ソロキャンプにおすすめのテント20選!ソロキャンプの成功はテントにあり

891

views

0

ソロキャンプにおすすめのテントを一挙紹介!それぞれのブランドの特徴や、テントの長所、購入先も詳しく掲載しています!

ソロキャンプの最重要アイテム・テント

近年ますますの盛り上がりを見せているアクティビティ・キャンプ。中でも特に人気を集めているのがソロキャンプです。ソロキャンプとは、その名の通り一人で行うキャンプのこと。ワイワイと盛り上がることなく、黙々と自分のペースで自然を満喫できるところが人気を集めているようです。そしてキャンプの最重要アイテムと言えば、キャンプ中の我が家となるテント。ソロキャンプでは一人用の小型のテントが必需品となっています。そこで今回は、ソロキャンプの必需品である小型テントのおすすめのものを一挙20アイテムご紹介!非常に軽量なものから、組み立てが簡単なものまで、それぞれ異なる特徴を持つテントを紹介しています。ぜひ最後までお付き合いくださいね。

ソロキャンプにおすすめのテント 1:モンベル ムーンライトテント1型

最初にご紹介するのは、日本が誇るアウトドアメーカー・モンベルの「ムーンライトテント1型」というテントです。こちらのアイテムはモンベル史上最も支持を集めたといっても過言ではないほどのベストセラーアイテム。その名の通り、月明かりしかない場所でも簡単に設営できるテントとして知られていて、初心者でも簡単に組み立てることが出来ます。また日本のメーカーが作ったテントということもあり、湿気の多い日本の気候でも快適に使うことが出来るよう工夫されているところもポイント。生地は保水しにくく通気性も優れているので、雨期の使用もばっちりです。

またこのムーンライトテントは、販売開始から41年目となった2020年に初めてリニューアルが施されたことでも話題を集めました。その結果収納サイズと重量の大幅な改善に成功。特に重量は旧型と比べ30パーセント近くも軽くなったんです。テント本体はもちろん、ポール、フライシート、スタッフバッグなどすべての材料を見直して軽量化に成功したようですね。またこのテントは1型から4型まで幅広いサイズを展開。1型は一人用ぎりぎりのサイズ感となっているので、室内に荷物を置きたい方は二人用の2型の使用をお勧めします。伝統的なテントですが、今でも現役でキャンパーに親しまれているようですね。

モンベル
住所:
大阪市西区新町2丁目2番2号
営業時間:
11:00~20:00
電話番号:
06-6538-3896
定休日:
なし
アクセス:
心斎橋駅から徒歩15分

ソロキャンプにおすすめのテント 2:ザ・ノース・フェイス マウンテンショット2

次に紹介するのは、世界一のアウトドアメーカーとも名高いザ・ノース・フェイスの「マウンテンショット2」というテント。こちらは居住性の高さと軽量化の実現が特徴のモデルとなっています。また日本の気候に合わせて生産されたモデルですので、湿度の高い日本の寄稿家でも快適に使うことが出来ます。そして自立型のテントですので、初心者でも比較的設営が容易なところもポイント。出入口を2か所も受けているので、様々な状況で使い勝手が良さそうなモデルです。またソロテントですが、広々とした全室も設けてあります。簡単な調理などは全室で行うことが出来そうです。

テント本体には「15デニールリップストップナイロン」、フライシートには「20デニールリップストップナイロン」という素材を使用。これにより大幅な軽量化に成功しています。また軽いだけではなく、防水性や頑丈さもしっかり担保。過酷な環境下でも安心して使用できそうです。また室内もソロテントとしては広めにできているので、ザックなどの荷物もすべて室内に保管することが出来ます。荷物を外に出せば二人での使用にも対応しているようです。特筆すべきは、ポールの構造により実現した広々とした頭上スペース。室内での作業もストレスなく対応できそうです。

