北イタリアの世界遺産チンクエテッレの魅力~コルニリア編~

2,974

views

0

北イタリア・リグーリア州にある世界遺産に登録されているチンクエテッレ。5つの村を一日で、電車をメインにまわってみました。三つ目の村、コルニリア(Corniglia)編です。

唯一、船の乗り入れができない村

チンクエテッレの5つの村の内、一番小さく、また唯一船で乗り入れることができないコルニリア。この村を訪れるのは電車か徒歩のみとなります。今回は電車を使って5つの村を制覇したので、ここも電車で到着しました。駅のホームからは真っ青なリグーリア海を見渡せ、降りた瞬間に、世界各国の観光客から「わ~!」と歓声が上がるほどの素晴らしい景色でした。

名物、382段の階段「ラルダリーナ」

チンクエテッレで一番小さなこの村の一番の名物は、382段からなるラルダリーナ(Lardarina)と呼ばれる階段です。

海抜100メートルに位置するコルニリアに向かうには、この階段かもしくは電車の駅を出たところにあるバス停からバスに乗るかです。ただ、このバスはコミュニティバスでとても小さく、電車が着くタイミングで出るのですが、もちろんここはイタリア。電車が遅れてしまうこともしばしばで、シーズン中にはたくさんの観光客が並びます。お天気の良い日は、思い切って名物のラルダリーナを上ってみましょう!

382段の階段は一段がこのようにかなり広い物となっています。そして、忘れてはいけないのは、このラルダリーナから見える、最高の景色!思わず階段の疲れも忘れて見入ってしまうはずです。

「もう少しだ!」なんて観光を終えて降りてくる観光客にはげまされつつ、上を見上げると頂上が見えてきました!

階段の中腹からは、緑いっぱいの景色が広がります。「こんな断崖絶壁、よく切り開いたなぁ…」と思わずには居られないこの景色は、ぜひとも現地で体感してみてください。

382段を上り切ると、満開のブーゲンビリアが出迎えてくれました!

村の歩き方

とても小さな村なので、気の向くままに歩いてみるのが楽しいと思います。すぐに村の中心にたどり着けてしまいますよ♪

歩いていると、村人さんが「村の中心はあっちだよ~」と声をかけてくれました。イタリア国旗が誇らしげに掲げられているB&Bの人のようでした。

サン・ピエトロ教会

村の中心に向かって歩いていると目に入って来たこちらの教会。サンピエトロ教会(Chiesa di San Pietro)です。

ぐるりと回ると、こちらに正面がありました。

内装が豪華!

1334年に建てられたリグーリア・ゴシック様式の教会です。内装は外からの見かけから想像したものよりかなり華やかでした。

こちらの教会前の広場からは、カラフルなコルニリアの村の中心が見えました。

色とりどりの村の中心

駅から伸びるスタツィオーネ通り(Via Stazione)とフィエスキ通り(Via Fieschi)が交わるところが村の中心です。ここからフィエスキ通りに沿って細い路地にお土産屋さんやレストランが並んでいます。

お土産におすすめな雑貨

漁師の村らしく、お魚がモチーフのTシャツや雑貨。かわいいですね!

おもてなしの村でランチを!

チンクエテッレで一番小さく、船での乗り入れができない一番不便ともいえるこの村は、なんといっても「おもてなし度」が高いそうです。他の村と比べるとレストランも非常に良心的な値段設定で、何より質も◎。というわけで、ランチはこの村で食べてみることにしました。

村の小さな教会の向かいにあったIl Buongustaio(イル・ブォングスタイオ)というレストランに入ってみました。

広場に出ていたテラス席は満席だったので、店内に案内され下に降りて行くと、漁師さんのおうちのようなかわいいインテリアでした。

地元の子供さんのお誕生日会で予約されていたようです。地元の人に使われるレストランは期待大ですね!

奥からフリット・ミスト、生ハムメロン、テスタローリという郷土料理の分厚いクレープのような物のペースト和え、白ワインを500ml、水を一本と〆のエスプレッソで二人で合計42ユーロでした。

スタッフの方も皆さん親切でてきぱきと動いてらっしゃって、接客も良かったです。小銭がたくさんで、小銭で払わせてもらっていいか聞いたときに「日本人のこと信用してるから、数え直さないわよ!」と机に積み上げた小銭をガサっと持って行ってくれました。

最後に食後酒のリモンチェッロをサービスしてくれました!

