パリのシンボル!超定番だけど外せない観光スポット5選

3,105

views

1

フランス、パリ。一度は行ってみたい都市の一つとしてあげる方は多いのではないでしょうか?パリの町並みを歩いているだけでも幸せな気分になれますが、やっぱり絶対に行っておきたい観光スポットは網羅しておきたいですね。噂に違わず素敵な5つのスポットを、素敵な写真とともにお送りします。

①賛否両論の存在感 どこからも見える姿をやっぱり近くで見ておきたい

エッフェル塔

1889年パリ万博のモニュメントとして建設されました。建設当時は、パリ市街のどこからも見えるその奇抜な外観から、反対の声も多く聞かれました。

今では電波塔兼展望台として、パリで人気の観光名所になっています。高さは321メートルで、57メートル地点に第一展望台、115メートル地点に第二展望台、276メートル地点に第三展望台があります。

また、 エッフェル塔は毎晩24時までライトアップされます。さらに毎時0分から5分間だけ、タワーがキラキラと光る特別なライトアップ、ダイヤモンド・フラッシュがあるとのこと。是非チェックしましょう。

エッフェル塔 (La tour Eiffel)
住所:
5 Avenue Anatole Paris, 75007
アクセス:
最寄り駅メトロ6番線 Bir Hakeim 駅 メトロ6,9番線 Trocadéro 駅
  RER C線 Champ de Mars Tour Eiffel 駅から徒歩4分
営業時間:
・夏期(6/15~9/1) 09:00~24:00 ・夏以外(9/2~6/14) 09:30~23:00
定休日:
年中無休
料金:
  2階まで…8.50ユーロ
  3階まで…14.50ユーロ
  階段で2階まで…5.00ユーロ
    ※14歳以下は割引あり
電話番号:
33 892 70 12 39

ジュール ヴェルヌ

展望台からの眺めは素晴らしく、パリのパノラマの景色が楽しめます。第二展望台にあるミシュラン1つ星レストラン 「Le Jules Verne」で食事もいいでしょう。

ジュール ヴェルヌ(Le Jules Verne)
営業時間
 ランチ  :
 12:15~13:30
 ディナー:
 19:00~21:30
定休日:
なし
アクセス:
エッフェル塔内2階/第2展望台 専用入り口があるので並ばずに入店できます。
サイト:
 レストラン Le Jules Verne
電話:
 (+33)01-4555-6144

②パリの通りはここから始まる 屋上展望台は意外に穴場

エトワール凱旋門

ナポレオン1世に命じられ、彼の死後完成したアウステルリッツの戦いの勝利を記念する栄光の門です。

この写真は、「ラ・マルセイエーズ」のレリーフです。
凱旋門に彫り込まれた4つのレリーフも素晴らしく見応えがあります。
シャンゼリゼ側の右には、リュード作「1792年義勇軍の出陣」(ラ・マルセイエーズ)で、左にはコルトー作「1810年の勝利」と言われるレリーフです。反対側に彫られているのは、エテックス作「抵抗」と「平和」をモチーフにしたもので、こちらも素晴らしいレリーフですのでぜひチェックして下さい。

屋上の展望台からは広場から放射線状に延びる12本の大通りと、そこから広がる町並みが一望できます。

こちらの写真で見ると、道が凱旋門を中心に各方向に伸びているのがわかりますね。

凱旋門の下には第一次世界大戦で亡くなった全ての人々の代表として無名兵士の墓があり、そこには決して絶やしてはいけない火が灯されています。

エトワール凱旋門 (Arc de Triomphe de l'Etoile)
住所:
Place Charles de Gaulle 75008 Paris
アクセス:
メトロ1、2,6番線、RER A線 Charles de Gaulle Etoile駅
  出口 1.Champs Elysées・Arc de triomphe(凱旋門)方面
営業時間:
10:00~23:00(10~3月は22:30まで)
定休日:
1/1、5/1、5/8午前、7/14午前、11/11午前、12/25
料金:
9,5ユーロ
 ・18歳未満、25歳までのEU圏国籍者、身体障害者と付添い1名、失業者は無料(各証明書提示が必要)
電話番号:
33 155 37 73 77

③世界一美しく有名な通り セレブ気分で歩きたい

シャンゼリゼ大通り

凱旋門を西の端に、東に向かってコンコルド広場まで延びるのは、世界で最も美しいとも言われるマロニエの並木通りです。日曜には休むお店も多いフランスですが、ここだけは例外で、週末も夜も変わらない賑わいを見せています。