ザ・ノース・フェイス
住所:
東京都渋谷区松涛 2-20-6
電話番号:
03-3481-7201
本社情報

ソロキャンプにおすすめのテント 3:コールマン ツーリングドームST

お次に紹介するのは、コールマンの「ツーリングドームST」というモデル。コールマンは1900年ごろに設立したアメリカのアウトドアブランド。当初はガソリンランプ専門のメーカーでしたが、試行錯誤を繰り返しながらアウトドア全般を扱うメーカーへと成長していきました。こちらのモデルの最大の特徴は、リーズナブルな価格設定です。おおよそ1万円台で購入できるモデルですので、初心者キャンパーの最初のテントとして人気があります。もちろん価格が安いだけではなく、その性能も申し分のないものとなっています。

また設営が簡単にできるところも初心者の人気を集めています。誰もが最初は苦労するテント本体とポールの接続ですが、このモデルはポールとテントに色分けがしてあるため、一目見ればどこにポールを接続すればわかるようになっています。慣れれば10分程度で設営できますよ。また居住性の高さも人気の秘訣。一人用のソロテントとして販売していますが、大人二名の利用も、少し狭いですが対応しています。通常時は一人で広々と使用し、緊急時には二人で使用、なんて使い方もできそうですね。そしてカラーバリエーションが豊富なところも見逃せません。派手好きな方のためにカモフラージュ柄も用意されていますよ。

コールマン
住所:
東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル10階
電話番号:
03-6858-7400
本社情報

ソロキャンプにおすすめのテント 4:オガワ ステイシーST-2

お次に紹介するのは、オガワというメーカーの「ステイシーST-2」というモデルです。オガワは日本のアウトドアメーカーで、その歴史は100年以上もある老舗となっています。日本のメーカーとは思えないスタイリッシュなデザインのアイテムと、日本メーカーならではの安心感のある造りが多くのアウトドアファンから支持されているようです。ステイシーST-2はオガワの中でもベストセラーの製品として知られていて、小さなテントながら快適なキャンプが楽しめると頃が人気となっています。

ステイシーST-2は3本のポールを使ったシンプルな構造のテント。その為設営もスムーズに行うことが出来ます。悪天候時など、スピード感のある設営をしなくてはならない時にとても助かりますね。そしてこのモデルの最大の特徴は、広々とした前室があるところ。ソロテントとしては最大級の広さの全室と言えそうです。ちょっとしたタープくらいの広さがあるので、調理はもちろん、椅子を置いてのんびり過ごすなんて使い方もできます。重量は3.9キロと、ソロテントとしては決して軽くはありません。しかし、それを補うメリットがたくさんあるモデルです。

オガワ
住所:
東京都江東区南砂2-36-10 光陽ビル4F
電話番号:
03-6666-2935
本社情報

ソロキャンプにおすすめのテント 5:MSR エリクサー1

お次に紹介するのは、MSRというブランドの「エリクサー1」というモデル。MSRは「Mountain Safety Research」の頭文字を名前にしたブランドで、特に登山アイテムに特化していることで知られています。中級者以上のキャンパーに特に好まれている印象で、キャンプ場に行けばこのブランドのテントが必ず見かけるといってもいいほど浸透しています。アメリカ発のブランドということもあり、そのデザイン性の高さと、過酷な環境下でも耐えうるクオリティが人気となっているようですね。

エリクサー1はMSRの中でも特にコストパフォーマンスが高いテントとして知られています。2本のポールを丈夫で交差させることで、頭上にも広いスペースを確保。頭上にはギアポケットも装備。その為テント内での活動をとても快適に行うことが出来ます。そしてテント本体の生地にも特徴があります。他のテントと比べてとても分厚い素材を使用。岩場や雪上など、過酷な環境でもそう簡単に破れたり破損することがありません。総重量が1.7キロというところもソロテントとして有能ですね。

