ロンドンきっての有名シェフ!ゴードン・ラムゼイのレストランに行きたい!

13,094

views

0

ミシェランの星をいくつも獲得してきたラムゼイ氏。そんな彼が展開するレストランinロンドンを紹介します。

ゴードン・ラムゼイって何者?

スコットランド出身の大人気シェフ、ゴードン・ラムゼイ氏。イギリスやフランスのレストランでの修行を積んだ後、自身のレストランをオープンさせ、ミシェランで3つ星を獲得するほどまでに成長させました。英国女王エリザベス2世からの大英帝国勲章を含め、複数の賞を受賞しているシェフです。料理の腕前はもちろんですが、料理に対する情熱と迫力のある辛口コメントが人気を呼び、テレビ番組にも多く出演しています。現在、彼のグループが手掛けるレストランは世界に25もあるそうですが、そのうちの14店がロンドンに集中しています。

レストラン・ゴードン・ラムゼイ

目でも楽しめるプレートの数々は、食べるのが惜しくなるほどの美しさ。

ラムゼイ氏初の自身のレストランが、ここゴードン・ラムゼイ。1998年にオープンし、ミシェランの3つ星に輝いています。現在、シェフのクレア・スミス氏が率いるダイナミックなチームが、クラシックと近代の技術を駆使したモダンフレンチ料理を手掛けています。

レストラン・ゴードン・ラムゼイ(Restaurant Gordon Ramsay)
住所:
Royal Hospital Road, London, SW3 4HP
営業時間:
12:00~14:30、18:30~23:00(要予約)
アクセス:
メトロ「Sloane Square駅」より徒歩約12分。バッキンガム宮殿から車で約10分。チェルシー薬草園近く。
電話番号:
+44-20-7352-4441(要予約)
ドレスコード:
男性は襟のあるシャツ着用。ジャケットもあるとよいでしょう。T-シャツや短パン、スニーカーやトレーナーなどのカジュアルな服装は入店を拒まれる可能性があるので、男女ともにスマートドレスコードを意識してオシャレをしましょう。

メイズ

Mayfairにお店を構えるミシェランの星に輝くレストラン。一流シェフのアレックスさんが指揮をとるキッチンでは、アジアの味からインスパイアを受け、クラシックフレンチの味が遊び心いっぱいに作リ出されています。レストランにはメイズバーが併設されているので、ディナーの前に一杯いかがでしょうか。

メイズ(MAZE)
住所:
10-13 Grosvenor Square, London, WIK 6JP
営業時間:
ランチ12:00~15:00、ディナー17:30~23:00、バー12:00~翌0:30
アクセス:
地下鉄ボンドストリート(Bond Street)駅から徒歩5分
定休日:
なし
電話番号:
+44-20-7107-0000
料金:
CHIEF’S MENU(7コース)92ポンドなど

メイズ・グリル

ロンドンの中心に位置するこちらのレストランは先に紹介したMAZEの姉妹店で、週7日朝から晩まで営業しています。ステーキや魚だけでなくお刺身やお寿司もあるので、大人から子供まで楽しめるでしょう。アジアのテイストとクラシックフレンチをアレンジした味、ぜひ試してみたいものです。

メイズ・グリル(MAZE Grill)
住所:
10-13 Grosvenor Square, London, WIK 6JP
営業時間:
朝食6:45~10:30、ランチ&ディナー12:00~23:00
アクセス:
メトロ「Bond Street駅」から徒歩約5分。グローブナースクエア・ガーデンの向かい。
定休日:
不定休
電話番号:
+44-20-7495-2211
料金:
ハンバーガー 14ポンドなど

ブレッド・ストリート・キッチン

セント・ポール大聖堂のすぐ近くにお店を構えるブレッド・ストリート・キッチン。店内のデザインは古き昔と現代の世界、そしてニューヨークの雰囲気を取り入れられているそうです。毎日オープンしているこちらのレストランでは、石釜や炭を使った料理や、守り継がれているサラダ、前菜、メイン、デザートのメニューの幅広さが自慢。

ブレッド・ストリート・キッチン (Bread Street Kitchen)
住所:
10 Bread Street, London, EC4M 9AB
営業時間:
月-金7:00~23:00、土11:00~23:00、日11:00~20:00
アクセス:
St.Paul駅から徒歩すぐ
定休日:
12/24~1/2不定休
電話番号:
+44-20-3030-4050
料金:
イングリッシュブレックファースト 11.95ポンドなど

ユニオン・ストリート・カフェ

イタリアからインスピレーションを得た、カジュアル・グラマー&リラックスした雰囲気をもつ都会のレストラン。ちょっとした軽食からフルスケールのディナーまで、気軽に立ち寄れるレストランです。

