世界遺産の街!ペルー・リマの必見スポット!

4,391

views

1

ペルーの首都リマの歴史地区は、文化的に重要なエリアとして世界遺産に登録されています。ペルーの工業や流通の中心でありながら、文化的、歴史的にも優れたリマ。その中でもぜひ訪れたい人気スポットをご紹介していきます!

1.アルマス広場

アルマスとはスペイン語で「武器」の意味。スペインがペルーを植民地としていた時代に、警備兵が持っていた武器が由来であるようです。広場の東側には大聖堂と大司教宮殿が、北側には大統領府、リマ市庁舎があります。火曜日から日曜日の14時~20時の間には、45分ごとに真っ赤な観光自動車が出発していて、大人5ソル、子ども3ソルでセントロ付近を一周してくれるサービスも。

アルマス広場(Plaza de Armas)
住所:
Jirón de la Unión Cuadra 3, Lima Lima 1 ペルー
休業日:
なし
アクセス:
Desamparados駅より徒歩5分
電話番号:
+51 1 6321542
料金:
無料

2.天野プレコロンビアン織物博物館

天野プレコロンビアン織物博物館は、ペルーの様々な考古学コレクションを所有する博物館。創設者は日本人の天野芳太郎氏で、彼は荒らされた墓地の遺物を回収・保護し、自宅で展示してきました。当館を創設したのは1964年のこと。
以前は入場無料でしたが、近年、改装工事が行われて有料となった代わりに、以前の2倍以上、600点以上の織物の展示を行うことが可能になりました。アンデス織物を展示する重要な施設として、研究者から高い評価を受けています。

天野博物館(AMANO, Museo Textil Precolombino)
住所:
Retiro 160、Miraflores 15073、ペルー
営業時間:
10:00~17:00(入館は17:00まで)
休業日:
月曜日は事前予約が必要
アクセス:
Av Santa Cruzバス停より徒歩6分、リカルド・パルマ(Ricardo Palma)駅より徒歩30分、タクシーで8分
電話番号:
+51 1 4412909
料金:
30ソル、もしくは10USドル
   常設展示室+特別展示室「天野芳太郎の部屋」:
50ソル、もしくは18USドル

3.ラルコ・マル

リマの新興高級地区、ミラフローレスにあるショッピングモールです。斬新な建築様式が評価され、ショッピングセンターの革新的建築賞を受賞。160以上のショップが軒を連ね、洋服やスポーツ用品、ジュエリー、ペルーの民芸品まで、あらゆるものが揃っています。さらに、ボーリング場や映画館、本屋、銀行、アーケードゲーム、アートギャラリーなどの各種エンターテインメントやサービスも。

なんと建っているのは絶壁の上!レストランやバー、屋外のテラスでは太平洋の絶景が望めます。ここから眺める夕日は特に美しいそう。

ラルコ・マル(Larco Mar)
住所:
Malecón de la Reserva 610、Lima 15074、ペルー
営業時間:
11:00~22:00
アクセス:
Armendarizバス停より徒歩1分
電話番号:
+51 1 6254343

4.国立人類学考古学歴史博物館

1822年に建造され、約200年の歴史をもつペルー最古の博物館。プレコロンビアから植民地時代、共和国家時代の遺産が展示されています。この博物館の目玉は、コトシュ遺跡で発掘された「交差した手の神殿のレリーフ」。紀元前2500~1800年のものだと言われ、古代アンデス文明の始まりはチャビン文化(紀元前800年)であったとする意見を覆すものになりました。

様々なモチーフをかたどった土器。どれも個性的な表情をしています。

国立人類学考古学歴史博物館(Museo Nacional de Arqueología, Antropología e Historia del Perú)
住所:
Plaza Bolívar s/n Pueblo Libre, Lima、ペルー
営業時間:
8:45~17:00(日・祝日は9:00~14:00)
休業日:
月曜日
アクセス:
General Manuel Vivancoバス停より徒歩3分
電話番号:
+51 1 4635070
料金:
11.50ソル

5.ラルコ・ミュージアム

リマ市プエブロ・リブレ区の閑静な住宅街に、その美しい博物館はあります。創設者は、ラファエル・ラルコ・ホイレ。彼は、学者として学んだわけではないながらも、ペルー考古学界に多大な功績を遺した人物です。

美しく整備された庭は、それだけでも訪れる価値があります。

モチェ文化の土器を中心に、アンデス文明のコレクション約4万5000点が展示されています。このコレクションはすべてラファエル・ラルコ・ホイレとその父が収集したもの。彼の父が農業を行う傍ら収集していた土器を見て、興味を持ったラルコは地域の出土品を収集しはじめます。彼はその過程でクピスニケ、サリナール、ビルーといった文化を発見し、ペルーの考古学に多大な貢献をしました。