MSR
住所:
大阪府松原市天美東7-1-14
電話番号:
072-336-5900
本社情報

ソロキャンプにおすすめのテント 6:スノーピーク ランドブリーズ2

お次に紹介するのは、スノーピークというブランドの「ランドブリーズ2」というテントです。スノーピークは日本発のアウトドアブランドで、そのスタイリッシュなアイテムの数々は多くの熱狂的ファンがいます。キャンプ場に行くと、すべての装備をスノーピークのもので統一している方をよく見かけるくらいです。デザインのすばらしさはもちろんのこと、品質の良さも人気の理由のようです。テントも様々な種類のものを用意しており、その見た目のカッコよさと機能面が充実しているところが多くの支持を集めているようですね。

ランドブリーズ2は室内の気温の調整のしやすさが特徴的なモデル。入口はもちろん、反対側にも大きなベンチレーションを設けているので、空気の入れ替えや調整が容易にする事が出来ます。真夏のキャンプでも快適にテント内で過ごす事が出来そうですね。またテント下部にはマッドスカートを装備。冬場の地面から来る冷気をシャットダウンする事が出来ます。さらに別売りの専用グラウンドシートとインナーマットを使用することで、より快適に過ごす事が出来るとのこと。見た目のスタイリッシュさと、抜群の室内環境が自慢のモデルといえますね。

スノーピーク
住所:
東京都 千代田区 丸の内2丁目7番2号 JPタワー「KITTE」4階
営業時間:
11:00~20:00
電話番号:
03-6256-0855
定休日:
なし
アクセス:
東京駅から徒歩5分

ソロキャンプにおすすめのテント 7:テンマクデザイン パンダTC

次に紹介するのは、テンマクデザインの「パンダTC」というモデルです。テンマクデザインは日本発のブランドで、「今のニーズを具現化するもの」「これからのニーズを生み出すもの」の二つをコンセプトに活動を続けています。アウトドアで活動する人の視点に立った商品開発をしており、そのコンセプトに共感するファンがたくさんいる人気ブランドです。また商品の価格も比較的リーズナブルなものが多いのも特徴。アウトドア初心者でも手が出しやすいブランドというところも見逃せませんね。

パンダTCはテンマクデザインのテントの中でもベーシックモデルとして人気を博しています。昔ながらの三角の形をしたテントは女性にも人気だとか。そして特徴はTCという生地を採用しているところです。ポリエステルとは違い、生地がすれても「カサカサ」という音がほとんどしません。風が強い夜でも静かに眠る事が出来そうですね。またこの生地は比較的火に強いことでも知られています。テントの近くで焚き火や調理をするときにも安心して行う事が出来そうです。インナーテントを使わないで、タープのように使用することも出来るなど、幅広い使い方が魅力のテントとなっています。

テンマクデザイン
住所:
東京都八王子市南大沢1-22-16
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
042-670-7550
定休日:
なし
アクセス:
南大沢駅から徒歩5分

ソロキャンプにおすすめのテント 8:DOD カマボコテントソロ

次に紹介するのは、DOD(ディーオーディー)というブランドの「カマボコテントソロ」というテント。DODは個性的な製品を作り続けているアウトドアブランドとして有名です。もっと自由にキャンプを楽しもうというコンセプトを掲げ、他のブランドではまず見ないような個性的なギアの数々を発表し続けています。カマボコテントは、その名の通りかまぼこのような見た目をした奇抜なモデル。もともとは大人数用のテントとして人気を博していましたが、多くの要望に応えソロテントとして登場しました。

縦に長い独特な形が特徴のこのモデル。実は前室がソロテントとしては驚異的に広いんです。イスやテーブルを置いて二人で使うことも可能ですので、天気の悪い時には全室で調理を済ませることも出来そうですね。また全室部分はテントをメッシュにすることも出来るので、夏の暑い時期でも風通しよく快適に過ごす事が出来ます。逆に冬場にはジッパーを締めきって使えば風の侵入を防ぎます。テント生地は難燃のTC生地を使用。換気に気を付ければ前室で薪をすることも出来そうです。奇抜な見た目はキャンプ場でも目立つこと請け合いの、おすすめソロテントです。

