フレッシュネスバーガーおすすめメニュー20選!バーガーから限定メニューまでご紹介

511

views

0

フレッシュネスバーガーのおすすめを案内します。一般的なファストフードチェーンよりもワンランク上の印象のあるフレッシュネスバーガー。少し割高ながらも美味しいと好評です。今回はおすすめのバーガー、店舗限定バーガー、そしてサイドメニューのおすすめを合計20アイテム厳選し、ひとつずつ紹介します。

日本生まれのフレッシュネスバーガー、人気のおすすめメニューをご紹介

フレッシュネスバーガーは、株式会社フレッシュネスが運営しているハンバーガーチェーンです。栗原幹雄(くりはら みきお)氏が自力で創業。彼はほっかほっか亭創業者のひとりでもあり、現在も飲食業界で活躍しています。大きな特徴として他のファストフード店のように作り置きではなく、オーダーを受けてから調理するスタイル。時間がかかる分おいしい料理が味わえます。それからアメリカナイズされた店内で、自由に調味料が使え、レタスなど健康的な野菜を多く使用。またアルコールも置いているので、バーガーを肴にビールが飲めます。ここではそんなフレッシュネスバーガーのおすすめをひとつずつ紹介していきます。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:①フレッシュネスバーガー

フレッシュネスバーガーは、人気おすすめメニューのひとつです。これは企業名と同じ創業以来の看板メニュー。フレッシュネスのバーガーを、初めて食べるのなら、まずはこれを食べるべきと言っても過言ではありません。特徴のひとつがバンズ。北海道産のかぼちゃを生地に練り込み作り上げたバンズは黄色いのが特徴。そしてバンズそのものにもパンプキンの風味を感じます。そして中身はジューシーに焼き上げたビーフパティ。そのビーフには特製のミートソースを乗せました。またその上に乗る赤い存在は、厚切りトマトです。

特製ミートソースがかかったビーフパティと厚切りトマト、そしてパンプキンバンズの相性は絶妙の旨さ。格安で量産する巨大チェーンのファストフード店としのぎを削りながら、成長を遂げたフレッシュネスバーガーの原点。その底力の味わいを堪能してください。料金は420円。口コミでは「バンズとフレッシュトマトが織り成す風味の表現が思いつかない」「この値段でこの味が提供できる。つまりフレッシュネスは一流の証だ」といった声があります。既存の大手チェーンファストフードの格安バーガーを食べてばかりの方に、本当においしい味をと思えば、ぜひ注文してほしいバーガーです。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:②クラシックチーズバーガー

クラシックチーズバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。ハンバーガーで外せないのが「チーズの存在」。これは各社に存在するメニューですが、フレッシュネスバーガーの味は一味違います。113グラムの申し分無いボリュームのあるクォーターパウンドのパティをベースに、レッドチェダーチーズは贅沢に厚切りで提供。そして新鮮野菜のレタスとトマトなどが入っています。さらにより素材の味を堪能してほしいとの想いから、クラシックスタイルを採用。つまり塩、コショウ以外の調味料は一切使用していません。

もちろん、味が物足りない、あるいはオリジナルの味が食べたいときのために、備え付けの調味料やソースを使えばオリジナルチーズバーガーに早変わり。味わいは、クォーターパウンドのしっかりした旨さとチーズのまろやかさの調和がうまくとれており、それに新鮮野菜のシャキシャキ感が旨みをさらに増幅させています。料金は600円。口コミは「柔らかく濃厚なパティは肉汁が最高」「トロトロチーズも良いあんばい」といった声があります。ただ丁寧に作るため注文を受けてから5分程度とかかりますので、それだけ待つ覚悟は必要です。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:③クラシックアボカドチーズバーガー

クラシックアボカドチーズバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これは女性に人気のフルーツであるアボカドを半分も使っており、しかもギネスブックにも認定されるほどの栄養価があるアボカドが味わえます。そしてメインのクォーターバウンドは113グラムと申し分ないボリューム。さらに厚切りスライスのレッドチェダーチーズまで入る豪華な内容です。一番下にはふんだんに使用されているシャキシャキレタスが控えます。全てにおいてプレミアムなこの一品。プチ贅沢な食事をしたいときには、ぜひ注文したいところです。

