キャンプで大学生に人気の遊び20選!遊び倒して一生の思い出を作ろう

482

views

0

大学生に人気のキャンプでの遊び20選ご紹介!定番の遊びはもちろん、あっと驚くような遊びまで幅広く掲載しています!おすすめのキャンプ場情報も!

キャンプで大学生に人気の遊びをご紹介

近年ますます盛り上がっているアウトドアアクティビティといえば、キャンプですよね。最近ではグランピングという、アウトドアが苦手な方でもホテル感覚で楽しめるキャンプも人気となっています。道具も様々なものがレンタルできるので、リーズナブルに楽しめるということもあり大学生など若い方にも人気となっているようですよ。今回は、大学生におすすめのキャンプ遊びを20選ご紹介します!昔ながらの遊びはもちろん、最近流行っている遊びまで幅広く掲載!さらに意外な遊びもたくさんあるので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

大学生に人気のキャンプの遊び1:焚き火

最初にご紹介する遊びは、焚火です。キャンプと言えば焚き火は欠かせないですよね。子どもの頃に林間学校などでキャンプファイヤーをして楽しかった思い出を持つ方も多いのではないでしょうか。あそこまで大掛かりな焚き火をするのは大変ですが、コンパクトな焚き火台を用意して楽しむ程度であれば気軽に行うことが出来ますよ。炎の揺らめきを眺めていると、不思議と心が落ち着くものです。お友達と普段はなかなか話すことが出来ないぶっちゃけトークが出来るかもしれませんね。仲のいいお友達とさらに親睦を深めることが出来そうな遊びです。

近年のキャンプ人気にあやかり、さまざまな焚き火台がたくさんのメーカーから発売されています。ソロキャンプで使うようなコンパクトなものから、大きなダッチオーブンを使った調理が出来そうな大きいものまで、様々な形のものがあります。焚き火を純粋に楽しみたいときは、円筒型の焚き火台がおすすめ。中で空気が循環するように作られているので、燃焼効率がとてもよく火が点きやすいです。しっかりとした薪が用意できないときでも、林や森に落ちている小枝や松ぼっくりを集めるだけで焚き火を楽しむことが出来ますよ。リーズナブルに楽しめるキャンプ遊びです。

大学生に人気のキャンプの遊び2:スラックライン

次に紹介するのは、スラックラインです。スラックラインとは、木や柱などに固定したロープの上を歩いたり飛び跳ねたりするスポーツ。ロープはとても弾力があるので、上達するとトランポリンのようにピョンピョンと飛び跳ねることが出来ます。大人から子供まで、年齢や性別に関係なく幅広い世代が楽しめるスポーツとして、近年競技人口を増やしているみたいですね。もちろん、いきなり上級者のように飛び跳ねることは難しく、最初はロープの上を歩くこともできないかもしれません。でも、ロープの上に乗っているだけでも不思議と笑顔がこぼれて楽しめること請け合いです。

高まるスラックライン人気を受けて、一部のキャンプ場ではスラックラインを常設している場所もあるようです。特に人気なのが、千葉県夷隅郡にある大多喜わんぱくキャンプ場。初心者の方でも楽しめるように、スラックラインの上に手でつかめる補助ロープも併設しています。この補助ロープをうまく使えば、初めてでも飛び跳ねたりロープの上を歩いたりすることが出来そうですね。遊びで始めたつもりが、気が付けば熱中してしまう人も続出しているとか。お友達同士で遊べば盛り上がること間違いなしの遊びですね。自然の中で気持ちよく汗をかいて楽しみましょう。

大多喜わんぱくキャンプ場
住所:
千葉県夷隅郡大多喜町平沢1281−6
定休日:
不定休
アクセス:
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・市原鶴舞ICより車で約30分。

大学生に人気のキャンプの遊び3:スイカ割り

次に紹介するおすすめキャンプ遊びは、スイカ割りです。昔からある夏の定番の遊びですが、改めて試してみてはいかがでしょうか?特に川の近くにあるキャンプ場であれば、スイカを川で冷たくしておくことが出来ます。川の水で冷やしたスイカはひんやりとして、普段食べるスイカの何倍もおいしく感じるかもしれませんね。また、スイカ割りも大人になってから真剣にやるのも楽しいかもしれません。例えば、男女ペアになって先に割ったチームが勝ちというゲーム性を持たせるのもいいでしょう。キャンプでスイカ割りという非日常な雰囲気が、もしかしたら男女の距離を近づけるきっかけになるかもしれませんね。

