フランクフルトのおすすめお土産15選!必ず手に入れたいスイーツから女性に人気のコスメまで!

482

views

1

ビールやソーセージで有名なドイツのフランクフルトで、おいしい!うれしい!と喜ばれる素敵なアイテムをピックアップしました。フランクフルトには、オーガニック製品からスイーツまで、魅力的で楽しいお土産がたくさん!ぜひ、旅行前にチェックして、自分用や大切な人のために、素敵なお土産を選んでください。

フランクフルトってどんなところ?

フランクフルトと呼ばれていますが、正式名称は「フランクフルト・アム・マイン」って知っていましたか?ビールやソーセージをはじめ、さまざまなグルメを味わえ、歴史的に貴重な建造物が残るフランクフルトには、年間を通じてたくさんの観光客が訪れます。また、金融都市としての側面もあるため、多くのビジネスマンが行き交う街としても有名です。
そんなドイツ経済の中心地には、フランクフルト国際空港や、ヨーロッパ各地へ繋がっている電車のターミナル駅があるため、ドイツに到着して初めて訪れるのがフランクフルト。ここでは、ドイツ観光の出発点ともいえるフランクフルトでおすすめのお土産をご紹介していきます。

フランクフルトでおすすめのお土産:1チーズ

Photo by fas

チーズといえばヨーロッパ!その中でもフランスやスイスのイメージがありますが、ドイツのチーズ輸出量は世界一なんですよ。日本で流通しているチーズとは比較にならないほど、豊富なラインナップのチーズが揃っています。チーズの専門店まで出かけなくても、フランクフルト市内のスーパーマーケットで購入可能です。日本ではなかなか手に入らないチーズや、小さなパッケージのチーズも揃うので、お土産に最適!

また、チーズフォンデュの作り方がイラストで描かれている「ja!KLEINER KÄSE FÜR DEN OFEN」もおすすめです。旅行前からチーズをお土産に!と考えている方は、日本から保冷バックや密閉式のビニール袋などを準備しておくと良いでしょう。チーズはしっかりパッキングし、必ずチェックイン手荷物に入れることがおすすめ!ぜひ、帰国後もワインとフランクフルトのチーズで素敵な時間をお過ごしください。きっと、旅行の思い出話に花が咲くはずですよ。

EDEKA(エデカ)
住所:
Ferdinand-Happ-Straße 59, 60314 Frankfurt am Main, GERMANY
営業時間:
07:00~22:00
電話番号:
+49 69 9494 7630
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産2:チョコレート

旅先に関わらず、お土産として喜ばれるアイテムの一つが「チョコレート」。ヨーロッパのチョコレートといえば、ベルギーやスイスのイメージがありますが、ドイツのチョコレートも、負けず劣らずの高品質でおいしいと評判です。せっかくなら、フランクフルトでしか購入できない「Bitter&Zart Chocolaterie(ビターアンドツァ―ト)」のチョコレートをお土産に選んでみてはいかがでしょう。
フランクフルトでは知らない人はいないといわれるほど有名!ショコラティエは、フランクフルト中央駅から徒歩5分の場所にあるため、アクセスもよく、初めて訪れる観光客でも迷う心配がありません。レトロな雰囲気のBitter&Zart Chocolaterieは、店内に入って左側がチョコレートショップで、右側がテラス席のあるカフェになっています。

チョコレートショップには、デンマークやフランスなど、ヨーロッパ各地から取り寄せた100種類以上のチョコ―レートのほか、南アメリカやアフリカ産のオシャレなチョコレートバーも!その中でもお土産におすすめなのが、ショップの壁にディスプレイされているカラフルなドルフィンシリーズのチョコレートバーです。ひときわ目立つ、おしゃれなパッケージのチョコレートバーは、きっとお土産に喜ばれるはず!
特におすすめなのは、チョコの中にアールグレイの茶葉がたっぷり入ったドルフィン・ノワール・トゥ・アールグレイ(3.8ユーロ)です。チョコレートの濃厚な味わいとアールグレイの香りが絶妙で、一口食べると幸せな気分になれますよ。そのほか、量り売りもしているので、いろいろなフレーバーのチョコレートを食べ比べてみるのもありですよ。

