なか卯で人気のメニュー10選!ランチセットの値段も調査!

840

views

0

人気のファーストフード店、なか卯の人気メニュー10選をご紹介します。なか卯と言えば、TV番組でも紹介された親子丼が人気ですが、それ以外にもおいしくておすすめしたいメニューがたくさんあります。また、一部店舗で実施されているランチセットについても、値段や内容など詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

なか卯とは?

なか卯は丼やうどんなどのメニューを中心としたファーストフード店です。各メニューの値段が安く、提供も早いのが魅力で、ビジネスマンから家族連れまで、幅広い客層に人気があります。親子丼やかつ丼、うどんやそばなど日本人が食べ慣れたメニューが多いので、若者だけでなく、子供やシルバー世代でも安心して注文できます。さらに、なか卯は全国各地に店舗があり、そのほとんどが24時間営業。なか卯が「健康に良いもの」「おいしくて、お手軽なもの」「好ましい雰囲気やサービス」を目指しているとおり、いつでもおいしく温かい食事を、安い金額で手軽に食べることができます。大阪府茨木市の創業であり、各メニュー関西風の優しい味付けになっているのが特徴。他の地域に引っ越してしまい、関西風の味付けが恋しい、と思っている人たちにもおすすめです。

なか卯でおすすめのメニュー:①親子丼

なか卯と言えば親子丼と返ってくるぐらいの人気メニュー。TV番組「マツコの知らない世界」の親子丼特集などでも紹介されて、さらに有名になりました。こだわりは何といってもトロトロの卵。コクのあるこだわり卵を使っていて、調理時に火を通しすぎず、トロトロでふわふわの食感に仕上がっています。鶏肉もまた、身が締まりすぎておらず柔らかくて食べやすいと評判。お子様でも噛み切りやすいほどの柔らかさです。気になるお野菜に関しても、甘く煮詰めた玉ねぎがたっぷり入っています。玉ねぎには血液をサラサラにする効果があるので、健康面もばっちりですね。これらの具が出汁を効かせた甘めの割り下でまとめられていて、ペロリとおいしく食べられます。

なか卯の親子丼はミニ390円、並490円、大盛550円の3サイズから選ぶことができます。おいしい親子丼は食べたいけれど、全部食べ切れるかどうか不安…という女性やお子様にはミニサイズが、反対にがっつり食べたいという方は大盛サイズがおすすめ。残すのが申し訳なくてお店で好きなものを頼めない、という人にとってはサイズを選べると、無理せずおいしく食べられるので助かりますよね。なか卯の親子丼は「どこをとっても鶏肉を食べることができる」と言われているように、具がたっぷり。ミニサイズを頼んでも、卵ばかりということはなく、しっかり鶏肉や玉ねぎを味わえます。また大盛を頼んでご飯の量が増えても、味がしっかりしているので、最後までおいしく食べきることができます。

なか卯でおすすめのメニュー:②かつ丼

かつ丼もなか卯の人気メニューのひとつです。その理由は親子丼と同様のトロトロ卵にファーストフード店とは思えない肉厚のカツ。カツを食べて、その肉肉しさに驚くお客さんも多いそう。分厚く噛みごたえがあるのに柔らかく、しっかりとお肉のおいしさが味わえます。食べ始めはサクサクとした衣の歯ごたえが楽しめますが、時間が経つにつれて出汁の旨味がカツに染みてきます。少し甘めの汁を吸った柔らかい衣は、それはそれでおいしく、ごはんがどんどん進みます。カロリーは並サイズで861kcalとなかなかにボリューミー。お腹を空かせたサラリーマンや学生さんも満足できるでしょう。小食の方や女性には少し苦しいかもしれないので、持ち帰りにして家で家族とシェアしたり、タイミングを分けたりして食べるといいかもしれません。

かつ丼の値段は並590円、大盛650円。この金額で、揚げたてのカツが乗った温かいかつ丼が食べられるのはうれしいですね。かつ丼の味は親子丼同様に結構甘めのため、お客さんによっては好みが分かれる場合もあります。あまり甘いと途中で飽きてきてしまうという方には、卓上にある薬味を添えて食べるのがおすすめです。なか卯の卓上には、紅しょうが、七味唐辛子、山椒があり、もちろん全て無料で使えます。紅しょうがや七味を置いている店は多いですが、山椒が置いてあるのは珍しいですよね。山椒には舌が痺れるようなピリッとした辛みがあって味を引き締めてくれます。またミカン科で柑橘類のような爽やかな香りがあり、甘めの味付けにもよく合います。味に飽きた時にはいろいろな薬味をかけて、味の変化を楽しんでみてください。

