業務スーパーで手に入るチョコレート20選!定番から世界のめずらしいお菓子まで一挙ご紹介

932

views

0

一度食べたら中毒性のあるお菓子といえばチョコレート。チョコレートと一言でいっても、ミルクチョコ、ビターチョコ、ハイカカオ、ホワイトなど様々で、ナッツやクランチ、ドライフルーツとの組み合わせも様々。たくさんの海外輸入品など品揃えが豊富な業務スーパーで手に入るおススメチョコレートを20選ご紹介します。

業務スーパーで手に入るおすすめチョコレートをご紹介

業務スーパーといえば、一般的な食品から調味料、野菜や卵などの生鮮食品やお酒、日本の国産のものだけでなく、海外からの輸入品など品揃えが豊富なことで有名ですよね。豊富な品揃えだけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアと比較しても劣らない低価格や、プロの方の利用も重視した高品質にこだわった商品が揃っています。業務スーパーの看板には、一般のお客様歓迎と書かれているように、今では、プロや飲食関係の方だけでなく、より日常に近く、誰でも便利に利用していますよね。全国46都道府県、約888店舗(2020年11月時点)以上もの店舗数が、業務スーパーの身近さや、人気を表していますね。

さて、そんな業務スーパーで手に入る美味しいチョコレートですが、チョコレートの本場ベルギーなど、海外からの輸入品も多く揃っています。チョコレート本来の味を楽しめる板チョコや、ドライフルーツやクランチ、ナッツなどと一緒に、味だけでなく、食感を楽しむことが出来るチョコレート、チョコレート味の焼き菓子やシリアル、クリームなど様々です。今回は、業務スーパーで手に入るチョコレートの中から、板チョコ、チョコレート菓子、チョコレート入りのスイーツやクリームにわけて、おすすめの20選をご紹介します。さて、皆さんのお気に入りはあるでしょうか。

おすすめ板チョコ 5選

業務スーパーで手に入るチョコレート:1.ミルクチョコレート

チョコレートの定番味といえば、まろやかでミルクの優しい甘さが特徴的なミルクチョコレートではないでしょうか。甘すぎず、ちょうどよく、万人受けするのもこのミルクチョコレートですよね。業務スーパーのミルクチョコレートの板チョコは、ドイツから直輸入されたアイテムです。なんとその厚さが約1㎝ととってもボリュームのある板チョコなのです。ひとかけらずつ食べられるように入れられた切込みも、1つのサイズがとっても大きく、食べ応え抜群です。そのまま食べてもいいですし、溶かして手作りチョコレート菓子に使うのもありです。ミルクの味がしっかりとしていて、とっても美味しく、1つ食べたら止まらない美味しさです。

この赤いパッケージのミルクチョコレートは、内容量100gで149円(税込)という低価格。しかし、安価なチョコレートにありがちな、体に悪影響を及ぼす可能性のある植物性油脂を全く使っておらず、ココアバターとカカオマスを使った本格的なチョコレートなのです。チョコレート自体はやはりカロリーも高いので食べすぎはよくないですが、せっかく食べるなら体にいいほうがいいですよね。そして、業務スーパーのミルクチョコレートの板チョコには、異なるパッケージの秋・冬限定商品もあります。こちらもドイツから直輸入されたアイテムで、内容量200gで225円(税別)。パッケージもとっても可愛いですよね。

業務スーパーで手に入るチョコレート:2.クランチホワイトチョコレート

業務スーパーのクランチホワイトチョコレートは、サクッサクの食感とチョコの甘さを同時に楽しむのにぴったりなチョコレート。ドイツから直輸入されたアイテムです。たっぷり入ったシリアルのサクサクの食感と、ホワイトチョコレートのクリーミーで優しいミルクの風味やちょうどいい甘さ、なめらかな口どけ感を同時に楽しめてとっても美味しいです。内容量は200gで278円(税別)とちょっとお高めなのですが、このチョコレートのボリューム感は、買って手にしてみて初めてわかると思います。

