コロンボでお土産を買おう!スリランカブランドのお店6選

14,157

views

0

スリランカといえば、紅茶が有名ですよね。でも、有名なものは紅茶だけではありません!ということで、今回はスリランカならではお土産が買えるお店を紹介したいと思います。クラフト商品からアパレル商品まで色々あるので、あなたにピッタリのお土産が見つかるかも!?

①アイランド・クラフト Island Craft

こちらは、スリランカの小さい村々で活躍する芸術家達の作品を扱ったお店です。すべてハンドメイドの商品で、テーブルクロスからオーナメント、バスケットなど色々なものが販売されています。売り上げは、彼らのコミュニティー向上のために使われるそうです。オンラインでも商品をゲットできるので、興味がある方はぜひWebサイトをチェックしてみましょう。

扱われる商品はスリランカの様々な気候風土を存分に感じられるものばかり。例えばスリランカ北部のパルミラヤシを使ったアイテムは、陽気ビビッドカラーが特徴。コロンボから分割され出来たガンパハ県(Gampaha)の手織り布は都会的な雰囲気です。スリランカ中南部産のバティック(ろうけつ染め)や、ヤシ・ココナッツなどの現地の植物を使ったアイテムは異国情緒が感じられ、いつでもスリランカ思い出を身近に感じられることでしょう。巡った観光地産のものをチョイスするのもよいですね。
そのデザイン性の高さから、近年ではアイランド・クラフトのアイテムは各方面からラブコールが寄せられており、コロンボ市内のレヌカシティホテル(Renuka City Hotel)やスパセイロン(Spa Ceylon)の調度品、スリランカ航空のアメニティなどへの採用実績もございます。

アイランド・クラフト Island Craft
住所:
33 R A De Mel Mawatha, Colombo, Sri Lanka
電話番号:
+94 11 5 921095

②ロマフォー Romafour

アパレル商品のお店です。女性物と男性物以外に、他にも子供服やアクセサリー類も販売しています。2003年にアパレル商品を専門に扱ったビジネスとして始まりました。スリランカらしいデザインのものから、アメリカや日本でも人気のデザインものまで色々な商品を取り揃えています。素敵なスリランカサリーもあります。

女性の中には、スリランカのサリーに憧れてる方もいるのではないでしょうか?実は、スリランカで手に入るサリーには、インドスタイルのものと、キャンディスタイルのものと2種類あるそうです。共にカラフルな色使いですが、違いはキャンディスタイルの方には 腰にひらひらが付いています。可愛いですよ。

ちなみにこのひらひらは、ウエストを細く、ヒップを豊かに見せる効果を狙ったものだそう。名前は飴玉ではなく古都「キャンディ(Kandy)」に由来します。スリランカ航空の客室乗務員さんの制服もクジャクをあしらった鮮やかなグリーンのキャンディスタイルのサリーですので、利用される方は行きの飛行機から見逃せませんね!
「民族衣装」というとハレの日しか来てはいけないイメージがありますが、スリランカでは職場などにも来ていくものですので、ロマフォーで素敵な一着を手に入れた後は是非街歩きにお召しになってはいかがでしょうか? お店はアイランド・クラフトから500mもない所にあるので、是非一緒に覗いてみてください。

ロマフォー Romafour
住所:
71, Galle Road, Colombo 04 00400, Sri Lanka
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+94 11 2 580950
金&土曜日は21:
00までオープン

③ケイティー・ブラウン KT Brown

ブランド名だけみると、アメリカのポップシンガーの名前みたいで格好いいですね。でも、ちゃんとしたスリランカ生まれのブランドで、現在は人気上昇中です。主に女性向けのアパレル商品を扱ったお店で、カジュアルなデザインのものからスタイリッシュなデザインのものまで色々な商品を取り揃えています。

こちらのデザインを手がけているのは、スリランカで活躍する女性デザイナー、Kanchana Thalpawilaという方です。トレンドを意識したデザインを取り入れながら、快適で着やすさをモットーに、様々な商品を生み出しています。あの、有名なファッション雑誌、VOGUEのインド版にも紹介されたことがありますよ。

Kanchanaさんの出身はお店のあるここコロンボ。現在もコロンボ市内を中心に多方面で活躍しています。彼女の魅力はなんといってもバイタリティ溢れる行動力!スリランカのファッションをより活気に満ちた国際水準と同等のものにすることを夢見てデザインの勉強を始め、1990年に弱冠21歳で国内のドレスコンテストで7部門中なんと6つの部門の賞を獲得します。その後はスリランカで話題のドラマや映画での衣装デザインを担当しながら、ITの学位を取得し、ロースクールにも就学。世界の名だたるデザイナーを多数輩出したロンドンの名門セントラル・セント・マーチンズ大学でも経験を積み、国内の一流大学で教鞭を執った後、現在は本場セントラル・セント・マーチンズやロンドンでも使われる最先端の設備を取り入れた自身の学校で、情熱を持った若者への指導も行っております。