ショッピングや、グルメの他、キャバレーなどのエンターテイメントまでも網羅しています。
ルイ ヴィトンの本店をはじめ高級ブティックはもちろんのこと、H&Mなどのヨーロッパ発カジュアルブランドも軒を連ねています。

クリスマスには通り全体に光が灯り、世界中の人々を魅了する美しさで、毎年注目が集まります。

実は、日本人がイメージするシャンゼリゼ 通りは西半分で、高級ブティック等有名店が立ち並んでいますが、東半分は緑に覆われてとても静かです。通りのちょうど真ん中には、広大な緑の公園があり、ジャルダン・デ・シャンゼリゼ(Jardins des Champs-Elysees=シャンゼリゼの庭)と呼ばれ、市民の憩いの場になっています。

シャンゼリゼ大通り (L'Avenue des Champs-Élysées)
住所:
Av. des Champs-Élysées 75008 Paris
アクセス:
地下鉄1号線「Charles de Gaulle Etoile」駅から「Champs Elyses Clemenoeau」まで4つの駅が通りの地下を走っています。

ル・フーケ

カフェではセレブが集うル・フーケ(Le Fouquet's)が見逃せません。

ル・フーケ(Le Fouquet's)
住所:
99,avenue des Champs-Elysees, 75008 Paris
アクセス:
シャンゼリゼ通り沿い
営業時間:
・午前 7:30 - 午前 9:30  午後 12:00 - 午後 3:00
午後 7:
00 - 午後 11:45
定休日:
年中無休
電話番号:
01 40 69 60 50

④ディズニー映画の舞台にもなった荘厳なるゴシック建築

ノートルダム寺院

シテ島にある12世紀の寺院で、ゴシック様式の最高峰と言われる美しい外観は圧巻です。

内部にはバラ窓と呼ばれる直径10メートルのステンドグラスの他、見ごたえのある美しい南北2連のステンドグラスや、石像があります。また、ジャンヌダルクの名誉回復裁判の舞台としても有名です。

北塔には、シメールのギャラリーがあります。見学用入り口を通り階段をいくと、手すりの端に鳥のような獣のような空想の生き物が。守護神として聖堂を守って威嚇していると言われています。

ノートルダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame de Paris)
住所:
6 Parvis Notre-Dame - Pl. Jean-Paul II, 75004 Paris
アクセス:
最寄り駅 メトロ4番線 Cité 駅 RER A,B線 Saint Michel Notre-Dame 駅
営業時間:
・月~金曜 8:00~18:45 土・日曜 8:00~19:15
定休日:
年中無休
料金:
基本無料 ※大聖堂内にある塔(屋上)は有料

⑤外観内観演目そしてその存在が華やかな世界のオペラ座

オペラ・ガルニエ

青銅色のドームの上に、きらびやかな金の竪琴を持った音楽の神アポロン、その手前には、両端に芸術の神ミューズが眩しく輝いています。

正面右には、オルセー美術館に本物があるカルポー作「ダンス」の彫刻があります。

当時の最先端を行く鉄建築も見惚れてしまいますが、内部も負けず劣らず豪華絢爛です。
パリには他にもオペラ座があり、そちらは「新オペラ座」とよばれ、バスティーユにあります。
建築家の名前にちなんでオペラ座ガルニエとよばれる旧オペラ座は、今はバレエ公演が中心となっています。公演を見なくても、内部見学をすることができます。

オペラ ガルニエ (L'Opera Garnier)
住所:
8 Rue Scribe 75009 Paris
アクセス:
最寄り駅メトロ3,7,8番線 Opéra 駅
 RER A線 Auber 駅
営業時間:
・10:00~17:00 入場16:30まで。夏期は一部17:30
午前のみ見学の場合もある。 その場合、入場12:
30まで
定休日:
1/1(祝)、5/1(祝)
※開館日であっても劇の公演準備が優先されるため見学ができない場合もあり。
料金:
大人10ユーロ 25歳未満 、学生6.00ユーロ 10-0歳無料
電話番号:
33 1 71 25 24 23

いかがでしたか?写真だけでうっとりしてしまいますね。
まだまだ見所のあるパリですがこの5つは外せません。
是非、旅の参考にしてくださいね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランス産おすすめバター5選!フランス菓子・料理のコクの秘...