チョコレートのサイズは、約20㎝×約10㎝のサイズなので、イメージですと長財布といったところでしょうか。そして厚さがなんと2㎝弱はあるかと思います。厚みがかなりあるので割るのに少し力が必要です。少しずつ食べてもかなりの食べ応えなので、1つあると嬉しいチョコレートです。シリアルをコーティングしているホワイトチョコレートのミルクの味がとてもしっかりしているので、お菓子作りやケーキ作りのチョコレートとして使うのもおすすめです。

業務スーパーで手に入るチョコレート:3.ミルクチョコレート ストロベリーヨーグルトフィリング

ドイツから直輸入のドイツ産のチョコレートです。ピンク地のパッケージに斜めに淡いピンクのストライプがかかって、まるでヨーグルトにストロベリーソースが混ざったような色をしていますね。見た目にも可愛いパッケージのチョコレートです。中身は、主に使われているのがミルクチョコレート、そして、中には、甘酸っぱくて美味しいヨーグルトと、ストロベリークランチがぎゅっと詰まっています。まるで、ストロベリーヨーグルトスムージーを飲んでいるような風味と、フレッシュなイチゴを食べているような感覚です。

内容量は100gで148円(税別)なので、低価格も嬉しいですよね。食べ出したら止まらない美味しさなので、1枚と言わず、いくつか買い置きしておきたいアイテムです。イチゴを使ったスイーツはたくさんあると思いますが、イチゴとヨーグルトの甘酸っぱさが、ミルクチョコレートのまろやかな甘さと合わさって、爽やかな味の板チョコになっています。チョコの中に、フィリングが入っているものは、味が強いイメージもありますが、ちょっと苦手な方もこれだったらさっぱりしているので、食べられるかも??と思います。

業務スーパーで手に入るチョコレート:4.ダークチョコレート

こちらは業務スーパーのダークチョコレートで、ドイツから直輸入の、秋・冬限定のアイテムです。先に紹介したミルクチョコレートや、クランチホワイトチョコレートと同じパッケージが可愛らしいです。ダークチョコレートのカカオマスの割合は49%と約半分も入っていて、カカオの芳醇な香りとコク、存在感のある後味がクセになります。ミルクチョコレートなどの普通のチョコレートでは少し物足りない方には、やっぱりダークチョコレートがおすすめです。

ちょっとここで豆知識ですが、ダークチョコレートとはカカオマスが40~60%のチョコレートをいうそうなのですが、これはビターチョコレートも同じで、ビターチョコレートとダークチョコレートは呼び方の違いなだけだそうです。私は普通のチョコレートは甘さだけが強く感じでしまうので、ダークチョコレートのリッチな感じや、クセのある後味が大好きです。また、ダークチョコレートは、ブランデーやワイン、ウィスキーなどの洋酒とも合うので、お酒を楽しむ際のお供にもぴったりです。内容量は200gとたっぷりで、225円(税別)です。

業務スーパーで手に入るチョコレート:5.ハイカカオダークチョコレート カカオ85%

ベルギーチョコレートの本場ベルギーから直輸入されたアイテムです。ハイカカオダークチョコレートという名前の通り、カカオマスの割合はなんと85%というので驚きです。食べるまでは、少し怖かったです。でも、ダークチョコレート好きなので、これは挑戦してみないとと思ったので食べてみたところ、とっても美味しい。ミルクが入っていないダークチョコレートなので、食べたときの衝撃はありますが、カカオの苦みと香りが口いっぱいに広がって、本物のチョコレートを食べているという満足感が大きいです。

内容量100gで、192円(税込)という低価格もおすすめポイントです。チョコレートの甘さというよりは、酸味を感じるチョコレートで、甘いのが苦手な方でも食べられるチョコレートです。こちらも、普通のダークチョコレートと一緒で、ワインやウィスキー、ブランデーなどの洋酒や、レーズン、ナッツなどのおつまみとの相性もばっちりなので、ゆっくりと洋酒を楽しみたいときに、一緒に添えてあげると、とってもリッチな気分になりますよ。