ラルコ・ミュージアム(MUSEO LARCO)
住所:
Avenida Bolivar 1515 | Pueblo Libre, Lima Lima 21、ペルー
営業時間:
9:00~22:00(祝日は18時まで)
休業日:
なし
アクセス:
3.- Cdra 11 de Mariano Cornejoバス停より徒歩20分、タクシーで5分
電話番号:
+51 1 4611312
料金:
30ソル

6.ワカ・プクヤーナ

ワカプクヤーナ遺跡はリマ新市街ラフローレス地区にある遺跡です。日干しレンガづくりの遺跡で、リマ文化において重要な儀式や行政の中心地であったと考えられています。遺跡はガイド付き(有料)で入場。遺跡のほかにも博物館やワークショップ、おみやげ店、レストランがあります。特にレストランは遺跡内にあることで有名で、屋外の屋根付きテラスでは、遺跡を眺めながら創作ペルー料理を召し上がれます。

ワカ・プクヤーナ(Huaca Pucllana)
住所:
Calle General Borgoño Cuadra, 8 | Miraflores, Lima、ペルー
営業時間:
9:00~17:00
休業日:
日曜日
アクセス:
Paradero Angamosバス停より徒歩7分
電話番号:
+51 1 6177148
料金:
12ソル(遺跡見学はガイドツアーのみ)

7.水と魔法の回廊

水と魔法の回廊と呼ばれるのは、ここレゼルバ公園。公園内には13の噴水があります。『虹の噴水』『魔法の噴水』『夢の迷路噴水』『伝統の噴水』など、幻想的な名前がつけられています。昼間はいたって普通の公園です。

しかし夜になると公園の様子は様変わり!夕方から入場は有料となり、噴水は美しく色づくのです。45分ごとにショーが行われ、噴水に映る様々な光のアートを楽しむことができます。

水と魔法の回廊(Circuito Magico del Agua)
住所:
Madre de Dios, Lima 15046 ペルー
営業時間:
ショーは15:00~22:30
休業日:
月、火曜日
アクセス:
Gamarra駅よりタクシーで15分、Ramón Dagninoバス停より徒歩7分
電話番号:
+51 1 3310353
料金:
昼間は入場無料、15:00からは4ソル

8.恋人たちの公園

リマ新市街のミラフローレス地区。太平洋に面する見晴らしのいい公園です。ベンチはタイルを用いたモザイク模様が施され、波状にデザインされています。恋人たちが抱き合ってキスをする熱烈な像が置いてあることで有名。これはペルー人彫刻家ビクトール・デルフィンが手がけたもので、妻とのキスを描写しています。太平洋に沈んでいく夕日を見ることができるベストスポットです。

恋人たちの公園(Parque del Amor)
住所:
Malecón Cisneros、Miraflores、ペルー
休業日:
なし
アクセス:
Malecón 28 de Julioバス停より徒歩10分
電話番号:
-
料金:
無料

いかがでしたか? 歴史ある博物館や美しい公園、ぜひ訪れてみたいですね!幻想的な水と魔法の回廊、絶壁の上に建つショッピングモールなど、お土産話にできるようなスポットもたくさんあります。ペルーの中心地リマをめいっぱい楽しみましょう♪

キリトビ

二十代。ヨーロッパ在住でしたが、現在は主に日本国内を旅行しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • ペルー・インカ帝国の首都クスコの12角の石の魅力に迫る!謎...

    クスコの観光スポットの一つして「12角の石」はとても有名です。複雑な形の石が堅固な石垣の中にぴったりと組み込まれている様子は、観光客に不思議な感銘を与えるはず。大きさも巨大で、どのように建築されたのか不思議に思う方も多いのではないでしょうか。この12角の石の魅力を深く探ってみることにしました。

  • 南米ペルーを感じる音楽おすすめの歌手&曲5選!コンドルは飛...

    みなさんはペルーの音楽についてご存知ですか?有名なペルーの音楽家といえば、Daniel Alomía Roblesがいます。彼はあのアンデスの音楽、コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)の作曲家です。ということで、今回はペルーを代表する歌手やオススメのCDをご紹介します。

  • 食材の宝庫!世界が注目のペルー料理【デザート編】

    2014年12月、ワールド・トラベル・アワード(WTA)の”世界で最も美食を楽しめる国“部門で最優秀賞を獲得したのがペルー。今、ペルー料理は世界中の美食家の注目を集めているのです!今回はその中でも、甘くておいしいスイーツに焦点を当てていきたいと思います♪

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • クスコのおすすめ人気の観光スポット!インカの古都を制覇す...

