【パワースポット】スリランカで女子力も恋愛運もアップ!? ピンククォーツの山へ

3,180

views

0

スリランカはダイヤモンド以外のほとんどの宝石が採れる世界屈指の宝石採掘国であり、とても上質な宝石が採れることで有名です。 英国ウィリアム王子とのご婚約会見時に、キャサリン妃(当時はケイト・ミドルトンさん)が左手の薬指にはめていたブルーサファイヤのリングは、故ダイアナ妃の形見。実は、そのブルーサファイアはスリランカ産なのです。 そんな宝石がたくさん採れるスリランカでも、非常に珍しいピンク(ローズ)クォーツの山が存在するんです。山一つ分の水晶となれば、すごいパワーがありそうですね。今回はこちらのパワースポ

ナマルウヤナ国立公園

このピンククォーツの山があるナマルウヤナ国立公園一帯は、デヴァナンピヤティッサ王(ミヒンタレーの地から仏教を広めた王様)の時代より、スリランカでは聖なる森として広く知られた場所でした。
1991年、この地に強く魅了されたワナワシ ラフラ テラという名の高僧が、4人の若者と共に訪れました。その帰路についた途中で道に迷ってしまった僧らは、約2000エーカーもあるアイアンウッドという木が生い茂る広大な森を何時間もさまよい、やっとの思いで森から出られたそうです。その時に、偶然に発見したのがピンククォーツの山。森を抜け出せた若者たちは神に感謝しましたが、テラ高僧は一人、この地の保護に従事しなければならないと強く感じたそうです。
そして、人々の助けを借りながら、現在までアイアンウッドの森とピンククォーツの山を守っています。

アイアンウッド(ナ)の森を歩く

ナマルウヤナ国立公園に一歩足を踏み入れると、アイアンウッドの木々が目に入ります。この木々が強い日差しを遮っており、とても涼しく感じます。また空気がとてもきれいで、呼吸をする度に体がリフレッシュしていくようです。

”ナ”とは?

アイアンウッド、現地では”ナ”と呼ばれるこの植物はスリランカの国樹であり、仏教徒には自然から与えられた神聖な資源として考えられています。ナの木はとても固く耐久性に富んでいます。また薬効があるので、アーユルヴェーダの治療薬として広く使われています。とても静かで平穏なナの森は、瞑想に適した安息の地として多くの人を惹きつけています。

一面のピンククォーツ

30分くらいナの森の中を歩いていると、ピンククォーツが見えてきます。私が訪れた日は、日差しが強くとても暑かったので、ピンククォーツが日光を反射し輝いて見えるのを期待したのですが、森を抜けて目に写ったのは、グレーの山肌に淡いピンクがところどころに見える小高い丘のような山でした。

このナの森の道はほとんどが舗装されており、山登り用の装備などは必要ありません。ただ、この最後の山を登るにはサンダルだとケガをする可能性もありますので、スニーカーなど足が守られる履物をおススメします。

雨風で風化し、汚れて見えるのは仕方ないと気持ちはやや落胆しながらも山肌に近づいて見てみれば、やっぱり紛れもなくピンククォーツです。砂利に見える小さな石もピンククォーツ。そして、顔を上げて見渡せる全てがピンククォーツ。
奇跡と思えるほどの範囲に広がる水晶に圧倒され、さっきまで期待外れだと思っていた気持ちはきれいさっぱり吹き飛び、とても感動しました。ただただ、すごい。

さぁ、女子力と恋愛運アップのパワーを胸いっぱいに吸い込みましょう

10分くらい登ると頂上に着き、きれいなお顔をした大仏様が迎えてくれます。ここはパワースポットとご紹介していますが、山頂からの景色もとても素晴らしいので、ぜひここからの美しいパノラマも楽しんでいただきたいと思います。

さぁ、今です!
美と愛と優しさの象徴とされ、内面の美しさを輝かせるというピンククォーツのパワーを、ここで存分に吸い込んでください。これで、きっと恋愛運は急上昇!

注意してほしいこと

たとえ砂利でも、ピンククォーツを持ち帰ることは厳禁です。入口には警察が常駐していますので、くれぐれも邪な気持ちは持たず、体中に吸い込んだたくさんのパワーと幸せな気持ちだけを持ち帰ってください。

ナマルウヤナ国立公園内の神様

チケット売り場付近に置かれている、ナマルウヤナ国立公園内での旅の無事を見守ってくれる神様。無事にピンククォーツマウンテンから帰ることができました。ありがとうございました。

最後に

この神秘の場所は、5億5000万年以上前にできたと推測されています。インドのシャージャハーン皇帝により大理石が切り出され、タージマハールの建設の一部に使われたといわれており、国内外に広く知られた場所だったようです。
しかし、この美しいピンククォーツの山は、1991年にテラ高僧に発見されるまでナの深い森に包み込まれ、人知れず大切に守られてきました。そう思うと、私たちが見に行けるのは本当にラッキーとしか言いようがありませんね。ぜひ、この幸運を感じにこの地を訪れていただきたいと思います!

