常磐線の「グリーン車」で快適!値段・買い方・乗り方などおすすめポイントをご紹介

304

views

0

東京都の日暮里駅から千葉県北西部、茨城県、福島県の太平洋側を通り宮城県の岩沼駅までを結ぶ常磐線。常磐線にはグリーン車が連結されており、グリーン料金を支払って乗ることができます。ゆっくりと乗りたいときや、小さい子供連れにおすすめ。常磐線のグリーン県の料金や買い方、乗り方、おすすめポイントや利用時のコツまでご紹介しましょう。

常磐線のグリーン車を紹介!

東海道線、横須賀・総武快速線、宇都宮線、湘南新宿ラインほか関東エリアを走る普通(快速)列車には、「普通列車グリーン車」と呼ばれる車両が連結されています。新幹線や特急列車ではなく、普通運賃で乗車可能な快速などの車両に連結されている特別車両です。

常磐線の普通列車グリーン車は、品川駅から高萩間(茨城県)まで連結されています。ほとんどは10両もしくは15両編成で、グリーン車は4号車と5号車で2階建ての車両です。グリーン車の座席は2階席、平屋席、階下席に分かれています。

シートピッチ98センチのリクライニングシート、テーブル完備で、JR特急列車グリーン車の座席には及ばないものの、特急列車普通席のグレードはあるのではないでしょうか。2階席は見晴らしがよく、階下席は揺れが少ない、平屋席はドアから近いと、それぞれ利点があります。

トイレは4号車と5号車の連結部付近にバリアフリー対応のグリーン車専用トイレが設けられています。ただ、どの車両にも連結されているわけではなく、青いラインの車体に限りますのでご注意ください。

関東の人なら普段見慣れている2階建て車両も、いざ乗るとなるとグリーン券の料金や購入の仕方、乗り方など意外とわからないことがたくさん。グリーン車のおすすめポイントや利用時のコツなども併せてご紹介しましょう。

常磐線のグリーン車の料金はどのぐらい?

グリーン車に乗るためには、乗車券とは別にグリーン料金が必要になります。常磐線のグリーン車は、距離、曜日、購入場所によって料金が変わります。片道50キロを境目に料金が変わり、平日と土日祝日(土休日)の料金が異なるのも特徴で、平日より土休日のほうが安く購入できます。

購入場所についても事前購入のほうが車内購入よりも安い料金で購入ができ、さらにモバイルSuicaを使うと割引があります。50キロまでのグリーン券の料金は事前購入の場合、平日だと780円、土休日なら580円で購入できます。車内販売料金は平日1,040円、土休日840円となります。

50キロを超えると事前購入なら平日1,000円、土休日800円、車内販売料金は平日1,260円、土休日1,060円となります。土休日は平日に比べてグリーン席が空いていることが多く、ゆっくり寛げるので週末の小旅行などにおすすめです。

以上のことから事前購入のほうが車内購入よりお得に購入できます。車内購入料金は事前購入より手数料として200円高くなってしまいますので、できるだけ事前に購入しておくことをおすすめします。駅やホームの券売機、便利なモバイルSuicaなら便利で簡単です。

常盤線のエリアは?

常磐線と言えば上野駅(東京都)と仙台(宮城県)を結ぶ路線と思われがちですが、正しくは東京都側の起点が上野駅から2つ目の日暮里駅(荒川区)、終点が仙台駅から6つ目の岩沼駅(宮城県)です。上野から日暮里間と岩沼から仙台間は東北本線という扱いになります。

日暮里から岩沼間だけでも343.7キロメートルありますから結構な距離。そのうち常磐線の普通列車グリーン車の設定がされているのは、品川駅から茨城県取手方面へ、東京から上野、上野東京ラインを経由して茨城県・高萩駅までになります。

ホーム下の案内表示にグリーン車のマークがついているので、それを目印に列に並べば大丈夫です。しかし同じ常磐線でもグリーン車が連結されている車両と連結されていない車両があります。基本的に土浦駅、勝田駅などの取手駅より先が終点の列車は青色ラインで、グリーン車の設定がされています。

取手駅が終点となっている常磐線は緑色ラインの列車で、グリーン車の設定はありません。途中駅、土浦駅、水戸駅などで、グリーン車が切り離しになる場合もあるので、乗車する際はアナウンスなどを聞いてご確認ください。3時間弱の長旅、プチ贅沢をしてでもゆったりとした環境で過ごせるのは最高です。

常磐線のグリーン券、どうやって買うの?

