イタリア定番観光スポット、ポンペイ遺跡!1900年の時を経て遺跡は何を語るのか

747

views

0

一瞬にして火山灰の下に眠った古代都市ポンペイ。約1900年前の人々の暮らしが当時のまま残る古代のロマンが詰まった遺跡です。ローマからも日帰り日本語ガイド付きバスツアーが出ているので不安なく手軽に旅を楽しめます。

古代ロマン@ポンペイ

遠くにヴェスヴィオ山を望むポンペイ遺跡。
紀元79年ヴェスヴィオ山の突然の目覚めによって三日三晩噴火が続き、火山灰が降り注いだこの地域の住民の多くは避難も間に合わず死んでいきました。この惨事でポンペイは6m近くの火山灰に埋もれ、噴火瞬間の街の生活ぶりを閉じ込めたのです。

1900年以上の時を経て当時の街が奇跡的に現代に姿を現し、私たちの目に触れることになりました。

入口にあたるマリーナ門は海に向かっていることが名前の由来です。
出土した魚の鱗や魚の壁画から、当時は海が近かったとされています。

アポロ神殿

ポンペイにあるたくさんの神殿の中でも、遠くにヴェスヴィオ山を望むアポロ神殿は代表的なもののひとつ。
遺跡の中で最も古い遺構で、宗教行事が行われたものとされています。

マケルム

マケルムとは食料品取引場のこと。12本の柱の周囲からは数多くの魚の骨や鱗が発掘されており、かつて魚市場だった場所のようです。回廊の壁面には魚や鶏の日常の販売の風景とともに、神話を題材とした場面が描かれていて、活気のある街の雰囲気を感じることができます。

フォロ

フォロは多目的広場。人々はここに集い、憩いの場ともなっていました。
周囲には神殿や市役所、裁判所があり、宗教の中心でもありました。数千年前の街の匂いを感じることができる場所です。

円形闘技場

現存する最古の円形闘技場。街の要人のために設けられた下部座席が残っており、大理石の化粧貼りが施されています。

大劇場

丘の自然なくぼみを利用して造られています。当時の大きな施設は屋根なしだったのですが、最上部に支柱を支えたと思われる穴が残っています。必要なときは可動式テントが張られていたということです。驚くほど生活を快適に過ごすシステムが構築されていました。

アッボンダンツァ通り

住居・店舗・作業所・工場が立ち並んでいて、当時の豊かな生活や暮らしぶりが現れています。なんと、道路標識まで存在していたとか!

横断歩道

石畳の道は馬車の道。雨水や排水が流れていたので歩道は高くなっています。雨で車道が冠水した時にも渡れるようにという配慮。きちんと轍の幅が決められており、石と石の間を馬車がすり抜けていました。人が住みやすい工夫がいっぱい。ここが1900年前の街であることを忘れてしまいそうです。

ファウノの家

ローマから派遣された将軍の甥のために造られた家です。玄関や食堂、衣装タンスや金庫など、現代の生活にも馴染みのある品が残されていて、4つある食堂は四季によって使い分けていました。その奥の談話室からは有名なモザイクの床「アレキサンダー大王とペルシャ王ダリオの戦い」が出土されています。

秘儀荘 

酒の神であるディオニュソス信仰への入信の儀式の秘儀を表しているという壁画。
「ポンペイの赤」で描かれた神秘的な絵が当時の雰囲気を強烈に印象づけてくれます。

テピダリウム

適度に体を温めたり、急な温度変化を和らげる目的で巨大な火鉢で部屋全体を温め、入浴前の準備をする部屋です。アーチの天井は漆喰で装飾されていて、会話を楽しんだり壁の飾りを眺めたりしながらゆっくりくつろぐことのできる空間は、日本の銭湯を彷彿とさせる場所。数千年の時を超え、違う国での共通点に思いを馳せることができます。床の下に水路を造り、温水を流して床暖房にしていたそうです。現代の基になるシステム!ですね。

表情までわかる石膏

火山灰に埋もれた生き物は、土に返ることなく何千年もかけて腐敗し、火山灰に空洞をつくり、発掘後そこに石膏を流し込んで、苦しむ様子や子どもをかばう母の様子を再現しました。その一瞬の出来事が、後世にたくさんの思いを残してくれているのです。

狂犬注意!