    ペルーにあるインカの古都といえば、クスコですよね。マチュピチュにつながる歴史ある街並みは、異国の雰囲気を味わうにはぴったりでしょう。クスコの街を制覇するための必見スポットをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • クスコでペルー名物の食材キヌアとアルパカを食べられる「ブ...

    知っていますか?ペルーって実は南米随一のグルメな国。ペルーには海も山も川も砂漠もジャングルもあり、気候も暑いところから寒いところまで色々あるため様々な食材があります。そして移民も多いため、料理の幅が広く美味しいものが多いんです!

  • ペルー・ウルバンバおすすめホテル3選!癒しの聖なる谷にステイ

    ペルーの世界的観光地マチュピチュに行く途中に立ち寄りたい「聖なる谷」と呼ばれるバレ・サグラドのウルバンバ。かの地で心も体も癒やしてくれるような最上級のホテルに泊まってみませんか?今回はウルバンバ周辺で特に人気の高い癒やしのラグジュアリーホテルをご紹介します。

  • ペルー・マチュピチュ村でおすすめの人気レストラン&温泉4...

    マチュピチュと聞けば、山あいにぽっかりと浮かぶあの空中都市を思い浮かべる人が多いでしょう。もちろん、遺跡はマチュピチュ観光のハイライト。とはいえ、遺跡だけがマチュピチュの見どころではありません。遺跡観光の拠点となるのは麓にある村。その名もマチュピチュ村! レストラン、カフェ、お土産屋、さらにはスパまでもそろう観光エリアでもあるのです。遺跡を眺めたら麓でおいしい料理、なんてコースもなかなか魅力的。そんなマチュピチュ村でおすすめのスポットを紹介しましょう。

  • ペルー・クスコ旅行にぴったりの二大高級ホテル!お部屋も施...

    歴史の町クスコに泊まるならこちらのホテルはいかがですか?今日は人気も満足度も評価も高いクスコの二大高級ホテルをご紹介します!貴方はどちらのタイプがお好みですか?

  • 中米ペルー・リマ旅行におすすめの人気快適ホテル8選!世界...

    観光にショッピングにグルメ…海外旅行って欲張りすぎるとクタクタになりますよね。だから観光プランは勿論、やっぱりホテルにもこだわりたいですよね!そこで今日は、南米ペルーの人気都市リマ観光で疲れた体を癒してくれる、おすすめの一流ホテルをご紹介したいと思います。

  • マチュピチュ村で泊まるなら絶対ここ!おすすめホテル 5選

    世界遺産でもありインカ帝国の遺跡のあるマチュピチュ。「空中都市」と呼ばれる遺跡はクスコからの移動がかなり大変な場所。せっかく訪れる遺跡も短時間で観光してまた移動しなければなりません。そこでおすすめしたいのが、マチュピチュ村に泊まること。今回は数ある中からおすすめのホテルをご紹介します。

  • ペルー・クスコおすすめレストラン5選!在住者に人気のアン...

    ペルーの古都クスコ。マチュ・ピチュ観光の拠点として、クスコのホテルに宿泊する観光客は大勢います。せっかくクスコに滞在するなら、地元の人に人気のレストランで食事をしてみてはいかがでしょう。クスコのあるアンデス山脈一帯はトマトやトウガラシやジャガイモの原産地。新鮮な食材を生かした料理が盛りだくさんです!

  • ペルー・リマで食べるべきペルー料理の名店5選

    今、世界ではかつてないほどペルー料理が注目されています。様々な料理を融合させ、非常に幅の広いペルビアン・フュージョンには、実は和食の要素もたくさん取り入れられているんです。今回は美食の国ペルーの首都リマで必ず訪れるべきペルー料理の名店を5つ、ご紹介します。

  • ペルーのお土産おすすめ10選!手に入れたい人気のアルパカ製...

    かつてインカ帝国として繁栄し「世界のへそ」とも呼ばれたペルーは、その長い歴史の中で様々な文化を築いてきました。現在ではマチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵などミステリアスな遺跡で知られ、世界中から観光客が訪れています。今回はそんなペルーを訪れた際に現地で手に入れたいおすすめのお土産をご紹介します。

  • ペルーで買うべき食材3つ!お土産にも喜ばれること間違いなし!

    ペルーといえば観光資源豊富の国ですよね。みなさんは訪れたことがありますか?日本からの直行便はなし、さらに20時間以上かかるにもかかわらず、一度訪れるとまた行きたくなるような不思議な国です。今回は、そんなペルーで買いたい食べ物を紹介したいと思います。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事