チョコレートを味わうチョコレート菓子 8選

業務スーパーで手に入るチョコレート:6.クリスピーマキアートチョコレート

業務スーパーのクリスピーマキアートチョコレートは、原産国スペインのチョコレート菓子です。個包装のチョコバータイプのチョコレートで、板チョコに比べたら食べすぎることは少ないですが、味はいいのでほどほどに。さて中身ですが、ふわふわ、サクサクのウェハースがキャラメルソースで包まれていて、さらにその上にクランチシリアルをまぶして、ミルクチョコでコーティングしているという、なんと4層の違った食感や味が楽しめる、ボリューム満点のチョコバーなのです。キャラメルのとろける甘さと、まろやかなミルクチョコレートの甘さが絶妙にマッチしていますし、ウェハースとクランチシリアルの軽さがとっても食べやすいです。

1袋内容量220gでだいたい10個強入っています。値段は278円(税込)なので、なんと1個当たり30円以下というお手頃価格。個包装なので、お出かけの際のお子様へのちょっとしたおやつにしたり、来客の際に、コーヒーや紅茶と一緒に出したり、オフィスや学校、グループの集まりなどでも、みんなで分けて食べられるのも嬉しいですよね。賞味期限も半年以上あるので、ご自宅やオフィスの常用菓子としてもおすすめですよ。

業務スーパーで手に入るチョコレート:7.ココナッツパラダイスチョコレート

業務スーパーの「ココナッツパラダイスチョコレート」は「クリスピーマキアートチョコレート」と同じく原産国スペインの輸入アイテムで、同じシリーズのチョコです。やはり個包装のチョコバータイプのチョコレートで、クリスピーマキアートチョコレートよりはシンプルなチョコです。こちらは、ココナッツ風味のお菓子や南国の食べ物、南国を感じられるものが好きな方におススメです。ココナッツパラダイスという名前の通り、中に詰まったココナッツフィリングが、一口食べると口いっぱいに、ココナッツの風味が広がって爽やかな南国風味が楽しめます。

ココナッツフィリングをコーティングしているミルクチョコレートは、さほど分厚くなく、チョコレートの甘さが強すぎず、ココナッツの甘さとのバランスがちょうどいい感じです。ココナッツの果肉のシャリシャリとした食感も楽しめます。1袋の内容量は252g、だいたい10個程です。値段は、278円(税込)です。甘さ控えめのすっきりとした紅茶などのお茶菓子としておすすめです。

業務スーパーで手に入るチョコレート:8.リッチトフィービスケットチョコレート

先に紹介した2つのチョコバーと同じくスペイン直輸入シリーズのチョコ「リッチトフィービスケットチョコレート」は、フィンガーチョコレートタイプのチョコレート菓子です。サクサクとした食感の、シンプルだけど香ばしく美味しいビスケットに、なめらかなキャラメルソースをのせて、ミルクチョコレートでコーティングしてあります。トフィーとはもともとイタリアのお菓子で、見た目がキャラメルに似たもの。本来は別なもののようですが、キャラメルの風味と甘さが十分に楽しめるという意味でリッチトフィーなのかな、と思います。

他のシリーズのチョコレートよりも細長い形をしています。1袋の内容量は240gで、だいたい14本くらい入っています。値段は、同じく278円(税込)です。ビスケットの素朴な甘さと、ミルクチョコレートのまろやかな甘さがちょうどよくマッチして、そこにアクセントでキャラメルの少し強めの味が加わって、その味の違いがクセになります。苦手じゃない方はブラックコーヒーと一緒に食べるとすっきりと食べられて美味しいですよ。

業務スーパーで手に入るチョコレート:9.クッキー&クリームチョコレート

スペインから直輸入のチョコレート菓子シリーズの4つ目、「クッキー&クリームチョコレート」です。パッケージにもイメージ画像があるように、オレオのようなカカオビスケットとクリームをチョコバーにしたようなお菓子です。香ばしく深い味わいのチョコレートクッキーに、ホワイトクリームをのせて、ミルクチョコレートでコーティングされています。チョコレートクッキーのほろ苦さが、ホワイトクリームとミルクチョコレートのまろやかな甘さとちょうどよくマッチして、美味しいです。