スイカの名産地として知られている山形県・尾花沢市では、スイカ割りの公式ルールというものを設けているようです。その一部を抜粋すると次のようになります。競技者とスイカの距離は7メートルで、場所は芝生か砂浜が好ましい。使う棒は長さ1メートル20センチ以下のものとする。スイカは国産のスイカを使用する。以上がその一例です。今まで深く考えたことがなかった方が多いと思うのですが、改めてスイカ割りをスポーツのように真剣に取り組んでみるのも楽しいかもしれませんね。スイカ割りの様子を動画や写真に撮って残すのもいいでしょう。

大学生に人気のキャンプの遊び4:ヨガ

次に紹介するキャンプ遊びは、ヨガです。心身ともに整えるという意味では、大自然のマイナスイオンを感じながらヨガをするのは理にかなっていると言えるかもしれません。また、一人で始めるのは少しハードルが高いかもしれませんが、お友達と一緒なら始めやすく、楽しい時間を過ごせそうです。ただ、ヨガをするといっても何をしたらいいかわからない、という方もいるでしょう。そんなときは、YouTubeなどの動画配信サイトを活用してみてください。検索すれば、さまざまなヨガ動画が配信されています。なかには一緒にヨガをすることを前提に作られている動画もあるので、それを見ながら見様見真似でやってみてもいいですね。

また、ヨガ体験を提供しているキャンプ場も日本にいくつかあるようです。河口湖付近にあるキャンプ場・RetreatCamp まほろばもその一つ。ここでは、毎週日曜日の朝7時からヨガ教室を開催しているとのこと。キャンプ場に宿泊している人であれば、だれでも参加が可能です。富士山のふもとという気持ちのいい環境の中で、のびのびと身体を伸ばすことが出来そうです。ヨガをする際はヨガマットがあればいいですが、もしなくてもレジャーシートやテント内で使うマットで代用することも出来ます。

RetreatCamp まほろば
住所:
山梨県南都留郡富士河口湖町河口山宮2553
電話番号:
090-4128-6066
定休日:
不定休
アクセス:
中央道・河口湖ICから20分

大学生に人気のキャンプの遊び5:Nintendo Switch

次に紹介する遊びは、ニンテンドースイッチです。キャンプ場でテレビゲーム?と疑問に思うかもしれませんが、あえてアウトドアで大勢で楽しむのも楽しいですよ。特にニンテンドースイッチはモニターが付属していて、屋外に持ち出すのもとても簡単。さらに携帯ゲーム機とは違い画面とコントローラーを切り離せるので、大勢で楽しむのにもピッタリなんです。いつも一人やっているゲームも、みんなと一緒に大自然の中で遊ぶとまた違った印象で新鮮に楽しめること間違いなしです。

また、ニンテンドースイッチには身体を動かして楽しむゲームもたくさんあります。家の中だと騒音や振動が気になって思いっきり遊べないゲームでも、アウトドアなら一切気にせず思いっきり身体を動かせますよね。大人気の「リングフィットアドベンチャー」や、ボクササイズを体験できる「フィットボクシング」は、まるでテレビのバラエティ番組のようにみんなで盛り上がることが出来ます。また、ミニゲーム集「ワンツースイッチ」は、普段ゲームに慣れていない方でもすぐに遊べる内容となっているので、老若男女を問わずみんなで楽しめること間違いなしですよ。

大学生に人気のキャンプの遊び6:鬼ごっこ

次に紹介するのは、鬼ごっこ。誰もが一度は子どもの頃にやったことがある遊びだとは思いますが、大人になると遊ぶ機会はほとんどなくなりますよね。キャンプという非日常の空間で、改めてやってみるのはいかがですか?キャンプということで誰もが動きやすい恰好をしていると思いますし、広々とした空間は鬼ごっこにぴったり。個人戦でもいいですし、チーム戦にしても面白くて、よりお友達との仲も深まるかもしれませんね。負けたチームに罰ゲームを設定すれば、真剣度が増してより盛り上がるかもしれませんよ。

