南イタリア・サレルノで行くべき穴場観光&街歩きスポット紹介

23,694

views

0

カンパニア州の中でナポリに次ぐ湾岸都市「サレルノ」。 ナポリから特急で約30分、アマルフィまでは船で35分とアクセス抜群。物価が安く治安も良いので、南イタリアの旅の拠点にぴったりです。 そんなサレルノの町の見どころをご紹介。【アクセス編】や【レストラン編】と合わせて参考にしてみてくださいね。

中世の香りを残しながら進化する町、サレルノ

ナポリからさらに南へ約50km、海と山に囲まれた湾岸都市サレルノ。
アマルフィやポジターノへの乗り継ぎ地点として通過する人が多いですが、ショッピングに最適な新市街や中世の香りを残す旧市街など見どころが満載。
通り過ぎるにはもったいない、サレルノの町の魅力をご紹介します。

サレルノ中央駅

まずは町歩きの出発点、サレルノ駅。
駅から徒歩3分圏内にホテルやカフェ、教会から郵便局まで揃っています。
駅前のロータリーには常にタクシーが止まっており、夏場はアマルフィやポンペイ行きのバスも頻繁に出ています。

海岸沿いに続く美しいルンゴマーレ

サレルノ駅を背に10分程直進すると、この町の見どころのひとつである美しいルンゴマーレ(遊歩道)が海岸沿いに続いています。

海岸に沿って続く並木道。木陰に入ると木漏れ日が気持ち良く、真夏でも涼やか。

ジェラート片手にのんびりと散歩する人々や元気に走り回る子どもたちの姿も。
観光都市ではなかなか見られない素のイタリア人の生活が垣間見えます。

こんなに美しい夕日が顔を出すことも。普段の喧騒を忘れて、のんびりしてみるのもおすすめ。

町の中央通りヴィットリオ・エマヌエーレ( Corso Vittorio Emanuele)

サレルノ駅を出てすぐ右手側に続く町の中心となる大通り。
歩行者専用になっており、道の両側にはお店やバールがずらっと並んでいます。
(14~17時ごろはシエスタがあり、バール以外のお店は閉まることが多いので要注意)

夏は日が沈むのが遅く暖かく過ごしやすいので、平日の夜もまるでお祭りのような人だかり。たくさんの人で賑わいます。
チャオ!チャオ!と元気な声が行き交い、歩いているだけで楽しい雰囲気。

中世の香り漂う旧市街

ヴィットリオ・エマヌエーレ通りを歩き続けると、メルカンティ通り(Via Mercanti)という少し細い道が現れ旧市街に入ります。

ここからは、中世の様式を色濃く残すアンティークな雰囲気に。

アーチの支えが続き…細い路地が入り組み…どこを撮っても絵になります。

かつてを思い起こさせる門や水道橋、教会などが町の至るところに素晴らしい保存状態で残っており、まるで中世の美術館のようです。

レストランが並ぶヴィア マスッチョ(Via Masaccio)通り

旧市街地内にあるヴィア マスッチョ(Via Masaccio)通りにはレストランが軒を連ねます。

昔からある建物を改装したおしゃれなレストランが並んでいるので、お気に入りの一店を探してみるのもおすすめ。
レストランは下記記事でもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

町のシンボル カテドラル ディ サレルノ(Cattedrale Di Salerno)

1084年に建てられた、聖マタイのドゥオーモ(大聖堂)と鐘楼。
アマルフィ海岸一帯で見られる“アラブ・ノルマン様式”と呼ばれる、この地方独特の様式。
入り口をくぐると中庭回廊が広がっています。

美しいモザイクがあることでも有名なドゥオーモ。

祭壇から説教台に至るまで、今もなお素晴らしいモザイクを見ることができます。

地下のクリプタも見逃せない!

