【関東】子どもとGO!家族で行きたいゴーカートが乗れる公園・スポット特集

24,376

views

0

小さなカートに乗って運転し、風を切って進む爽快な乗り物「ゴーカート」。主に遊園地や公園で体験できます。小さな子供には保護者方と、またカップルでも二人で一緒に楽しむ事ができるのも魅力の一つですね。今回は、気軽にゴーカートが楽しめる「公園・遊園地・サーキット場」を特集してみました。

【東京】よみうりランド

新宿から電車で約20分で行けちゃう遊びの総合施設「よみうりランド遊園地」。お化け屋敷や、ジェットコースター等、様々なアトラクションがあります。ゴーカートだって人気のアトラクションなんですよ。

出典: ameblo.jp

全長は約1kmで、F1の疾走感をコンセプトにしているので、勾配やハイウェイコースなど本格的なレーシングコースを楽しめます。2人乗りと1人乗りのそれぞれのカートがあります。年齢制限はありませんが、1人乗りは身長130cm以上が条件となります。

出典: kodomo-to.net

2人乗りではファミリーやカップルが思う存分楽しんでいます。コースも長い直線から、曲がりくねったコーナリングコースまで様々で、なかなかの手ごたえを感じますよ。いっぱい風を浴びて気分爽快!

よみうりランド
住所:
東京都稲城市 矢野口4015-1
営業時間:
9:00~20:00
アクセス:
首都高速4号線 中央高速 稲城I.C.直結 稲城大橋より 約2km
電話番号:
044-966-1111
定休日:
不定休
入園料:
 大人1,800円  中高生1,500円  3歳~小学生1,000円  シルバー800円
ゴーカート料金:
600円

【東京】府中交通遊園

南武線府中本町駅から歩いて20分程の場所に「郷土の森公園」があります。その中の一角にあるのがココ、「府中交通遊園」です。

一周は80~100m程です。ガソリンを使ったゴーカートと電気自動車どちらかを選ぶことができます。共に料金は1週100円で、一度に使えるのは3週までです。

ゴーカートは中学生以下ならば利用可能、小学生低学年や幼児は保護者の方と一緒に楽しみましょう。高校生以上や大人1人の利用は出来ませんので注意が必要です。

府中交通遊園
住所:
東京都府中市矢崎町5丁目5番地
営業時間:
10:00~16:00
アクセス:
武蔵野線・南武線「府中本町」駅 徒歩20分
電話番号:
042-364-7214(郷土の森公園管理事務所)
休園日:
毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)、荒天時、年末年始
料金:
ゴーカート、電気自動車 100円
利用条件:
・ゴーカート 中学生以下(小学2年生以下は保護者同乗)・電気自動車 小学生以下(幼児は保護者同乗)

【千葉】こどもの国キッズダム

千葉県、市原ICから車で15分の場所に位置する、様々な遊びができる複合遊園地「千葉こどもの国キッズダム」。ここの遊びの1つにゴーカートがあります。

林間を抜けて爽快に走れるコースは全長1.5km。小さな子供と保護者が乗るファミリーカートや、講習を受けて合格すれば1人で乗れるライセンスカートがあります。

出典: maruchiba.jp

気持ちのいい風を浴びながら、自然の中をドライブできるのでとっても人気なんですよ。休日には沢山の人が楽しんでいます。ライセンスを取ると1人で運転できるのは面白いですね。ちなみに、ライセンスカートは小学校4年生から中学校3年生までが利用できます。

千葉こどもの国 キッズダム
住所:
千葉県市原市山倉1487
営業時間:
9:30~16:00
アクセス:
京葉道路 → 館山自動車道 市原IC から約15分
電話番号:
0436-74-3174
定休日:
木曜日(祝祭日は除く)
入場料金:
大人700円 小・中学生が300円 3歳からの幼児が200円

【山梨】AZサーキット

山梨県山梨市に、小さなサーキット場があります。今までの公園や遊園地でのゴーカートとは違う、本格的なレーシング用ゴーカートが楽しめるスポットなんです。

出典: ameblo.jp

カートは「birel N-35X/YAMAHA MZ200」を使っていて、耐久性・安全性の信頼は高いです。1人タイムアタックで腕を磨いたら、仲間と一緒にレースを楽しんじゃいましょう!盛り上がる事間違いなし!

時速は60km!実際の体感速度はこれの2倍とされています。かなりの迫力と疾走感が体感できる為、高校生や大人の方が中心となって楽しんでいます。テクニックやステアリング技術を磨くのにみんな夢中です!

AZ山梨サーキット
住所:
山梨県山梨市正徳寺2298-25
営業時間:
11:00~20:00
アクセス:
山梨市駅から車で10分
電話番号:
0553-23-5877
定休日:
年中無休
料金:
1時間乗り放題  一般 8,000 円 会員 5,300 円

いかがでしたか?ゴーカートは小さくても立派な車です。是非、ファミリーやカップルで楽しんでみて下さいね。とっても爽快で気持ちが良いですよ!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 日本各地で見つけた巨大すぎる大仏様・観音様特集!展望台か...

    日本に点在する巨大な大仏・観音像はそれぞれ異なった建立経緯があります。歴史的にとても重要で日本の文化遺産である「奈良、鎌倉」の大仏や、20世紀に入ってからそれぞれの宗教が独自に建てた大仏や観音。個人の道楽で建てたものや、観光地を目指して地域活性化の為に自費で建てたものもあります。今回はそれら全部ひっくるめて、巨大でインパクトのある大仏・観音像を中心にご紹介してみたいと思います。

  • ラブホ女子会するならここ!女子ウェルカムでおしゃれなラブ...

