イギリス・ノースヨークシャーの人気観光スポット「スタッドリー王立公園」の庭園の魅力とは?

1,226

views

0

イギリスの世界遺産、スタッドリー王立公園は18世紀ごろの風景式庭園です。公園内にかつてその領内にあった建物を取り込んでいるため、見所もたくさん。庭園の中でのんびりするもよし、歴史見学に行くもよし、の王立公園をご紹介します。

ファウンテンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園

イギリス、ノースヨークシャーにあるスタッドリー王立公園は、1986年に世界遺産に登録されました。元は修道院とその敷地でしたが、1539年の修道院解散令により、商人に払い下げられることになりました。

16世紀末ごろ所有していた所有者がファウンテンズ・ホールを、ファウンテンズ修道院の建材を流用して建造しました。エリザベス朝でもイギリス・ルネサンス最盛期に建てられた大邸宅です。

その後これらの地所を相続したエズラビーか、風景式庭園を作り上げます。庭園はエズラビーの息子が受け継いで、修道院とファウンテンホールを買い上げて、庭園を拡張しました。
現在の公園の基礎が出来たのが、この時代です。

スタッドリー王立ウォーターガーデン

エズラビーはイギリス議会から追放された後、スタッドリーの造園に本腰をいれました。
彼と後を引き継いだ息子の二人で、修道院を含めた2平方キロメートルの広大な敷地に、彫刻を据えた湖や、水路、彫刻などを配置して、見事な景観の風景式庭園を作り上げました。18世紀のジョージアン様式の水生植物園では文化財として非常に重要な施設でもあります。

セント・メアリー教会とシカ公園

シカ公園内のリポン侯爵家領内だった場所に建つのが、19世紀のヴィクトリア・ゴシック様式のセント・メアリー教会です。造園をなしたエズラビーの後を継いだヴァイナー家の一人、フレデリック・ヴァイナーを追悼し、1878年に献堂されました。

教会の周りのシカ公園は中世以来のものです。元々ここには王家の邸宅があり、シカ公園も狩猟用として管理していたものではないかと思われます。しかし、1716年の火災により邸宅は大部分が焼失してしまいました。その後建て直されましたが、1946年の火災で再び損壊してしまい、結局取り壊されてしまいました。
1728年からの再建時に建てられた馬小屋の区画が現存していますが、今は私邸になっています。

ファウンテンズ修道院遺跡

ファウンテンズ修道院は、1132年にベネディクト修道会の修道士たちによって建てられました。その翌年、彼らはベネディクト改革派であるシトー修道会の修道士となりました。

最初の修道院は木造だったと言われていますが、すぐに石造りに建て替えられたようです。
12世紀ごろは一階建てで造られましたが、14世紀ごろからは修道院が隆盛を誇るにつれて、建物が増築されていきました。16世紀ごろには、出窓や大きな暖炉を備えた広大な施設になっていました。

余りの拡張ぶりに、ついには傍を流れる川の上に橋をかけたり、一部暗渠にしてその上に教会の施設を作ってしまうほど。

ノルマン・ロマネスク様式で建てられたこの修道院は、アーチ状の屋根の一部と、3メートル以上もある高い壁が残っています。屋根が落ちて柱だけが残っているのが身廊のあったところです。

ファウンテンズ修道院は、シトー修道会の建物としては、ヨーロッパ最大のものです。

ファウンテンズ修道院の粉挽き場

12世紀にシトー修道士たちが建てたものです。ファウンテンズ修道院関連の建造物では無傷で現存している最古のものになります。

スタッドリー王立公園(Studley Royal Park)
住所:
Fountains, Ripon, North Yorkshire, HG4 3DY
アクセス:
ヨークから車で50分
営業時間:
・セント・メアリー教会 4月~9月 12:
00~16:00
・ファウンテンズ修道院
 3月~10月 10:
00~17:00
 11月~2月 10:
00~16:00
 修道院の喫茶室は冬季の週末のみ
・シカ公園 6:
00~18:00
・ウォーターガーデン 10:
00~17:00
・ビジターセンター他
 4月~9月 10:
00~17:00
 10月~3月 10:
00~16:00
定休日:
11月~4月の金曜日、12月24日、25日
電話番号:
01765 608888
料金:
一般 11.80ユーロ、子供 5.90ユーロ
※最終入場は1時間前まで
※日によって開場、閉場時間が異なるので、事前に確認のこと
※シカ公園は野生のシカのため、近付いたり、餌やりは厳禁

最後に

スタッドリー王立公園は、広大な敷地で庭の散策だけでも一日過ごしてしまえそうです。お天気の良い日にはピクニックなども良さそうですね。また、他にもファウンテン・ホールやパッラーディオ様式の小宴会場、庭にある塔やお堂など見て回りたい場所はたくさん!
観光地の候補に如何ですか?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • ロンドンのコヴェント・ガーデン観光スポットまとめ!おしゃ...