このタイプのチョコは、普通にお茶やコーヒー、紅茶のお茶菓子としても合いますが、やっぱり私はミルク・ダンクで食べるのがおすすめです。クッキーのサクサク感をミルクで少ししっとりさせて、チョコレートやクリームとさらに溶け合うのがとっても美味しいです。そして、そのまま牛乳も飲んでしまいましょ。1袋の内容量が220gで、だいたい11個ほど入っています。

業務スーパーで手に入るチョコレート:10.ミルクチョコレートコーティング(クランベリー)

ヨーグルトで有名な国、ブルガリアから直輸入されたチョコレート、ミルクチョコレートコーティング(クランベリー)です。この商品、同じタイプで、レーズン入りもあります。フレッシュなクランベリーの美味しさをぎゅっと詰め込んだドライクランベリーをまるごとミルクチョコレートでコーティングしたチョコで、一口パクっと口に入れて噛むと、クランベリーのムニュっとした食感と、甘酸っぱさが、ミルクチョコレートによってまろやかになっていて、なんだかハマる美味しさです。

レーズンやクランベリーなどのベリー系のスイーツは、チョコと合わさって、ブランデーやウィスキー、ワインなどの洋酒とよりマッチするようになります。軽い感じでつまめるので、お腹にたまることもなく、お酒を楽しめますよね。1袋の内容量が100gで、値段が149円(税込)ととってもお手頃で、可愛い小さなお皿に出して食べれば、おしゃれ感も出せます。ちょっと小腹が空いたときなどに、カバンの中や、オフィスのデスクの中にしのばせておきたいアイテムです。

業務スーパーで手に入るチョコレート:11.ホワイトチョコレートコーティング(ストロベリー)

こちらもブルガリアから直輸入されたアイテム、同じシリーズのホワイトチョコレート&ストロベリーです。ホワイトチョコレートといえば、ストロベリーコーティングを連想される方もいるのではないでしょうか。日本で有名なロイズのチョコを筆頭に、このタイプのチョコレートを出しているところは多いですよね。業務スーパーのホワイトチョコレートコーティング(ストロベリー)の味も負けてないです。大き目のイチゴを、美味しさをギュッと閉じ込めたドライフルーツにしたものに、ミルクの濃厚な味が特徴のホワイトチョコレートをたっぷりコーティングしています。

ホワイトチョコレートは、口の中に後味が残るしっとりとした優しい甘さが特徴です。このホワイトチョコレートの甘さが、イチゴの甘酸っぱさとちょうどよくマッチしてとても美味しいです。1袋の内容量は100gで、値段は228円(税別)です。ホワイトチョコレート好きの方、イチゴ好きの方、このチョコはおすすめです。一粒でもとっても満足感のあるチョコレート菓子です。

業務スーパーで手に入るチョコレート:12.チョコレートデーツバー(ココナッツ&コーヒー)

ポーランドから直輸入されたチョコレートデーツバーシリーズ3種類のうち、とくにおすすめなココナッツ&コーヒー味です。それ以外には、オレンジ&コーヒー味、ピーナツ&アーモンド味があります。ココナッツもコーヒーも、どちらもチョコレートにばっちり合う食材ですよね。ココナッツ好きにも、コーヒー好きにもおすすめです。デーツとは、ナツメヤシの果実で、ドライフルーツとしてよく食べられています。デーツもココナッツもどちらも南国の果実。爽やかな甘さが南国を思い起こさせます。さらにローストアーモンドも入っているので食感も楽しめます。

1袋の内容量が65gで、97円(税別)です。このチョコレートデーツバーは、海外のチョコレートっぽく、ずっしりとした一枚の四角いチョコレートバーです。忙しい朝の朝食代わりに、スーパーフードともよばれる栄養価の高いデーツや、食物繊維豊富なココナッツ、そして、コーヒーの風味もするチョコレートバーを食べてもいいですね。コーヒーのふんわりとした苦みとの絶妙なマッチもクセになりますよ。

