スリランカ!8つの世界遺産を巡る旅!文化遺産も自然遺産も完全徹底ガイド

66

views

0

スリランカには古代都市や寺院などの文化遺産が6つ、さまざまな顔を見せる自然遺産が2つの合計8つの世界遺産があります。この魅力あふれる8つの世界遺産をすべてご紹介したいと思います!

①シーギリヤ・ロック

1982年に文化遺産として登録されたシーギリヤ・ロックはスリランカ中部州マータレーにあります。このシーギリヤ・ロック、実は王宮跡なんですよ!王宮を造ったのはカッサパ王。母親が平民であったこの王様は、母親が王族出身である弟に王位を奪われるのを恐れていたそうです。そのため防衛を優先し、シーギリヤ・ロックの頂上に王宮を建設しました。

頂上に行く前に立ち寄りたいのが、シーギリヤ・ロックの側面に描かれているシーギリヤ・レディというフレスコ画。このシーギリヤ・レディはイギリス人によって美女が描かれており、今も色鮮やかに残っているんですよ。当時は500人もの美女が描かれていたと言われていますが、現在は18人ほどしか残っていないそうです。美女たちもどのような人たちだったかはわかっていないそうなのでミステリアスですね。

地上から約200mのところにある王宮跡に到着すると、眼下には絶景が広がっています。王宮の周りには庭園だけではなく水路や貯水池などもあることから、しっかり都市として機能していたことが見てとれます。

シーギリヤ・ロック
住所:
Sigiriya, Sri Lanka
アクセス:
ダンブッラよりバスで約40~50分
料金:
4000ルピー

②中央高原

中央高地は2010年に自然遺産として登録されました。56,844haという広大な土地にあるピーク・ウィルダーネス保護区とホートン・プレインズ国立公園、ナックルズ保護森林で構成されています。貴重な山地雨林が自然の状態で残っていることや、ニシカオムラサキランブール・ホートンプレインズホソロリス・スリランカヒョウといった絶滅危惧種など多様な動植物が息づいていることが特徴的です。

ホートン・プレインズ国立公園でよく見られるサンバー(sambar)は別名、水鹿(スイロク)とも呼ばれ、文字通り水辺で生息していることが多いんです。このサンバーは夜行性で単独またはメスと子どもで群れを形成しています。夕方にサンバーの群れを見るツアーはとても人気なんですよ!

中央高原
アクセス:
首都コロンボから列車で約3時間

③ダンブッラ

キャンディの北に位置する街ダンブッラにある黄金寺院は、1991年に文化遺産として登録されました。こちらは高さが150mもある岩山の中腹にある石窟寺院。重要視されている寺院は5つあり、それぞれに絵画や仏像が置かれています。黄金寺院の歴史を遡れば紀元前3世紀にまで至るというとても由緒のあるものなんですよ。

別名を聖王の石窟とも呼ばれる第1窟の見どころは涅槃像です。こちらはなんと、高さが約14mもあるんですよ!足の裏だけ赤いのがわかるかと思いますが、これは釈迦が赤土の上を歩いてやって来たためと言われているそうです。さらに、足の指先が不揃いであることが涅槃像の証だそうですよ。

第1窟とガラッと印象が変わるのが別名マハラジャの石窟と呼ばれる第2窟です。5つの石窟の中では最大を誇り、幅52m・奥行25m、多数の仏像と2100平方メートルもの面積の色鮮やかな天井画が見どころです。そして、別名新僧院と呼ばれる第3窟、小規模な第4窟・第5窟と続いていきます。

ダンブッラ
アクセス:
コロンボからバスで約5時間

④アヌラーダプラ

1982年に文化遺産に登録された古都アヌラーダプラは、紀元前4世紀ほどから約1300年もの長い間シンハラ王朝の王都とされていたこともあり、とても繁栄していました。また、仏塔や僧院が多数建設され、聖都とも呼ばれています。写真のトゥーパーラーマ仏塔はスリランカ最古の仏塔で、仏陀の右の鎖骨が収められていると言われています。その他、ルワンウェリセーヤ仏塔・アバヤギリ仏塔・ジェータワナ仏塔がアヌラーダプラ三大仏塔と言われます。

スリー・マハー菩提樹は、仏陀が悟りを開いた時、その根元に座っていたブッダガヤの菩提樹からアショーカ王の娘(王妃・妹という説もあります)サンガミッタ王女が小枝をインドから持ち帰り、アヌラーダプラへ植樹されたそうです。樹齢2000年以上とされ、現存する世界最古の菩提樹で信仰を集めています。

アヌラーダプラ
アクセス:
コロンボから路線バスで約4時間30分

⑤キャンディ

キャンディはスリランカ中部州の州都でもあり、現在でも非常に重要な都市とされています。キャンディはシンハラ王朝の最後の王都であったことやスリランカの仏教の聖地であるため、1983年に聖地キャンディとして文化遺産に登録されました。

仏歯寺(正式名称はダラダー・マーリガーワ寺院)には仏陀の犬歯(仏歯)が納められているとされ、信仰を集めています。シンハラ建築の様式で建てられた八角形のお堂はとても美しく、こちらに仏歯が納められているんですよ。また、香川県小豆郡土庄町の小豆島大観音は、1985年にダラダー・マーリガーワ寺院から仏歯をもらい受けているそうです。

