはいかがですか?今日は人気も満足度も評価も高いクスコの二大高級ホテルをご紹介します!貴方はどちらのタイプがお好みですか?

  • 中米ペルー・リマ旅行におすすめの人気快適ホテル8選!世界...

    観光にショッピングにグルメ…海外旅行って欲張りすぎるとクタクタになりますよね。だから観光プランは勿論、やっぱりホテルにもこだわりたいですよね!そこで今日は、南米ペルーの人気都市リマ観光で疲れた体を癒してくれる、おすすめの一流ホテルをご紹介したいと思います。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • ペルー・クスコおすすめレストラン5選!在住者に人気のアン...

    ペルーの古都クスコ。マチュ・ピチュ観光の拠点として、クスコのホテルに宿泊する観光客は大勢います。せっかくクスコに滞在するなら、地元の人に人気のレストランで食事をしてみてはいかがでしょう。クスコのあるアンデス山脈一帯はトマトやトウガラシやジャガイモの原産地。新鮮な食材を生かした料理が盛りだくさんです!

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

このエリアの人気記事
新着記事