悲劇詩人の家。この家のアトリウムにはモザイクが残っていて、その中のひとつに公演の準備をする役者のシーンがあります。これがこの家の由来になったそうで、特に詩人の家でも狂犬の家でもないようです。

居酒屋

穴の中には素焼きの壺が置かれ、この中に果実・野菜・木の実などを入れて売っていました。商人の活気ある風景を思い起こさせられる場所です。

パン焼き釜

ポンペイには30以上ものパン屋の跡があります。今でも十分使えそうで、ほかほかの焼き立てパンが出てきそうな窯です。

1900年前のポンペイには、単に生活するということだけでなく、より便利に素敵に楽しく幸福に暮らすための工夫がたくさん施されています。時を越えた歴史の偉大さと人間の無力さに浸る旅♪を堪能してください。

ポンペイ(POMPEI)
住所:
P.za Porta Marina
営業時間:
08:30~19:30
電話番号:
081-8575347
アクセス:
ナポリ駅からヴェスヴィオ周遊鉄道のヴィッラ・ディ・ミステリ駅下車が便利 約30分(駅前すぐが遺跡の入口)
定休日 :
1/1 5/1 12/25
料 金 :
€13
(エルコラーノの遺跡を含む5か所共通券€22、
3日間有効)
umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • バルト三国間の移動は断然バスがおすすめ!乗り方のコツ教えます

    北ヨーロッパに3つ並んだ小さな国々、バルト三国。首都を結ぶ長距離バスを使えばラクラク移動できちゃいます!便利なバス会社"Lux Express"とチケットの買い方、乗りかたを予習してバスの旅に挑戦しましょう♪

  • ポルトガル・リスボンへ行くなら!伝統歌謡ファドを聞きなが...

    ポルトガル大衆文化から生まれたファドは土地に根ざした伝統歌謡。人生を歌った哀愁のあるファド鑑賞はポルトガル旅行の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。ポルトガルの首都リスボンで、ファドを楽しみながらお食事のできるお店をご紹介します。

  • 一人旅ヨーロッパおすすめ観光スポット15選!世界遺産の美し...

    ヨーロッパは、音楽・美食・ファッション・建築と訪れる者の心をはなして止まない魅力の地です。そんな好奇心集まる国を一人旅するとしたら、あなたはどこを選びますか?今回は一人でも安心して旅ができる場所、とりわけ世界遺産の美しい街や村の光景に合わせて見どころなど楽しみ方をご紹介します。

  • パリのホテルおすすめ15選!フランス・パリで評判の高い人気...

    多くの人が憧れる観光地、パリ。すてきな街並み、有名な観光スポット、美術館にコンサート、おしゃれなカフェやビストロ、お買い物とパリで訪れたい場所はたくさんあるでしょう。ロマンティックなパリでの休日を特別なものにしたいなら、まず、泊まるホテルにはこだわりましょう!高級ホテルからミドルクラスのホテルまで、パリで人気の高いおしゃれなホテルの15選をご紹介します。

  • チーズ好き必見!酪農王国デンマークでチーズ三昧♡

    酪農王国デンマークの乳製品はクセのあるものが少なく、とっても食べやすくておいしいチーズがたくさんあります。お料理に使うのも便利なんです。チーズ&ワインラバーの筆者が大好きなデンマークチーズをまとめてみました。

  • ヨーロッパ移動はLCCを使わなきゃ損!お得な航空会社まとめ

    魅力的な国が散在するヨーロッパ旅行は移動が鍵!バスや鉄道も良いが、実はLCCが非常に発達している。短時間かつ格安で、効率の良い旅を実現しよう!