グリーン券を購入する方法は次の5つあります。駅構内にあるみどりの窓口。改札口の外にあるSuicaマークの自動券売機、ホームにある自動券売機、モバイルSuica、Apple Pay、そして電車に乗車したあとに車内で購入する方法です。

グリーン券にはSuicaなどのICカードにグリーン券情報を記録する「Suicaグリーン券」と、切符形式の「磁気グリーン券」の2種類があります。みどりの窓口や自動販売機では現金やクレジットカードが使用できます。

ほかの路線からの乗り継ぎで来た場合はホームのSuica専用グリーン券売機を利用することになります。指示に従い操作するとSuicaにグリーン券情報が記録され、1分もかからない手続きで購入できます。最も便利なのはモバイルSuicaで購入する方法です。

お持ちのモバイルSuica対応の携帯情報端末にモバイルSuicaをインストールしSuicaグリーン券を購入します。ほかにPASMO、Kitaca、TOICAも使用可能。iPhone7以降で使えるApple PayにはSuicaを登録できるので、iPhoneだけで普通車グリーン車が購入可能です。

常磐線のグリーン車、どうやって乗るの?

普通列車グリーン車は自由席なので、空いている席であればどこに座っても大丈夫です。ラッシュ時などは座れないこともありますが、そのほかの時間帯であれば座れることがほとんど。休日は空いていることが多いのでねらい目。

それでは普通車グリーン車の乗り方を説明しましょう。知っていれば行うことは簡単なので、誰にでもできますよ。まず、ホーム券売機などでSuicaを使ってグリーン券を購入した場合、もしくはモバイルSuicaで購入した場合のSuicaグリーン券の乗り方を説明しましょう。

車内に入り自分の座る席を決めたら、SuicaもしくはモバイルSuicaを座席の上部にあるSuica読み取り部分にタッチします。座席の目の前にも説明が書かれているので確認しましょう。タッチすると赤のランプから緑のランプに変わるのでこれで手続き完了です。

そして緑の窓口や改札口券売機などで現金やクレジットカードで購入した磁気グリーン券の手続きは、Suicaグリーン券のようにタッチ不可なので、グリーン車専属のアテンダントが検札に訪れ、検札後に赤から緑に変わるシステムになっています。赤いランプが空席、緑のランプが席が埋まっているということになりますね。

グリーン車のおすすめポイント:① 利便性

グリーン車というと値段が高くて指定席でと何となく躊躇してしまいがちですが、常磐線のグリーン車はそれほど背伸びしなくても利用できるとても便利なグリーン車です。改札の券売機はもちろん、Suicaをはじめ対応交通系ICカードで簡単に購入可能、モバイルSuicaならさらに便利です。

モバイルなら乗車駅と降車駅を選択するだけで、券売機に並ぶことなく事前料金でいつでも購入ができます。また、料金も新幹線のグリーン車のように高くなることはなく、平日で50キロ以内なら780円、土休日で580円です。

常磐線のグリーン車は普通列車なので定期券や青春18きっぷとの併用も可能。今日は満員電車に乗りたくない、ちょっとプチ贅沢しょうかなと思ったときに、定期券や青春18きっぷにグリーン券を買い足すだけで乗車できるのも手軽で便利です。

また、同一方向なら複数の普通列車のグリーン車を乗り継いでも、1枚のグリーン券で大丈夫という特例もあるので、いちいち買い足す必要もありません。ただし改札を出ないという条件がありますのでご注意ください。

グリーン車のおすすめポイント:② 快適さ

常磐線の特別快速を含め、首都圏を走る快速列車や特別快速列車の普通列車グリーン車は指定席ではなく自由席ですから、電車に乗ってから座りたい席を自由に選べます。座席もリクライニングを含め、座り心地も特急列車の自由席並みのクオリティがあります。

特急列車では普通ですが、普通列車にパーソナルテーブルが付いているのも画期的。移動時間を利用して食事をしたり、PCで仕事もできます。席の移動も可能で、長距離移動ならなおさらこのサービスは快適そのもの。