ケイティー・ブラウン KT Brown
住所:
Coniston Pl, Colombo 00700, Sri Lanka
電話番号:
+94 777 355 656

④プロ・メイト Promate

こちらは印刷会社が提供する文房具屋さんです。この会社はスリランカ国内の印刷業において、トップリーダー的な存在です。そんな印刷会社の運営する文房具屋さんなので、ノートやメモ帳といった紙製品が質が良く、とても人気があります。スリランカでお土産に文房具を買って帰るのもなかなか面白いのではないでしょうか?

シンハラ文字の書かれたアイテム等スリランカのエッセンスが織り交ざった可愛い文房具の数々はどれも目の覚めるようなビビッドカラーで、日本で使えば旅の思い出をいつも傍に感じることが出来るでしょう。
スリランカは教育に対して非常に熱心な国。義務教育期間中は授業料・教科書・制服などは国から全て無償で提供されます。ただ、文房具については自分たちで揃えなければならないため、学校が始まるシーズンになると様々な店で関連アイテムが登場し、セールなども行われます。この時期コロンボに旅行される方はどうぞお見逃しなく。
かつてオランダやイギリスの植民地だったこともあり、首都コロンボでは多くの人が英語を話すことが出来、文房具も英語が併記されているものが大半なので気軽にチェックすることができるでしょう。

プロ・メイト Promate
住所:
Rajakeeya Mawatha, Colombo 00700, Sri Lanka
電話番号:
+94 77 641 8301

⑤スーリヤ Suriya Collections

主にインテリアグッズや家具を扱ったお店です。スリランカらしいデザインや伝統的なアジアンスタイルのデザインを基調にしたものが多く、2000年にオープンして以来、観光客の間では大変人気があります。特に、スリランカの公用語でもあるシンハラ文字がデザインされたカバンやクッションケースは人気商品です。

観光の中心地からやや離れた場所にありますが、ロマフォーからの徒歩15~20分ほど南に行った所にありますので、インド洋の海岸沿いのプロムナードをお散歩しながら是非足を運んでみてください。昼間の海岸沿いはカップルや観光客で賑わっており、安心して街並みと自然の織り成す絶景を堪能することができますよ!
お店ではオリエンタルな一品を求めてやってくる欧米人には仏教関連モチーフの手作りの置物等も人気。女性にはスリランカの伝統医学「アーユルヴェーダ」関連のキャンドル等がよくご指名買いされるそうです。赤ちゃん向けのモービルや子供向けの知育玩具などもカラフルなものが豊富で、すべて英語表記なので、出産祝いや小さなお子様へのお土産選びにももってこいのお店です。

スーリヤ Suriya
住所:
No 39, Layards Road, Colombo, Sri Lanka
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+94 11 4 736459

⑥ラクサラ Laksala

スリランカ最大級のギフトショップです。1982年にオープンした老舗のお店で、国内には10箇所以上の店舗を持っています。ここでは、スリランカの商品のほとんどが手に入ると言われています。それくらい品数が多く、値段もリーズナブルなので、何をお土産に買おうか迷った時は、ぜひこのお店を訪れてみましょう。気に入った商品が見つかると思います。

ハンドクラフトの商品から、スリランカを代表する紅茶やスパイス、ジュエリー、陶器類まで色々あります。特に人気の商品は、その場で自分の好きなデザインで作ってくれるブレスレットや、革製品のバッグなどです。日本で買うより安く、デザインもちょっとユニークなものが多いので、素敵なお土産になるのではないでしょうか?

下段でご紹介のお店(Thummulla店)はアイランド・クラフトからケイティー・ブラウンに行く時に通る大通り(Bauddhaloka Mawatha)沿いにありますが、それ以外で観光地からのアクセスが良い場所だと「Fort店」もおすすめ。コロンボ市への玄関口「コロンボ・フォート駅」から徒歩10分程で行くことができます。この辺りは右に左に有名なショップ・人気のレストランが建ち並んでいるので、食事を取ったりお土産を比較検討したりするのにも便利です。
また、コロンボ最大かつ最古の博物館「コロンボ国立博物館(National Museum of Colombo)」に隣接する「Laksala Museum Gallery Café店」ではお土産選びとともに、ドリンクを飲んで一息つくことも出来ます。清潔感があり、Wi-Fiも完備されているので、旅行者にはありがたい存在です。

ラクサラ Laksala
住所:
No. 215, Bauddhaloka Mawatha, Thummulla, Colombo 7.
営業時間:
9:00~21:00
電話番号:
+94 011 2580579

ノリタケ

ムレスナ

パラダイスロード

BAREFOOT

ベアフット

SPA CEYLON

アーユルヴェーダ製品

kumarika

まとめ

今回は、コロンボエリアにある人気のギフトショップを少し紹介してみました。スリランカのお土産候補として、紅茶以外にもスパイスやアパレル、クラフト商品や文具など色々なものがあります。スリランカへ行ったら何をお土産に買おうか悩んでる方、ぜひこちらの情報を参考にしてみてはいかがでしょうか?

