ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

11,093

views

0

今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

ペルーの首都リマ

南米ペルーの首都リマは、南米でも指折りの大都市です。日本から南米へ向かう場合、ブラジルのサンパウロやリオデジャネイロ、アルゼンチンのブエノスアイレスと並び、リマを経由する人も多いと思います。

ペルーの料理って?

今、世界的に注目されているのが南米ペルーの料理。海と山を持つペルーならではの豊富な食材とスパイス、素材の邪魔をせず見た目の美しさにもこだわる多彩な調理法といったところがその特徴でしょうか。特に、最近流行のモダン・ペルビアンのムーブメントは映画にもなるほど!そもそも、現在世界中で食べられているジャガイモ、トウモロコシ、トマト、トウガラシなどはペルーのアンデス山脈が原産地。また多様な文化が混ざり合っているのも、ペルー料理の特徴。征服者スペイン人、その後移住してきた中国人、アフリカ人、イタリア人、そして日本人などから影響を受けています。

ペルー料理の代表的なものと言えば、魚介にレモンを絞ったセビッチェや牛のハツの串焼きアンティクーチョ。不思議なことに、これらがとっても日本人の口に合うんです。

それではリマで訪れるべき5つのお店をご紹介します。

1.モダン・ペルビアンはここから始まった"アストリッド・イ・ガストン(Astrid y Gaston)"

一つ目は、モダン・ペルビアンのムーブメントを生み出し、中南米やヨーロッパにも支店を構えるガストン・アクリオが初めて開いたリマのレストラン「アストリッド・イ・ガストン」。「料理でペルーを変えた」とまで称されるガストンは、ペルーではもはや英雄のような扱い。イギリスのRestaurant誌が主催する「世界のベストレストラン50 2016」では30位にランクインしています。

ガストンはフランスのコルドン・ブルーで料理の勉強をしており、従ってフレンチの影響も見られるそうですが、その料理は非常に独創的。2008年には、インカ帝国の前身であるクスコ王国にまでさかのぼってペルーの食文化の歴史とその融合を紹介した「500年の融合」を出版しています。

アストリッド・イ・ガストンで提供されるのは、見た目も美しく色鮮やかな料理たち!もちろん、鮮度にもこだわって食材を選んでいるため、味は折り紙付き。なんだか食べちゃうのがもったいないぐらいですね。

アストリッド・イ・ガストン(Astrid y Gaston)
住所:
Av. Paz Soldán 290, San Isidro, Lima 27
アクセス:
新市街のサン・イシドロ地区にあり、ミラフローレスの中心ケネディ公園からだと車で15分
電話番号:
+511 442-2777 / +511 442-2774 / +511 442-2778
営業時間:
月~土:
12:30~15:00、19:00~23:00
日:
12:30~15:30
料金:
ミックス・セビッチェ(Mixed cebiche of the day, rocoto corn leche de tigre)59ソレスなど

2.南米1位に輝く"セントラル(Central Restaurante)"

続いては、今ペルーで最も予約を取るのが難しいとされる「セントラル」。こちらは「世界のベストレストラン50 2016」にて4位にランクインされ、また南米部門では堂々の1位に輝いています。シェフを務めるのは、ペルーの若手の中で最も注目されているヴィルジリオ・マルティネス。彼がロンドンで開いた支店の「LIMA」は、わずか1年足らずでミシュランの一つ星を獲得したことでも有名です。

彼もまたガストン同様、ペルー料理で用いられる食材の起源を探っており、ペルーの様々な地域で取れる独自の食材を使うという強いこだわりを持っているそう。そのためテイスティングメニューにはその食材があった高度が記載されているほど。また、盛り付けだけでなくお皿や器も見応えがあり、こちらも眺めているだけで幸せになれそうな料理ですね。

セントラル(CENTRAL RESTAURANTE )
住所:
Calle Santa Isabel 376, Miraflores, Lima
アクセス:
新市街のミラフローレス地区にあり、ケネディ公園から車で10分、徒歩だと20分
電話番号:
+5112428515 / 2428575 / 2416721
営業時間:
月~金:
12:45~15:00、19:45~23:00
土:
19:45~23:00
料金:
テイスティングメニュー(Mater Elevations)398ソレスなど

3.ニッケイ料理の最高峰"マイド(MAIDO)"