また、家族やグループでの移動なら、椅子を回転させてボックスシートになるのも嬉しいポイント。たとえ日帰り旅行でも、向かい合って座ると何となくウキウキしてしまいます。トイレと洗面台が完備されているのも長距離移動時は安心できますね。

常磐線を含む普通列車グリーン車では、グリーン車専属の乗務員「グリーンアテンダント」が配置され、車内販売があります。車内販売で販売されているものは、お茶、ジュースなどの飲み物、ビール、チューハイなどのお酒、ドーナツ、菓子パン、お菓子などです。

グリーン車利用時のコツ:① 座れなかったら払い戻し可能

ここからは、グリーン車を利用するときのちょっとしたコツをご紹介しましょう。意外に知らない人も多いようなので、これを頭の片隅に入れておくと何かのお役に立つかもしれません。まずは、座れなかったら払い戻しができるということです。

休日はほとんどないのですが、グリーン券を買ったのはいいけれど、満席で座れそうにない場合があるかも知れません。特に朝夕の通勤ラッシュ時間帯をはじめとする午前中の上り列車、夕方以降の下り列車、お盆、GWなど繁忙期で満席になる可能性があります。

座りたい、ゆっくりしたいという気持ちでグリーン券を買ったのにがっかりですよね。そんな時でもあきらめてはいけません。まずグリーンアテンダントに申し出て、グリーン券を使用しなかった証明書・不乗車証を発行してもらいます。

残念ながらその場では手続きがされず一般車両に移動したうえで、当日内にみどりの窓口で払い戻しを受けることができます。注意すべきは必ず車内で証明書を受け取ること。これがないと払い戻しされません。また、座れずデッキや通路に立っていてもグリーン車料金がかかります。

グリーン車利用時のコツ:② 賢い乗車方法

グリーン券は1つの列車に1枚必要になります。ただし首都圏エリアで普通列車のグリーン車を同一方向へ乗り継ぐ場合は、1枚のグリーン券で乗れるという特例があります。例えば総武線と東海道線を使う場合、途中乗り継ぎが必要になりますが、この間、ずっと1枚のグリーン券でグリーン車で行くことができます。

ただしこれには条件があり、乗り継ぎは改札を出ないこと、そして同一方向への乗り継ぎであることです。一度改札を出てしまうと、乗り継ぎ前までのグリーン券は無効になりますので、乗り継ぎ後再度グリーン券が必要になります。

また、グリーン車の料金区分をうまく使えば、賢く乗車できます。前に記載したとおり、平日と土祝日、事前購入と車内購入、50キロを境目にした距離で料金が変わります。平日に乗るか休日に乗るかはメリットがまったく異なり、購入時期は、事前購入のほうが断然お得なのは明らかです。

そして距離ですが、乗車する距離にもよりますが、50キロを境目にしているということは、50キロ以内の駅で普通車に移動すれば220円お特になるということです。走行距離の確認もできるので、一度試してみてもいいかも分かりませんね。

グリーン車はこんな人におすすめ

常磐線は通勤・通学の足として、多くの人が利用する路線。グリーン車はそんな朝夕のラッシュ時でも普通車両よりも確実に人は少なく、どうしても座ってゆっくり寛ぎたい、プチプレミア感を味わいたい人におすすめ。

また仕事の移動時には、打ち合わせや事前準備など、普通車両よりドアの開閉や人の出入りが気になりにくく、揺れも少ないので落ち着いて仕事をしたり、読書に集中できます。学生なら通学時間が勉強時間になりますね。

常磐線は特急列車が運転されていることもあり、長距離利用者は普通列車グリーン車ではなく特急を使う人も少なくありません。ですので土休日は繁忙期を除けばとても空いています。時間はかかりますが、長距離の移動を楽しめる人には快適な旅です。

子供を連れて電車に乗ると、ほかの乗客に何かと気を遣うものですが、グリーン車両だとボックス席になるので家族だけの空間ができて子供も大喜び。土休日だと平日より空いていて、車窓からの景色を眺めながらの長旅も快適なものになりますよ。