なか卯でおすすめのメニュー:③うな重

季節限定メニューですが、親子丼より好きかも、という人がいるほどの人気っぷりで、毎年楽しみにしているお客さんもいるほど。並850円となか卯の商品の中では少々高額品ですが、食べてみるとそれでも安いと思えるほどのクォリティであることがわかります。ファーストフード店のうなぎはどうしてもサイズが小さく、食感もボソボソになったり、ゴムのように硬くなったりしがちです。しかしなか卯のうなぎはふっくらとした食感で皮まで柔らかく、うなぎ特有の臭みも感じません。これはなか卯のこだわりの製法のおかげ。うなぎをじっくりと焼いてからさらに蒸しあげることでふっくらと柔らかくなり、その後特製のタレを3度付け焼きすることで味が染みて香ばしく仕上がります。

なか卯のうなぎは1枚でも大振りですが、おいしいのでもっとたくさん食べたい、という人もいます、そんな人にはうなぎが2枚入った特うな重がおすすめです。1,250円とさらに高価ですが、スーパーでうなぎを買うと1枚で1,000円以上することも多いので、調理工程なども含めて考えると、やはりなか卯のうな重はコスパが良いと言えます。また土用の丑の日などのイベント時はスーパーでうなぎの値段が爆上がりしますが、なか卯のうな重はもちろんお値段据え置き。家族みんなでなか卯に食べに来てもいいですし、人数分をテイクアウトして家でゆっくり食べるのもよいでしょう。ちなみにうなぎの横に添えられた錦糸卵はこだわり卵から作られたもの。見た目が美しいだけでなく、うなぎの甘さをより引き立ててくれます。

なか卯でおすすめのメニュー:④旨味唐あげ定食

なか卯では実は定食も人気。安い値段でバランスのとれたごはんがお腹いっぱい食べられます。しかも定食に付くごはんは大盛り無料。なかなか料理ができない忙しいサラリーマンや一人暮らしの学生さんにもおすすめです。旨味唐あげ定食の値段は、旨味唐あげ5個にサラダ、ごはん、味噌汁、漬物がついて590円。唐あげがもっと食べたい!という人には旨味唐あげ10個付の10(テン)唐あげ定食750円もあります。定食はテイクアウトができないので、店内で揚げたてあつあつの唐あげを、温かいごはんやお味噌汁とともにいただきましょう。なか卯はお米にもこだわっていて、国産であることはもちろん、米粒の形にもこだわった品質管理や、お米に含まれる水分量を計算して発注を行うなど、ベストなおいしさを届けられるようにとさまざまな工夫がされています。

この定食に付く「旨味唐あげ」は実は夜専用の商品で、昼に提供されている唐揚げとは味が違います。昼の唐あげはシンプルな薄味ですが、夜の旨味唐あげは醤油、生姜、にんにくが効いていてごはんによく合う味付けになっています。唐あげ自体は外はサクサクと軽いのに、中はしっかりジューシー。大豆油で2度揚げすることでこの食感が出せるそうです。そんな手間暇かかったおいしい唐あげが安い値段で食べられるなんてつくづくお得だと思います。旨み唐あげはとてもおいしいので一度食べてもらいたいおすすめ商品なのですが、夜専用メニューのため知らない人もいるのだとか。こちらの記事を読んでくださったみなさんは、夜なか卯に行く機会があればぜひ頼んでみてください。

なか卯でおすすめのメニュー:⑤4種チーズの親子丼

トロトロ卵の親子丼にチーズが乗った最強メニュー。肉+卵+チーズなんて、おいしいものの組み合わせでしかなく、絶対おいしいに決まっています。しかもチーズはパルメザン、モッツァレラ、レッドチェダー、ゴーダの4種類入りでコクがたっぷり。これで並590円はお得です。もちろん親子丼と変わらず、トロトロふわふわの卵には柔らかくジューシーな鶏肉もたっぷり。食べるときにはチーズが伸びて、ビジュアルでも楽しめます。女性や子供からも人気のメニューだというのにも納得です。2018年の夏に期間限定で発売したものが、好評のため復活して定番商品になりました。サイズは並の他に、ミニ450円、大盛650円もありますので、その時のお腹の状態に合わせて選んでください。