Pink Quartz Mountain
住所:
Ulpathgama,Galkiriyagama, Dambulla Central Sri Lanka
アクセス:
ダンブッラから車で約40分
定休日:
事前確認要
電話番号:
+94 77 299 2827
料金:
500 スリランカルピー
M Lanka

世界遺産のシギリヤロックをどうしても観たく訪れた
スリランカで、スリランカ人の主人と出会い結婚してしました。現在、日本でアーユルヴェーダのリラクゼーションサロンを開業しています。
ぜひ訪れて頂きたいスリランカの世界遺産などの観光地、またスリランカの素朴さや素晴らしさを、少しでもお伝えしていければと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • スリランカで泊まりたいおすすめ高級ホテル15選

    セイロン茶で日本でもお馴染みのスリランカ。インド洋の真珠とも呼ばれる美しいビーチや大自然、独自の文化などで今大注目の観光スポットです。スリランカにハマっていしまう大人女子も多いのだとか。そんなスリランカで宿泊したい高級ホテルをご紹介していきます。

  • スリランカ・ゴールのおしゃれな人気雑貨屋さん6選 お土産選...

    スリランカの歴史的な街といえば、ゴール。大航海時代の面影を残し、コロニアルな雰囲気が広がることから、観光客に人気があります。今回は、そんなゴール市内にある、人気の雑貨屋さんを紹介したいと思います。

  • 【スリランカ】ゴールで人気のローカルレストラン&カフェ4選

    スリランカの南部の港町、ゴール。過去にはヨーロッパ人による支配下にあり、現在も当時建てられた建物や要塞が残っていて、ユネスコの世界遺産にも登録されています。今回は、そんなゴールにある地元で人気のレストランやカフェを紹介しましょう。

  • スリランカ基本情報 【お金編】~スリランカの両替は現地の空...

    今回はスリランカではどんな通貨が使われ、どこで両替ができて、チップは渡すのかといったお金に関する情報についてご案内します。

  • スリランカ基本情報 【時差・空港編】~スリランカの空港が日...

    「インド洋の真珠」と称されるスリランカ。北海道の8割ほどの国土にもかかわらず、複数の世界遺産を持つ国として人気があります。ここではスリランカの基本情報として、時差や日本からの行き方、空港情報などをお届けします。

  • スリランカのコロンボ・フォート&ペター地区をぶらり散歩♪

    コロンボは、コロニアル調の建物が立ち並ぶフォート地区と、スリランカ最大のバザールがあり庶民的なペター地区との2つに分かれます。ここではそのフォート地区とベター地区の観光スポットを紹介しましょう。

  • バワ芸術リゾートに泊まろう♪ スリランカおすすめリゾートホ...

    スリランカ人建築家のジェフリー・マニング・バワ。2003年に亡くなりましたが、熱帯地区に伝わる伝統的な設計と近代的なデザイントロピカル・モダニズムを積極的に取り入れた1人で、スリランカを代表する建築家です。今回は、そんなジェフリー・マニング・バワが手がけたホテルの数々を紹介したいと思います。

  • ココへ行けば全部揃う!コロンボのスーパーマーケットに行こう♪

    スリランカの人気の町として知られるコロンボ。以前は首都でしたが、現在は有名企業や学術機関などがある、同国の経済中心地として知られています。今回は、そんなコロンボにある人気大型スーパーマーケットを紹介したいと思います。ここにいけば、日本へのお土産が揃うかも♪

  • スリランカのミリッサでホエールウォッチング!

    スリランカはいろいろなクジラの通り道になっていて、シーズン中は高い確率でシロナガスクジラやマッコウクジラなどを見ることができます。ここではホエールウォッチングで有名なミリッサについて紹介しましょう!

  • スリランカの名産品・紅茶の産地7選

    スリランカは紅茶の一大産地です。生産量はインド、ケニアに次いで世界第3位。一口にセイロン紅茶といってもさまざまな種類があります。ここでは産地別にスリランカの紅茶を紹介しましょう。

このエリアの人気記事