素材を重視したクラシックスタイル。このバーガーの味わいですが、豪快に口を開けて食べれば、メインとなるクォーターバウンドの旨みと、アボカドのなめらかな食感や苦みを含んだ風味が心地よいです。そしてマイルドなチーズのおいしさ。さらにシャキシャキと歯ごたえが何ともいえないレタスと、全てにおいてパーフェクトです。もちろん後味もスッキリ爽やかです。料金は750円と決して安くはありませんが、その値打が十分ありおすすめ。口コミは「アボカドとチーズの相性は抜群だ」「見た目よりも結構なボリュームで満腹」といった声があげられます。ただ大きいのでかぶりつくと口の周りが汚れます。それだけ覚悟しましょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:④塩レモンチキンバーガー

塩レモンチキンバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これはヘルシーでコスパも良い鶏肉を使用。ボリューム感のある鶏もも肉を、店内に用意している8種類ものスパイスを使用して、特製の衣をつけ、そして揚げていきます。それだけはありません。瀬戸内産のレモンピールに加えてレモン果汁を使った「瀬戸内産塩レモンソース」。酸味と苦みを良いあんばいに加えましたので、爽やかなバーガーになりました。遠く離れた場所にいながら、食べているだけで瀬戸内の島々に来ている錯覚。そんな気持ちになれるバーガーを味わってみましょう。

このバーガーの味わいですが、口に含むと揚げたてチキンの衣のサクサク具合がほどよい食感です。そしてチキンの中には肉汁が閉じ込められてジューシーな味わい。食べごたえはバッチリです。そして隠し味として、塩レモンの酸味と苦みが後味を爽やかなものに仕立て上げます。その上ふんだんに使用するレタスのシャキシャキ感も心地よい食感となっています。料金は440円。口コミは「チキンの味が濃いけどザックリとうまい」「お肉のジューシーさが何ともいえぬうまさ」といった声があります。旨さと食感、そして風味と三拍子そろったバーガーをじっくり味わってください。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑤クラシックアボカドバーガー

クラシックアボカドバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これはアボカドを入れたバーガー。パティのクォーターバウンドは113グラムを使用しており、ボリュームは抜群。その上にはアボカドを贅沢に半分を使用しました。フルーツ栄養価ではギネス認定されるほどの実力を持ちます。鮮やかなグリーンの色あいもさることながら、それにもましてマグロを思わせる食感も大好評。全てにおいて上質な素材を使ったこのバーガーは、ワンランク上のプレミア商品です。リッチな気分で味わいましょう。

このバーガーはクラシックスタイルですから、余計な調味料もなく、塩とコショウだけの素材で勝負。肝心の味わいはクォーターバウンドに、アボカド独特の風味が良いあんばいに調和がとれ、後味もスッキリ。そして下にはシャキシャキレタスが入っていますから、食感も申し分ありません。料金は650円。口コミは「こんなに美味しかったのかと感動」「某チェーン店のバーガーとは違う」といった声があります。食べごたえの違う生アボカドをはじめとしたバーガーはチェーン店と比べると少し割高なのに、納得できるうまさ。素材の素晴らしさを存分に感じましょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑥スパムバーガー

スパムバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。アメリカの製品でポーク(ランチョンミート)を、ソーセージで使う腸の代わりに缶づめにした製品です。ハワイではスパムにぎりが評判。また沖縄でも人気のこのスパムがバーガーの中に入りました。適度な大きさにスライスしたスパムをこんがりと焼き上げ、その上から特製のテリヤキソースを絡めています。それに加わるのは焼きたての目玉焼き。そして相性が良い千切りキャベツを下に敷きました。そのほかトマトも加え、あたかもモーニングのセットのようになっています。

そしてバンズは、ゴマバンズを使用。アメリカ人好みに仕上げました。料金は420円。口コミは「レタスたっぷりで、美味しいテリヤキソース」「手作り感がたまらない」といった声があります。またテイクアウトでも人気のバーガー。相対的にボリュームあるバーガーが多い中で、少し控えめなのも小食派に根強い人気があります。「お好みでケチャップとマスタードを掛けるとさらに美味」「沖縄ポークの味を知っていれば必ず注文」といった声。実はスタッフの中ではイチオシなのがこのスパムバーガー。「食べればその良さがわかる」味わい。ぜひ一度試してみましょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑦テリヤキバーガー

テリヤキバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。世代を選ばない人気を誇るバーガーで、ビーフパティに塗られたテリヤキソースにこだわりがあります。それは「こうじ」を加える点。甘辛さに深みが出るため、ビーフの味わい、旨さが引き立ちます。そしてバンズはオリジナルのかぼちゃ入りの黄色いパンプキンバンズ。そして上に乗るのはシャキシャキ感がたまらないレタス、さらにその上にマヨネーズを加えてコクをさらにアップしました。一度食べたら病み付きになりそうな味わいです。

テリヤキバーガーで意外にインパクトがあるのが大量のレタス。「これでもか」と言わんばかりにバンズをはねのけるかのような量が入っていますから、これは圧巻です。このレタスのシャキシャキ感がアクセントとなるだけでなく、適度な水分もあるため後味がスッキリするのです。料金は390円。口コミは「レタスたっぷりで、美味しいテリヤキソース」「手作り感がたまらない」といった声があります。またテイクアウトでも人気のバーガー。相対的にボリュームのあるバーガーが多い中で、少し控えめなボリュームということで、小食派に根強い人気があります。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑧フィッシュバーガー

フィッシュバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。牛ではなくシーフードを利用したバーガー。使用している魚は「ホキ」です。これは白身魚ですが、魚独特のクセが無く柔らかい味わい。そして魚を一枚ずつ丁寧に手切りしているのが特徴。そのため身が厚く、繊維感を崩しません。衣は国産パン粉を使用しており、サクサク加減が何とも言えません。揚げたてはふっくらしており、軽く塩味の効いた魚の味わいが堪能できます。またトッピングにはタルタルソース。卵をふんだんに使った具だくさんのソースは、味わい深さとクリーミーさが共存しています。

素材本来の旨みと揚げたパン粉のサクサク感とクリーミーなタルタルソース。そしてシャキシャキ野菜との組み合わせは、旨みが際立っています。料金は390円とリーズナブル。口コミは「他社のフィッシュバーガーとは違うレタスを使っている」「その相性がたまらないうまさ」「白身のほっくり感が違う」といった声が聞こえます。ベジタリアンとまではいかなくても、獣の臭いがするという理由で肉類を避ける人もいる中で、魚のバーガーはありがたいところ。バランスのよい評判のフィッシュバーガーをぜひ味わってみましょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑨テリヤキチキンバーガー

テリヤキチキンバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。牛ではなくコスパの良い鶏肉を使ったバーガー。鶏もも肉を店内の鉄板でじっくり丁寧に焼き上げるのがポイントです。そのために本来の旨みが十分に引き出せます。焼きたての肉汁があふれんばかりのジューシーさは、ぜひ味わっておきたいところ。さらに味付けにもこだわりがあります。テリヤキソースには醤油の原料「もろみ」を加えています。これにより旨みに加えて「コク」が加わり最強のシナジー効果。チキンとテリヤキソースには、シャキシャキレタスとみじんオニオンが、食感のほどよさをサポートします。

そしてテリヤキチキンバーガーはバンズにもこだわりました。かぼちゃを練り込んで作り上げたパンプキンバンズ。マヨネーズも加わり、味わいの奥深さを引き立てます。料金は420円。口コミは「シャキシャキのレタスがいい、黄色いバンズと甘辛いテリヤキソース」「注文後にしっかり焼いてくれるのがうれしい」といった声があります。特に注文を受けてから焼き上げるというのは、他のファストフード店ではなかなか真似のできないことで、出来立てのおいしさを堪能可能。鶏肉が好きなら、ぜひ味わっておきましょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑩クラシックバーガー

クラシックバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。いろんな味付けの調味料を入れているバーガーが多い中、シンプルに塩・コショウだけで、素朴にバーガーの味を楽しみたい場合におすすめのバーガーです。クォーターパウンド(113グラム)のパティは食べごたえも申し分ありません。そして新鮮野菜をその上に十二分にサンドしました。素材本来の味が活きたバーガーの味わいは、シャキシャキ加減とジューシーさ、そしてボリュームもたっぷり。シンプルな味わいを楽しみましょう。

