関東の秘湯が楽しめるおすすめ温泉旅館4選!知る人ぞ知る最強スポット♪

6,667

views

0

温泉は好きだけど、いつも定番の同じスポットばかりで飽きてきていませんか?ちょっと変わった秘湯に入ってみたいというかたにおすすめしたい宿を紹介します。

1.八丁の湯

八丁の湯は奥鬼怒温泉郷にあり、たいへん静かな山深い谷間にひそんでいる秘湯です。8カ所もの豊富な源泉から湧き出している温泉が、身体をあたため、日頃の疲れを癒やしてくれます。芯からあたたまってすっきりした気分になれること間違いなし。

部屋はログハウス和室と本館和室の大きく分けて2種類があります。両方とも畳が敷いてあり、ほんわかしたあたたかさが感じられます。ログハウスに畳というのは新鮮ですね。大部屋もあるので、大人数で宿泊することも可能となっています。

八丁の湯
住所:
〒321-2717 栃木県日光市川俣876
アクセス:
東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅下車、川俣・女夫渕行きバス終点下車、徒歩70分。送迎あり(要予約)。
電話番号:
0288-96-0306
料金:
10,000 円 ~ 12,000 円

2.川俣温泉 川俣一柳閣

かなり山奥の中にあるため、つくのには一苦労。ただ、その分だけ着いた時の楽しみはひとしお。空気は澄み渡り、ふと深呼吸をしたくなってしまうほど。
渓谷に建つこの旅館は、最上階に玄関・フロントがあります。そして、客室は全て渓谷側に面していて、各部屋からも、露天風呂からも渓流が眺められるという好立地。渓流美の温泉として、人気が高いです。

源泉は、弱アルカリ性でしっとりとしているのが特徴。肌に吸い付くようです。高温泉なため、追い炊きをせず源泉かけ流しのままなのも、魅力的。

鹿鍋など、都会ではあまり食べられない野趣にあふれた料理が提供されます。

 奥鬼怒温泉郷 川俣温泉 川俣一柳閣
住所:
〒321-2717 栃木県日光市川俣40-3
アクセス:
東北自動車道・日光宇都宮道路今市ICから、国道121号線、県道23号線経由約2時間。
交通/電車 東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅下車、女夫渕行きバスで90分一柳閣前下車。
電話番号:
0288-96-0111
料金:
14,190 円 ~ 21,750 円

3.十谷上湯温泉 源氏の湯 

宿の近くには滝めぐり遊歩道の「竜仙峡 大柳川渓谷遊歩道」があります。いくつもあるつり橋と滝を見て回ってみるのも楽しそう。しかも、なんと宿の敷地の中まで遊歩道が続いているというから驚き。

夕霧橋というつり橋が本館と「渓流露天風呂」「かじかの大岩風呂」を結ぶ唯一の手段です。なんだかドキドキしてしまいます。「かじかの大岩風呂」は源泉をそのまま使用した冷泉なので、「渓流野天風呂」と「かじかの大岩風呂」に交互で入って、温泉効果を高めるといいでしょう。

十谷上湯温泉 源氏の湯
住所:
〒400-0606 山梨県南巨摩郡富士川町十谷4249
アクセス:
中部横断自動車道増穂ICから国道52号線十谷入口経由約20分。
電話番号:
0556-27-0224
料金:
13,110 円 ~ 14,190 円

4.湯の澤鉱泉 湯の澤鉱泉

湯の澤鉱泉は、茨城山方の山あいにある一軒宿。6000坪もの広々とした敷地で、四季折々の里山の風情が堪能できます。宿のご主人が作られた遊歩道でお散歩して、自然を感じてみるのはどうでしょう。

わずか7室という小さな宿ならではの、静かで気の利いたサービスが魅力。自家製のコシヒカリや、敷地内の畑で作った野菜を提供するなど、体に優しく里山の四季が感じられる会席料理が味わえます。

温泉は、150年もの歴史を持つ名湯です。「医者いらずの湯」として、多くの人々に愛されてきました。ぬるりとした肌触りが特徴です。

湯の澤鉱泉 湯の澤鉱泉
住所:
〒319-3111 茨城県常陸大宮市山方4849
アクセス:
常磐自動車道那珂ICから国道118号線経由約40分。
営業時間:
チェックイン 15:00~19:00 / チェックアウト ~10:00
電話番号:
0295-57-3794
料金:
10,000 円 ~ 19,000 円
おススメの時期:

今回ご紹介した宿はいかがだったでしょうか?ひっそりとした静けさの中で過ごす空間は、普段とは一味違った安らぎを与えてくれます。ぜひ、出かけてみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事