【フランス】ぶらり散歩にも最適!ヴュー・ニース(旧市街)内の市場が素敵♡

479

views

0

ヴュー・ニース(旧市街)は古きよき時代のニースの姿をそのまま残した地域を指します。目的もなく、ぶらぶらと歩くだけでも充分に楽しい、そんなヴュー・ニースの中にある、市場の魅力をお伝えします。

cours saleya クー・サリヤ(サリヤ市場)

月曜日をのぞく毎日、午前中だけ開かれる市場です。
コートダジュールの太陽を思いっきり浴びた野菜たちの美しさは一見の価値あり!

このごつごつしたトマトは「coeur de boef クー・ド・ブフ(牛の心臓)」と呼ばれています。味が濃厚なのでサラダで食べるとそのおいしさにびっくりするはず。

すべて量り売り

赤たまねぎ、白たまねぎ、黄たまねぎ(これが普通のたまねぎ)。エシャロットと呼ばれる小ぶりのもの。
じゃがいもも数種類並んでいます。
野菜はすべて量り売り。自分で好きなだけかごに入れたら、お店の人にそれを渡すと、秤で計量してくれます。
アボカドなど、一個いくら、という野菜もあります。

めずらしい野菜や豆たち

「coco rouge Italie イタリア産豆」と書いてあります。赤いさやの中にはスープ・ドゥ・ピストゥの材料にもなる白いお豆が。
めずらしい野菜を見かけたら気軽に尋ねて見ましょう。味見させてくれます。新鮮な野菜は生のままでも充分においしい!

チーズももちろんあります

チーズはそれこそ本場ですから見たこともない、というもののほうが多いかもしれません。興味があればどんどん味見をさせてもらいましょう。
いくつか味見をさせてもらったら、お支払いの時にチップをはずむのをお忘れなく!

ソーセージ類

「charcuteries シャルキュットリ」と呼ばれる、ハム、ソーセージ類の種類も豊富です。チーズとこれとおいしいパン、そしてワインがあれば、もう立派な食事の出来上がりです。

スパイス

こんなに種類の豊富なスパイス!見ているだけで楽しい。

cours saleya クー・サリヤ(サリヤ市場)
住所:
Cours Saleya et Place Pierre Gautier - 06300 NICE
営業時間:
6:00~13:00
火曜日~日曜日の開催です。
午前中で終わってしまいますからご注意ください。

marché aus fleurs cours saleya マルシェ・オ・フルール・クー・サリヤ

出典: efrance.com

この市場には「花の市場」も併設されています。
野菜や果物と同様、コートダジュールの光を吸い込んだ花たちはその美しさを競い合っています。

marché aux fleurs cours saleya マルシェ・オ・フルール・クー・サリヤ
住所:
Cours Saleya - 06300 NICE
営業時間:
6:00~17:30
毎日営業しています。
ただし、日曜日は13:
30 で終了です。

骨董市

市場がお休みの月曜日には骨董市が開かれます。

シルバーの食器

よくみがかれたシルバーの食器たち。

掘り出し物がもりだくさん

ひとつひとつのお店をのぞいていると時間を忘れてしまいそうです。

marché a la brocnate saleya マルシェ・ア・ラ・ブロカント・サリヤ
住所:
Cours Saleya et Place Pierre Gautier - 06300 NICE
営業時間:
7:00~18:00
月曜日のみの営業です。

歩きつかれたら……

市場や骨董市の中を歩き回るのはかなりくたびれます。でも大丈夫。
市場を囲むようにカフェやレストランが軒を連ねていますから。
歩き疲れたらその中の一軒で、こんなニース風の朝ごはんはいかがですか。

一粒で三度おいしい

cours saleya クー・サリヤという場所は市場あり、花市場あり、骨董市ありの、同じ場所で三つもの楽しさがつまった場所です。
夏の間は夜になると、アクセサリーや小物を売る市場が立ちます。
お気をつけてお出かけください!

トリシャール美保

南仏ニースに住んで十二年。地元人だからこそお伝えできる情報があります。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 子連れのパリ旅行でおすすめな穴場観光スポット3選!フラン...

    パリというと大人の街、子連れで観光するには不向きな街だと思っていませんか?実はパリには高級レストランや美術館だけでなく、それら定番観光スポット近くに子どもが遊べる公園がたくさんあります。観光の前後に公園で遊ばせれば子どもも大満足!大人もパリの雰囲気を感じつつゆったりとした時間を過ごせます。今回はパリの街を観光がてら気軽に寄れる公園を厳選して3つご紹介します!

  • まだ間に合う!全仏オープンチケット入手方法を徹底解説!

    既に本戦が始まっているテニス四大大会の一つ、全仏オープン。これを観ることを目的にパリを訪れる方もいるのではないでしょうか。四大大会と言うとチケットの入手は困難を極め…と思いきや、実は意外と手に入りやすいのです!業者に頼らずとも、個人で気軽にチケットを購入できます。今年はもちろん、来年以降にも活かせる人気日程のチケットの購入方法から受け取り方法、会場へのアクセスなどについて図解入りで詳しく解説します。

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • パリのマレ地区の観光スポット5選!カフェやパン屋、博物館...

    パリの中でも美しく歴史のある建物が残る有名な町で、古い建物を改装したカフェやセレクトショップなどパリジャンやパリジェンヌが一番好きな地域として推しており、オシャレ女子にはかかせない魅力的な地域をご紹介します。

  • フランス・グルノーブルおすすめ観光スポット&グルメ情報!...

    パリからコートドールを走り抜け、美食の街リヨン郊外を過ぎてほどなくすると到着するグルノーブル。フランスの街でありながら、首都パリよりもスイスのジュネーブやイタリアのトリノに近く、モンブランなどのアルプス山脈が間近に迫るスキー場のメッカでもあります。1968年に冬季オリンピックが開催されたグルノーブルが賑わうのはもっぱら冬ですが、実は夏に訪れてもそれはそれは美しいローヌアルプの絶景が望めます。今回はそんなグルノーブルの夏の観光スポットをご紹介します。

今週の人気記事

この記事のキーワード