スコットランド・キャンベルタウン人気観光スポット!スプリングバンク蒸留所見学ツアーにいざ潜入

3,198

views

0

スコットランドの孤島といわれているキャンベルタウンにあるスプリングバンク蒸留所。キャンベルタウンは18世紀、ウイスキー蒸留所が軒を連ねて栄えた町でしたが、現在残る蒸留所は3軒のみ。その中でも昔からの製法を守りつづけ、現在も操業しているスプリングバンク蒸留所の見学ツアーをご紹介します。

スコットランド

スコットランドは、独立した国家ではなく1707年の連合法より、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の一つ。

グレートブリテン島の北部にあり、島の面積の3分の1を占めています。また、790以上の島も含めてスコットランドです。

首都はエディンバラ。芸術の祭典であるエディンバラ国際フェスティバルが毎年8月に行われています。

舞踊やオペラ、音楽が毎晩日替わりで楽しめるとあって、日本からの観光客もたくさん。

ちなみに、2016年の開催期間は、8月5日から8月29日まで。チケットは、2016年4月16日よりオンライン販売されていますので、ご興味のある方は予約してくださいね。

タータンチェック

スコットランドといえば、すぐに思い浮かべるのがタータンチェック!

単なる織物の柄だとばかり考えていましたが、実は奥が深い織物。

日本人に家紋があるように、スコットランド人にとってタータンチェックの柄は、家柄を示すものだったのです。

家族ごとに柄が異なり、身分によっても柄わけされていました。一番身分の低い農民・兵士は1色使いだったのに対して、王族は7色も使用。そして紫は王族だけが使うことを許されていました。

日本でも紫は帝の色でしたから、紫は世界的に見ても高貴な色なのでしょう。

スプリングバンク蒸留所

蒸留所の場所

蒸留所のあるキャンベルタウンは、スコットランドといってもどちらかといえばイギリスに近い場所。北東にアラン島があり、南西には北アイルランドがあります。

周りを海に囲まれているので船で入港するか、飛行機か、車にしても首都のエディンバラからは約4時間ほど。

創業

スコットランドでは、1494年にウイスキーが造られていた記録が残っていて、当時の王が飲んでいました。

キャンベルタウンでは、1591年にウイスキー蒸留の記録がありますが、その後も密造だったようです。

スコットランドで初めてお酒に課税されたのが、1644年。その後、蒸留所を免許制にして税金を納めさせました。

スプリングバンクの創業者であるミッチェル一家は、1660年頃にキャンベルタウンへやってきました。

1814年には、キャンベルタウンで登録されている蒸留所は22箇所ありましたが、1820年に酒税が引き上げられたため、スコットランド本土では密造を行う業者が多く、登録業者の数は減りました。

1823年に酒税が下げられると、政府公認の蒸留所が増えていき、1825年にアーチボルト・ミッチェルが、リークラチェン蒸留所のパートナーに。
その3年後の1828年、スプリングバンク蒸留所が設立されたのです。

スプリングバンク蒸留所は、1828年創業当時の設備をそのまま使用。

効率の良い近代化をせず、昔ながらの製造工程でウイスキーを蒸留しているので、「操業している博物館」と言われています。

スプリングバンクのウイスキー

キャンベルタウンは、キンタイア半島の先端にあり、海岸線が入り組んでいて、そのため霧がよく発生。

この霧の成分に塩気が含まれていて、熟成中のウイスキーに塩辛さを与えているようです。

また冷却濾過をしていないので、ウイスキーの香味成分が多分に残っていて、香り高いウイスキーに仕上がります。

スコッチウイスキーでは、法律によって様々なことが決められています。ポットスチルにおいても容量が決められていて、スプリングバンク蒸留所のポットスチルは、法律で認められている最小サイズなのです。

そしてストレートネックなので、造られるウイスキーは重厚な味になります。

塩辛さと重厚さが、スプリングバンク蒸留所のウイスキーのウリになっているのです。

世の中の変化に伴って、スプリングバンク蒸留所では、1900年代に入ってから、麦芽を乾燥させる時に、泥炭ではなく石炭を使うようになりました。

それによって、軽いウイスキーに仕上がったので、生産ラインを変えたのです。

今も重厚さを残していますが、泥炭のにおいのついた重厚さとは違った味わいになりました。

仕込み水は、近くにあるクロスヒル湖の水を、2つあるタンクに貯めて使っています。

このクロスヒル湖は人口の湖で、アーガイル公爵キャンベルが、キャンベルタウンにある蒸留所のために作らせたもの。

現在、町ではこのクロスヒル湖の水を使用していませんが、スプリングバンク蒸留所では、ボトリングの際にも、クロスヒル湖の水を使っています。

スプリングバンク蒸留所(Springbank Distillers)
住所:
85 Longrow,Campbeltown PA28 6EX U.K
営業時間:
10:00~13:30
アクセス:
エディンバラから車で約4時間
定休日:
電話番号:
+44 1586 552009
料金:
スプリングバンクツアー大人1人£7
開催日:
月曜~土曜10:00と13:30
予約制:
メールにてtours@springbankwhisky.com