DOD
住所:
福岡県福津市西福間4-10-10
電話番号:
0120-4649-56
定休日:
火曜日
アクセス:
福間駅から車で10分

ソロキャンプにおすすめのテント 9:クイックキャンプ ビートルテント

お次に紹介するのは、クイックキャンプの「ビートルテント」というテントです。クイックキャンプはアウトドア初心者でも安心してアウトドアアクティビティーを楽しめるようにするというコンセプトのもと活動をしているブランド。キャンプをもっと気軽に、もっと手軽にしていくことを目標としているようですね。ビートルテントもそのコンセプト通りの商品で、その設営の簡単さは初心者の方にぴったりのものとなっています。ワンタッチで設営できるので、わずか60秒で完成するというから驚き。悪天候時にもさっと設営して、すぐにテント内に避難できそうです。

また特徴は設営が簡単な事だけではありません。独自のサポートフレームを採用することで、居住性も大幅に向上しています。頭上の高さは90センチあり、ソロテントとしてはかなり広いです。テント内での着替えや作業も快適に行う事が出来そうですね。前室も小さいながら用意されていて、靴やちょっとした荷物を雨風から守る事が出来ます。また使用しているフレームは軽量のアルミフレームを採用。重くなりがちなワンタッチテントながら、総重量を3キロに抑えることに成功しています。バイクや自転車でのソロキャンプにぴったりのモデルといえますね。

クイックキャンプ
住所:
岐阜市金町 4-30 明治安田生命ビル6F
電話番号:
058-214-4586
本社情報

ソロキャンプにおすすめのテント 10:フィールドア キャンプドーム100

お次に紹介するのは、フィールドアーというブランドの「キャンプドーム100」というモデル。フィールドアーは株式会社クローバーという企業が運営している日本のアウトドアブランド。リーズナブルな価格でさまざまなアウトドアアイテムを取り揃えています。Amazonなどでも高評価を多数獲得しており、近年人気をますます高めているアウトドアブランドなんです。カスタマーサポートも充実していることで知られており、購入後も安心して使う事が出来ますね。

キャンプドーム100はソロキャンプにぴったりの一人用のテント。インナーテントは吊り下げ式となっているので、設営も比較的簡単にできるのが特徴となっています。内部は縦2メートル、横1メートルと広々とした造り。大人二名でも使用する事が出来そうですし、一人で使う場合も室内に荷物を置いても余裕がありそうですね。また前室も用意されているので、簡単な調理や荷物を置くことも可能。入口はD型の形をしているので、出入りもスムーズに行う事が出来ます。リーズナブルな価格で手に入るので、最初のテントとしてもおすすめです。

フィールドア
住所:
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-4-4 フィールド北参道6F
電話番号:
03-5772-1251
本社情報

ソロキャンプにおすすめのテント 11:ズィーパックス デュプレックス・テント

次に紹介するのは、ズィーパックスというブランドの「デュプレックス・テント」です。ズィーパックスは2005年に誕生したアメリカのアウトドアブランド。決して大きな企業ではありませんが、堅実な製品の数々は世界中のキャンパーに愛されています。創業者ももともとキャンプが大好きで、理想的なギアを追い求めるあまり自分で作り始めたのが創立のきっかけだとか。そのため使用する人の気持ちに寄り添った製品を数々生み出す事が出来るのかもしれませんね。

デュプレックス・テントの最大の特徴は、その軽量さ。なんと総重量はわずか550グラムというのだから驚きですよね。余計なパーツを排除して、最低限のパーツの身で構成されているから実現した軽量さのようです。その為見た目もとてもシンプル。ミニマルなデザインは多くの人々を魅了しているようです。テント自体の生地は向こう側がうっすら透けるほど薄いですが、頑丈さはしっかりと担保されています。また万が一の時のために、標準でリペアキットも付属しています。とにかく軽いテントが欲しい方におすすめのモデルです。