業務スーパーで手に入るチョコレート:13.チョコレートトリュフ

業務スーパーの定番デザート系スイーツ「チョコレートトリュフ」です。パッケージに「MADE IN ITALY」と書かれているように、イタリアから直輸入されたアイテムです。このアイテムは、お菓子コーナーではなくて冷凍食品のコーナーにあります。とってもなめらかで濃厚なチョコレートムースのような、本格的なチョコレートトリュフで、食べる前に自然解凍をして食べます。1食分食べきりのカップに入っていて、とっても食べやすく、おやつの時間や、来客があった際にも出すことが出来ます。

内容量は、100gのカップが2個です。値段は、267円(税込)で1つあたり135円以下です。本格的なチョコレートスイーツだと思ったらとっても安いですよね。ココアパウダーのほろ苦さとチョコレートの濃厚な風味と甘さが、リッチな味を作り上げて、食べ応えも満足感もばっちりです。基本は一晩、冷蔵庫で自然解凍をする方法で頂くのですが、チョコレートアイスのように食べたい場合は解凍時間を短くしたら、ちょっと固めに食べられてこれもまた美味しいです。

チョコ入りスイーツ&菓子 7選

業務スーパーで手に入るチョコレート:14.ふんわりケーキ(チョコレート)

ベトナムから直輸入された、可愛らしいパッケージのふんわりカップケーキです。ピンクのストライプに手書きのウサギとお花、チョコレートの絵がとっても素朴で可愛いのが特徴的です。カップケーキタイプのふんわりとしたスポンジケーキで、生地のなかには、とろりとたっぷりのチョコレートクリームが入っています。チョコレートクリームは、しっかり甘さがあり、優しい口当たりと素朴な味のスポンジケーキとマッチして、甘すぎず美味しいです。

箱の中に、1つ1つ個包装になっていて、個包装のパッケージは中にしっかりと空気が入っていて、ふんわりなケーキがつぶれないように配慮されています。1つ18gが5個入って、88円(税別)なのでとってもお買い得ですよね。来客の際のお茶菓子や、ティータイムの紅茶のお供にぴったりです。甘さ控えめ、もしくはストレートの紅茶が合うと思います。5個も入ってる、と思うのですが、結構すぐに食べてしまうので、いくつか買い置きをしておいてもいいと思います。

業務スーパーで手に入るチョコレート:15.チョコパイ

チョコレート菓子といえば、やっぱり定番はチョコパイですよね。スポンジと中のホワイトクリームがチョコでコーティングされたチョコパイのチョコが分厚い部分が好きです。しかし、もっと好きなのは、中のクリームがマシュマロになっているチョコパイです。業務スーパーのチョコパイは、韓国から直輸入されたアイテムで、なんと中のクリームがマシュマロタイプ。ふわっとした生地の間に挟まったマシュマロは、弾力があり、しっとり滑らかで、口の中でしゅわっと溶ける感覚が好きです。甘さもちょうどよく、チョコレートのコーティングとマッチしています。

1箱に4個入、105円(税込)、1個当たり30gとボリューム感もあります。やっぱりチョコパイの美味しい食べ方は、食べる前に冷蔵庫で冷やして、まわりのチョコを固めて、ひんやりと食べることですよね。生地のふわふわ感は少し失われてしまうかもしれないですが、チョコのパリッと感と、マシュマロの弾力が増して、より食べ応えのあるチョコパイになるような気がします。この食感、1つ食べたらクセになるので、止まらなくなるので要注意です。

業務スーパーで手に入るチョコレート:16.チョコレートシリアル(チョコモーニ)

子供が好きそうなわんぱくなサルの絵が特徴的なシリアル「チョコモーニ」は、リトアニアから直輸入されたアイテムです。見た目にも、名前にも海外の商品っぽいですよね。海外の商品というと、甘さが強すぎたり、あまり体によくないものを使っているのかな、と思う部分もあるかと思います。しかし、この「チョコモーニ」は全粒粉と米粉を混ぜ合わせて出来ているので、栄養価も高く、食物繊維も豊富です。そこにココアパウダーとチョコレートがコーティングされているのですが、甘すぎず、優しい甘さで、サクサクとした食感が楽しめます。