    言わずと知れた農業国フランス。チーズ、牛乳、ヨーグルト、そしてバターの種類と美味しさは他国を抜きんでています。フランスらしい専門店としてチーズ専門店や、乳製品専門店が商売として成り立っているあたりに農業、とりわけ乳業の底力、そして乳製品のニーズの高さを肌で感じるのです。フランス旅行中、一度は口にするはずのバターやチーズ。そして多くのツーリストがそのコクと舌触りに驚きを感じることでしょう。今回は、フランス乳製品でイチオシのバターを取り上げてみたいと思います。

  • フランス土産5選!本場で買ったら格段にお得なおすすめアイテム

    相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ「お土産探し」は旅の楽しみの一つでもありますね。今回はフランスで買って帰りたいお土産をユニークなテーマでお届けしたいと思います。そのテーマとは「日本で買うと”さすがおフランス産!”と思わずにはいられないプライシング。なのに本場で買ったらお得感満載のアイテム」。ちょっと長めですが記事はすっきりズバリと切り込みたいと思います。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランス料理で絶対おさえておきたい定番料理10選!

    みなさんは本場のフランス料理と言ってもピンと来るものありますか? 見たことはあるけど、名前がわからないと言う食べ物もあると思います。なので、今回はフランスに来たら是非試してほしい定番料理を紹介します♪

  • パリジェンヌも憧れる!フランス高級シューズブランド5選

    パリと言えば世界のファッショントレンドを作り出す街として有名です。エッフェル塔や建造物はもちろん、道行く人々のファッション等、街全体がオシャレで、品のある雰囲気に包まれています。CHANELやHERMES、Dior等の高級ブランドの本店が軒を連ねていて、女子なら誰でも一度はパリに行ってお買い物をしてみたいと思うのではないでしょうか。今回はそんな女子のあこがれパリ発祥のシューズブランド5選をご紹介します。

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

このエリアの新着記事
  • ここだけは外せない!フランス・リヨンでまずは押さえておき...

    フランス南東部にあるリヨンはフランス第二の都市。中世の街並みが残る石畳の旧市街や郷土色豊かなブション(リヨンの郷土料理を楽しめるビストロ)も魅力です。美食の街とも呼ばれ、華やかパリとはまた違った魅力を持つ街です。そんなリヨンでまずは押さえておきたい観光スポットをご紹介します!

  • レストラン&カフェdeフランス語!注文時に役立つ無敵のフレ...

    フランスって英語が通じないんでしょう?とはよく聞く噂。本当かどうかを確かめる前にアナタもフランス語にチャレンジしてみませんか?相手も一生懸命に母国語を話そうとする旅行者に、優しく耳を傾けてくれはずですよ。今回は旅行中、もっともフランス語を話すチャンスとも言えるレストラン・カフェで使える数フレーズを、無敵フレーズと共にご紹介します。

  • フランスのお洒落なおすすめホテル15選!

    ヨーロッパ旅行でも人気なフランス!観光客の数は世界一だそう。美術館、世界遺産、大聖堂もそれぞれ有名な観光名所が多数あります。フランス料理やワインも最高ですね。そんな魅力溢れるフランスの数多くあるホテルの中でちょっと贅沢な高級ホテルを紹介します。

  • フランス・リヨンの人気観光スポットおすすめ7選!歴史地区で...

    フランス第二の都市であり世界遺産に登録された街リヨン。名前は聞いたことがあっても実は何があるかよく知らないという方も多いのでは?かつて絹産業で栄えたリヨンは美しい街並みや心地よい気候のおかげでフランスらしさを満喫できる場所。美食の街でもあり美味しいフランス料理に出会えます。では、さっそくリヨンの見どころをご紹介します。

  • フランス・ニースでおすすめの本場ニース料理レストラン3選!...

    150年前までイタリアの領土だったというフランス・ニース。地理的にもイタリアにほど近く、食文化もイタリアの影響を大きく受けているんだとか。そんな街中で美味しい「ニース料理」が食べられるレストラン3選を紹介します!

  • ヴェルサイユ街でショッピング!お土産も買えるエリア別おす...

    ヴェルサイユと聞くとすぐに思い浮かぶのが宮殿。ですが、その城下町であるヴェルサイユの街もまた華やかに栄えていたんです。王宮文化を思わせる優雅な街並みや、有名メゾンのショッピングを楽しめる街・ヴェルサイユの魅力をご紹介します。

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランスの人気お土産ランキングTOP15!外さない人気のフラン...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • インド洋に浮かぶリゾート地!フランス領のレユニオン島の魅力

    インド洋に浮かぶフランスの海外県・レユニオン島は、サトウキビ・バニラ・コーヒーなどの生産と観光業で栄える小さな島です。フランス人や旅慣れた人だけが訪れていた穴場のリゾート地は、2010年に世界遺産に登録された島の尖峰群の他にも魅力がいっぱい!今回はそんなレユニオン島の見どころをご紹介します!

このエリアの人気記事