ペルーのお土産ショップ!チチカカ湖畔の街プーノでチェックすべきはここ!

1,277

views

0

ペルーにあるチチカカ湖の畔にある町プーノは、標高約3500メートル以上に位置します。 富士山の高さと数百メートルしか違わない標高の高い町です。 今回は、お土産選びにも役立つプーノにあるおすすめギフトショップを紹介します。

プーノの特産 ニット

過去にはスペインに占領された時期もありますが、それでも独自の文化や伝統は地元の人たちによって守り続けられてきました。
プーノでぜひギフトとしておすすめしたいものは、アルパカやラマの毛で作った手作りニットや、独自のテキスタイル技法のアートです。

何千年もの間、手法や技法は昔と変わらず、また多く国ではニットは女性の伝統技術であるのに対し、プーノでは男性も子供の頃からニットを編む技術やアクセサリーを作る技術を習得します。

ラ・カサ・デル・コレヒドール La Casa del Corregidor

こちらは、プーノエリアでもっとも古い建物で、ゆっくりとペルーナンバーワンであるツンキコーヒーを堪能できます。

ラ・カサ・デル・コレヒドール (La Casa del Corregidor)
住所:
Jr. Deustua Nro. 576, Puno
電話番号:
051- 35-1921

カントゥ Kantu

出典:youtube

Puno, Lake Titicaca, Peru: K'antu Fair Trade Shop

こちらは、地元のアーティストたちの作品を少しでも多くの人たちに知ってもらおうと、NGO団体と協力してフェアトレードを行っているお店です。
プーノエリアに住む人々の所得は首都リマと比べると低く、少しでも地元の人たちの生活を良くしようという目的があります。

先ほど紹介した、ラ・カサ・デル・コレヒドールと隣接しているカントゥ。
こちらのお店の商品はすべて地元の人たちによる手作りです。
アルパカやラマの毛を使って編んだ衣類をはじめ、ジュエリーや小物類などを売っています。

カントゥ (Kantu)
住所:
Jr Deustua 576, Puno, Perú
営業時間:
09:00~22:00

カルロスドレイヤー博物館 Museo Carlos Dreyer

こちらの博物館もカフェと隣接しており、おすすめ観光スポットです。
この博物館は、20世紀にプーノに滞在したドイツ人、カルロス・ドレイヤーによるコレクションで、プーノの歴史や文化がわかる貴重な芸術品や彫刻品などが展示されています。

カルロスドレイヤー博物館 (Museo Carlos Dreyer)
住所:
Jr. Deustua N. 458 Plaza de Armas, Puno,
電話番号:
+51 51 351019
日曜日は、14:
30~19:30オープン

エリム・アルパカス Elim Alpacas

こちらは、2006年にオープンしたアルパカの毛を使ったアパレルやぬいぐるみを販売するお店です。
アルパカの毛は、誰にも刈られないと、ずっと伸び続けるそうなんです!
あの、モコモコ感となんともいえない顔、愛嬌があって可愛いですよね。

ベイビーアルパカから刈り取られる毛は、特に繊維が細かく高級品だといわれています。
また、アルパカの毛で作られるセーターやカーディガンは、カシミヤより丈夫なので長く着ることができるそうです!

エリム・アルパカス (Elim Alpacas)
住所:
Highlights info row image Jr. LIMA 424 Puno, Peru
電話番号:
Highlights info row image +51 51 351024

ラ・カサ・デ・ラ・ムヘール・アルテサナ La Casa de la Mujer Artesana

こちらは、プーノに住む女性アーティスト達が作った手作りの作品を販売しているお店です。
1993年にオープンしました。

こちらの商品の売り上げは、女性たちの経済的自立やコミュニティーにおける女性のステータス向上を目的として使われます。
デザイン案を考えるところから商品の仕上げまでのすべての工程を20名近い女性たちが担当しています。

ラ・カサ・デ・ラ・ムヘール・アルテサナ (La Casa de la Mujer Artesana)
住所:
Jr. Puno 645, Tercer piso – Puno, Perú
電話番号:
(511) 423-8840
土曜日は16:
00~21:00、日曜日はお休み

まとめ

いかがでしたか。
クスコよりさらに標高の高いエリアにあるのがプーノ。
観光客の中には、高山病になる人もいるとか。
それを聞くと何だか心配になって来る人もいるかもしれません。
でも、昔からの伝統が残った古き街で、ペルーらしいお土産やお店があるのはこの街です。
素敵な観光スポットもあるので、体調管理はもちろんのこと、地元の人たちと触れ合いながら、プーノ市内をゆっくり散策してみませんか?