朝食のシリアルとして、牛乳をかけて、チョコレートの風味を少し溶かして食べたり、おやつにそのまま食べても美味しいです。1袋170gとたっぷり入って、なんと97円(税別)という低価格も嬉しいですよね。人数の多い家族でも、何袋かストックしておけば、忙しい朝にも、みんなチョコモーニで美味しい朝食が食べられます。チョコ味なので、とくにお子様には好かれる朝食メニューかもしれませんね。

業務スーパーで手に入るチョコレート:17.チョコとヘーゼルナッツのグラノーラ

チェコから直輸入された「チョコ」のグラノーラです。グラノーラとは、シリアルの1つで、オーツとよばれる押し麦の一種をローストしたものと、アーモンドなどのナッツや、ココナッツの砕いたものなどを混ぜ合わせて、お砂糖やハチミツ、メープルシロップで甘くして、さらにローストして作ります。業務スーパーの「チョコとヘーゼルナッツのグラノーラ」は、香ばしく焼いたオーツを50%使用して、そこにチェコ産のチョコレート、甘酸っぱいレーズン、ヘーゼルナッツを混ぜ合わせています。

食物繊維が豊富なオーツと、ビタミンが豊富なナッツ類、甘くて美味しいチョコレートが一緒に食べられる優れもの。ヘルシーな朝食メニューに、牛乳をかけて食べたりヨーグルトをかけて食べたり、さらにハチミツを少したらして食べても美味しいです。1箱375gで、322円(税込)です。そのほかにも、イチゴとナッツや、ドライフルーツミックスのグラノーラもあるので、お好みでいろいろと試してみて下さい。

業務スーパーで手に入るチョコレート:18.エンジェルバイツ(チョコ)

エンジェルバイツ(チョコ)は、ギリシャから直輸入されたアイテムです。一度買って試したら、何度も食べたくなってしまって、買い置きをしてしまうほどの中毒性があります。エンジェルバイツ(チョコ)は、小さなウェハース生地の中に、濃厚なチョコクリームがたっぷりと詰まっています。サクっとした表面の食感と、中からとろりと溢れ出すチョコクリームの時間差攻撃はたまりません。小さくてパクパクと食べることが出来てしまうので、1つ口にいれるともう止まりません。食べすぎに要注意のお菓子です。

1袋の内容量が150gで、値段は138円(税別)です。チョコクリーム以外にも、バニラクリームタイプのものもあります。天使の羽とラッパ、白いお花のデザインがとってもおしゃれで可愛らしいパッケージは、とてもこの値段で買ったようにはみえないほどです。来客用のお菓子や、自分のティータイムのお茶菓子に、食べる分だけお皿に出して食べるのをおすすめします。食べ過ぎには注意ですよ。

業務スーパーで手に入るチョコレート:19.チョコババロア

業務スーパーのオリジナル商品といえば、この牛乳パックスイーツシリーズですよね。このうちのチョコババロアがとっても美味しいんです。パッケージに書かれている通りに、プリンよりも、もっちり感が強く、でも一口食べると、口の中でなめらかな食感にかわり、濃厚なチョコレートの風味が楽しめるのです。牛乳パック一本分で、1㎏という大容量なので、1人で少しずつ食べてもいいですし、パーティーなどに、小さく切って出しても喜ばれると思います。

食べる分だけ切ってお皿にだし、お好みで、ホイップクリームをババロアの上に絞っても美味しいです。そのまま食べるのではなく、溶かせば、チョコタルトのチョコムース部分としても使えますし、温めてホットチョコレートドリンクとしても楽しめます。値段は、この大容量に対して、289円(税別)ととってもお買い得ですよ。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • セブンイレブンの人気サラダチキン10選!簡単レシピもご紹介