肝心の味についてですが、親子丼よりもクリーミーでコクが強い印象。卵がトロトロなおかげで、溶ろけたチーズと上手く混ざり合います。甘辛い割り下とチーズがよく合っていて、例えるならば和風のチーズオムレツといった感じです。しかし付属のペッパーガーリックをかけると、一気に洋風の味わいに。まるでカルボナーラのようなイタリアン風味に変身します。最初はそのまま食べて和食風、途中でペッパーガーリックをかけて洋食風と、2段階に分けて味を楽しむのも良いですね。ペッパーガーリックはペッパーの風味が強いものの、辛さ自体はマイルドでほとんど感じないほど。刺激が物足りない方は卓上の七味唐辛子などを使って自分で調節するのがおすすめです。

なか卯でおすすめのメニュー:⑥はいからうどん

並280円小200円と、とにかくお財布に優しいメニュー。まるで学食レベルの安さです。安くてもねぎにかまぼこに天かすと、具もちゃんと入っています。昆布とかつおの出汁が効いた、関西風の透き通ったつゆが特徴。優しい味わいで、体調が良くないときや夏バテする季節にも、つるつるおいしく食べられます。並350kcal、小178kcalとカロリーも抑えめなので、食事の合間に小腹が空いたときのおやつや夜食にもおすすめ。誰かの付添いなどでなか卯に来て、あまりお腹が空いておらずとりあえず何か軽いものを、というときにもこれを頼んでおけば間違いなし。味が優しく具もシンプルで、他の味を邪魔しないため、丼などの他メニューと合わせて頼み、汁物として楽しむ方法もあります。

なか卯のうどんは麺自体にコシがあり、つるつる、もちもちとしていて食感が良いということでも人気です。そもそもなか卯は、大阪府茨木市での創業当時は手作りうどんの店でした。なか卯の「卯」はうどんの「う」からとったそうです。現在はなか卯といえば親子丼が有名ですが、うどんも主力商品のひとつとして、現在もこだわりを持って提供されています。麺に使う粉や水、塩の選択にもこだわり、かつおと昆布を中心としただしも、その日に使う分を毎日お店で煮出しています。そうやって丁寧に作られた透明な煮汁は全部飲み干せるほど優しい味です。うどん好きの方にこそ、シンプルなはいからうどんを食べて、そのこだわりを感じてもらいたいと思います。

なか卯でおすすめのメニュー:⑦プレミアムビーフカレー

他の牛丼チェーン店のカレーは300~400円台のものが多いのに対して、なか卯のカレーは並690円と少しお高め。その理由は具に使われている角切り牛肉にあります。他のお店のカレーはチキンカレーかポークカレーが主流ですが、なか卯のカレーには存在感のある大きな牛の角切り肉が入っています。この角切り牛肉が格別で、3時間煮込んだというだけあり、お箸で崩せるほど柔らかく、口の中に入れると、噛まなくてもホロホロと崩れ、その後ゼリーのように溶けていきます。手間暇かけないと出せない、角切り肉の柔らかさとトロトロとした食感に魅了されて、家のカレーや他のお店のカレーでは物足りなくなってしまうお客さんも。隠れファンの多い一品です。

カレー自体は飴色になるまで煮詰めた玉ねぎの甘さのおかげか、辛さはほとんど感じず、お子様にもおすすめです。逆に辛いカレーが好きな人には少し物足りないかもしれません。しかし、牛や野菜の旨味が溶け出し、飴色玉ねぎとじっくり煮込んだ牛肉といったデミグラスソースの基本的な材料が含まれているので欧風カレーのようなコクがあります。普段家で作るカレーやタイカレーやインドカレーとまた違った上品なおいしさが味わえます。このカレーの上に肉厚でサクサクのカツが乗った、プレミアムカツカレーも人気です。

なか卯でおすすめのメニュー:⑧和風牛丼

なか卯の牛丼は他の牛丼チェーン店のものと比べて和風感が強いのが特徴です。具には牛肉のほかに白滝と長ねぎが入っていて、味付けは少し生姜風味。ちなみに以前販売されていた通常の牛丼と比べて、具材の量が従来よりも30%もアップしていますので、白滝や長ねぎが入る分お肉が少なくなっているのでは、と心配する必要もありません。牛肉と玉ねぎだけの牛丼と比べて、白滝のぷるぷる感、長ねぎのシャキシャキ感など、食感にバリエーションがあって楽しめます。ほんのり生姜風味の和風ダレには和牛の脂が加えられていて、甘みとコクが感じられます。すき焼き風の濃い目の味つけなので、オプションで生卵を加えて食べるのもおすすめ。ミニ330円、並380円、大盛530円と、なか卯の中でも特に安い商品のひとつです。