3番目は日系人のミツハル・ツムラがシェフを務め、日本とペルーの料理をフュージョンさせた「ニッケイ料理」を提供しているレストラン、マイド。こちらも「世界のベストレストラン50 2016」にて13位を獲得し、2015年の44位から大幅にランクアップしています。日本人移民とその子孫が確立したニッケイ料理は、今では日系の家庭を飛び出し、ペルーの一般の人たちの間にも広まっています。

シェフはアメリカで料理の基本を学び、その後、大阪で修業を積んだという経歴の持ち主。あくまでフュージョンなので純粋な和食とは異なりますが、ペルー風にアレンジされた寿司や、逆に和風テイストのセビッチェなど、洗練された料理を味わうことが出来ます。こちらのオススメは「お任せニギリ」。牛肉の握り寿司など、たくさんの変わりダネが出てきて、とっても楽しめます。

こちらはクイのギョウザ。クイとは食用のテンジクネズミのことで、アンデスの人々にとっての重要なタンパク源であり、昔から食材として使っていたもの。クイの丸焼きは街中のレストランでもよく見かけますが、クイのギョウザは…どんな味がするんでしょうね?

マイド(MAIDO)
住所:
399 San Martin street (At Colon street corner), Miraflores
アクセス:
新市街のミラフローレス地区にあり、ケネディ公園から徒歩10分
電話番号:
(511) 447 - 9333
営業時間:
月~土:
12:30~16:00、19:00~23:00
日:
12:30~17:00
料金:
お任せニギリ(20カン)160ソレスなど

4.セビッチェを食べたければ"プント・アスル(Punto Azul)"

続いてはリマで1番と称されることもあるセビッチェリアのプント・アスル。セビッチェリアとは名前のごとく、セビッチェを提供するお店のこと。セビッチェはペルー料理の中でも少し格が違い、文化遺産に登録されたり、セビッチェの日(6/28)なんてものもあるほどなんです。また、こちらのお店は値段がお手頃なのも嬉しいポイント。

やはりオススメはセビッチェ。 白身魚、エビ、イカ、タコ、貝などを玉ねぎと和えたマリネ風のセビッチェは、ペルーに来たら一度は食べるしかないでしょう!

出典: ameblo.jp

こちらはティラディートといい、マリネした魚をソースで和えたもの。ソースはパルメザンチーズ、ペルーの唐辛子ロコト、黄唐辛子など数種類から選ぶことが出来ます。

こちらはタコのグリル。こんなに大胆な料理もありますよ!

プント・アスル(Punto Azul)
住所:
General Borgono Cuadra 8 Huaca Pucullana Miraflores
アクセス:
新市街のミラフローレス地区にあり、ケネディ公園から徒歩10分
電話:
01‐445‐4042
営業時間:
12:00~16:00、19:00~24:00
料金:
魚介のセビッチェ(Nuestro ceviche de pescado con mariscos)が30ソレスなど

5.素材に徹底的にこだわった"紀ろう(TOSHIRO'S SUSHI BAR)"

最後は、サン・イシドロ地区で国内外の美食家をうならせ、日本の駐在員を笑顔にするレストラン、紀ろう。こちらのお店は、「世界料理サミット」「シェフの学会」とも言われるマドリッド・フュージョンで、世界5大陸を代表する料理人として紹介された日本人の小西紀郎氏が経営し、和食とペルー料理を融合させたペルビアン・フュージョン料理を提供しています。なお、2016年4月16日に紀郎氏は他界されてしまったようです。謹んでお悔やみを申し上げます。

こちらのお店では素材に徹底的にこだわり、漁師には旬の魚や獲り方を注文したり、農家には栽培方法まで注文したりするという徹底ぶり。こだわった旬の食材を活かした寿司、刺身、天ぷらなど美味しいものがたくさん揃っています。もちろん、鮮度がいいものを食べたければおまかせ料理を注文するのもいいですね。

こちらはイカバター寿司。見ているだけでお酒が進みそうですね!
なお、ここに挙げたもの以外にも、うどんやソバ、しゃぶしゃぶといった日本食も扱っています。日本食が恋しくなった時にもいいかもしれませんね。

紀ろう(TOSHIRO'S SUSHI BAR)
住所:
Av. Los Conquistadores 450, San Isidro 15073
アクセス:
新市街のサン・イシドロ地区にあり、ケネディ公園から車で10分
電話:
+51 1 2217243
営業時間:
12:00~15:00/19:00~23:00 日曜定休
料金:
江戸前握り75ソレスなど

最後に

リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店5選、いかがだったでしょうか?モダン・ペルビアンから伝統的なセビッチェリア、そしてニッケイ料理などペルビアン・フュージョン料理のレストランを紹介致しました。単にペルー料理と一口に言っても、店ごとに大きく異なっていて、非常に幅が広いということを感じて頂けたかと思います。リマに行ったらぜひ美味しいペルー料理を堪能して下さいね!