このエリアの新着記事
  • バルト三国間の移動は断然バスがおすすめ!乗り方のコツ教えます

    北ヨーロッパに3つ並んだ小さな国々、バルト三国。首都を結ぶ長距離バスを使えばラクラク移動できちゃいます!便利なバス会社"Lux Express"とチケットの買い方、乗りかたを予習してバスの旅に挑戦しましょう♪

  • パリのホテルおすすめ15選!フランス・パリで評判の高い人気...

    多くの人が憧れる観光地、パリ。すてきな街並み、有名な観光スポット、美術館にコンサート、おしゃれなカフェやビストロ、お買い物とパリで訪れたい場所はたくさんあるでしょう。ロマンティックなパリでの休日を特別なものにしたいなら、まず、泊まるホテルにはこだわりましょう!高級ホテルからミドルクラスのホテルまで、パリで人気の高いおしゃれなホテルの15選をご紹介します。

  • パリ観光でラグジュアリーな滞在ができるホテルおすすめ15選

    世界中の観光客が憧れる街パリ。観光もショッピングも楽しみたい華やかなパリで、サービスも雰囲気も一流なホテルでぜいたくな時間を楽しみませんか?ラグジュアリーな滞在ができるパリのおすすめホテルをご紹介します!

  • 一人旅ヨーロッパおすすめ観光スポット15選!世界遺産の美し...

    ヨーロッパは、音楽・美食・ファッション・建築と訪れる者の心をはなして止まない魅力の地です。そんな好奇心集まる国を一人旅するとしたら、あなたはどこを選びますか?今回は一人でも安心して旅ができる場所、とりわけ世界遺産の美しい街や村の光景に合わせて見どころなど楽しみ方をご紹介します。

  • パリへ行くならおさえておきたい定番のパリ観光スポット15選!

    ロマンティックなパリ旅行では、パリの魅力を一つ残らず味わい尽くしたいものです。パリには見るべき観光スポットが数多くありますが、まずは誰もにおすすめできる定番の観光スポットをおさえておきましょう!パリで超有名、人気の観光スポットをご紹介します!

  • 中世にタイムスリップ!世界遺産の街ヴェネツィアに行ったら...

    水の都ヴェネツィアは、幻想的で美しく深い歴史を感じられる、街全体が世界文化遺産の都市です。数百の小島と400以上の橋で作り出された街ヴェネツィア、まさに、水と迷路の魅力が満載の観光スポットです。今回は、そのヴェネツィアで絶対に行っておきたい重要スポット15選を、ご案内しましょう。

  • 北ヨーロッパのラグジュアリーなキャンプ場3選!アウトドアが...

    北部ヨーロッパのキャンプ場は、ラグジュアリーな中にも質素さが同居している点が南欧のそれとは違っています。そんな北部ヨーロッパの人気のあるキャンプ場を選りすぐって3カ所紹介します。

  • 【コインブラ】長い歴史と学生の活気溢れる街!ポルトガル名...

    ポルトガル第3の街コインブラ(Coimbra)は、ヨーロッパ屈指の歴史を持つコインブラ大学を中心として栄えた、長い歴史を持つ街として知られています。コインブラ大学と共に世界遺産として登録されているアルタ地区とソフィア地区は価値のある歴史的建造物があることでも有名です。建築や歴史に興味のある方には特におすすめのコインブラで必ず訪ねたい観光スポットをご紹介します!

  • ここだけは外せない!フランス・リヨンでまずは押さえておき...

    フランス南東部にあるリヨンはフランス第二の都市。中世の街並みが残る石畳の旧市街や郷土色豊かなブション(リヨンの郷土料理を楽しめるビストロ)も魅力です。美食の街とも呼ばれ、華やかパリとはまた違った魅力を持つ街です。そんなリヨンでまずは押さえておきたい観光スポットをご紹介します!

  • ポルトガル・リスボンへ行くなら!伝統歌謡ファドを聞きなが...

    ポルトガル大衆文化から生まれたファドは土地に根ざした伝統歌謡。人生を歌った哀愁のあるファド鑑賞はポルトガル旅行の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。ポルトガルの首都リスボンで、ファドを楽しみながらお食事のできるお店をご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事