ご存じの方も多いかと思いますが、鬼ごっこには様々なルールがあります。鬼が高いところに上がることが出来ないルールの「高鬼」、鬼にタッチされたら動けなくなり、仲間にタッチされると再び動けるようになる「氷鬼」、鬼が特定した色に触っていれば負けにならない「色鬼」など、調べると本当に多彩なルールが出てきます。子どもの頃は単純に足の速さや運動神経だけがものを言っていましたが、大人になれば頭を使ってうまく切り抜けることが出来そうです。慎重に戦略を考えて勝利を目指す、そんな真剣な鬼ごっこをするのも楽しいかもしれませんね。

大学生に人気のキャンプの遊び7:肝試し

次に紹介するのは、キャンプの定番遊びともいえる肝試しです。森の中にあることが多いキャンプ場ですので、夜になれば暗くなり、動物や虫の鳴き声が聞こえるようになるので、自然と肝試しの環境が整いますね。男女ペアでただ夜の森を歩くだけでも、かなりスリリングな体験になること間違いなしです。吊り橋効果もあり、二人の仲も急激に接近することが出来るかもしれません。また、道中に脅かし役の人を設置するのも楽しいですよ。驚いた瞬間の写真や動画を撮影しておけば、その後にみんなで鑑賞する楽しみも出来ます。思い出作りにぴったりの遊びといえますね。

そんな肝試しを売りにしているキャンプ場があります。埼玉県秩父市にある、つちうちキャンプ場もそのひとつです。こちらのキャンプ場の公式ホームページには、遊びの提案として肝試しが掲載されています。どうやら、キャンプ場の近くにある県道で何かが起こるようです。心霊スポットなのか、何かしらのオブジェが置いてあるのか…。その真相までは明らかにされていません。ただでさえ涼しい秩父の夜が、より一層涼しくなること間違いなしのようです。ぜひその真相は、実際に気肝試しを行なって確認してみてくださいね。

つちうちキャンプ場
住所:
埼玉県秩父市大滝 4011-1
電話番号:
0494-55-0137
定休日:
なし
アクセス:
【西武バス】大滝総合支所前バス停下車→徒歩15分

大学生に人気のキャンプの遊び8:散歩

次に紹介する遊びは、散歩です。散歩なんてわざわざするものでもないんじゃないかと思われる方もいるかもしれません。しかし、せっかくキャンプに来たのならぜひ散歩をしてみてほしいです。森の中を歩くと、木々の匂いや鳥のさえずりなど、普段の都会の暮らしでは感じられないような様々な要素を五感を使って感じ取ることが出来ます。きっと心身ともにリフレッシュをして元気になれること間違いなしですよ。お友達同士で散歩をするのももちろんおすすめ。普段なかなか話すことが出来ないことや相談事などを、歩きながら話すのもいいですよね。

また、多くのキャンプ場では遊歩道が整備されています。散歩そのものを売りにしているキャンプ場もあるようですよ。中でも、沖縄県にある比地大滝キャンプ場には、片道40分の遊歩道が用意されているとのこと。その行き着く先には、比地大滝という有名なパワースポットに繋がっています。中間地点には赤くて大きな吊り橋があり、雄大な川の流れを上から眺めることも可能。40分の道のりを一切飽きずに楽しむことが出来そうですね。珍しい動植物もたくさん観察できるようなので、一年を通してたくさんの方が訪れている人気スポットとして知られています。

比地大滝キャンプ場
住所:
沖縄県国頭郡国頭村 字比地781-1
電話番号:
0980-41-3636
定休日:
なし
アクセス:
沖縄自動車道、許田ICから約36km

大学生に人気のキャンプの遊び9:花火

次に紹介するキャンプ遊びは、花火です。夏のアクティビティといったら、まず花火が思い浮かびますよね。花火大会などで楽しむ大掛かりな打ち上げ花火ももちろんいいですが、たまには手持ち花火をしてみるのもおすすめ。花火自体を楽しめるのはもちろんですが、動画や写真撮影をして楽しむことも人気なんです。様々なスマートフォンアプリを活用すれば、とても幻想的な写真や動画を撮影することが出来ます。各種SNSに投稿するのもいいですね。ただし、キャンプ場によっては花火が禁止のところもあるようです。必ず事前に確認をして、花火禁止のキャンプ場では決して行わないようにしましょう。