Bitter&Zart Chocolaterie(ビターアンドツァ―ト)
住所:
Braubachstraße 14, 60311 Frankfurt am Main, ドイツ
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+49 69 94942846
ショコラティエの営業は、月曜日から土曜日で日曜日は定休日です。カフェは、日曜日も営業しているので間違えないようにしましょう。

フランクフルトでおすすめのお土産3:Haribo(ハリボー)グミ

バラマキ用のお土産にピッタリなのが、「Haribo(ハリボー)のグミ」。日本でも子供に人気のグミは、ドイツ発祥のお菓子なんですよ。実は、虫歯予防と子供の歯の強化を目的に作られたのが始まりといわれ、ドイツのスーパーマーケットには、グミの専用コーナーがあります。
コーナー一面、カラフルなパッケージのグミで埋め尽くされている光景は圧巻!日本ではなかなか見られません。一番人気のグミは、テディベアの形をしたグミベア―。日本製のグミより、硬めの食感が特徴で、コーラやレモンのフレーバーがおすすめですよ。

日本でもハリボーのグミは購入可能ですが、5種のベリー味、季節のフルーツ味、タイヤ味など、ドイツならではのフレーバーの商品が販売されています。フルーツ系やベリー系は、子供から大人まで喜ばれる定番ですが、タイヤ味は貰った人もプレゼントした人も、思わずクスッとしてしまうお土産として喜ばれているとか!
ハリボーのグミは、フランクフルト市内のスーパーマーケットならどこででも入手可能なので、散策の途中で立ち寄ってみてはいかがでしょう。うっかり、買い忘れたときは、フランクフルト空港内の「REWE」へ。グミだけでなく、お菓子、コスメ、ビールなど、さまざまなアイテムが揃っていますよ。

REWE
住所:
Karlstrasse 4 60329 Frankfurt
営業時間:
07:00~23:00
電話番号:
+49 69 3003 8407
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産4:ハチミツ

ハチミツ消費量の高いドイツは、養蜂が盛んなことから数多くのハチミツが生産されているので、高品質の「ハチミツ」もフランクフルトのお土産としておすすめですよ。厳しい法的基準が設けられているため、珍しいものだけでなく、グレードの高いハチミツを手頃な値段で購入できます。
ハチミツの風味は、花の種類によって決まるので、スタンダードなアカシアやクローバーがお土産向きですが、自分用にはローズマリーやラベンダーなどの変わり種はいかがでしょう。パンに塗るだけでなく、紅茶に入れたり、ヨーグルトにトッピングするだけで、贅沢な気分に浸れます。

また、フランクフルトで注目されているのが、メープルシロップのように、モミやカシの樹液から作られている「Wald Honig(森の木の花)」。栄養価が高く、甘すぎないところが人気のポイントです。ハチミツのお土産は喜ばれること間違いありませんが、機内持ち込みが不可なので、割れないようにしっかり梱包してスーツケースに入れて持ち帰ってください。

EDEKA(ェデカ)
住所:
Ferdinand-Happ-Straße 59, 60314 Frankfurt am Main, GERMANY
営業時間:
07:00~22:00
電話番号:
+49 69 9494 7630
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産5:マスタード

ソーセージの国・ドイツで、外せないお土産の一つが「マスタード」。特におすすめなのが、ドイツ最大で、老舗のマスタードメーカーLöwensenf(レーヴェンゼンフ)です。滑らかで酸味があり、ソーセージのために作られただけあって、豚肉との相性が抜群!ポテサラやパンにつけても美味しいですよ。
また、レーヴェンゼンフの「ABBマスタード」は、世界的に有名なゴッホも愛用していたとか。フランクフルトを訪れたら、デュッセルドルフまで、足を延ばして直営店でお買い物を楽しんでみてはいかがでしょう。日本では見かけないドイツならではのビール入りやスパイス、フルーツフレーバーのマスタードなどもありますよ。

