ペルーおすすめ観光地「チチカカ湖」特集!先住民の雑貨や文化遺産の建造物が素敵

3,120

views

0

ナスカやクスコに並ぶペルー観光の目玉となっているチチカカ湖。世界で一番高いところにある湖というだけでなく、そこに暮らす先住民たちのライフスタイルが訪れる人すべてに驚きと癒しを与えています。また、国境に近い街では買い物などぶらり散策も楽しめます。富士山より標高が高い場所での旅をゆったりした気分で楽しみましょう。

①ウロス島

チチカカ湖に浮かぶウロス島はトトラと呼ばれる葦を積み上げて出来ている人工の島。
大小いくつもの島が集まっていてそこで約2,000人の先住民が生活をしています。

地面、と呼んでいいのか…歩くと少し足が沈むような不思議な感触。
でも慣れてくるとこのフワフワ感が心地よくなってくるんです。

上陸すると島の女性たちが歓迎の歌を披露してくれます。カラフルな服に三つ編みの髪がなんともチャーミング。三つ編みの先についている飾りで未婚・既婚を見分けるのだとか。

住居もトトラで造られていて、接着剤や塗料なども使ってません。これぞ究極のエコ住宅。

中に入ると、とても居心地が良さそう。カラフルなベッドカバーがステキです。
また、フジモリ大統領が太陽光パネルの設置を推進したことで島の電化が進みました。

バサラと呼ばれる船ももちろんトトラ製。思ったよりも頑丈そうです。乗ってみることも可能で5ソル払えば200メートル程漕いでくれます。これは是非乗ってみたいですよね。

バサラのミニチュアを売っていました。これはお土産にぴったりですね。

ウロス島では織物もさかんで、これらの売上は島の人たちの貴重な収入源にもなっています。

ウロス島 (Uros Islands)
アクセス:
プーノ発着の観光用ボートツアーを利用。
     往復に1時間、滞在に1時間ほどのツアー。
     料金は10~15ドル。
     島民用の乗合ボートは便数が少ないので不便。

②プーノ

標高3,855m、チチカカ湖の西岸にあるプーノはボリビアとの国境にも近い人口20万人ほどの街。ウロス島への船が出ていることもあり、立ち寄る人も多いところです。

メインストリートのリマ通りはレストランや土産物屋が多く、しかも物価が他の観光地などに比べて安め。お土産をたくさん買いたい人にはありがたい通りです。

つい立ち止まって見てしまう店頭のディスプレイ。
いいお土産が見つかりそうな雰囲気が漂っています。

出典: ameblo.jp

ペルーといえばアルパカ。せっかく本場に来たんですから何か一品買って帰りたいですよね。

そして、ペルーに来たら飲んでみたいのがこのインカコーラ。
黄金の文明インカらしく色も鮮やか。一度飲むと癖になる甘さだそうですよ。

リマ通りを抜けるとピノ公園があります。
高地に来たら歩く速度もゆっくりと、休憩をはさみながら散策しましょう。

プーノ(Puno)
アクセス:
空路:市内に空港はなく、最寄りはフリアカ空港。
        ただし、天候に左右されやすいので陸路が
        おすすめ。
     鉄道:
クスコからフリアカ経由で運行。
        ただし、月・水・土曜日のみ。
        行程380km、所要時間10時間。
     バス:
数社が運行していますが、
        クスコ8:
00発→プーノ17:00が一般的。

③カテドラル

プーノのほぼ中心部、アルマス広場の西に建つ大聖堂はメスティーソ・バロックと呼ばれる様式で17世紀から18世紀にかけて造られたもの。
1972年にはペルーの文化遺産に指定されました。

遠くから見るとわかりにくいですが、外壁には細かいレリーフが施されています。

中に入ると荘厳な雰囲気。天井がとても高く、外観同様に存在感のある佇まいです。

ライトアップされる夜はこの美しさ。見に行くなら昼間よりも断然、夜ですね。

カテドラル(Cathedral)
住所:
Puno, Peru
アクセス:
ペルー南部鉄道の駅から徒歩約10分
見学時間:
月~金曜8:00~12:00、15:00~18:00
     土・日曜8:
00~12:00、15:00~19:00
電話番号:
51084246806

④プーノのビューポイント

世界で一番高いところにある湖のチチカカ湖を見下ろしてみたいという人にオススメのビューポイントを3つご紹介しましょう。

フアサパタの丘

まずはフアサパタの丘。ここにはインカの初代皇帝マンコ・カパックの像が建っています。

出典: www.pbase.com

マンコ・カパックが妹のママ・オクリョと共にチチカカ湖に現れ、太陽の島に降り立ち、そこからインカ帝国が始まったという伝説が残っています。

フアサパタの丘(Cerro Huajsapata)
アクセス:
プラザ・デ・アルマスから4ブロック、同市の西側。
営業時間:
10:00~17:00
定休日:
なし

クントゥル・ワシ展望台

次はクントゥル・ワシ展望台。クントゥル・ワシとはコンドルの家という意味です。
インカでは神聖な動物とされているコンドルが街を見下ろします。

なんだか今にも飛び立ちそうな感じですね。

クントゥル・ワシ展望台(Mirador Kuntur Wasi)
アクセス:
プーノの中心部から2km(車で約15分)。
営業時間:
9:00~16:00
定休日:
なし