また手持ち花火を使って、ちょっとした花火大会を開催してみるのはいかがでしょうか。起承転結を意識して花火を用意すると、より本格的な花火大会になりますよ。まずは高さのある吹き出し花火を使って華やかに開幕。みんなできれいな花火を眺めましょう。その後は手持ちの花火を各自で楽しみます。きっといい笑顔をしていると思うので、写真撮影のチャンスですよ。その後は大掛かりな打ち上げ花火をしてみてはいかがでしょうか。最近は市販のものでも、かなり迫力がある打ち上げ花火を楽しむことが出来ます。そして、最後は線香花火でしんみりと終えましょう。

大学生に人気のキャンプの遊び10:天体観測

次に紹介する遊びは、天体観測です。宿泊するキャンプの大きな楽しみの一つは、雄大な星空を眺めることですよね。比較的都心に近いキャンプ場でも、周囲に人工的な光がないところであれば美しい星空を楽しめることが多いんですよ。もちろん、山奥や自然の中にあるキャンプ場であれば、より一層たくさんの星を眺めることが出来ます。また天体観測というと、立派な望遠鏡を使って行うものという印象がありますが、望遠鏡がなくても十分可能です。ただ星空を眺めてもいいですし、星座表などを用意しておけばどこにどんな星があるのかを確認できてより楽しめそうですね。

天体観測を楽しむのに特におすすめのキャンプ場は、神奈川県の小田原にあるRECAMP おだわら。このキャンプ場はとあるポリシーを持って運営されています。そのポリシーとは、キャンプのあり方を「再発見」「再定義」「再価値化」をするというもの。改めてキャンプを通して得ることが出来る経験や知識を大切にしているキャンプ場のようです。都心部からも近いキャンプ場ですが、周囲は自然に囲まれた最高のロケーションが人気となっています。天気が良ければ壮大な星空を楽しむことができるので、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

RECAMP おだわら
住所:
https://www.recamp.co.jp/odawara
電話番号:
0465-24-3785
定休日:
不定休
アクセス:
小田原厚木道路 荻窪ICより5分

大学生に人気のキャンプの遊び11:カードゲーム

次に紹介するおすすめキャンプ遊びは、カードゲームです。キャンプと言えば体を動かす遊びがまず思いつくかと思いますが、日が暮れてからはそういった遊びはなかなかできなくなります。暗くなって夕飯も終えた後は、することがなくなって退屈してしまうこともあるかもしれません。そんなときは、カードゲームで遊んでみるのはいかがでしょうか?荷物にもならないのでバッグの隅に忍ばせておけば、いざというときに役に立つこと間違いありません。焚き火を囲み、お酒を飲みながら遊ぶカードゲームは、いつもよりも少し大人っぽく感じられそうですね。

特におすすめのカードゲームは、やはりトランプです。1セット持っておけば、ババ抜き、七並べ、大富豪、神経衰弱などなど、さまざまな遊びをすることが出来ますね。また、手品を覚えておけば、仲間内で盛り上がること間違いなしです。リーズナブルなお値段で購入できるので、1セット用意しておけば何かと便利ですよ。またもう一つのおすすめは、UNO(ウノ)というカードゲームです。こちらも昔からあるゲームなので、ほとんどの方が知っているのではないでしょうか。単純なルールながら、運と技術両方が試される奥の深いゲーム性は世界中で人気となっています。

大学生に人気のキャンプの遊び12:フリスビー

次に紹介する遊びは、フリスビーです。誰もが一度はやったことがある遊びではないでしょうか。比較的広い場所が必要な遊びなので、普段は遊びたくてもなかなか遊ぶ場所が用意できないこともありますよね。その点、キャンプ場であれば広々とした場所で思いっきりフリスビーを楽しむことが出来ます。またフリスビー自体もいろいろな材質のものが用意されているんです。昔ながらのプラスチック製のものから、布製でできたもの、コンパクトに折り畳みが出来るものなど、一昔前では見かけなかった様々なフリスビーが販売されています。アウトドアショップでも取り扱っているお店が増えてきているようですね。