ズィーパックス
※現時点ではオンラインショップのみとなります。

ソロキャンプにおすすめのテント 12:ムラコ ラピードX1

次に紹介するのは、ムラコの「ラピードX1」というテントです。ムラコは日本発のアウトドアブランドで、もともとは金属加工の工場を営んでいました。金属加工という寸分たがわない正確な技術が求められる業界で長年活動してきたこともあり、発表するギアの数々のクオリティはかなり高いと定評があります。特にテントのポールの仕上がりの良さは世界的に見ても一級品のようです。品質を追い求める方に特におすすめのアウトドアブランドですね。

ラピードX1は、同ブランド初めての山岳用テントとして開発されました。形状はオーソドックスなクロスフレームの形をしており、上部にセンターハブを設置しているところに注目。これにより風への抵抗力を強めるとともに、頭上スペースを広く確保することに成功しています。総重量はポールを含めてわずか1.3キロ。本格的な山岳テントとしても使える重量となっています。シンプルなデザインも魅力的なテントです。

ムラコ
住所:
埼玉県狭山市根岸649−7
営業時間:
11:00~19:00
電話番号:
04-2955-0200
定休日:
火曜、水曜、木曜
アクセス:
狭山日高インターチェンジから車で5分

ソロキャンプにおすすめのテント 13:モンベル サンダードーム2型

次に紹介するのは、モンベルの「サンダードーム2型」というモデル。再度モンベルのテントをご紹介いたします。サンダードームはムーンライトテントに次ぐモンベルの人気モデルとなっています。特徴は設営の仕方がとても簡単なところ。ポールはH型の形をしていて一見組み立てが難しそうに見えますが、すべてショックコードでつながっています。その為収納袋から取り出すだけで自動的に組みあがるんです。初めての設営でも安心して対応する事が出来そうですね。

インナーテントは大部分がメッシュで構成されています。夏場など気温が高くて天気がいいときは、インナーテントだけで過ごせばより快適かもしれません。もちろん、上からフライシートをかぶせても、通気性はバッチリ確保されるので快適です。内部はムーンライトテントよりもより広い造りになっていて、居住性がより強化されている印象。よりテント内で快適に過ごしたい方に特におすすめのモデルといえますね。モンベルの実店舗に行けば、設営されたテントを実際に見る事が出来ますので、来店してみるのもいいかもしれませんね。

モンベル
住所:
大阪市西区新町2丁目2番2号
営業時間:
11:00~20:00
電話番号:
06-6538-3896
定休日:
なし
アクセス:
心斎橋駅から徒歩15分

ソロキャンプにおすすめのテント 14:シックスムーン ルナーソロシェルター

お次に紹介するのは、シックスムーンというブランドの「ルナーソロシェルター」というテントです。シックスムーンはアメリカのオレゴン州を拠点とするアウトドアブランド。創業者のロン・モーク氏が手掛ける数々のギアは、多くのアウトドア愛好家から高評価を受けています。当初はとても小さな会社としてスタートしましたが、現在ではアメリカ、フランス、ドイツなど世界15か国以上で販売されており、着実にそのファン層を広げているブランドとなっています。

ルナ―ソロはソロ用のワンポールテントで、シンプルかつ洗練されたデザインが印象的なモデルです。不要な機能や部品を最大限削減した結果、総重量740グラムという大幅な軽量化に成功しました。また形状が6角形となっているため、風に強いところも大きな利点。山の稜線上などでテントを張る時も安心ですね。また暑い時期にはタープのように使用する事が出来るので、幅広いシーズンで使う事が出来そうです。世界中のアウトドア雑誌で絶賛されたモデルですので、その性能と使いやすさはお墨付きのようですね。

シックスムーン
住所:
東京都千代田区岩本町2-8-10 ロクマルビル 1F
営業時間:
12:00~20:00
電話番号:
03-6884-8143
定休日:
月曜、火曜、水曜
アクセス:
小伝馬町駅から徒歩10分