辛さ抑えめのマスタードが好みの方には、歴史のあるマスタードメーカーHändlemaier(ヘンデルマイヤー)もおすすめ。ほかのマスタードメーカーの商品に比べて深いコクと甘みがあります。1914年にお肉屋さんの奥さんがレシピを完成させたとか。ソーセージにつけて食べると、ジューシーな肉汁とマスタードの深い甘味が合わさって絶妙です。
一度食べたら、甘いマスタードの虜になる人が多いといわれるのもうなずけます。バリエーションは、甘口から辛口までさまざま。試食して自分好みのマスタードを選んでみてください。また、おしゃれなパッケージのビンに入っているタイプは、キッチンに置いておくだけで気分のあがる調味料です。フランクフルト市内のスーパーマーケットで気軽に購入できるほか、サイズもさまざまなのでお土産に人気ですよ。

REWE(レーヴェ)
住所:
Karlstrasse 4 60329 Frankfurt
営業時間:
07:00~23:00
電話番号:
+49 69 3003 8407
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産6:クノールの日本未発売商品

料理好きの方におすすめしたいフランクフルトのお土産が、日本で知名度抜群の「Knorr(クノール)」。実は、ドイツ発祥の食品会社って知っていましたか?日本ではカップスープが有名ですが、ドイツでは具材をプラスして仕上げるタイプが主流です。スープの種類も豊富で、何を選んだらよいのか迷ってしまうほど!せっかくなら、日本未発売のスープを選んでみてはいかがでしょう。
特におすすめなのは、ドイツの春の象徴でもある「ホワイトアスパラガス」。ちなみに、ホワイトアスパラガスは、Spargel(シュパーゲル)と呼ばれています。そのほかにも、ボリューム満点なスープにパスタを入れるタイプなどもあるので、忙しい朝に重宝しますよ。

また、クノールの本場ドイツでは、粉末タイプのドレッシングが主流なことから、各家庭での使用率も日本よりも高くなっています。食べ慣れているクノールの製品だけあって、日本人の口に合うので、日頃お弁当を持ち歩いている人へのお土産におすすめです。
食べる直前に粉末のドレッシングをかけるだけで、作り立てのサラダを楽しめます。スーパーマーケットで安く購入できるので、お土産だけでなく、自分用にも大量購入してはいかがですか。

REWE
住所:
Karlstrasse 4 60329 Frankfurt
営業時間:
07:00~23:00
電話番号:
+49 69 3003 8407
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産7:オーガニックティー

フランクフルトの旅の思い出とともに、持ちかえりたいお土産の一つが「オーガニックティー」。日本とは比べ物にならないほど種類が豊富です。フランクフルト市内のどのスーパーを覗いても、フレーバーティーやハーブティーがたくさん揃っています。また、ハーブティーは、効能ごとに分けてあり、パッケージにも描かれているので自分が欲しいと思っている商品をすぐに見つけられるのも人気の秘訣です。
ドイツ発祥のお菓子・グミ同様にその品揃えは圧巻!おすすめの紅茶ブランドは、TEEKANNE(テーカンネ)やMILFORD(ミルフォード)。定番のアップルやカモミールのほか、ヨーロッパならではのザクロや洋ナシなどのフレーバーを組み合わせたものなど、あれもこれも欲しくなるほどバラエティー豊かです。

ワイン好きの方には、温めて飲むグリューワイン専用のパックなどもあるので、ワインと一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょう。どのタイプの紅茶も20パックで約2ユーロとお手頃で、かさばらないところがバラマキ用のお土産向きですよ。

REWE
住所:
Karlstrasse 4 60329 Frankfurt
営業時間:
07:00~23:00
電話番号:
+49 69 3003 8407
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産8:ドイツワイン

ビールだけでなく、数多くのワイナリーのあるドイツで、ローカルに定番といわれているワインが、「Rotkäppchen(ロートケップヒェン)」。このワインを醸造しているフリードリッヒ・ベッカーは、1856年創業の歴史のある老舗のメーカーです。所有している畑がフランスとの国境をまたがっていますが、特殊な法律のおかげで、フランス領で栽培されたブドウでもドイツワインとして販売できることに!
果実味にあふれ、エレガントなワインは、世界からも注目されています。