フリスビーというと、キャッチボールのようにのんびりと楽しむ印象を持っている方が多いかもしれません。しかし、フリスビーは本格的なスポーツとしても知られているんです。サッカーやハンドボールのようなルールで行われていて、そのスピーディな試合展開には驚くこと請け合い。これまでのフリスビーのイメージが変わると思います。キャンプ参加者が大人数のときは、思い切って試合形式にしてフリスビーをしてみるのもいいかもしれませんね。思わず熱くなってしまうかもしれませんよ。

大学生に人気のキャンプの遊び13:バドミントン

続いてご紹介する遊びは、バドミントンです。こちらも定番のアウトドア遊びと言えるかもしれませんね。ボールではなく、シャトルと呼ばれる羽を使って行うスポーツですので、ボールが当たったりどこかへ飛んでいったりする心配がないので安心して遊ぶことが出来ます。スポーツが苦手な方でも親しみやすい競技なので、仲間内でわいわい楽しむのにぴったりだと思います。ラケットやシャトルも本格的なものは高価ですが、ディスカウントショップなどに行けば安価なものが手に入ります。比較的軽い荷物なので、気軽にキャンプに持っていくことが出来ますね。

キャンプ場でバドミントンを遊ぶ場合は、当然ながらコートは用意されていないことがほとんど。そのため本格的な試合をするのは難しいかもしれません。そのようなときは、少し変わった遊び方で楽しんでみてはいかがでしょうか。例えば、しりとりをしながらシャトルを打ち合うという遊び。しりとりに失敗しても、シャトルをうまく打ち返せなくても負けというゲームはいかがでしょう。頭と身体を同時に使うので、思った以上に上手くいかずに盛り上がること請け合いです。バドミントンが苦手な人でも、しりとりでうまく相手を追い込むことが出来れば勝つことが出来そうですよね。

大学生に人気のキャンプの遊び14:ボードゲーム

次にご紹介する遊びは、ボードゲームです。通常であれば屋内で遊ぶことが多いボードゲームですが、アウトドアで遊ぶのも新鮮で楽しいですよ。大掛かりなものですとかさばって荷物になってしまうかもしれませんが、ボードゲームの中にはコンパクトなものも用意されています。例えば、おなじみの人生ゲームは持ち運び用のスマートサイズのものが用意されているんです。またボードゲームは人数が多いときでもみんなで楽しみやすいのがポイント。ペアを組んで大勢で楽しむのもいいかもしれませんね。

特におすすめのボードゲームは「パンデミック」というもの。その名の通り、伝染病が世界中に広がるのを防ぐという内容のゲームです。このゲームの特徴は、対戦ではなく参加者全員が協力するというところ。参加者全員が手を組んで、ゲームオーバーにならないようにするという、これまでにあまりなかったゲーム性が人気となっています。参加者はそれぞれ異なった役割を担うので、全員が同じ方向を目指さないとすぐにゲームは終了してしまいます。仲のいいお友達同士で遊ぶとかなり盛り上がりそうですよ。対戦型のように誰かを陥れることがないので、平和主義の方に特におすすめのボードゲームです。

大学生に人気のキャンプの遊び15:ダンス

次に紹介する遊びは、ダンスです。ダンスなんて恥ずかしくてできないなんて思う方もたくさんいるかと思いますが、実はキャンプでは割と定番の遊びなんです。昔からキャンプファイヤーのときにフォークダンスなどが楽しまれてきました。最近ではTikTokをはじめとする様々な動画コミュニティサイトが盛り上がっていることもあり、ダンスの敷居が下がってきていますよね。キャンプの楽しい思い出作りになること間違いなしです。大自然やテントの前で踊れば、SNS上でもかなり目立つのではないでしょうか。

でもいざダンスをしようと思っても、どんな曲で何を踊ればいいのか迷ってしまうかもしれません。そこでここでは、おすすめのダンス曲をご紹介します。誰でも踊れて楽しめる曲と言ったら、星野源の「恋」です。「恋ダンス」と呼ばれ社会現象を巻き起こしたこのダンスは、比較的激しい動きが少ないので初心者の方にもおすすめ。少し練習すれば誰でもそれなりに踊れるようになります。また、初心者向けの簡単な振り付けも用意されているようです。お友達同士で踊って撮影をすれば、かなり盛り上がることでしょう。焚き火の前で踊るのも楽しそうですよね。