気軽に楽しめるバーもあります。

ユニオン・ストリート・カフェ(Union Street Café)
住所:
47 - 51 Great Suffolk Street, London SE1 0BS, England
営業時間:
月-金12:00~15:00、18:00~23:00、土12:00~16:00、18:00~22:30、日12:00~17:00
アクセス:
Waterloo駅から徒歩11分
電話番号:
+44-20-7592-7977
料金:
ランチエクスプレス(本日のパスタ+サラダ+ソフトドリンク) 12ポンドなど



料理の腕前だけなく、お店のプロデュースやカスタマーサービスにも優れているラムゼイ氏。彼の手掛けるレストランを目指して、お腹を空かせてロンドンに旅立ちましょう!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • イギリスのお菓子お勧め人気TOP22!お手軽お菓子から優雅なア...

    イギリスにはお菓子のバリエーションが少ないと思っている方、集合!ケーキやスコーン、クロテッドクリームにクリスマス限定のパイなど実は奥が深いイギリスお菓子の世界へご招待致しましょう。王室御用達のチョコレートからスーパーで買えるお菓子まで取りそろえはバッチリ。ハリーポッターやアガサ・クリスティの好物も登場!

  • ロンドンでオーダースーツが作れるアトリエ「Paul Smith West...

    イギリス・ロンドンに所在する「Paul Smith Westbourne House-ポール・スミス・ウェストボーン・ハウス-」はデザイナー、ポール・スミスの邸宅を改装したアトリエ兼フラッグシップストア。ここでしか作れないオーダースーツは必見です!旅の記念に1着オーダーしてみては?

  • イギリス基本情報 【時差・空港編】

    モノトーンの落ち着いた街並みの中を走る赤いバスが印象的な国「イギリス」。本記事では、イギリスに行く前に知っておきたい日本とイギリスの時差や、イギリスの玄関口、ロンドンのヒースロー空港までの飛行時間などの基本情報をお送りします。

  • スコットランド・エディンバラでおすすめの人気お土産ショッ...

    日本でのスコットランドの知名度、高いとは言えません。どんな国?と聞かれてもなかなか即答しがたい国の一つです。そんなスコットランドですが、行ったからにはスコットランドらしいお土産を買って帰りたいですよね♪ そこで今回は、スコットランドの民芸品やスコットランド人アーティストによるオリジナルアクセサリーを購入できるおすすめのお店3店を詳しくご紹介していきます!

  • ロンドンにあるおすすめホテル15選!人気観光スポットへのア...

    歴史がある国として、観光の見どころも多く、訪れる人が多いイギリス。首都であるロンドンまでは、日本から直行便が出ているので、旅先に選ぶ人も多いのではないでしょうか?英語も通じるので比較的旅行もしやすいですよね。今回は、そんなロンドン市内にあるオススメホテルを紹介しましょう。

  • ロンドンでおすすめのおしゃれハイセンスホテル7選!思わず予...

    歴史ある建物を訪れたり、洗練されたファッションストリートを歩いてみたり・・・せっかくのロンドン旅行ですから、宿泊先もおしゃれにキメませんか?そんなトラベラーの夢を叶えるハイセンスなホテルをドンと紹介します。

  • ロンドンのコヴェント・ガーデン観光スポットまとめ!おしゃ...

    常に人が集まっているコヴェント・ガーデン。ショッピング街にカフェやレストラン、しゃれた小さなお店が立ち並んでいます。今回はそんなおしゃれでにぎやかな街、コヴェント・ガーデンをご紹介します。

  • 【イギリス・コッツウォルズ】ブロードウェイのおすすめスポ...

    コッツウォルズの北にある町で世界で一番のコッツウォルズの羊毛を運ぶ拠点となりました。 そんなブロードウェイにはおしゃれなカフェやブロードウェイタワーなどの観光名所もあります。 イギリスのアフタヌーンティーやクリームティーを楽しめるお店も紹介します。

  • 007のロケ地、イギリス・ブレナム宮殿!極上の庭園や巨大迷路...

    元首相ウィンストン・チャーチルの生家としても知られるブレナム宮殿は、その規模だけではなく、美しさにおいても英国随一との評判です。1987年には世界遺産にも登録。一度は訪ねてみたいと思われている方のために、今回はその魅力の一端をご紹介したいと思います。

  • エディンバラのおすすめ観光スポット7選!鉄板観光スポット...

    スコットランド・エディンバラと聞いて何を思い浮かべますか?キルトやバグパイプなどが有名ですよね。そのほかにも美しいお城や建造物、奥深い歴史があります。そして忘れてはならないのがウイスキー!パブの文化があるため、美味しいお酒や食事がたくさん!今回はそんな魅力触れるスコットランドの首都、エディンバラについてご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事