ソロキャンプにおすすめのテント 15:ダンロップ VS-10

次に紹介するのは、ダンロップの「VS-10」というテントです。ダンロップといえばタイヤメーカーという印象が強いかもしれませんが、実はアウトドアブランドとしてもたくさんの製品を発表しています。造りもしっかりしていて、20年以上同じダンロップのテントを使用しているという方もいるとか。VS-10は本格的山岳テントとして、長年親しまれています。シンプルな形と軽量でコンパクト。まさにソロキャンプにうってつけのテントといえるでしょう。

このモデルの総重量は1.5キロと、最近の軽量化が進むソロテントとしては決して軽いほうではないかもしれません。しかし、この重量には理由があるようです。VS-10は地面と設置する部分に75DNという非常に丈夫なポリエステル糸を使用しており、その堅牢さは他のソロテントの追随を許しません。多少重量が増える代わりに、とても頑丈な造りになっているんですね。長年使用することを考えれば、多少重量が増えているのは仕方がないかもしれません。あらゆる面でコストパフォーマンスの良いモデルといえるでしょう。

ダンロップ
住所:
東京都江東区豊洲3丁目3番3号
本社情報

ソロキャンプにおすすめのテント 16:ネイチャーハイク NH18A095-D

お次に紹介するのは、ネイチャーハイクというブランドの「NH18A095-D」というモデル。ネイチャーハイクは2010年に中国で生まれたアウトドアブランド。その大きな特徴は、非常にリーズナブルな価格でキャンプギアを提供しているところです。他のブランドの半額近い値段で売っているテントもあるようですよ。もちろんただ値段が安いだけではなく。クオリティもしっかりしています。最初にいろいろな装備をそろえなければならない初心者キャンパーの大きな味方となるブランドといえますね。

NH18A095-Dはネイチャーハイクの中でも特に人気のテント。おおよそ1万円という低価格でテントを手に入れる事が出来るんです。ここまで安いと性能が心配になるかもしれませんが、心配不要です。テントの生地は約3000mmの防水加工が施されたナイロン生地を採用。大雨が降ったときでも、ただシックテントを設営していれば浸水する心配はありません。フレームは7001航空アルミロッドという頑丈な素材のものを使用。こちらはしなりもあるので、風が強い日でもそう簡単には折れることは無いんです。試しにソロテントを買いたい方にぴったりのモデルですね。

ネイチャーハイク
※現時点ではオンラインショップのみとなります。

ソロキャンプにおすすめのテント 17:ブラックダイヤモンド ハイライト

次に紹介するのは、ブラックダイヤモンドというブランドの「ハイライト」というモデル。ブラックダイヤモンドは、1989年に設立したアメリカのアウトドアブランド。特にクライミングに関するプロダクツが充実しているブランドとして知られています。しかし徐々にアウトドア全般のアイテムも取り扱うようになり、現在では世界的に有名なアウトドアブランドの一つとしてその名をとどろかせています。クライミングというシビアな環境下で使うアイテムを手掛けてきたということもあり、そのクオリティの高さが人気となっています。

ハイライトはブラックダイアモンドが手掛けたソロテント。シンプルなデザインと構造が、どんなシーンでも使いやすいモデルとなっています。入口が大きく設けられているので、テントへの出入りがとても容易なところが特徴。テントの生地は完全シームテープ処理が施されている為、内部への浸水の可能性を大幅に下げています。過酷な環境下での使用を想定した隙のない造りが魅力ですね。室内の頭上の高さは1メートルあり、室内での活動もスムーズに可能。とにかく頑丈で居住性の高いソロテントです。

ブラックダイヤモンド
住所:
東京都文京区大塚3-4-7 茗溪ビル
電話番号:
03-6902-2131
本社情報
この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • ツーリングにおすすめの大型バイク10選!初めて買う方向けに...