大学生に人気のキャンプの遊び16:縄跳び

おすすめのキャンプ遊び、続いては縄跳びをご紹介します。子どもの頃は誰もがやったであろう縄跳びですが、大人になるとなかなかやる機会がないですよね。キャンプのような非日常のときは、このような普段やらないことにチャレンジするいい機会です。二重飛びや後ろ飛びなど、いろいろな技を練習するのもいいですし、制限時間内に誰が一番たくさん飛べるかを競うのもいいでしょう。また、人数がたくさんいるのであれば、大縄跳びもおすすめ。子どもの頃のように夢中になれること間違いなしです。

また、縄跳びの腕に自信がある方はダブルダッチに挑戦してみてはいかがでしょうか。ダブルダッチとは、二つの縄跳びを使う遊び。日本の縄跳びを同時に飛ぶなんて難しいと思われますが、コツを掴めば意外と簡単に飛べるんですよ。慣れればすごい速さで飛んだり、飛びながらダンスをしたりと、色々なテクニックを磨くことが出来るのも魅力ですね。また飛ぶ人にばかり注目が行きがちですが、実は縄を回す人が重要。お友達同士で交代で練習すれば、キャンプが終わるころにはとても上手になっているかもしれません。

大学生に人気のキャンプの遊び17:ドローン

次に紹介する遊びは、ドローンです。ドローンとは、ラジコンのように操作が出来るヘリコプターに似た飛行物体。ここ数年ですっかり市民権を得た遊びですね。一度は遊んでみたいと思っている方はたくさんいるかと思いますが、なかなか都心部では遊ぶ場所が見つからないですよね。キャンプ場のような広い場所であれば、思いっきりドローンを飛ばすこともできそうです。ただし、ドローンの使用を禁止しているキャンプ場も一部ありますので、必ず使用前に確認をするようにしてください。

ドローンの種類によっては、カメラが内蔵してあるものもあります。これを使えば、ドローンの主観視点で操作が出来るので、かなり臨場感のある操作が出来そうです。またカメラを使って撮影ができるタイプもあります。頭上や高い位置からなど、通常のカメラでは撮影できないアングルから記念写真や動画を撮影するのも楽しそうです。ドローンを使えば、いつもとは違ったものが発見できたり、SNS映えする写真を撮影したりすることが出来るかもしれません。もちろん、操作自体も楽しいので盛り上がること間違いなしです。

大学生に人気のキャンプの遊び18:水鉄砲

川の近くのキャンプ場に行くのであれば、水鉄砲は忘れずに持っていきたいですね。暑い季節限定になりますが、水鉄砲を使った遊びは間違いなく盛り上がる鉄板アイテムと言えます。100円ショップや300円ショップに行けば、かなり大きなものも購入可能です。背中に水のタンクを背負うタイプなどもあるので、写真撮影用のアイテムとしても使い勝手がよさそうですね。映画「ランボー」のように水鉄砲を3つも4つも持って暴れまわったり、遠くからスナイパーのように狙ったり、まるでサバイバルゲームのような遊びをすることが出来ますよ。

おすすめの水鉄砲は、アメリカのおもちゃメーカー「ナーフ」が販売している「スーパーソーカー サンダーストームブラスター」というもの。かなり物々しいこの水鉄砲の特徴は、なんと電動式なところ。引き金を引くだけで強力に水を噴射してくれます。水をためておくタンクは外付け式なので、誤って水の中に落として故障してしまう心配もありません。こっそり買っておいて、お友達を驚かせることが出来る商品ですね。

大学生に人気のキャンプの遊び19:ツイスターゲーム

次に紹介するのは、ツイスターです。ツイスターとは、両手足をルーレットで指定された色のマスに置いていくゲーム。大人から子供まで誰でも楽しめるゲームとして、昔から世界中で人気の遊びです。知ってはいるけど実際に遊んだことがないという方もたくさんいるのではないでしょうか。家で遊ぶのは場所の問題があり難しいことも多いですが、キャンプ場であれば何も気にせず思いっきり楽しむことが出来そうですね。少しお酒が入った状態で遊ぶと、いつもよりも少し大胆になって、より場が盛り上がるかもしれません。

ツイスターゲームはどんな人でも楽しめますが、身長が高い人のほうが有利な傾向にあります。なので、背が高い人にはハンディキャップを付けるのもおすすめ。二マス以上離れたマスに手足を置くなど、少しのハンデでもかなり接戦になりますよ。また気心が知れた仲間内であれば、男女で勝負をするのもいいでしょう。もしかしたら気になる人との距離をぐっと縮めることが出来るかもしれませんね。ゲーム中は無理なポーズをすることもあるので、その様子を写真や動画に撮っておくのもおすすめ。きっといい思い出になることでしょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 「君の膵臓をたべたい」のロケ地10選!人気映画のおすすめロ...

