フランス旅行前に予習しよう!頬をあわせるフランス風のごあいさつ

380

views

0

フランスの映画などでご覧になったことのある方も多いかも?日本人にはなじみのないフランス風のあいさつ、ビズの秘密に迫ります。

ビズ?キスとは違うの?

キスは恋愛感情を持つ者同士だけに許される行為です。ひるがえってビズは親しみを持つ者同士でひんぱんに交わされるフランス風のごあいさつ。フランス人ならもの心のつく頃には、つまりは小学校にあがるくらいにはもう子どもたち同士でもビズをしています。

道であいさつを交わす人にはビズをするの?

道ですれ違うときにあいさつをする程度の、名前もしらない相手にもビズをするかというとそうではありません。ビズはあくまでも「親しさ」を表すあいさつなのです。

する?しない?どこで決める?

ではどこまでが「親しくない」でどこからが「親しい」のでしょうか。
これにははっきりとした「決まり」はありません。あくまでも個人の感覚や好みで決めていいのです。フランス人の間でも個人差があります。つまり、「ビズ好き」の人とそうでない人がいるのです。

わたしたちにはもともと、「ビズの習慣」はないのですから、特別にそれに慣れている風をよそおう必要もありません。ほっぺたをつき出されて、自分のほうも好意を持っている相手には同じようにほっぺたを差し出しましょう。一気に距離が縮まるのはまちがいありません。
おもしろいことに「日本にはビズの習慣はないのですよ」と言うと、びっくりするフランス人がいることです。自国の文化は世界共通と思っているフランス人はめずらしくありません。

ビズの正しいやり方ってあるの?

正しいやり方があるのかどうか、真相はわかりません。たいていの人はほっぺたとほっぺたをくっつけ合わせ、同時に口の中で「チュッ」「チュッ」という音をさせるようです。
ほっぺたとほっぺたを合わせるのではなく、相手のほっぺたに口をつける人もいます。ぬれたくちびるが筆者のほっぺたにつくのであまりいい気持ちはしません。この場合は、こちらは相手にされるまま。女性に多いようです。どちらが正しいのか、筆者にはわかりません。相手の腕のところに手をそえる人が多いようです。

ビズの回数は?

おもしろい資料を見つけました。フランス全土を色分けして、ビズの回数を教えてくれています。筆者の住むニースは二回。地図を見ると、二回という地域が圧倒的に多いですね。南仏の一部に三回の地域が固まっていて、四回はほとんどが北の方。寒いと何度も人に触れたくなるということでしょうか。

ビズは相手への贈りもの

夏の暑い盛り、「汗をかいてべとべとしているから」と言って普段はビズをしている人が断ってくることがあります。あるいは風邪をひいている人が「今はせきがでるからちょっと」ということもあります。ビズには相手に不快な思いをさせるくらいならしないほうがいい、という不文律があります。ビズはあくまでも「相手に対する小さなプレゼント」なのです。

感謝の気持ちを表すビズ

出典: favim.fr

相手に感謝の気持ちを表すときにもビズをすることがあります。普段していない相手に対しても「ありがとう」の気持ちを表すためにビズをするのです。
たとえば、学年末になると、学校の先生に一年間の感謝をこめて贈りものをする保護者がいます。それを受け取った先生が子どもたちの保護者にビズをしています。普段はしません。また、会社の部下が上司にプレゼントをする場合も同様です。普段はビズをしないもの同士がこんな場合にはビズをして、感謝の気持ちを相手に伝えます。

同性、異性、関係なくするもの?