    サラダチキンは、コンビニ各社様々な商品が並んでいますよね。セブンイレブンのサラダチキンは、高タンパクなだけではなく糖質ゼロというのも魅力の一つです。また、種類もたくさんあります。今回は、セブンイレブンのサラダチキン全般にスポットを当てて10種類ほどご紹介します。

  • 三島駅周辺のおいしいランチ10選!おすすめメニューもご紹介

    静岡県三島市にある三島駅。この三島駅周辺は人気スポットだけではなく、その観光途中に立ち寄ってほしいおいしいランチのお店も多くあります。こちらの三島駅周辺で、ぜひ立ち寄ってほしいおいしいランチのお店、そしてお店のおすすめメニューをご紹介します。要チェックですよ!

  • 日本国内でバーチャルツアーができる美術館&博物館7選!おう...

    パンデミックに見舞われた昨今、国内外の旅行だけでなく美術館や博物館へ行くこともなかなか出来なくなりました。そんな中、注目を浴びているのがバーチャルツアーです。美術館や博物館へ行かずとも、自宅で美術品の鑑賞をし芸術に触れることが出来ます。日本国内のバーチャルツアーが出来る美術館&博物館をご紹介します。

  • 業務スーパーの人気からあげ5選!【おまけ】おすすめ活用レシ...

    業務スーパーの「冷凍からあげ」はコスパが良い人気商品の1つです。種類が多いので、どの冷凍からあげを選べばいいか分からない方は多いはず。今回は「業務スーパーの人気からあげ」5つと「おすすめ簡単レシピ」を5つ紹介します。ご自身の好みにあった商品やレシピを見つけてみてください。

  • 遊館周辺の美味しいランチ10選!おすすめメニューもご紹介

    海遊館は大阪にある巨大水族館で、年間を通して多くの家族やカップルが足を向ける場所になっています。この海遊館にお出かけしたなら、遊びだけでなく美味しいランチも堪能してみませんか。今回は、海遊館周辺で人気のランチができるお店や、おすすめメニューをピックアップします。

  • 業務スーパーで手に入るおすすめの冷凍魚と魚の缶詰10選!大...

    業務スーパーは各地域にあり、身近な存在という人も多いです。そんな業務スーパーには、輸入商品など珍しい商品がたくさん並んでいます。この記事では、冷凍魚と魚の缶詰に絞って全部で10種類ご紹介していきます。美味しくて手軽な商品ばかりなので、時短料理としてもピッタリです。

  • 業務スーパーで手に入るオートミールのおすすめレシピ10選!...

    業務スーパーで安くて品質の良いオートミールが買えることをご存知でしょうか。ダイエットや健康維持のためにオートミールを取り入れたい方は多いはず。今回は業務スーパーで手に入るオートミールのおすすめレシピを10個紹介します。簡単なものから食事に使えるものまで厳選したので、ぜひ食事に取り入れてみてください。

  • コストコのフードコートおすすめ商品10選!一番人気のホット...

    コストコフードコートのおすすめメニューを紹介!人気のホットドッグは勿論、スイーツなどフードコートで食べられるメニューを10種類厳選しました。コストコ店内で購入できるものや、持ち帰り方法なども纏めて紹介します。

  • セブンイレブンの食パン10選!美味しい食パンを食べ比べよう

    日常の必需品や日々の食事、お菓子、飲料など何でも手に入るコンビニ。そしてパン専門店で食べるパンと同じくらい美味しいコンビニのベーカリー商品やカフェやケーキ専門店に負けないスイーツアイテムの数々など、そのクオリティもすごいですよね。今回はコンビニ大手セブンイレブンの美味しい食パン10選をご紹介します。

  • コンビニのおすすめ冷凍食品15選!レンジでチンするだけの本...

    今や自宅の徒歩圏内に必ずといっていいほどあるコンビニ。ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなど、人それぞれに好みやお気に入りがありますよね。スーパーより身近でなんでも安く手に入るコンビニは生活の必需品です。そんなコンビニで、毎日の食事の助けになる、美味しいおすすめ冷凍食品を15選ご紹介します。

このエリアの人気記事