イル・ブォングスタイオ(Il Buongustaio)
住所:
Via Fieschi 164 | Corniglia, 19018 Corniglia, Italia
営業時間:
11:00~21:00
アクセス:
コルニリア駅より徒歩約20分。
定休日:
なし
電話番号:
39 0187821424
料金:
15-25ユーロ(一人当たり)

村の絶景スポット

村のこちらのサンタ・カテリーナ小礼拝所(Oratorio dei Disciplinati di Santa Caterina)に向かって右横の階段を上ってみてください。村の絶景スポットです!

チンクエテッレの東方面。これから訪れるあと2つの村が見えています。

チンクエテッレの西方面。今までに訪れたモンテロッソ、ヴェルナッツァが見えています。

斜面いっぱいに広がるぶどう畑。

ときどき見える真っ青なリグーリア海。

最後に

いかがでしたか?チンクエテッレの真ん中に位置し、一番小さく一番不便な村、コルニリアの風景をお届けしました。実は、今回5つの村を巡ってみて、個人的にこの村が一番印象的でした。心臓破りの階段を上りきる価値は十二分にあると思います!

コルニリア(Corniglia)
(アクセス)鉄道Genova P.Principe(ジェノバ・ピアッツァ・プリンチペ)駅よりRegionale(レジョナーレ)で約2時間。
※冬季は電車の本数が非常に少ない為、帰りの電車の切符の購入及び時刻表のチェックをお忘れなく!
おやびん

2011年にイタリアに嫁ぎ、イタリア暮らし中です。私の住んでいるリグーリア州は州都ジェノバをはじめ、素敵なところがたくさん。あんまり知られていない素敵な場所をご紹介します!ブログ「そうなの!?イタリア」でイタリアの日常、綴ってます♪

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • イタリアのアウトレットまとめ完全版!買い物大好きな人にお...

    オシャレな町並みも多く歴史的名所も多いイタリアですが、多くのブランドもあるため買い物好きにはたまらないでしょう。最新のブランドやお気に入りのブランドが安く買える場所を紹介します。

  • 南イタリア、ナポリ飯!絶品尽くめのカンパニア料理まとめ

    世界三大美港、世界三大夜景の街の一つとしても知られる南イタリア、ピッツァの街ナポリ周辺のカンパニア地方は、絶品の特産品がいっぱい!トマト、レモンにチーズ!おいしいもの尽くしのカンパニア料理、楽しんでいただけたら嬉しいです!

  • 地元の味を堪能する!イタリアグルメ~フィレンツェ・ベネチ...

    イタリアといえば、ピッツアにパスタ、リゾットと、私たち日本人が好むグルメがさまざま!でも、どんなところで食事をしたらいいのか悩んでしまったり、ちょっと敷居が高そう…なんて思っていませんか?実は、イタリアにも日本の赤提灯的なお店やカジュアルな居酒屋はたっくさん!気軽に入って食事を楽しめるうえに、数々の名店がひしめき合っています。今回は、その中でも実際に行って食べてきたフィレンツェとベネチア、ローマのオススメのお店をご紹介します!

  • 南イタリア・サレルノで行くべき穴場観光&街歩きスポット紹介

    カンパニア州の中でナポリに次ぐ湾岸都市「サレルノ」。 ナポリから特急で約30分、アマルフィまでは船で35分とアクセス抜群。物価が安く治安も良いので、南イタリアの旅の拠点にぴったりです。 そんなサレルノの町の見どころをご紹介。【アクセス編】や【レストラン編】と合わせて参考にしてみてくださいね。

  • 最高の靴に出会える!イタリアの最高級シューズブランド9選

    イタリアには素敵な靴は素敵な場所に連れて行ってくれるということわざがあります。それだけあって、イタリアは有名なシューズブランドの発祥地です!あなただけの「素敵な靴」を見つけることができるでしょう。今回はそんなイタリアシューズブランドをご紹介します。

  • 本場イタリア人のピザの食べ方・選び方教えます!