そんなワインは、グリム童話の赤ずきんちゃんが由来といわれていますが、赤いアルミのキャップが赤ずきんということらしいです。そのほかにも、赤ワインや白ワインなど、種類やサイズも色々あります。
おすすめはきれいな色の「ロゼ」。ストロベリーのような甘酸っぱい香りが特徴的で、やや辛口のキレのよいワインは、肉や魚だけでなくどんな料理にも合います。ワイン好きな人だけでなく、お料理好きの人へのお土産にいかがでしょう。サイズ的には、約2ユーロの小瓶200mlがおすすめですよ。

EDEKA(ェデカ)
住所:
Ferdinand-Happ-Straße 59, 60314 Frankfurt am Main, GERMANY
営業時間:
07:00~22:00
電話番号:
+49 69 9494 7630
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産9:クナイプ ボディケアグッズ

女性にとって気分が上がるお土産がボディケアグッズ。フランクフルトでおすすめなのが「Kneipp(クナイプ)」。自然由来のエキスや植物オイルが使用され、アレルギー反応が出づらいということで、ローカルにも人気です。125年前に誕生したハーバルブランドは、何と、ドイツでもナンバー1のシェア!
様々なケアグッズがありますが、定番は岩塩にエッセンシャルオイルが入ったバスソルトやボディーオイルにハンドクリームなどの商品です。例えば、松の木のエッセンスはリラックス効果が高く、ドイツでよく見られるマグノリア(木蓮)から抽出されたエッセンスは、鼻づまりに効果があるといわれています。そんなハーブがもつ効能に注目して、アイテムを分けているところがメーカーのこだわりで、効能別に違う香りを楽しめるのも人気のポイント!

フランクフルトの人の必需品といっても良いクナイプのアイテムは、ドラッグストアだけでなくマーケットのボディケアコーナーでも取り扱われているので、気軽に購入できますよ。バラマキ用のお土産にピッタリなミニサイズのバスソルトやエッセンシャルオイルは、パックタイプが1ユーロ~、ボトルタイプは3.5ユーロ~となっています。自分用も含めて、効能別、香り別に大量購入してはいかがでしょう。帰国後のバスタイムがきっと楽しみになるはずですよ。

REWE
住所:
Karlstrasse 4 60329 Frankfurt
営業時間:
07:00~23:00
電話番号:
+49 69 3003 8407
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産10:オーガニックコスメ

自然志向が強い方へのお土産におすすめなのが、「オーガニックコスメ」。フランクフルト市内のドラッグストアなどで、お手軽な価格で手に入るのでお土産には最適ですよ。日本では高価なスイス製「WELEDA(ヴェレダ)」も、スーパーマーケットやドラッグストアで購入可能!
日本よりフランクフルトで購入したほうが、断然お得な上、リップクリームだけでなくスキンケアまで、ラインナップも豊富です。その中でも、おすすめなのがハンドクリーム。ミニサイズは、日本円で250円ぐらいなので、バラマキ用のお土産にいかがでしょう。日本で人気の香りから未発売のものまで、女性に喜ばれること間違いありません。

せっかくなら、オーガニック大国・ドイツ製のコスメが欲しい!という方におすすめなのが、「Lavera(ラヴェーラ)」。日本ではデパートで販売されていることもありますが、フランクフルトでは日本の約1/4のお値段で購入可能です。おすすめのアイテムは、「クレンジングピーリングマスク」。
クリーム状のクレンジングの中に入っている青いスクラブが毛穴の汚れを落とし、洗い流さずそのまま3分~5分肌にのせておけば、パック効果が得られるという優れものです。スーパーマーケットやドラッグストアでも販売されていますが、フランクフルト空港内のショップや、市内のデパートでは、LaveraのBIO商品が充実しています。ぜひ、観光の途中や帰国前に立ち寄って、お気に入りアイテムをGETしてください。