なか卯は他の牛丼チェーン店と比べて、女性客の割合が多いとも言われています。メニューのバリエーションが豊富で、親子丼やうどんなど、牛丼よりも軽めのメニューも多いのが理由ではないかと考えられています。女性が牛丼を食べたいと思っても、女ひとりで牛丼屋に入るのには周囲の目が気になって、抵抗があるという方も多いようです。そんな方はまずはなか卯から挑戦してみてはいかがでしょうか。女性客が多く、またひとりで来店している人も多いので、他のお店と比べてハードルは低いと思われます。牛丼自体も、具に低カロリーな白滝が入っているので、牛肉と玉ねぎだけの牛丼よりもヘルシーで、比較的罪悪感なく食べることができるのではないでしょうか。もちろん女性だけでなく、ダイエット中の男性にもおすすめです。

なか卯でおすすめのメニュー:⑨牛肉うどん

和風牛丼に使用する肉を入れた贅沢なうどんです。牛肉から染み出た脂がうどんの出汁と合わさって、よりまろやかな味わいに。甘みやコクなどが増し、はいからうどんとはまた違ったおいしさが味わえます。はいからうどんで紹介したように、なか卯のうどんは麺にしっかりコシがあって、のど越しが良く、食べ応えも抜群。また牛肉うどんは他店の肉うどんよりも肉がたっぷり入っていて、満足感があるといった口コミもあります。お腹の状態や時間の関係で何かさらっと食べたいけれど、普通のうどんでは少し物足りない気がする。そんなときに牛肉うどんはとてもおすすめです。並450円とワンコインでお釣りがくる値段で、お腹も心もしっかり満足できます。

寒い日には紅ショウガをたっぷり入れて食べるのがおすすめ。身体がぽかぽか温まると、タレントの安田美沙子さんもブログで紹介されています。もうひとつおすすめは、卵を入れて食べる方法。濃いめの味付けの牛肉と卵の相性が良いことは明白ですし、うどんに卵を絡めて食べることで、釜玉うどんのようなまろやかさも味わえます。なか卯の牛肉うどんは通常の肉うどんより味が濃いのですが、卵を入れることで優しい味わいになり、つるっと食べることができます。このようにメニューをいろいろと自分好みにアレンジできるのもまた、なか卯の良さと言えます。オプションメニューを追加したり、卓上調味料を使ってみたりして、自分好みの味を見つけてください。

なか卯でおすすめのメニュー:⑩すだちおろしうどん

うな重と同じく季節限定のメニューですが、さっぱり食べられるととても人気の商品で、2001年の夏から毎年登場しています。並490円。つるつるもちもちの冷たいうどんに大根おろしとネギ、そしてかつおなどの出汁が効いた醤油だれがかかっています。それだけでももちろんおいしくいただけますが、そこに最大の特徴である生のすだちを絞ってかけると、特別な味わいに。すだちは徳島産で、うどん1つにつきフレッシュな生のすだちが丸々1つ付いてきます。ねぎとすだちのグリーンのおかげで見た目もとても爽やか。すだちの香りがほんのり香って食べる前から清涼感が漂います。大根おろしの辛みとすだちの酸味が、甘辛い醤油だれと混ざりあって、暑い夏でもさっぱりと食べられる、夏にぴったりの一品です。

この商品のポイントは生のすだちが添えられていて、食べる直前に自分で絞ること。すだちの量や絞るタイミングを調整できるため、たれが酸っぱくなりすぎたり、最後の方になってすだちの味がしなくなったりしてしまうということもありません。また料理が席に到着してから自分の席で絞ることで、すだちの爽やかな香りをより強く感じることもできます。大根おろしはお店でおろしているのでとてもフレッシュ。小サイズは約半量のうどんにハーフカットのすだちがついて290円。カロリーは小サイズ158kcla、並でも315kcalと少なめなので、空腹時には少し物足りなく感じるかもしれません。食欲が旺盛でたくさん食べられそうな日には、丼とセットにして食べるのがおすすめです。

なか卯ではランチセットもおすすめ!