スリランカについて、これまでどんな国かあまりイメージが無かった方も、記事やホームページなどをご覧になって旅に行きたい気持ちが高まったのではないでしょうか?「インド洋の真珠」の異名をもつスリランカは、かつてのオランダやイギリスの植民地時代の面影に独自のアジアンテイストの文化が絶妙に織り交ざったユニークなアイテムが沢山あります。基本的には一年中平均気温が30度前後の所がほとんどの為、特に夏にぴったりのビビッドカラーがまぶしいカラフルなウェアやかごバッグ、アクセサリーなどが豊富です。
日本で、スリランカのお土産というと、まだまだ紅茶やカレーなどのスパイス類、アーユルヴェーダなどの宗教色の強いアイテムのイメージが強いですが、ホームページを見ていると意外にも日本でも普段使いできそうな物も多く、スリランカの「現在」を強く感じることでしょう。

Mari

在住歴12年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • スリランカで泊まりたいおすすめ高級ホテル15選

    セイロン茶で日本でもお馴染みのスリランカ。インド洋の真珠とも呼ばれる美しいビーチや大自然、独自の文化などで今大注目の観光スポットです。スリランカにハマっていしまう大人女子も多いのだとか。そんなスリランカで宿泊したい高級ホテルをご紹介していきます。

  • スリランカ・ゴールのおしゃれな人気雑貨屋さん6選 お土産選...

    スリランカの歴史的な街といえば、ゴール。大航海時代の面影を残し、コロニアルな雰囲気が広がることから、観光客に人気があります。今回は、そんなゴール市内にある、人気の雑貨屋さんを紹介したいと思います。

  • 【スリランカ】ゴールで人気のローカルレストラン&カフェ4選

    スリランカの南部の港町、ゴール。過去にはヨーロッパ人による支配下にあり、現在も当時建てられた建物や要塞が残っていて、ユネスコの世界遺産にも登録されています。今回は、そんなゴールにある地元で人気のレストランやカフェを紹介しましょう。

  • スリランカ基本情報 【お金編】~スリランカの両替は現地の空...

    今回はスリランカではどんな通貨が使われ、どこで両替ができて、チップは渡すのかといったお金に関する情報についてご案内します。

  • スリランカ基本情報 【時差・空港編】~スリランカの空港が日...

    「インド洋の真珠」と称されるスリランカ。北海道の8割ほどの国土にもかかわらず、複数の世界遺産を持つ国として人気があります。ここではスリランカの基本情報として、時差や日本からの行き方、空港情報などをお届けします。

  • スリランカのコロンボ・フォート&ペター地区をぶらり散歩♪

    コロンボは、コロニアル調の建物が立ち並ぶフォート地区と、スリランカ最大のバザールがあり庶民的なペター地区との2つに分かれます。ここではそのフォート地区とベター地区の観光スポットを紹介しましょう。

  • バワ芸術リゾートに泊まろう♪ スリランカおすすめリゾートホ...

    スリランカ人建築家のジェフリー・マニング・バワ。2003年に亡くなりましたが、熱帯地区に伝わる伝統的な設計と近代的なデザイントロピカル・モダニズムを積極的に取り入れた1人で、スリランカを代表する建築家です。今回は、そんなジェフリー・マニング・バワが手がけたホテルの数々を紹介したいと思います。

  • ココへ行けば全部揃う!コロンボのスーパーマーケットに行こう♪

    スリランカの人気の町として知られるコロンボ。以前は首都でしたが、現在は有名企業や学術機関などがある、同国の経済中心地として知られています。今回は、そんなコロンボにある人気大型スーパーマーケットを紹介したいと思います。ここにいけば、日本へのお土産が揃うかも♪

  • スリランカのミリッサでホエールウォッチング!

    スリランカはいろいろなクジラの通り道になっていて、シーズン中は高い確率でシロナガスクジラやマッコウクジラなどを見ることができます。ここではホエールウォッチングで有名なミリッサについて紹介しましょう!

  • スリランカの名産品・紅茶の産地7選

    スリランカは紅茶の一大産地です。生産量はインド、ケニアに次いで世界第3位。一口にセイロン紅茶といってもさまざまな種類があります。ここでは産地別にスリランカの紅茶を紹介しましょう。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事