    最近では女性も大型バイクに乗るようになりました。そこで、はじめて大型バイクを購入する人向けにおすすめのバイクをご紹介します。自分好みのバイクを見つけるために、おすすめするバイクの情報を参考にしてみましょう。

  • コストコの人気テレビ10選!スペックや値段まで徹底解説

    アメリカ発の大型倉庫店コストコでは、食料品や日用雑貨だけでなく、大型テレビなどの家電製品の品揃えもとっても豊富です。高画質、高音質などのハイスペックな人気の大型テレビが、コストコならではのリーズナブルな値段で手に入るのも魅力的です。コストコで手に入る人気の大型テレビを、10選ご紹介します。

  • コストコで買える人気お寿司10選!お気に入りを見つけよう

    人気が高まっているコストコのグルメ。中でも、新鮮で大容量の「お寿司」は人気商品のひとつです。握り寿司に軍艦、ロール寿司にちらし寿司もあります!中には年末年始など行事の前には売り切れる商品も。様々な種類が揃うコストコのお寿司の中で、おすすめしたい10種をご紹介します!

  • はま寿司のカロリーが低いおすすめ握り10選!ダイエット向き...

    はま寿司で食べられる、カロリーが低いおすすめ寿司を紹介しています。ダイエット中でもカロリーを気にせず、美味しいお寿司を食べたいですよね!はま寿司のダイエット向きお寿司を「握り」に絞って紹介しています。カロリーの低い順に紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 業務スーパーのおすすめ餃子7選!人気の理由も徹底調査

    豊富な品揃え、どれも高品質のプロの商品、お手頃価格、いつ行っても欲しいものが見つかる業務スーパーは、飲食店やプロの方だけでなく、一般のお客様にも人気のスーパーです。毎日の食卓を手間なく飾る、お惣菜や冷凍食品もたくさんあります。その中でも、特に人気の業務スーパーの冷凍餃子のおすすめを7選ご紹介します。

  • 【2021年最新版】子連れ向け!嬉野温泉でおすすめの家族風呂...

    日本三大美肌の湯として知られている佐賀県にある嬉野温泉。肌がつるつるになる効能ががあるといわれていることから、女性をはじめ多くの人に注目されています。その嬉野温泉を子供たちと一緒に訪れてみましょう。子供たちと一緒でもゆっくり楽しめる、おすすめの家族風呂・貸切風呂がある宿を10選ご紹介します。

  • 【2021年最新版】子連れ向け!宮崎でおすすめの家族風呂・貸...

    宮崎県には、子供たちと一緒に楽しめる家族風呂・貸切風呂がある宿があります。子供連れで周り目を気にすることなく、ゆっくりのんびりと楽しめる、そんな家族風呂・貸切風呂の宿を、厳選して10ヵ所ご紹介します。子どもたちと一緒に宮崎に出かける際の参考にしてくださいね。

  • コンビニの人気ラーメン10選!カップ麺とは一味違うチルドラ...

    コンビニラーメンといっても、様々なジャンルがありますよね。今回紹介するのは人気のチルドラーメンや冷凍ラーメン10選です。電子レンジで温めるだけで、カップ麺には出せない本格的な味や食感を楽しめるのが魅力です。スタンダードなラーメンから個性的なラーメンまで紹介します!

  • 横浜で一人焼肉におすすめのお店7選!一人焼肉専門店やカウン...

    ふと焼肉が食べたくなった時に「一人で焼肉屋さんに入るのは抵抗がある」と諦めることはありませんか?そんな方へ、横浜で一人焼肉におすすめのお店を7つご紹介します。一人焼肉推奨店や、カウンター席がおすすめのお店をまとめたので、一人焼肉をしたい方は必見です。

  • 博多で暇つぶしするならココ!おすすめスポット・観光名所10選

    九州の玄関口である福岡県の博多。博多駅や福岡空港などの主要交通機関があり、陸海空において日本国内や世界につながる福岡の代表的な場所です。博多で空き時間ができたら、おすすめスポットや観光名所を訪れて暇つぶしをしましょう。博多で外せないスポット10選をご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事