Mari

在住歴12年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • 南米ペルーを感じる音楽おすすめの歌手&曲5選!コンドルは飛...

    みなさんはペルーの音楽についてご存知ですか?有名なペルーの音楽家といえば、Daniel Alomía Roblesがいます。彼はあのアンデスの音楽、コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)の作曲家です。ということで、今回はペルーを代表する歌手やオススメのCDをご紹介します。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

  • 食材の宝庫!世界が注目のペルー料理【デザート編】

    2014年12月、ワールド・トラベル・アワード(WTA)の”世界で最も美食を楽しめる国“部門で最優秀賞を獲得したのがペルー。今、ペルー料理は世界中の美食家の注目を集めているのです!今回はその中でも、甘くておいしいスイーツに焦点を当てていきたいと思います♪

このエリアの新着記事
  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • マチュピチュの玄関口クスコ!お土産探しに最適なお店7選!

    ペルーといえばマチュピチュの遺跡と思いがちですが、クスコだって負けていません! この町ではアルパカ製品が沢山あり、織物や陶器などクスコが感じられるものが豊富です。 そんなクスコに行ったときに絶対に行って欲しい、おみやげ探しにも最適なお店を7つ紹介してみます。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • ペルー基本情報 【治安・情勢編】

    ペルーはクスコ、マチュピチュ、ナスカなどたいへん見所の多い国です。しかし南米はあまり治安がいい地域ではありません。ここではペルーの治安と、訪れる際に注意したいことについてまとめてみました。

  • ペルー基本情報 【時差・空港編】

    南米にあるペルーは古代遺跡などが残っていて、たいへん魅力的な国です。日本からは直行便がないので時間がかかるのですが、一度は訪れてみたい国のひとつです。ここではそんなペルーとの時差や行き方、国際空港などについて紹介しましょう。

  • ペルー基本情報 【お金編】

    ペルーは南米に位置する国で、南米では3番目に大きい国です。インカ帝国の遺跡である「マチュピチュ」や世界的に有名なナスカの地上絵など、見所が多い国でもあります。ここではそんなペルーのお金に関する情報をまとめてみました。通貨、両替、チップなど、役に立ててくださいね!

  • ペルー基本情報 【気候・服装編】

    空中都市マチュピチュ、インカ帝国の遺跡、クスコの地上絵など魅力がいっぱいのペルー。ここではそんなペルーの気候や観光のベストシーズン、服装などについて紹介しましょう。

  • ペルー基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    ペルーでは、古くから伝わるお祭りやカトリックの信仰にまつわる行事が多く行われます。これらの行事に合わせてペルーを訪れるのもおすすめ。ここでは、そんなペルーの祝日・祭日やお祭り、ビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • ペルー観光を100%満喫する!行かなきゃ損な鉄板スポット9選

    南米大陸にあり、日本の国土の約3倍の大きさを持つペルー。ペルーといえば、インカ時代の歴史的遺産が多く残る国と知られています。近年では町や路上の整備が進み、ますます観光し易くなったと言えるでしょう。今回は数々の遺跡や絶景が楽しみなペルーに迫っていきたいと思います♪

  • ペルーで買うべき食材3つ!お土産にも喜ばれること間違いなし!

    ペルーといえば観光資源豊富の国ですよね。みなさんは訪れたことがありますか?日本からの直行便はなし、さらに20時間以上かかるにもかかわらず、一度訪れるとまた行きたくなるような不思議な国です。今回は、そんなペルーで買いたい食べ物を紹介したいと思います。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事