もし食べてみて「物足りない」、あるいは既存の調味料のかけ方に不満があれば、このクラシックバーガーを注文してから、お好みで調味料を足せばよいだけ。カスタマイズされたオリジナルの味が堪能できます。そんなクラシックバーガーの料金は500円。口コミでは「肉感をしっかり感じられる」「塩・胡椒だけでシンプルなのが好き」といった声があります。味そのものがシンプルなので、ドリンクと合わせても、主張しない分影響がありません。例えば一部の店舗で提供しているアルコール。生ビールやハイボールのおつまみに食べてみるのも良いでしょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑪宇都宮餃子バーガー

宇都宮餃子バーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これは店舗限定メニュー。宇都宮店、那須ガーデンアウトレット店、ベルモール店、インターパークショッピングビレッジ店でのみ販売しています。栃木県宇都宮の名物となっている「餃子」が中に入ったメニュー。マルシンフーズとのコラボ企画で誕生しました。中に入っているのは、揚げた宇都宮餃子。野菜餃子ということで、たっぷりの野菜が入っています。もちろん肉も入っており、これは絶妙なバランス。その餃子に加えて白髪ねぎ、それからシソの葉とエビチリソースをトッピングしています。

そんな宇都宮餃子バーガーを口に含むと、揚げ餃子のザクッとした口当たりを中心に、白髪ねぎのシャキシャキ感。それからエビチリソースの酸味、辛味、そして甘みが絶妙に生きています。さらに食べ終わった後の口の中に広がるシソも良いあんばい。栃木県に来たらぜひ味わってみてください。料金は460円。口コミでは「バンズとの相性の違和感がない」「印象的なカリカリ食感の餃子」といった声が上がっています。その一方で「食べにくさ」を指摘する声も。いずれにせよ他府県では置いていない逸品ですから、機会があれば一度味わってみましょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑫トリコバーガー

トリコバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これは店舗限定メニュー。鳥栖プレミアム・アウトレット店のみで販売しています。佐賀県の鳥栖は北に福岡、南に熊本、東に大分、そして西に長崎と、九州の交通の要衝。そんな鳥栖の街中には、鶏肉と卵を使った「とりこどん」というご当地グルメが人気です。そのグルメをバーガーに取り込みました。具体的には、テリヤキチキンとふわトロ感が何ともいえない卵を使用。さらにかぼちゃをアクセントに盛り込んでバンズで閉じました。鳥栖に来たらぜひ味わってみましょう。

そんなトリコバーガーの味わいですが、口に含むと肉厚でかつジューシーさを兼ね備えたテリヤキチキンの旨みを中心に、シャキシャキ感のある野菜でしつこさを軽減。さらに甘めに仕上げた卵と見事に調和が取れています。料金は530円。口コミですが「とりこどんとバンズが意外にあう」「テリヤキのジューシーさが良い」といった声があります。ちなみにトリコバーガーというネーミングは、島袋光年(しまぶくろ みつとし)氏の漫画トリコに登場する主人公「トリコ」が、バンズにいろんな食材を挟む巨大バーガーと同じ名前。しかし両者との直接の接点はありません。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑬チーズフォンデュバーガー

チーズフォンデュバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これは店舗限定メニュー。那須ガーデンアウトレット店のみで販売しています。チーズバーガーを代表するようにハンバーガーにチーズは必須で、フレッシュネスバーガーでもレギュラーのバーガーでも使用しています。しかしこれは一捻りした「チーズフォンデュ」。スイスの郷土料理として日本でも馴染みのある、液状化したチーズのとろみをバーガーの中で再現しました。ビーフパティと新鮮野菜を挟み込み、その上からチーズソースをふんだんにトッピング。一味違う味わいを堪能しましょう。

栃木北部の高原野菜をたっぷり使用。グリーンアスパラ、トマト、ナス、そしてズッキーニと、栄養素もたっぷりの野菜ばかりを使用しました。とろけるチーズソースは、エメンタールチーズに白ワインを加えたもの。ワインの旨みもチーズに染み込んでいます。料金は620円。口コミですが「この発想はなく驚いた」「マイルドでクリーミー」といった声が寄せられています。新鮮な野菜にジューシーさが定評のビーフパティと、香りが芳醇なチーズとのコラボレーションは最高の味わい。ぜひ那須に行ったときには味わってみましょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑭ホームランバーガー

ホームランバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これは店舗限定メニュー。神宮球場店限定メニューです。野球を見ながら楽しめるボリューム満点のバーガーを提供販売しています。ホームランといえばベース4つ分進められて、即点数が入る破壊力。それをバーガーで再現すべく、クラシックパティを4枚乗せています。下から1塁、2塁、3塁、そしてホームベースというイメージ。その上にはチーズとレタスなどの野菜を加えました。唯一の難点が食べにくさ。それでもこれを食べれば、ひいきのチームの選手がホームランを打つ。そんな気分にさせてくれます。

東京ヤクルトスワローズの本拠地である神宮球場にのみ存在する、圧倒的なボリュームのホームランバーガー。料金は1500円と強気です。しかしこのボリュームにはその価値を感じます。口コミですが「インスタ映えのみ期待していたが意外にうまかった」「正直途中から苦行と言える量」といった声があります。これは味以上に量が重視されるもの。大食漢、健啖家の人はぜひチャレンジしてみましょう。実際には見た目よりも圧巻。球場をバックにフォトジェニックな一枚を狙うのも良さそうです。カップルやファミリーならシェアして食べることもおすすめです。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑮ベジタブルバーガー

ベジタブルバーガーは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これは店舗限定メニュー。成田空港店・新宿御苑店・新千歳空港店限定で販売しています。年々国際化が進む日本で、インバウンドで来日する外国の観光客やビジネスマンの中には肉を断っているベジタリアン、ビーガンと呼ばれる人たちが多くいます。そんな人向けに開発されたのがこのバーガー。ヘルシーな健康バーガーが味わえます。もちろんビーフなどの肉が入っていないのですが、バンズにもこだわりがあります。低糖質バンズを使用。糖質制限を受けている人にも最適なバーガーです。

サンドウィッチ感覚でも味わえるベジタブルバーガーには、厚切りトマト、グリーンカール、スライスオニオン、そしてピリ辛サルサソースを加えています。従ってその味わいはインパクトある「ピリ辛」。料金は430円。口コミでは「美味しかったが、カロリーが低い訳ではない」「特製サルサソースの味が最高」といった声があります。カロリーが控えめというわけでは無いので、ダイエット向きではありません。しかし野菜不足といった生活を送っているときには、ぜひ味わいたいバーガー。肉が入っていなくとも、その美味しさは侮れません。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑯フライドポテト

フライドポテトは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これはサイドメニューで個性的なバーガーとセットで頼みたいとこころ。重要なのはサイドメニューだからと言って手を抜いていないところです。たとえば形状もよくありがちな、四角い長方形の長いポテトではありません。皮つきでジャガイモを等分に切った形をしていて、ジャガイモ本来のおいしさが存分に味わえます。そしてその味わいですが、口に含んだ瞬間はさっくりとしており、しかしその中身は、ほくほく感があります。ビールのおつまみにも合いそうなフライドポテトは、サブとは言え侮れません。料金はRサイズが250円、Lサイズが350円となっています。

フレッシュネスバーガーのポテトは創業から国産のじゃがいもにこだわっています。使用しているジャガイモは「北海こがね」。これは馬鈴薯農林25号という名前が付いています。北海51号とトヨシロというふたつの品種から誕生した品種で、ジャガイモでありながら、サツマイモを思わせる黄金色が美しいことから、産地の北海道と合わせる形で名前が付きました。特徴としては後味の良いこと。ハンバーガーの濃い味もポテトを食べれば口の中がスッキリするでしょう。ただし、収穫状況により確保できないときは、多品種のじゃがいもを使用する場合があります。その点はあらかじめ理解しておきましょう。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑰オニオンリング

オニオンリングは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これは玉ねぎが苦手でなければ、ぜひサイドメニューとして注文したいところ。良質のたまねぎをセレクトして油でサクッと揚げています。その味わいですが、玉ねぎ本来の甘みを際立たせており、濃い味のバーガーとの相性もバッチリ。味は特に付けていませんが、好みに応じて別途用意しているワールドスパイスを付けると、味の雰囲気が変わります。ちなみに料金はRサイズが280円、Lサイズが380円となっています。

