本物のお化けが出る!?噂の怖〜いお化け屋敷3つ!寝れなくなること必死

45,712

views

0

ただでさえ怖いお化け屋敷。 そのお化け屋敷に「本物が出る」なんて噂されていたらどうですか? 今日はそんな噂のあるお化け屋敷をご紹介いたします。

グリーンランド「廃校への招待状」(熊本)

数々の利用者が本物の幽霊を見たと言う廃校への招待状。
実際の廃墟を使っていると噂される建物です。
遊園地とは少し離れた場所に位置しているのもなんだか怖い…。

写真だけでも禍々しい雰囲気が伝わってきます。
お化け屋敷を体験した人は、怖くて動けなくなってしまったりするのではないでしょうか。

出典:youtube

【恐怖】【閲覧注意】お化け屋敷・グリーンランド『廃校への招待状』【ひとりで潜入②】

2013年2月17日(日)
グリーンランド(熊本)の『廃校への招待状』にひとりで潜入②
あなたには見えますか??コメントお待ちしてます。 ↓ ↓ ↓ ①もあるよ。

恐怖!グリーンランド『呪われた第四病棟』ひとりで潜入①
https://www.youtube.com/watch?v=pgWSg-sdFH0

【ホラーチャンネル】https://www.youtube.com/user/rtazwk/videos
   いろんな紹介動画を公開予定です♪よろしくおねがいします!

グリーンランド
住所:
熊本県荒尾市 下井手1616
電話番号:
0968-66-1112
荒尾駅より産交バスグリーンランド正門前下車すぐ
料金:
大人(高校生以上) 5,200円 子供(3歳~中学生)身長120cm以上 4,300円
子供(3歳~中学生)身長120cm未満 3,200円シニア3(65歳以上) 3,200円
営業時間:
季節によって変動あり

富士急ハイランド「戦慄迷宮」(山梨)

長~いお化け屋敷として有名な「戦慄迷宮」。
ただでさえ恐ろしいお化け屋敷なのに、それに迷宮まで一緒になってしまった怖さ満載の場所です。
驚かせてくるお化けたちも怖いもの揃いですが、霊感のある方にはさらに怖いものが見えるんだそうです…。

怖いのが追いかけてくるなんて反則!
人間だとわかっていても怖いものがあります。
ん?本当に人間なの…?

距離にして900m!
時間にして50分以上も、この空間から出口を探してさまよわなければなりません。

富士急ハイランド
住所:
山梨県富士吉田市新西原5−6−1
電話番号:
0555-23-2111
アクセス:
三島駅・御殿場駅・甲府駅・塩山駅より富士急バスにて
料金:
フリーパス料金:大人(18歳以上) 5,200円、中・高校生 4,700円、子供(3歳~)3,800円※戦慄迷宮は別途500円
        
営業時間:
9:00 - 18:00/夏季営業時間 8:30 - 20:00(季節によって変動あり)

浅草花やしき「お化け屋敷~桜の怨霊」(東京)

随分と昔から「本物が出る」と言われている、花やしきのお化け屋敷。
現在では老朽化からリニューアルされましたが、噂の払拭にはいたらなかったようです。
お化け屋敷目線だと、追いかけてくる人間はいないので比較的入りやすいお化け屋敷ですが、本物の幽霊との遭遇率は高めなのでご注意を。

出典: chuansong.me

人形があるところに霊は出やすいと言われているので、これほどの人形がいれば…。
きちんと整列されていないのも不気味ですね。

最後に

お化け屋敷に怖い話はつきものですが、有名なお化け屋敷どころをご紹介しました。
信じるか信じないかはあなた次第です!

森山まどか

20代後半の専業主婦です。生後5ヶ月の息子がいます。
趣味は食べることと温泉に行くこと♪
家族でいく旅行やレストラン、ママ目線で紹介していきたいと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 日本各地で見つけた巨大すぎる大仏様・観音様特集!展望台か...

    日本に点在する巨大な大仏・観音像はそれぞれ異なった建立経緯があります。歴史的にとても重要で日本の文化遺産である「奈良、鎌倉」の大仏や、20世紀に入ってからそれぞれの宗教が独自に建てた大仏や観音。個人の道楽で建てたものや、観光地を目指して地域活性化の為に自費で建てたものもあります。今回はそれら全部ひっくるめて、巨大でインパクトのある大仏・観音像を中心にご紹介してみたいと思います。

  • ラブホ女子会するならここ!女子ウェルカムでおしゃれなラブ...

    最近のラブホはテーマパークの様に豪華な作りで、女子会をしても楽しめる空間になっているのは有名ですね。そんなラブホ女子会にオススメの女子ウェルカムなラブホを紹介していきます!

  • 大阪・神戸の激うま坦々麺、絶対外せない6店!関西の人気おす...