なか卯の一部店舗ではランチセットが販売されています。丼とうどんのセットで、別々に頼むよりもお得なため、大変おすすめ。ランチセットを実施している店舗のほとんどで、土日も含め毎日10~17時に注文することができます。セットのうどんは、これからの季節に向けて、冷たいはいからうどんと、先ほどご紹介したすだちおろしうどんが中心となっています。冷たいうどんでは、なか卯のうどんの特徴であるしっかりしたコシとつるつるとしたのどごしが、さらにクリアに感じられます。食欲が落ちがちな夏にこそ、たくさん食べて英気を養いましょう。特にざるうどんやすだちうどんと丼のセットは、通常メニューにはなく、ランチセットでしか食べられないのでおすすめです。

ランチセットの金額は500円、600円、690円の3通りあります。最もお得なのはざるうどんとミニ和風牛丼のセット500円で、別々に頼むと720円かかるため、合計なんと220円もお得。次にお得なのが親子丼とすだちおろしうどんのセット600円でこちらは180円お得です。ちなみに500円セットと690円セットのミニ丼は和風牛丼とかきあげ丼から選べます。丼は親子丼、和風牛丼やかつ丼など、ボリュームのあるものが多く、女性や子供にはうどんとのセットを食べきるのはちょっと難しいかもしれません。小さなお子様と来店するときには親子で1セット頼んでシェアするのも、お互いに無理なくいろいろなメニューを食べられるので良いと思います。ぜひこの機会に、お得においしいランチを楽しみましょう。

なか卯でごはんを楽しもう

いかがでしたか。なか卯の人気メニュー10選とランチセットについてご紹介しました。なか卯の親子丼は有名だと思いますが、うどんやカレー、唐あげなどもおいしいというのは、ご存知なかった方もいるのではないでしょうか。また普通に食べても安いのに、ランチセットだとさらにお得だというのも耳寄り情報です。なか卯は2018年3月末日現在の情報で、全国に450店舗以上あります。手軽に立ち寄れ、メニューも馴染みのあるものばかりなので、友達や家族など誰とでも行きやすいです。しかも待ち時間が短く、値段も安くてほとんどの店舗が24時間営業と、非常に使い勝手が良いお店と言えます。なか卯で何を食べるか悩んだときには、こちらの記事を参考にしていただけたら幸いです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 日本各地で見つけた巨大すぎる大仏様・観音様特集!展望台か...

    日本に点在する巨大な大仏・観音像はそれぞれ異なった建立経緯があります。歴史的にとても重要で日本の文化遺産である「奈良、鎌倉」の大仏や、20世紀に入ってからそれぞれの宗教が独自に建てた大仏や観音。個人の道楽で建てたものや、観光地を目指して地域活性化の為に自費で建てたものもあります。今回はそれら全部ひっくるめて、巨大でインパクトのある大仏・観音像を中心にご紹介してみたいと思います。

  • ラブホ女子会するならここ!女子ウェルカムでおしゃれなラブ...

    最近のラブホはテーマパークの様に豪華な作りで、女子会をしても楽しめる空間になっているのは有名ですね。そんなラブホ女子会にオススメの女子ウェルカムなラブホを紹介していきます!

  • 大阪・神戸の激うま坦々麺、絶対外せない6店!関西の人気おす...

    辛いもの好きにはたまらない坦々麺!それぞれのお店の特徴のある味の数々。関西に来たら必ず満足していただける坦々麺のお店をご紹介します。

  • カップル必見!下品すぎない最新のラブホテル・シティーホテ...

    近年、ラブホテル業界は新たに非日常的な空間づくりが盛んになってきました。昭和のバブル期に流行った、ちょっと下品なラブホテルはレトロな雰囲気として評価されていますが、今回は最新のラブホテル・シティーホテルの魅力を中心に特集したいと思います。

  • 【日本国内】グッチやエルメスのこだわりハイブランドカフェ6選

    グッチ、エルメス、ブルガリ・・・誰でも1度は聞き覚えのあるブランド。 実はそんなハイブランドが運営するハイブランドカフェが日本国内にもあることをご存知でしょうか?今回はそれぞれテーマやモチーフを作りこだわり抜いたハイブランドカフェを紹介します。

  • 東北自動車道沿いのおすすめ日帰り温泉17選!

    東北自動車道沿いには魅力的な温泉がいっぱい!宿泊する時間が無い…という方も、日帰り施設で温泉を楽しんでみませんか?今回は、東北自動車道から行ける日帰り温泉17選をご紹介します。

このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事