まとめ

スプリングバンク蒸留所は、年代物という言葉がしっくり。建物や道具だけではなくて、ウイスキーを造る過程においても、昔からのやり方を守っています。

見学ツアーに参加すると、ラインとして流れている蒸留所とは違った、深い感動が味わえるはず。

ツアーの種類もたくさんあり、町を散策しながら蒸留所見学コースなどもあって、キャンベルタウンの町を楽しむこともできます。

閉鎖されてしまった蒸留所の跡地も残っていて、趣のある町ですよ。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • イギリスのお菓子お勧め人気TOP22!お手軽お菓子から優雅なア...

    イギリスにはお菓子のバリエーションが少ないと思っている方、集合!ケーキやスコーン、クロテッドクリームにクリスマス限定のパイなど実は奥が深いイギリスお菓子の世界へご招待致しましょう。王室御用達のチョコレートからスーパーで買えるお菓子まで取りそろえはバッチリ。ハリーポッターやアガサ・クリスティの好物も登場!

  • ロンドンでオーダースーツが作れるアトリエ「Paul Smith West...

    イギリス・ロンドンに所在する「Paul Smith Westbourne House-ポール・スミス・ウェストボーン・ハウス-」はデザイナー、ポール・スミスの邸宅を改装したアトリエ兼フラッグシップストア。ここでしか作れないオーダースーツは必見です!旅の記念に1着オーダーしてみては?

  • イギリス基本情報 【時差・空港編】

    モノトーンの落ち着いた街並みの中を走る赤いバスが印象的な国「イギリス」。本記事では、イギリスに行く前に知っておきたい日本とイギリスの時差や、イギリスの玄関口、ロンドンのヒースロー空港までの飛行時間などの基本情報をお送りします。

  • スコットランド・エディンバラでおすすめの人気お土産ショッ...

    日本でのスコットランドの知名度、高いとは言えません。どんな国?と聞かれてもなかなか即答しがたい国の一つです。そんなスコットランドですが、行ったからにはスコットランドらしいお土産を買って帰りたいですよね♪ そこで今回は、スコットランドの民芸品やスコットランド人アーティストによるオリジナルアクセサリーを購入できるおすすめのお店3店を詳しくご紹介していきます!

  • ロンドンにあるおすすめホテル15選!人気観光スポットへのア...

    歴史がある国として、観光の見どころも多く、訪れる人が多いイギリス。首都であるロンドンまでは、日本から直行便が出ているので、旅先に選ぶ人も多いのではないでしょうか?英語も通じるので比較的旅行もしやすいですよね。今回は、そんなロンドン市内にあるオススメホテルを紹介しましょう。

  • ロンドンでおすすめのおしゃれハイセンスホテル7選!思わず予...

    歴史ある建物を訪れたり、洗練されたファッションストリートを歩いてみたり・・・せっかくのロンドン旅行ですから、宿泊先もおしゃれにキメませんか?そんなトラベラーの夢を叶えるハイセンスなホテルをドンと紹介します。

  • ロンドンのコヴェント・ガーデン観光スポットまとめ!おしゃ...

    常に人が集まっているコヴェント・ガーデン。ショッピング街にカフェやレストラン、しゃれた小さなお店が立ち並んでいます。今回はそんなおしゃれでにぎやかな街、コヴェント・ガーデンをご紹介します。

  • 【イギリス・コッツウォルズ】ブロードウェイのおすすめスポ...

    コッツウォルズの北にある町で世界で一番のコッツウォルズの羊毛を運ぶ拠点となりました。 そんなブロードウェイにはおしゃれなカフェやブロードウェイタワーなどの観光名所もあります。 イギリスのアフタヌーンティーやクリームティーを楽しめるお店も紹介します。

  • 007のロケ地、イギリス・ブレナム宮殿!極上の庭園や巨大迷路...

    元首相ウィンストン・チャーチルの生家としても知られるブレナム宮殿は、その規模だけではなく、美しさにおいても英国随一との評判です。1987年には世界遺産にも登録。一度は訪ねてみたいと思われている方のために、今回はその魅力の一端をご紹介したいと思います。

  • エディンバラのおすすめ観光スポット7選!鉄板観光スポット...

    スコットランド・エディンバラと聞いて何を思い浮かべますか?キルトやバグパイプなどが有名ですよね。そのほかにも美しいお城や建造物、奥深い歴史があります。そして忘れてはならないのがウイスキー!パブの文化があるため、美味しいお酒や食事がたくさん!今回はそんな魅力触れるスコットランドの首都、エディンバラについてご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事