    「君の膵臓をたべたい」は、回想シーンと現在のシーンをうまく利用して作られた名作。ロケ地も複数の都道府県にまたがり見どころが十分です。数多くある中から、訪問したい場所だけを10か所厳選し、ご紹介します。

  • 業務スーパーで手に入る人気のお肉20選!定番のお肉からチル...

    業務スーパーは、安くて量の多い品を手軽に購入できるスーパーマーケットです。冷凍商品やPB商品、さらにはチルド商品まで日本だけでなく、世界中の品を購入できるスポットでもあります。今回は業務スーパーの肉商品でおすすめの品をご紹介していきます。

  • 関東のおすすめ道の駅15選!人気のお土産や地元の食材もご紹介

    街の特徴を色濃く表している「道の駅」は、関東エリアだけでも数え切れないほどあります。数多くの道の駅では、地元おすすめのお土産や特産品などが販売され、どの商品もお客さんの足を止めてしまうほどのものばかりです。そちらを踏まえた上で、関東で人気おすすめの道の駅を15ヵ所ご紹介します。

  • 業務スーパーで手に入るおすすめ調味料20選!定番レシピと合...

    お料理の成功のポイントといえばやっぱり調味料ですよね。そして簡単に時短で美味しい料理が作れる味付け用のソース系調味料や、基本の料理に隠し味のように加える調味料など様々なものがあります。今回は業務スーパーで手に入るおすすめの調味料を20選、そしてその調味料を使ったおすすめレシピをご紹介します。

  • 新千歳空港でお寿司が食べられるスポット7選!アクセス方法や...

    北海道の玄関口として有名な新千歳空港ですが、おいしいお寿司を食べられるのをご存じですか?新千歳空港でお寿司が食べられるスポット7選を紹介します。アクセス方法やおすすめメニューもあるので、ぜひ新千歳空港でお寿司を食べてみてください。

  • 六本木ヒルズ周辺のおすすめカフェ15選!お洒落なスポットを...

    六本木ヒルズ周辺は、ビジネス街として有名ですが、おしゃれなカフェが多くあります。六本木ヒルズ周辺のおすすめカフェ15選を紹介します。自家製のスイーツや自家焙煎のコーヒーなど魅力的なカフェが満載です!店内の情報やメニューなどを詳しく説明しますので、ぜひチェックして訪ねてみてください。

  • 「あなたの番です」に登場するロケ地10選!人気ドラマのロケ...

    人気ドラマ「あなたの番です」のロケ地を、10箇所紹介!シーン別にピックアップしています。「あなたの番です」を観ていた方は、あらすじとシーンを思い出しながら、まだの方は、印象的な撮影ロケ地をピックアップしていますので、ぜひチェックしてみてください。ロケ地巡りもオススメです。

  • 街乗りに最適なBMX15選!競技スポーツだけでなく街乗りでも注...

    街乗りに最適なBMX15モデルを紹介!それぞれのモデルの特徴や、ブランドの説明なども詳しく掲載しています!

  • ワークマンでおすすめのアウトドアウエア・用品10選!丈夫で...

    作業着やユニフォームなどワークシーンのイメージのある「ワークマン」、ここ数年、ワークマンのアウトドアウェアやスポーツウェアだけでなく、日常でも使える衣類、高機能で高品質な商品、女性にも人気のおしゃれなアイテムや、お手頃価格の商品がたくさん登場しています。ワークマンのおすすめ商品10選をご紹介します。

  • キャンプでも家でも使えるアウトドアソファ20選!人気のブラ...

    近年の日本は空前のアウトドアブームが到来。そのため、多くのお店でテーブルやソファなどのアウトドア用品が販売されています。それを踏まえた上で人気ブランドのアウトドアソファを20個ご紹介します。

このエリアの人気記事