トルコ旅行で絶対見たい!キロ買いできるトルコの市場~大盛編~

1,788

views

0

トルコの市場は曜日ごとに開催されます。みんなが1週間分の買い物をするので売っている量もすごいです。そして買い物はキロ買いです。レタスやキャベツは別ですが、みかんやトマトは1個だけでは売ってくれません。

並べ方が美しい

市場の中には同じ野菜や果物を売っているお店が何軒もあります。いかに自分の店で買ってもらうかと、値段と質だけでなく、並べ方にもこだわっています。

まるで花のよう

緑のレタスが壁に咲いた花のように見えます。

大きなカリフラワーも白い花のようです。

綺麗に山積み

一本一本綺麗に並んでいます。

落ちずにバランスを保っていてすごいですよね。上から取らないと怒られます。

とにかく大量

おじさんの後ろの緑のものはキュウリです。

たくさんあると、美味しそう

いっぱいあるから、味見させてくれることも。

色が鮮やかで、見ているだけで楽しくなります。

オクラは煮込み料理に使うので一度にたくさん使います。

ニンニクの山盛。それにしても、すごい量ですよね。

重いものはトラック売り。すいかやメロンだけでなく、じゃがいもや玉ねぎの10キロ、30キロの袋詰めもトラックで売っています。

自分の車を近くまで持ってきて乗せられるので便利です。車を動かせない場合でも、売り場のおじさんが車まで運んでくれます。

食べ物だけじゃない

食べ物だけではありません。洋服もこんなに山積み。お宝に出会えるかもしれませんよ。

靴や洋服だって山盛です。靴のペアを探すのが大変そう。

最後に

いかがでしたか?トルコの市場は色とりどりで、大盛なので見て歩くだけで楽しいです。また、売ってるおじさんや子供も活力があり、エネルギーをもらえること間違いなしです。トルコへ行ったときは、ぜひ市場に立ち寄ってみてください。

ネヴシェヒル市場(Nevşehir Kapalı Pazar Yeri)
住所:
Nevşehir merkez ibrahim paşa mahallesi
営業時間:
8:00頃~日没
ネヴシェヒルでは土曜日に洋服、雑貨の市場。日曜日、月曜日に食品市場が開催されます。
※火曜日はウチヒサル、水曜日はギョレメ、木曜日はネヴシェヒル大学横のトキ集合住宅内、金曜日はアヴァノスとネヴシェヒル、2000Evlerで開催されています。
miki

トルコのカッパドキアで7人の子供たちと生活しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 【トルコ】古代史をひっくり返す大発見!ヒッタイト帝国の首...

    20世紀の初頭まで、エジプト古王国とも互角にわたりあえる巨大国だったにも関わらず歴史の中で完全に闇に葬られていた謎の帝国、ヒッタイト。首都ハットゥシャの遺跡の発見は、古代オリエント史をくつがえすものとなりました。ここではオリエント最強ともうたわれるヒッタイト帝国の文化を今に残すハットゥシャ遺跡について、ご紹介していきます。

  • トルコの主要都市コンヤ観光で行くべきスポット7選

    トルコというと首都アンカラばかりに目が移りますが、そんなことはありません!「コンヤ」という都市を知っていますか? ここには宗教色の強い遺跡やきれいな彫刻が沢山! コンヤのお土産品やご飯を食べて、トルコをもっと満喫しましょう。

  • トルコ・イスタンブールは買い物天国!旧市街おすすめショッ...

    西洋と東洋の文化が絶妙に混ざり合う魅惑の都市イスタンブール。特に旧市街のベヤズット&エミノニュ周辺にはイスタンブールで絶対に立ち寄りたいおすすめショップがそこかしこに存在します。今回はここだけはハズせない買い物スポット8店をご紹介したいと思います♪

  • トルコの首都アンカラで見るべき観光スポット

    トルコと言えばイスタンブールが有名ですが、首都がアンカラであるのはご存じですか?今回はアンカラの中でもオスマントルコ時代よりも前からある、歴史的旧市街のウルス地区周辺にあるオススメの観光スポットをご紹介します。

  • トルコ・ローズバレーとレッドバレーでトレッキング!大自然...

    山が好きな人、歩くのが好きな人にぴったりなのが、ローズバレーとレッドバレーです。 最近は、カッパドキアでもダイエットのために道路を歩いたり、サッカー場を歩いたりする人が多くなりました。どうせ歩くなら大自然の中で、美しい景色を眺めながら、楽しみながら歩けるトレッキングがお勧めです。

  • トルコの世界遺産「ベルガマ」アクロポリス遺跡の見どころ&...

    2014年に世界遺産へ登録されたトルコのベルガマ(Bergama)。首都イスタンブールから300km以上離れたこの地は、ペルガモン王国の都として非常に繁栄した歴史を持つ。都会の喧騒から離れ、郊外都市ベルガマ(Bergama)でヘレニズム文化をはじめ、当時の王国が残した芸術に触れてみる。

今週の人気記事

この記事のキーワード