    イタリアといえばパスタとピザ。イタリアに旅行に行くなら必ず食べるべきです!それも、RISTORANTE(レストラン)ではなく、PIZZERIA(ピッツェリア)で食べるべきです。そして、是非試していただきたいイタリア人の食べ方と人気ピザ!そこで、本記事では本場イタリア人のピザの食べ方、選び方をご紹介いたします。

このエリアの新着記事
  • イタリア・カンパニア州のモッツァレラ工場「ヴァンヌーロ」...

    モッツァレラチーズが名産のカンパニア州。 水牛のミルクから作られるモッツァレラチーズは大変希少価値があり、モッツァレラの中でも最高品質。 地元イタリア人も虜にする絶品のモッツァレラチーズを作り出す工場、ヴァンヌーロをご紹介します。

  • イタリア・サルデーニャ旅行で必食!伝統3選 ≪ドルチェ編≫

    イタリア・サルデーニャ島では砂糖よりもはちみつをよく使います。砂糖の甘さではなく、自然のはちみつの甘さがやさしく伝わるサルデーニャ島のドルチェたち。たくさんある中でもとっておきの3つのドルチェをご紹介します。

  • イタリア定番観光スポット、ポンペイ遺跡!1900年の時を経て...

    一瞬にして火山灰の下に眠った古代都市ポンペイ。約1900年前の人々の暮らしが当時のまま残る古代のロマンが詰まった遺跡です。ローマからも日帰り日本語ガイド付きバスツアーが出ているので不安なく手軽に旅を楽しめます。

  • イタリア・マナローラで愛の小道を歩いてみよう!色彩豊かな...

    イタリアには世界遺産になっている美しい村が集まっている地域があります。その中の一つがマナローラという村で、絵のように美しいカラフルな家々と隣村のリオマッジョーレとマナローラを結ぶところに、カップルに人気の愛の小道などがあり、人気の観光スポットとなっています。そんなマナローラをご紹介します。

  • イタリア・ポジターノ観光で「アマルフィの宝石」と呼ばれる...

    美しい青い海と、断崖に並ぶパステカラーの家や教会。 そんな独特の景観はポジターノならでは。その美しい海と街並みを求めて世界中から人々が訪れます。そんなポジターノの街の見どころをご紹介します。旅の計画の参考にしてみてくださいね!

  • イタリア・ポルトフィーノのたのしみ方&見どころ!観光でお...

    ポルトフィーノは、ブーツの形をしたイタリア半島のちょうど付け根あたりにある小さな街です。青く輝くリグリア海に浮かぶたくさんの船、カラフルな街並みを見れば、まるで映画や物語の世界に入り込んでしまったよう。今回はそんなイタリアの美しい港街ポルトフィーノについてご紹介します。

  • -南イタリア- サレルノから始めよう!アマルフィ海岸への旅【...

    カンパニア州の中でナポリに次ぐ大きな湾岸都市「サレルノ」。 ナポリから特急で約30分、アマルフィまでは船で35分とアクセス抜群。 旅の拠点にぴったりの町なんです!そんなサレルノの町とアクセス情報をご案内。 【町歩き&教会編】や【レストラン編】も合わせて参考にしてみてくださいね!

  • イタリア・サルデーニャ島まで行く価値あり!地中海で最も遠...

    これが自然が成すものなのかと疑う程透き通る水、照り付ける太陽、遠浅のビーチがイタリアサルデーニャ島にあります。キラキラ輝く砂浜をスタートに海の中を散歩できちゃいます。そんな海に行ったことありますか?どこまで行っても底が見えちゃう海。わざわざ行って損しない、そんな価値あるビーチをご紹介します。

  • イタリア発!絵の具みたいな可愛い歯磨き粉をお土産にゲット...

    イタリア産まれの“MARVIS”。デザインセンス抜群のパッケージに、思わず全テイストを揃えたくなっちゃう可愛さ。バスルームに置くだけでもインテリアと化してしまいそう〜!乙女心をくすぐるキュートなお土産を大量に買いだめしていってください!

  • 最高の靴に出会える!イタリアの最高級シューズブランド9選

    イタリアには素敵な靴は素敵な場所に連れて行ってくれるということわざがあります。それだけあって、イタリアは有名なシューズブランドの発祥地です!あなただけの「素敵な靴」を見つけることができるでしょう。今回はそんなイタリアシューズブランドをご紹介します。

このエリアの人気記事