    辛いもの好きにはたまらない坦々麺!それぞれのお店の特徴のある味の数々。関西に来たら必ず満足していただける坦々麺のお店をご紹介します。

  • ニッポン東西南北の面白い「すごいラブホ」を集めました!2人...

    ジャグジー付、カラオケ付、映画見放題…そんなのは当たり前になってきた日本のラブホ業界には、続々新しいジャンルのラブホが登場しています。まるでリゾートホテルのようなラブホから、なんじゃこれ?!と疑ってしまうほどのラブホまで全国の面白おかしく変わった「すごいラブホ」を集めました!いざチェック!!

  • カップル必見!下品すぎない最新のラブホテル・シティーホテ...

    近年、ラブホテル業界は新たに非日常的な空間づくりが盛んになってきました。昭和のバブル期に流行った、ちょっと下品なラブホテルはレトロな雰囲気として評価されていますが、今回は最新のラブホテル・シティーホテルの魅力を中心に特集したいと思います。

  • 【日本国内】グッチやエルメスのこだわりハイブランドカフェ6選

    グッチ、エルメス、ブルガリ・・・誰でも1度は聞き覚えのあるブランド。 実はそんなハイブランドが運営するハイブランドカフェが日本国内にもあることをご存知でしょうか?今回はそれぞれテーマやモチーフを作りこだわり抜いたハイブランドカフェを紹介します。

このエリアの新着記事
  • 京都で美味しいつけ麺ランキングTOP20!あっさりからこってり...

    日本のみならず海外からも多くの観光客が訪れる京都で、「つけ麵を食べるならここは外せない!」というような、おすすめのお店を20店舗ご紹介。あっさりからこってり、太麺、細麺、平打ち麵など、バラエティに富んだ評価の高いお店がそろっています。

  • つりができる居酒屋「釣船茶屋ざうお」の魅力!釣った魚をそ...

    自分で釣った魚をその場で食べられる居酒屋「釣船茶屋ざうお」。全国に14店舗を構える人気の飲食店です。今回はそんなユニークなコンセプトが魅力の「ざうお」の楽しみ方とオススメポイントを紹介します。

  • 国内にいながら海外気分が味わえるホテル6選

    海外旅行ももちろん素敵ですが、日本にいながらにして、海外気分が味わえる今大人気のホテルがあるんです。今回はそんなホテル6選をご紹介します。

  • 北国の短い夏を楽しもう!東北六魂祭がアツイ!

    誰もが心躍らせてしまう夏祭り。各地に様々な祭はあれど、夏が短い東北地方だからこそ熱い想いが炸裂する祭が一層盛り上がる!夏休みを利用して東北六県すべて制覇しちゃおう!

  • 関東の秘湯が楽しめるおすすめ温泉旅館4選!知る人ぞ知る最強...

    温泉は好きだけど、いつも定番の同じスポットばかりで飽きてきていませんか?ちょっと変わった秘湯に入ってみたいというかたにおすすめしたい宿を紹介します。

  • 【関東】日帰りでも使える美人の湯3選!温泉に入るだけでお...

    温泉地域まで行かなくても関東に「美人湯」と言われる温泉があるのをご存じですか? まるで化粧水みたいな温泉につかりながら、心も潤い、体も潤わせるなんてうれしいですね。 今日は関東にある美人湯を巡ってみたいと思います。

  • 2016年版!九州の夏の花火大会を厳選紹介♪

    夏風物詩「花火大会」。各地方では夏休みを目の前に既に始まっている所も少なくありません。しかし、各地域にたくさんある花火大会はどこにいけばいいのか?毎年お悩みの方もいるのではないでしょうか?今回は2016年行っておくべき夏の定番・花火大会を九州地区に絞って厳選紹介します。

  • 2016年行くべき東海の花火大会!まだ間に合う♪

    すでに全国で開催されている花火大会。屋台や御神輿、お祭りも開催される夏と言えばの代名詞ですが、まだ行ってない!という方の為に今回は東海で行っておくべき2016年花火大会を厳選紹介!隠れた名スポットや長い期間で見られるものもありますので、これからの方でも安心のラインナップです。

  • 日本国内の世界遺産5選!文化遺産から自然遺産まで世界に誇...

    日本の世界遺産は、日本独自の文化と歴史が生んだ日本という島国を象徴するスポットばかりです。既に知っている人も、あまり詳しくない方も、東京オリンピックを前に一度日本の世界遺産を見直してみませんか?代表的5つのスポットをご紹介します。

  • Trip Advisor発表!外国人に人気の観光スポット10選

    世界最大規模の閲覧数を誇るといわれるTrip Advisor(トリップアドバイザー)。その宣伝効果は絶大で、ニュースのネタとして放映されるほど。そのTrip Advisorが、外国人に人気がある日本の観光スポットを公開しました。有名どころからマイナーなところまで、外国人がどんな日本を楽しんでいるのか、紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事