女性×女性、女性×男性、は普通。男性×男性はかなり親しい場合に限られる印象があります。男性同士はたいての場合、握手ですませてしまうようです。親しい人に会った場合でも、男性同士は「握手」であいさつをすることが多いように思います。たとえば、我が家の長女のボーイフレンドが遊びに来ることがあります。彼は母親である筆者や、長女の妹たちとは当然ビズ。長女の弟とは握手を交わします。ひとりひとりときちんと向き合う姿勢がこんなところにも現れています。

日本人同士でビズをするか、という問題もあります。筆者は親しい友人たち(ひとりはフランス人、もうひとりは日本人)に出くわしたとき、フランス人の友人に普通にビズをしたあと、自然に日本人の友人にもビズをすることがあります。正直、日本人同士だとちょっと恥ずかしい気分になるのも確かです。また若い人ほど、日本人同士でもビズに抵抗感が少ないという印象があります。

家族間のビズ

「おはよう」「いってきます」「いってらっしゃい」「おかえり」「ただいま」「おやすみ」、家族の間ではあいさつのたびにビズをするのが普通です。なんの理由もなくても子どもが「ママ~」といってビズをしてくることもあります。それが彼らの習慣であり、彼らの文化なのです。

とまどいの様子をどうぞ

フランス社会で暮らすようになって誰もがぶつかるであろう「ビズの壁」。それはもちろんわたしにもありました。そんな様子をこちらでどうぞ。

ビズをしたくなりましたか?

子ども、というよりも赤ちゃんと呼びたくなる年頃の子どもにビズをされると、こちらはそれだけでほんわかとしあわせな気分になるものです。百年後の日本に、このフランスの文化が取り入れられているのを想像するのは筆者だけでしょうか。あなたからビズの習慣、はじめてみませんか。日本の乾いた文化が少しはしっとりとやわらかいものになるかもしれません。

トリシャール美保

南仏ニースに住んで十二年。地元人だからこそお伝えできる情報があります。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 【フランス・準備編】フランス旅行初心者さん必見!聞いてび...

    ヨーロッパ旅行の玄関口の一つフランス。フランス・パリ経由で別の国に行く方も、パリからフランス旅行に行く方も、もちろんパリをメインの目的にされる方も、とにかく初めてフランスを訪れる方が知っておいて損はない、むしろココロの準備にぴったりな「知っとこ情報」をご紹介します。

  • 初心者向けフレンチのマナー!ナイフやフォークの使い方から...

    結婚式などフランス料理を食べる機会は誰にでもおとずれます。そんなとき、慣れないテーブルマナーで赤っ恥をかきたくないですよね?そんな方のためにフレンチレストランでのテーブルマナーについてご紹介していきます。この機会にテーブルマナーを覚えて上品な大人の仲間入りをしましょう。

  • レストラン&カフェdeフランス語!注文時に役立つ無敵のフレ...

    フランスって英語が通じないんでしょう?とはよく聞く噂。本当かどうかを確かめる前にアナタもフランス語にチャレンジしてみませんか?相手も一生懸命に母国語を話そうとする旅行者に、優しく耳を傾けてくれはずですよ。今回は旅行中、もっともフランス語を話すチャンスとも言えるレストラン・カフェで使える数フレーズを、無敵フレーズと共にご紹介します。

  • 旅行で食べたい!フランス・ニースの郷土料理6つ

    南仏ニースは地中海に面していて、隣国イタリアまでは車で三十分弱で行ける距離にあります。郷土料理は、こってりしたクリームを使ったものよりも、さっぱりとオリーブオイルを使うものが多いのです。その中からいくつかをご紹介いたします。

  • フランス基本情報 【お水事情編】

    旅行先の水が原因で、お腹を壊し辛い経験をした…というのは良くある話。直接健康や体調に関わるお水事情については、旅行前にしっかりチェックしておきたいものです。今日は気になるフランス、パリのお水事情についてご紹介します♪

  • パリ長期滞在にオススメの素敵アパルトマン特集!憧れのパリ...

    おしゃれなパリで暮らすことを夢見たことのある人は多いはず!思い切って、パリでアパルトマンを借りて長期滞在してみてはいかがでしょうか?単なるホテル住まいでは味わえないようなリアルなパリの生活を体験すれば、これであなたもパリ上級者です♪

今週の人気記事

この記事のキーワード