常磐線のグリーン車に乗って快適な時間を

普通列車グリーン車の魅力は伝わりましたでしょうか。とにかくコストパフォーマンスが最強で、少しのお金でゆったりとした時間を買うことができます。疲れているときや、リフレッシュしたいとき、車内で仕事をしたいときなど、いろいろな活用の仕方があります。

普通列車ならではの自由さも魅力のグリーン車。さまざまな目的の人が利用できる列車です。SuicaやモバイルSuicaをダウンロードして活用すれば簡単にグリーン券を購入できるので、ぜひ利用してみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 吉祥寺のおすすめ自転車屋さん10選!街乗りからロードバイクまで

    この記事では吉祥寺の人気の自転車屋さんを紹介します。吉祥寺には自転車屋さんがたくさんあり、ロードバイクやクロスバイクなど種類も豊富に揃っています。自分に合っている自転車や欲しいタイプの自転車を見つけて、サイクリングを楽しみましょう。

  • 業務スーパーのおすすめカレー10選!忙しい時の味方、レトル...

    「カレー」と一言でいっても、日本のカレーやインドカレー、タイカレーなど各国独自のカレーや、辛いもの、甘いものなど、味の種類も様々ある時代になってきました。今回は、業務スーパーで買えるカレーの中でも、特に日々忙しい方におすすめしたい、人気の、そしてお得なレトルトや缶詰カレー10選をご紹介します。

  • 業務スーパーの人気おすすめお菓子20選!美味しいお得な商品...

    プロや飲食関連の方だけでなく、一般のお客様にもぜひ一度は試してほしい、業務スーパーだからこそお得に購入できるお菓子や、業務スーパーならではの特盛パッケージのお菓子、業務スーパーじゃないと手に入らないお菓子など、厳選したおすすめの、美味しくてお買い得なお菓子を20選ご紹介致します。

  • 魚べいの定番人気メニュー20選!店内でもテイクアウトでもど...

    魚べいの人気メニューを案内します。格安の回転すしチェーンの中でも魚べいは、コスパの良い店として人気があります。定番メニューを中心に限定でも特に人気が高いものや、サイドメニューも含めて20アイテム厳選しました。ひとつずつ紹介していきます。

  • キャンプで大学生に人気の遊び20選!遊び倒して一生の思い出...

    大学生に人気のキャンプでの遊び20選ご紹介!定番の遊びはもちろん、あっと驚くような遊びまで幅広く掲載しています!おすすめのキャンプ場情報も!

  • 『孤独のグルメ』の実在するお店10選!聖地を巡って絶品料理...

    人気ドラマ「孤独のグルメ」に登場したおすすめの10店舗を紹介!それぞれのお店の詳細や、ドラマで登場した料理もすべて掲載しています!

  • クロスバイク用ハンドルのカスタム10選!自分仕様に使いやす...

    クロスバイクは近年ダイエットや趣味として乗る人も増えてきました。シティサイクルよりもスピードは出ますが、その分ハンドリングやセッティングも慎重にならなければいけません。そこで今回はハンドル付近のセッティングを中心に、クロスバイクの豆知識を10個紹介していきます。

  • 銭湯に持っていきたいアイテム10選!あると便利なアイテムを...

    銭湯に持っていくと便利な持ち物を紹介します。銭湯へ行ったものの、「持って来ればよかった」と後悔したことはありませんか?せっかくのリラックスタイムを台無しにしないために、定番なものから細かいものまで、銭湯に持っていくと便利なアイテムをこちらの記事でチェックしましょう。

  • コストコのおすすめ隠れ人気商品20選!絶対に損しないアイテ...

    世界11ヶ国、そして1999年に日本に初めて店舗を展開した会員制倉庫型店「コストコ」は、世界の会員数約10,200万人を誇る人気ショップです。食品や電化製品、自動車関連商品、衣類、宝飾品など多くのジャンルを取り扱い、高品質、低価格がウリのコストコで「隠れ人気」商品を20選ご紹介致します。

  • ロマンスカーの料金を徹底解説!乗るために知っておくべきこ...

    新宿から箱根を走るロマンスカー。車両も豊富で箱根湯本まで乗り換えなしで行くことができ、新幹線と比べると手ごろな料金ながら快適な乗り心地が魅力です。そんなロマンスカーの料金やチケットの購入方法、乗る際のポイント、さらに箱根旅行におすすめの観光ルートもご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事