フレッシュネスバーガーのオニオンリングは、口コミも多く「酸味が効いたマスタードとの相性が良い」「しょっぱさより甘みの方がある」「シャキシャキ感がすごく玉ねぎにも厚みがある」といった声があります。バーガーにも玉ねぎが入っていますが、こちらの方が本格的に玉ねぎを堪能できます。ちなみ玉ねぎは国産のものを使用。これは公式ページで公開しており、他の食材についても書かれていますから、気になる場合は事前にチェックできます。またカロリーについても表記されており、Rサイズは193キロカロリー、Lサイズは280キロカロリーとなっています。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑱チーズドッグ

チーズドッグは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これはいわゆるホットドッグですが、上に豪快にチーズが乗っているという逸品。メインであるソーセージは鉄板でこんがりと焼き上げており、皮のパリパリ感が何ともいえない美味しさです。その上に乗っているのが、3種類のチーズ。ゴーダ、チェダー、そしてモッツァレラを使っており、それにワインを加えて仕上げた特製チーズソースです。複数のチーズの複雑な味わいが、ソーセージに染みつきます。またオニオンも山盛りに含まれており、バランスの取れた味わい。料金は440円となっています。

そんなチーズドッグのドッグロールもフカフカで、口当たりも全体のバランスが見事にマッチ。歯ごたえのあるソーセージと柔らかいパン。そしてとろけるチーズのほどよい食感が見事に口の中で調和します。そして徐々に浸透していくチーズソースの複雑な旨み。食べているだけで贅沢な気持ちになります。バーガーとは違った味わいのあるこのチーズドッグにも口コミがあり「バンズの甘み、ソーセージのスパイシーさとのバランスが良い」「ソーセージも美味しいしタマネギの量が多くて素晴らしい」といった声があります。ちなみにカロリーは431キロカロリーです。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑲サルサドッグ

サルサドッグは、フレッシュネスバーガーの人気おすすめメニューのひとつです。これもホットドッグメニューのひとつ。ジューシーな味わいと皮のパリッと感を出すために鉄板で焼き上げたソーセージ。その上に乗るのがサルサソースです。スペイン語で「ソース」を意味するサルサは、ラテンアメリカで使われる液状調味料のひとつ。フレッシュネスバーガーでは、細かく切り刻んだオニオンをはじめ、トマトそしてズッキーニといった野菜をふんだんに使用します。たっぷりとピリ辛で赤いソースを乗せました。

そんなサルサドッグは、スパイシーが売りの逸品。口当たりからして感じる「ピリ辛」のインパクトは、食欲がより刺激されます。そして完全に崩れていない野菜のシャキシャキ感も健在です。ソーセージ以外が植物性でヘルシーさが重視されているのが魅力的。料金は400円となっています。提供時にはロールから溢れんばかりにソースが入っていますから、紙ごと持って食べる必要があります。口コミでは「口の周りがサルサまみれになるけどおいしい」「徐々に辛くなるので水が手放せない」といった声が聞かれます。ちなみにカロリーですが、350キロカロリーとなっています。

フレッシュネスバーガーのおすすめメニュー:⑳自家製ジンジャーエール

フレッシュネスバーガーは、ドリンクメニューも充実。ホットドリンクやスムージー、そしてファストフードチェーン店では珍しいアルコールもあるのが特徴です。その中でもイチオシがジンジャーエール。これは自家製として販売しています。果肉の雰囲気を残したショウガをみじん切りしたものが含まれた、特製ジンジャーソースを使っておいしさを実現。市販のジンジャーエールとは違い本格派です。そのため、辛口にできており、慣れていないと戸惑うかもしれません。とはいえ食べ物に対しては、手作りが信条のフレッシュネスバーガー。ドリンクにもこだわりたいところです。