キャンディ
アクセス:
コロンボから列車で約3時間

⑥ポロンナルワ

1017年から1255年までスリランカの首都でもあった古都ポロンナルワは、1982年に文化遺産として登録されました。11~13世紀に栄えたシンハラ王朝の仏教都市とされており、中心地のクオードラングルには12もの貴重な建造物が残されています。

ガル・ヴィハーラの涅槃仏

ポロンナルワの数ある建造物の中で貴重とされているのは、カルービハーラの石造です。巨大な一枚岩に2つの座像、立像、涅槃像が造られているんですよ。座像は高さ4.6mのものと高さ1.4mのもの。立像は高さ7mで涅槃像は長さ14mもあり、どの像も最高傑作と称されるものです。

ポロンナルワ
アクセス:
コロンボから路線バスで約5時間

⑦ゴール

1988年に文化遺産として登録された港町ゴール。この地は交易の中心とされていたこともあり、ポルトガル・オランダ・イギリスと植民地時代が長く続いていました。そういった経緯から町並みはさまざまな国の要素が混ざり合っているんですよ。文化遺産に登録されているのは、正確にはゴール旧市街とその要塞群になります。

オランダ植民地時代の建物は数多く残っており、旧オランダ軍病院は現在では地方役場として使用されているんです。その他の建物も植民地時代とは違う用途で使用されているんですよ。また、建築様式はオランダ様式ですが、ベランダなどには地元の様式が融合していると言われているそうです。

ゴール
アクセス:
コロンボからバスで約2時間

⑧シンハラージャ森林保護区

1988年に自然遺産として登録されたシンハラージャ森林保護区。世界遺産に登録される以前の1978年に生物圏保護区に指定されています。スリランカの国立公園の一つであり、8564haの敷地に拡がる熱帯雨林はスリランカでは最後に残っているものだそうです。

シンハラージャ森林保護区では、スリランカの固有種の鳥が見られます。スリランカに固有種の鳥は26種類棲息しており、シンハラージャ森林保護区では20種類の固有種の鳥が見られるそうです。

シンハラージャ森林保護区
アクセス:
コロンボから車で約4.5時間

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • スリランカのゾウの楽園「ミンネリア国立公園」で野生のゾウ...

    もし野生のゾウを見たかったら、どこに行きますか?有名なのはアフリカのケニアなどでしょうか?でもアフリカまで行くのは時間もお金も…でも、どうしても野生のゾウを見たい!というあなたに、とっておきの情報を教えます!

  • 8つの世界遺産も!スリランカが魅力的過ぎる!

    スリランカとはシンハラ語で「光り輝く島」という意味だそうです。 2009年に26年に亘った内戦が終結、その後経済が急成長し、観光のニーズが増えているスリランカ。 北海道ほどの大きさの島に、8つの世界遺産や、紅茶のプランテーション、美しいビーチ、濃く茂ったジャングルに野生動物などなどと魅力いっぱいなんです。 今回はそんなスリランカの魅力をご紹介したいと思います。

  • スリランカの世界遺産ホートンプレインズ国立公園でトレッキング

    スリランカはトロピカルアイランドなのですが、実は標高が高い地域はとても涼しく、一年を通して気温が朝晩は約12℃、昼間は約20℃くらいにしかなりません。長袖のカットソーに、ユニクロのウルトラライトダウンを羽織るくらいが丁度くらいの気候です。 その中でも紅茶の産地として有名なのがヌワラエリア。この地域では、紅茶のプランテーションがとても盛んに行われています。今回はこのヌワラエリアから、スリランカのとても美しい自然に直に触れる事ができるホートンプレインズ国立公園をご紹介します。

  • 【スリランカ】絶景シギリヤロックのお隣の岩山

    絶景ポイント、ピドゥランガラロックをご紹介します。このピドゥランガラロックという岩山は、世界遺産のシギリヤロックのすぐ隣にあります。以前ご紹介したシギリヤロックは、悲劇の王様が宮殿を建てる前は、仏教の僧侶達の修行の場でした。突き出した岩壁の下で、多くの僧侶が瞑想をしていたそうです。ところが、宮殿を建てる事になった際に、僧侶たちはこのお隣あるピドゥランガラロックに修行の場を移す事を強いられました。現在は修行の場としては使用されていませんが、麓にはピドゥランガラ寺というお寺があります。

  • スリランカのおすすめ観光スポット15選!豊かな自然と仏教文...

    スリランカはインドの南東に位置する島国です。自然豊かな国として知られ、また仏教寺院などたくさんの観光スポットがあります。日本ではスリランカ紅茶やアーユルヴェーダなどでも知られていますね。ここではそんなスリランカの観光スポットを紹介しましょう。この記事を参考にスリランカの旅を楽しんでください!

  • 【スリランカ】トロピカルデザインの祖・ジェフリー・バワの...

    みなさん、ジェフリー・バワについてご存知でしょうか?彼はスリランカを代表する建築家で、トロピカル・モダニズム の第一人者として、多くの建築家達に影響を与えた人です。今回は、そんな彼が建築設計した建物を紹介したいと思います。実は彼、意外なところも手掛けているんですよ!

今週の人気記事