地下には壁画と装飾に覆われた美しいクリプタがあります。
祭壇横に控えめに入り口があり、気づきにくいですが探してみてください。
見逃すにはもったいない空間が広がっています。

ドゥオーモとはうって変わって、豪華な装飾で埋め尽くされています。

ドーモ ディ サレルノ(Domo di Salerno)
住所:
Piazza Alfano I, 84125 サレルノ
営業時間:
8:30~20:00
クリプタ開館時間 :
9.00 〜 19.45
電話番号 :
089 231387
アクセス :
サレルノ中央駅から徒歩約20分

テアトロ ヴェルディ(Teatro Verdi)

イタリアを代表する作曲家ジュセッペ・ベルディの名を冠された劇場。
1863年に建てられて以来、サレルノ市民に愛され続けています。

豪華な装飾が施されたオペラハウス。

収容人数500人ほどのこじんまりした劇場。
そのためオペラは肉眼で鑑賞でき、コンサートはマイクを通さず肉声を聴けます。
大都市の劇場のように混み合うことは少なく、かつ質の高いオペラやコンサートが観られると定評があります。音楽好きの方には、ぜひ訪れてほしい穴場の劇場。

テアトロ ヴェルディ(Teatro Municipale Giuseppe Verdi di Salerno)
住所:
Piazza Matteo Luciani, 1, 84121 サレルノ
営業時間:
10:00~13:00
夜間営業時間 :
17:00~20:00
電話番号 :
089 662141
アクセス :
サレルノ中央駅から徒歩約20分

楽しい夜の町歩き

治安の良いサレルノ、夜も遅くなり過ぎなければ安心して散歩を楽しめます。

人通りも多く町も明るいので、アペリティーボやショッピングをする人々で賑わっています。

ルンゴマーレもライトアップ。光が海辺に反射して、昼間とはひと味違う素敵な雰囲気に。

眼前に遮る物が何も無いルンゴマーレからは、つい足を止めてしまう美しい自然の風景に出会えます。

高台に上がると、町一帯を見渡たす美しいパノラマが広がります。

最後に

サレルノの町はいかがでしたか?
日本ではあまり知られていない町ですが、旧市街地やルンゴマーレなど魅力的なスポットが盛りだくさん。
アマルフィやポジターノ、ポンペイへ旅行の際は、サレルノを拠点に有意義な旅を楽しんでくださいね!

laluce

イタリア在住。在住者ならではのディープな情報をお伝えします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • イタリアのアウトレットまとめ完全版!買い物大好きな人にお...

    オシャレな町並みも多く歴史的名所も多いイタリアですが、多くのブランドもあるため買い物好きにはたまらないでしょう。最新のブランドやお気に入りのブランドが安く買える場所を紹介します。

  • 地元の味を堪能する!イタリアグルメ~フィレンツェ・ベネチ...

    イタリアといえば、ピッツアにパスタ、リゾットと、私たち日本人が好むグルメがさまざま!でも、どんなところで食事をしたらいいのか悩んでしまったり、ちょっと敷居が高そう…なんて思っていませんか?実は、イタリアにも日本の赤提灯的なお店やカジュアルな居酒屋はたっくさん!気軽に入って食事を楽しめるうえに、数々の名店がひしめき合っています。今回は、その中でも実際に行って食べてきたフィレンツェとベネチア、ローマのオススメのお店をご紹介します!

  • 南イタリア、ナポリ飯!絶品尽くめのカンパニア料理まとめ

    世界三大美港、世界三大夜景の街の一つとしても知られる南イタリア、ピッツァの街ナポリ周辺のカンパニア地方は、絶品の特産品がいっぱい!トマト、レモンにチーズ!おいしいもの尽くしのカンパニア料理、楽しんでいただけたら嬉しいです!

  • 南イタリア・サレルノで行くべき穴場観光&街歩きスポット紹介

    カンパニア州の中でナポリに次ぐ湾岸都市「サレルノ」。 ナポリから特急で約30分、アマルフィまでは船で35分とアクセス抜群。物価が安く治安も良いので、南イタリアの旅の拠点にぴったりです。 そんなサレルノの町の見どころをご紹介。【アクセス編】や【レストラン編】と合わせて参考にしてみてくださいね。

  • 本場イタリア人のピザの食べ方・選び方教えます!

    イタリアといえばパスタとピザ。イタリアに旅行に行くなら必ず食べるべきです!それも、RISTORANTE(レストラン)ではなく、PIZZERIA(ピッツェリア)で食べるべきです。そして、是非試していただきたいイタリア人の食べ方と人気ピザ!そこで、本記事では本場イタリア人のピザの食べ方、選び方をご紹介いたします。

  • 最高の靴に出会える!イタリアの最高級シューズブランド9選

    イタリアには素敵な靴は素敵な場所に連れて行ってくれるということわざがあります。それだけあって、イタリアは有名なシューズブランドの発祥地です!あなただけの「素敵な靴」を見つけることができるでしょう。今回はそんなイタリアシューズブランドをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • イタリア・カンパニア州のモッツァレラ工場「ヴァンヌーロ」...