石塚皓

2014年7月より、元教師の妻と世界一周の旅を始め、2016年3月に無事、帰国した33歳の元会計士。1年8カ月かけ48カ国を回る中で出会った絶景やオススメのグルメ情報など、旅に関する情報を発信していきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • 南米ペルーを感じる音楽おすすめの歌手&曲5選!コンドルは飛...

    みなさんはペルーの音楽についてご存知ですか?有名なペルーの音楽家といえば、Daniel Alomía Roblesがいます。彼はあのアンデスの音楽、コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)の作曲家です。ということで、今回はペルーを代表する歌手やオススメのCDをご紹介します。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • 食材の宝庫!世界が注目のペルー料理【デザート編】

    2014年12月、ワールド・トラベル・アワード(WTA)の”世界で最も美食を楽しめる国“部門で最優秀賞を獲得したのがペルー。今、ペルー料理は世界中の美食家の注目を集めているのです!今回はその中でも、甘くておいしいスイーツに焦点を当てていきたいと思います♪

このエリアの新着記事
  • クスコでペルー名物の食材キヌアとアルパカを食べられる「ブ...

    知っていますか?ペルーって実は南米随一のグルメな国。ペルーには海も山も川も砂漠もジャングルもあり、気候も暑いところから寒いところまで色々あるため様々な食材があります。そして移民も多いため、料理の幅が広く美味しいものが多いんです!

  • ペルー・ウルバンバおすすめホテル3選!癒しの聖なる谷にステイ

    ペルーの世界的観光地マチュピチュに行く途中に立ち寄りたい「聖なる谷」と呼ばれるバレ・サグラドのウルバンバ。かの地で心も体も癒やしてくれるような最上級のホテルに泊まってみませんか?今回はウルバンバ周辺で特に人気の高い癒やしのラグジュアリーホテルをご紹介します。

  • ペルー・マチュピチュ村でおすすめの人気レストラン&温泉4...

    マチュピチュと聞けば、山あいにぽっかりと浮かぶあの空中都市を思い浮かべる人が多いでしょう。もちろん、遺跡はマチュピチュ観光のハイライト。とはいえ、遺跡だけがマチュピチュの見どころではありません。遺跡観光の拠点となるのは麓にある村。その名もマチュピチュ村! レストラン、カフェ、お土産屋、さらにはスパまでもそろう観光エリアでもあるのです。遺跡を眺めたら麓でおいしい料理、なんてコースもなかなか魅力的。そんなマチュピチュ村でおすすめのスポットを紹介しましょう。

  • ペルー・クスコ旅行にぴったりの二大高級ホテル!お部屋も施...

    歴史の町クスコに泊まるならこちらのホテルはいかがですか?今日は人気も満足度も評価も高いクスコの二大高級ホテルをご紹介します!貴方はどちらのタイプがお好みですか?

  • 中米ペルー・リマ旅行におすすめの人気快適ホテル8選!世界...

    観光にショッピングにグルメ…海外旅行って欲張りすぎるとクタクタになりますよね。だから観光プランは勿論、やっぱりホテルにもこだわりたいですよね!そこで今日は、南米ペルーの人気都市リマ観光で疲れた体を癒してくれる、おすすめの一流ホテルをご紹介したいと思います。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • ペルー・クスコおすすめレストラン5選!在住者に人気のアン...

    ペルーの古都クスコ。マチュ・ピチュ観光の拠点として、クスコのホテルに宿泊する観光客は大勢います。せっかくクスコに滞在するなら、地元の人に人気のレストランで食事をしてみてはいかがでしょう。クスコのあるアンデス山脈一帯はトマトやトウガラシやジャガイモの原産地。新鮮な食材を生かした料理が盛りだくさんです!

  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • ペルーで買うべき食材3つ!お土産にも喜ばれること間違いなし!

    ペルーといえば観光資源豊富の国ですよね。みなさんは訪れたことがありますか?日本からの直行便はなし、さらに20時間以上かかるにもかかわらず、一度訪れるとまた行きたくなるような不思議な国です。今回は、そんなペルーで買いたい食べ物を紹介したいと思います。

このエリアの人気記事
新着記事