    最近のラブホはテーマパークの様に豪華な作りで、女子会をしても楽しめる空間になっているのは有名ですね。そんなラブホ女子会にオススメの女子ウェルカムなラブホを紹介していきます!

  • 大阪・神戸の激うま坦々麺、絶対外せない6店!関西の人気おす...

    辛いもの好きにはたまらない坦々麺!それぞれのお店の特徴のある味の数々。関西に来たら必ず満足していただける坦々麺のお店をご紹介します。

  • カップル必見!下品すぎない最新のラブホテル・シティーホテ...

    近年、ラブホテル業界は新たに非日常的な空間づくりが盛んになってきました。昭和のバブル期に流行った、ちょっと下品なラブホテルはレトロな雰囲気として評価されていますが、今回は最新のラブホテル・シティーホテルの魅力を中心に特集したいと思います。

  • ニッポン東西南北の面白い「すごいラブホ」を集めました!2人...

    ジャグジー付、カラオケ付、映画見放題…そんなのは当たり前になってきた日本のラブホ業界には、続々新しいジャンルのラブホが登場しています。まるでリゾートホテルのようなラブホから、なんじゃこれ?!と疑ってしまうほどのラブホまで全国の面白おかしく変わった「すごいラブホ」を集めました!いざチェック!!

  • 【日本国内】グッチやエルメスのこだわりハイブランドカフェ6選

    グッチ、エルメス、ブルガリ・・・誰でも1度は聞き覚えのあるブランド。 実はそんなハイブランドが運営するハイブランドカフェが日本国内にもあることをご存知でしょうか?今回はそれぞれテーマやモチーフを作りこだわり抜いたハイブランドカフェを紹介します。

このエリアの新着記事
  • 京都で美味しいつけ麺ランキングTOP20!あっさりからこってり...

    日本のみならず海外からも多くの観光客が訪れる京都で、「つけ麵を食べるならここは外せない!」というような、おすすめのお店を20店舗ご紹介。あっさりからこってり、太麺、細麺、平打ち麵など、バラエティに富んだ評価の高いお店がそろっています。

  • つりができる居酒屋「釣船茶屋ざうお」の魅力!釣った魚をそ...

    自分で釣った魚をその場で食べられる居酒屋「釣船茶屋ざうお」。全国に14店舗を構える人気の飲食店です。今回はそんなユニークなコンセプトが魅力の「ざうお」の楽しみ方とオススメポイントを紹介します。

  • 国内にいながら海外気分が味わえるホテル6選

    海外旅行ももちろん素敵ですが、日本にいながらにして、海外気分が味わえる今大人気のホテルがあるんです。今回はそんなホテル6選をご紹介します。

  • 北国の短い夏を楽しもう!東北六魂祭がアツイ!

    誰もが心躍らせてしまう夏祭り。各地に様々な祭はあれど、夏が短い東北地方だからこそ熱い想いが炸裂する祭が一層盛り上がる!夏休みを利用して東北六県すべて制覇しちゃおう!

  • 関東の秘湯が楽しめるおすすめ温泉旅館4選!知る人ぞ知る最強...

    温泉は好きだけど、いつも定番の同じスポットばかりで飽きてきていませんか?ちょっと変わった秘湯に入ってみたいというかたにおすすめしたい宿を紹介します。

  • 【関東】日帰りでも使える美人の湯3選!温泉に入るだけでお...

    温泉地域まで行かなくても関東に「美人湯」と言われる温泉があるのをご存じですか? まるで化粧水みたいな温泉につかりながら、心も潤い、体も潤わせるなんてうれしいですね。 今日は関東にある美人湯を巡ってみたいと思います。

  • 2016年版!九州の夏の花火大会を厳選紹介♪

    夏風物詩「花火大会」。各地方では夏休みを目の前に既に始まっている所も少なくありません。しかし、各地域にたくさんある花火大会はどこにいけばいいのか?毎年お悩みの方もいるのではないでしょうか?今回は2016年行っておくべき夏の定番・花火大会を九州地区に絞って厳選紹介します。

  • 2016年行くべき東海の花火大会!まだ間に合う♪

    すでに全国で開催されている花火大会。屋台や御神輿、お祭りも開催される夏と言えばの代名詞ですが、まだ行ってない!という方の為に今回は東海で行っておくべき2016年花火大会を厳選紹介!隠れた名スポットや長い期間で見られるものもありますので、これからの方でも安心のラインナップです。

  • 日本国内の世界遺産5選!文化遺産から自然遺産まで世界に誇...

    日本の世界遺産は、日本独自の文化と歴史が生んだ日本という島国を象徴するスポットばかりです。既に知っている人も、あまり詳しくない方も、東京オリンピックを前に一度日本の世界遺産を見直してみませんか?代表的5つのスポットをご紹介します。

  • Trip Advisor発表!外国人に人気の観光スポット10選

    世界最大規模の閲覧数を誇るといわれるTrip Advisor(トリップアドバイザー)。その宣伝効果は絶大で、ニュースのネタとして放映されるほど。そのTrip Advisorが、外国人に人気がある日本の観光スポットを公開しました。有名どころからマイナーなところまで、外国人がどんな日本を楽しんでいるのか、紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事