    モッツァレラチーズが名産のカンパニア州。 水牛のミルクから作られるモッツァレラチーズは大変希少価値があり、モッツァレラの中でも最高品質。 地元イタリア人も虜にする絶品のモッツァレラチーズを作り出す工場、ヴァンヌーロをご紹介します。

  • イタリア・サルデーニャ旅行で必食!伝統3選 ≪ドルチェ編≫

    イタリア・サルデーニャ島では砂糖よりもはちみつをよく使います。砂糖の甘さではなく、自然のはちみつの甘さがやさしく伝わるサルデーニャ島のドルチェたち。たくさんある中でもとっておきの3つのドルチェをご紹介します。

  • イタリア定番観光スポット、ポンペイ遺跡!1900年の時を経て...

    一瞬にして火山灰の下に眠った古代都市ポンペイ。約1900年前の人々の暮らしが当時のまま残る古代のロマンが詰まった遺跡です。ローマからも日帰り日本語ガイド付きバスツアーが出ているので不安なく手軽に旅を楽しめます。

  • イタリア・マナローラで愛の小道を歩いてみよう!色彩豊かな...

    イタリアには世界遺産になっている美しい村が集まっている地域があります。その中の一つがマナローラという村で、絵のように美しいカラフルな家々と隣村のリオマッジョーレとマナローラを結ぶところに、カップルに人気の愛の小道などがあり、人気の観光スポットとなっています。そんなマナローラをご紹介します。

  • 北イタリアの世界遺産チンクエテッレの魅力~コルニリア編~

    北イタリア・リグーリア州にある世界遺産に登録されているチンクエテッレ。5つの村を一日で、電車をメインにまわってみました。三つ目の村、コルニリア(Corniglia)編です。

  • イタリア・ポジターノ観光で「アマルフィの宝石」と呼ばれる...

    美しい青い海と、断崖に並ぶパステカラーの家や教会。 そんな独特の景観はポジターノならでは。その美しい海と街並みを求めて世界中から人々が訪れます。そんなポジターノの街の見どころをご紹介します。旅の計画の参考にしてみてくださいね!

  • イタリア・ポルトフィーノのたのしみ方&見どころ!観光でお...

    ポルトフィーノは、ブーツの形をしたイタリア半島のちょうど付け根あたりにある小さな街です。青く輝くリグリア海に浮かぶたくさんの船、カラフルな街並みを見れば、まるで映画や物語の世界に入り込んでしまったよう。今回はそんなイタリアの美しい港街ポルトフィーノについてご紹介します。

  • -南イタリア- サレルノから始めよう!アマルフィ海岸への旅【...

    カンパニア州の中でナポリに次ぐ大きな湾岸都市「サレルノ」。 ナポリから特急で約30分、アマルフィまでは船で35分とアクセス抜群。 旅の拠点にぴったりの町なんです!そんなサレルノの町とアクセス情報をご案内。 【町歩き&教会編】や【レストラン編】も合わせて参考にしてみてくださいね!

  • イタリア・サルデーニャ島まで行く価値あり!地中海で最も遠...

    これが自然が成すものなのかと疑う程透き通る水、照り付ける太陽、遠浅のビーチがイタリアサルデーニャ島にあります。キラキラ輝く砂浜をスタートに海の中を散歩できちゃいます。そんな海に行ったことありますか?どこまで行っても底が見えちゃう海。わざわざ行って損しない、そんな価値あるビーチをご紹介します。

  • イタリア発!絵の具みたいな可愛い歯磨き粉をお土産にゲット...

    イタリア産まれの“MARVIS”。デザインセンス抜群のパッケージに、思わず全テイストを揃えたくなっちゃう可愛さ。バスルームに置くだけでもインテリアと化してしまいそう〜!乙女心をくすぐるキュートなお土産を大量に買いだめしていってください!

このエリアの人気記事
新着記事