プーマ・ウタ展望台公園

そして3カ所目はプーマ・ウタ展望台公園。人と比較してもかなり大きなピューマの石像が迫力満点。まるでプーノの町を見張っているかのようです。

ピューマもコンドルと同じくインカでは聖なる動物とされています。

以上、3カ所ともにチチカカ湖とプーノの町並みを一望できるスポットです。
階段状の道をを上って行けるところもありますが、タクシーで巡ることをおすすめします。

プーマ・ウタ展望台公園(Parque Mirador Puma Uta)
アクセス:
プーノから北西に3km(車で約20分)。
営業時間:
9:00~16:00
定休日:
なし

⑤コカ・ミュージアム

ペルーの飲食店に行くとよく目にするコカ茶。旅をしていればすすめられることもあり、飲んだことがある人もいると思います。「コカ・ミュージアム」ではそんなコカについていろいろなことを知ることが出来ます。

多くの人はコカというとあまり良いイメージを持っていないですが、ペルーの人たちは古代よりコカを生活の中に取り入れてきました。ここではコカに関する多くの資料を目にすることが出来、文化や歴史など正しい知識を学ぶことができます。

クッキーもあればキャンディーもあって…こうして見ると、ペルーでは私たちの想像以上にコカを使った加工品が多いんですね。
ただし、日本に持って帰るのは厳禁!なのでそこはくれぐれもご注意を。

コカ・ミュージアム(Coca Museum)
住所:
Ilave St. 581 Puno, Peru
アクセス:
ペルー南部鉄道の駅から徒歩約2分
営業時間:
9:00~13:00、15:00~20:00
入場料:
無料
電話番号:
051-977-0360

いかがですか?チチカカ湖に暮らす先住民の人たちとの交流には誰もが心癒されると思います。また、プーノの街を歩いて感じるその素朴さに、居心地の良さを感じる旅行者も多いと聞きます。あなたも是非この天空の地を訪れてみてください。きっと、よいひとときを過ごせると思いますよ。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • 南米ペルーを感じる音楽おすすめの歌手&曲5選!コンドルは飛...

    みなさんはペルーの音楽についてご存知ですか?有名なペルーの音楽家といえば、Daniel Alomía Roblesがいます。彼はあのアンデスの音楽、コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)の作曲家です。ということで、今回はペルーを代表する歌手やオススメのCDをご紹介します。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • 食材の宝庫!世界が注目のペルー料理【デザート編】

    2014年12月、ワールド・トラベル・アワード(WTA)の”世界で最も美食を楽しめる国“部門で最優秀賞を獲得したのがペルー。今、ペルー料理は世界中の美食家の注目を集めているのです!今回はその中でも、甘くておいしいスイーツに焦点を当てていきたいと思います♪

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

このエリアの新着記事
  • クスコでペルー名物の食材キヌアとアルパカを食べられる「ブ...

    知っていますか?ペルーって実は南米随一のグルメな国。ペルーには海も山も川も砂漠もジャングルもあり、気候も暑いところから寒いところまで色々あるため様々な食材があります。そして移民も多いため、料理の幅が広く美味しいものが多いんです!

  • ペルー・ウルバンバおすすめホテル3選!癒しの聖なる谷にステイ

    ペルーの世界的観光地マチュピチュに行く途中に立ち寄りたい「聖なる谷」と呼ばれるバレ・サグラドのウルバンバ。かの地で心も体も癒やしてくれるような最上級のホテルに泊まってみませんか?今回はウルバンバ周辺で特に人気の高い癒やしのラグジュアリーホテルをご紹介します。

  • ペルー・マチュピチュ村でおすすめの人気レストラン&温泉4...

    マチュピチュと聞けば、山あいにぽっかりと浮かぶあの空中都市を思い浮かべる人が多いでしょう。もちろん、遺跡はマチュピチュ観光のハイライト。とはいえ、遺跡だけがマチュピチュの見どころではありません。遺跡観光の拠点となるのは麓にある村。その名もマチュピチュ村! レストラン、カフェ、お土産屋、さらにはスパまでもそろう観光エリアでもあるのです。遺跡を眺めたら麓でおいしい料理、なんてコースもなかなか魅力的。そんなマチュピチュ村でおすすめのスポットを紹介しましょう。

  • ペルー・クスコ旅行にぴったりの二大高級ホテル!お部屋も施...

    歴史の町クスコに泊まるならこちらのホテルはいかがですか?今日は人気も満足度も評価も高いクスコの二大高級ホテルをご紹介します!貴方はどちらのタイプがお好みですか?

  • 中米ペルー・リマ旅行におすすめの人気快適ホテル8選!世界...

    観光にショッピングにグルメ…海外旅行って欲張りすぎるとクタクタになりますよね。だから観光プランは勿論、やっぱりホテルにもこだわりたいですよね!そこで今日は、南米ペルーの人気都市リマ観光で疲れた体を癒してくれる、おすすめの一流ホテルをご紹介したいと思います。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • ペルー・クスコおすすめレストラン5選!在住者に人気のアン...

    ペルーの古都クスコ。マチュ・ピチュ観光の拠点として、クスコのホテルに宿泊する観光客は大勢います。せっかくクスコに滞在するなら、地元の人に人気のレストランで食事をしてみてはいかがでしょう。クスコのあるアンデス山脈一帯はトマトやトウガラシやジャガイモの原産地。新鮮な食材を生かした料理が盛りだくさんです!

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • ペルーで買うべき食材3つ!お土産にも喜ばれること間違いなし!

    ペルーといえば観光資源豊富の国ですよね。みなさんは訪れたことがありますか?日本からの直行便はなし、さらに20時間以上かかるにもかかわらず、一度訪れるとまた行きたくなるような不思議な国です。今回は、そんなペルーで買いたい食べ物を紹介したいと思います。

このエリアの人気記事
新着記事