    常に人が集まっているコヴェント・ガーデン。ショッピング街にカフェやレストラン、しゃれた小さなお店が立ち並んでいます。今回はそんなおしゃれでにぎやかな街、コヴェント・ガーデンをご紹介します。

  • 【イギリス・コッツウォルズ】ブロードウェイのおすすめスポ...

    コッツウォルズの北にある町で世界で一番のコッツウォルズの羊毛を運ぶ拠点となりました。 そんなブロードウェイにはおしゃれなカフェやブロードウェイタワーなどの観光名所もあります。 イギリスのアフタヌーンティーやクリームティーを楽しめるお店も紹介します。

  • 007のロケ地、イギリス・ブレナム宮殿!極上の庭園や巨大迷路...

    元首相ウィンストン・チャーチルの生家としても知られるブレナム宮殿は、その規模だけではなく、美しさにおいても英国随一との評判です。1987年には世界遺産にも登録。一度は訪ねてみたいと思われている方のために、今回はその魅力の一端をご紹介したいと思います。

  • エディンバラのおすすめ観光スポット7選!鉄板観光スポット...

    スコットランド・エディンバラと聞いて何を思い浮かべますか?キルトやバグパイプなどが有名ですよね。そのほかにも美しいお城や建造物、奥深い歴史があります。そして忘れてはならないのがウイスキー!パブの文化があるため、美味しいお酒や食事がたくさん!今回はそんな魅力触れるスコットランドの首都、エディンバラについてご紹介します。

  • ロンドンで買うべきお土産おすすめ15選!人気の紅茶、チョコ...

    「ロンドンのお土産は何にしたらいいのか?」旅をすれば誰もが悩むお土産アイテム。ロンドンには日本人が好むお土産がたくさんあるので、どれにしたらいいか迷ってしまいそう…。初めてのロンドン旅行の方も、定番のお土産に飽きた方もきっとお気に入りが見つかるそんなロンドンならではのお土産品を集めてみました。

  • プーさん故郷のイギリス田舎町・ハートフィールドに行きたい!

    くまのプーさん。誰もが聞いたことのある蜂蜜大好きな黄色いクマは全世界で人気です。しかし、このプーさんの故郷がイギリスにあるというのはご存知でしょうか?イギリスにある田舎町・ハートフィールドに別荘を構えた作者はこの地の自然に構想を得て物語を書いたとされ、現在も観光地として人々に人気の町でもあります。

  • ロンドンに行ったら絶対食べたい!マフィンマンの絶品スコーン

    ロンドンと言うと料理がおいしくないというイメージがあり、旅行中の料理にもあまり期待はしていない、なんて方も多いのではないでしょうか?でも安心してください、スコーンがとってもおいしいカフェがハイストリートケンジントン駅近くにあるのです。ここのスコーンはかりかりの食感で食べたらまた来たい!と思ってしまうほどおいしいと評判のお店なのです。そんなマフィンマンをご紹介いたします。

  • ロンドンで人気のハムステッド・ヒースを散策!名画も堪能で...

    ロンドンには大きな公園がいくつかありますが、中でもロンドンっ子に人気なのがハムステッド・ヒースです。ヒースとは「荒野」のこと。どうしてそんな場所が市民の憩いの場となっているのでしょうか。ハムステッド・ヒースの魅力をご紹介してみたいと思います。

  • ロンドン旅行で必ず行きたい!「スケッチ」のオシャレ空間と...

    ロンドンの人気レストラン「スケッチ」は、有名シェフの作る料理だけでなく、アートな5つの空間と卵形のトイレが訪れる人の心をわしづかみにしています。誰もが「ここへ行くなら必ずカメラを持っていって!」と言うスケッチの魅力に迫ってみましょう。

  • イギリス・ロンドンの老舗ブランド・マッキントッシュの本店...

    イギリスの老舗ブランド「MACKINTOSH-マッキントッシュ-」はロンドンの店舗では、イギリスの風土から成り立つマッキントッシュの魅力を存分に味わえます。そして、MACKINTOSHファンならぜひチェックしたいグラスゴー美術学校もご紹介。

このエリアの人気記事