自家製ジンジャーエールには、ベースとなるジンジャーの辛味にほど良く混ざる甘みと酸味が加わっています。その秘訣はハチミツ漬けのレモンスライス。甘いハチミツとレモン本来の爽やかな酸味が加わるので、辛味、甘み、酸味の3種類の異なる味覚が見事なバランスを保っています。バーガーやフライ、ホットドッグといった脂と旨みが混ざった濃くてしつこい味の食べ物に染まった口の中を、一気にクリーンにしてくれるかのような爽やかさ。ぜひセットで味わいたいところです。ちなみに料金は、Tサイズが360円、Gサイズが420円となっています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 吉祥寺のおすすめ自転車屋さん10選!街乗りからロードバイクまで

    この記事では吉祥寺の人気の自転車屋さんを紹介します。吉祥寺には自転車屋さんがたくさんあり、ロードバイクやクロスバイクなど種類も豊富に揃っています。自分に合っている自転車や欲しいタイプの自転車を見つけて、サイクリングを楽しみましょう。

  • 業務スーパーのおすすめカレー10選!忙しい時の味方、レトル...

    「カレー」と一言でいっても、日本のカレーやインドカレー、タイカレーなど各国独自のカレーや、辛いもの、甘いものなど、味の種類も様々ある時代になってきました。今回は、業務スーパーで買えるカレーの中でも、特に日々忙しい方におすすめしたい、人気の、そしてお得なレトルトや缶詰カレー10選をご紹介します。

  • 業務スーパーの人気おすすめお菓子20選!美味しいお得な商品...

    プロや飲食関連の方だけでなく、一般のお客様にもぜひ一度は試してほしい、業務スーパーだからこそお得に購入できるお菓子や、業務スーパーならではの特盛パッケージのお菓子、業務スーパーじゃないと手に入らないお菓子など、厳選したおすすめの、美味しくてお買い得なお菓子を20選ご紹介致します。

  • 魚べいの定番人気メニュー20選!店内でもテイクアウトでもど...

    魚べいの人気メニューを案内します。格安の回転すしチェーンの中でも魚べいは、コスパの良い店として人気があります。定番メニューを中心に限定でも特に人気が高いものや、サイドメニューも含めて20アイテム厳選しました。ひとつずつ紹介していきます。

  • キャンプで大学生に人気の遊び20選!遊び倒して一生の思い出...

    大学生に人気のキャンプでの遊び20選ご紹介!定番の遊びはもちろん、あっと驚くような遊びまで幅広く掲載しています!おすすめのキャンプ場情報も!

  • 『孤独のグルメ』の実在するお店10選!聖地を巡って絶品料理...

    人気ドラマ「孤独のグルメ」に登場したおすすめの10店舗を紹介!それぞれのお店の詳細や、ドラマで登場した料理もすべて掲載しています!

  • クロスバイク用ハンドルのカスタム10選!自分仕様に使いやす...

    クロスバイクは近年ダイエットや趣味として乗る人も増えてきました。シティサイクルよりもスピードは出ますが、その分ハンドリングやセッティングも慎重にならなければいけません。そこで今回はハンドル付近のセッティングを中心に、クロスバイクの豆知識を10個紹介していきます。

  • 銭湯に持っていきたいアイテム10選!あると便利なアイテムを...

    銭湯に持っていくと便利な持ち物を紹介します。銭湯へ行ったものの、「持って来ればよかった」と後悔したことはありませんか?せっかくのリラックスタイムを台無しにしないために、定番なものから細かいものまで、銭湯に持っていくと便利なアイテムをこちらの記事でチェックしましょう。

  • コストコのおすすめ隠れ人気商品20選!絶対に損しないアイテ...

    世界11ヶ国、そして1999年に日本に初めて店舗を展開した会員制倉庫型店「コストコ」は、世界の会員数約10,200万人を誇る人気ショップです。食品や電化製品、自動車関連商品、衣類、宝飾品など多くのジャンルを取り扱い、高品質、低価格がウリのコストコで「隠れ人気」商品を20選ご紹介致します。

  • ロマンスカーの料金を徹底解説!乗るために知っておくべきこ...

    新宿から箱根を走るロマンスカー。車両も豊富で箱根湯本まで乗り換えなしで行くことができ、新幹線と比べると手ごろな料金ながら快適な乗り心地が魅力です。そんなロマンスカーの料金やチケットの購入方法、乗る際のポイント、さらに箱根旅行におすすめの観光ルートもご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事