EDEKA(エデカ)
住所:
Ferdinand-Happ-Straße 59, 60314 Frankfurt am Main, GERMANY
営業時間:
07:00~22:00
電話番号:
+49 69 9494 7630
定休日:
日曜日・祝日

フランクフルトでおすすめのお土産11:マイセン

ファンの多い「マイセン」といえば、ドイツが世界に誇る高級食器ブランドです。300年の歴史と伝統が息づいた老舗ブランドの白磁器は、美しいブルーのラインや、青い双剣のブランドマークが特徴。好きなシリーズを一つずつ集めているコレクターもいるほど人気があります。日本でも、デパートなどで購入可能ですが、本場だと種類もたくさんあり、リーズナブルに手に入れられるので、旅行の記念に一枚いかがですか。
オーダーメイドも可能なので、大切な方へのギフトにもおすすめですよ。フランクフルト市内のデパートで購入可能ですが、時間を作ってマイセン磁器のふるさとドレスデン近郊の古都・マイセンまで足を延ばしてみませんか。

工場の近くに、体験ワールド「マイセンハウス」があり、見学用の工房と、1710年から現代までの貴重なコレクションを見学できます。また、マイセン磁器の品揃え世界一のショップやアウトレットも併設されているので、お土産や自分用のコレクションを選んでみてはいかがでしょう。同じマイセンでも、デパートで購入するより、思い入れの深いアイテムになること間違いありません!お腹が空いたら、マイセンの食器で食事を楽しめるカフェ&レストランで、優雅なお食事タイムをお楽しみください。

マイセン磁器博物館(Porzellan-Manufaktur Meissen)
住所:
Talstrasse 9, 01662 Meissen
営業時間:
09:00~18:30
電話番号:
+49 3521 468208
営業時間:
11月~4月(9:00~17:00)12/31~1/1(10:00~16:00)
休館日:
12/24~12/26

フランクフルトでおすすめのお土産12:Lorey(ローライ)のキッチン雑貨

1796年創業のキッチン用品の専門店「Lorey(ローライ)」は、有名ブランドのキッチン用品が集まる老舗店です。ドイツの伝統的な商品から機能的なアイテム、さらには人気ブランドの商品など、ありとあらゆるものが揃っているので、見ているだけでもワクワクが止まりません。日本で購入するとかなり高額なアイテムもフランクフルトで購入すると、かなりお得にGETできますよ。
グランドフロアには、おしゃれで、料理好きな人に人気のル・クルーゼ、ストウブなどのアイテムや、世界的に有名なドイツブランド ツヴィリングの包丁やヴェーエムエフのフライパンなどがずらりと並んでいます。

1Fにはお菓子作りに必要なアイテム、2Fには誰もが憧れるエルメスなどの高級食器が勢ぞろい!ローライを訪れたら、必ず立ち寄りたい3Fは、心弾むアウトレットなので、キッチン雑貨に興味のある人は、初日・中日・最終日に訪れたくなるはずです。人気のル・クルーゼもセールになる確率が高く、なかには60%オフの商品も!ぜひ、旅行中に一度は訪れて、素敵なキッチン雑貨を見つけてくださいね。

Lorey(ローライ)
住所:
Schillerstraße 16, 60313 Frankfurt am Main
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+49 69 299950
定休日:
日曜日

フランクフルトでおすすめのお土産13:トーマス サボ

2012年に日本に初上陸したドイツ発のアクセサリーブランド「トーマスサボ」。トーマスサボの世界観が表現された時計、チャーム、シルバーアクセサリーなどは、遊び心満載なデザインのアイテムが多いのが人気の秘密です。世界中のおしゃれアイコンの評価も高く、ケイティ・ペリーがツアー中にアクセサリーを身に着けていたとか。このブランドを一躍有名にしたのが、チャームクラブシリーズ。ベースのシルバーチェーンに、約500種類あるチャームの中から好みのアイテムを選び、自分仕様にカスタマイズできます。

圧倒的に人気があるチャームは、幸せを引き寄せるといわれている「クローバー」や「キー」ですが、フランクフルトのお土産にピッタリなベアーのグミ、プレッツェル、カエルなど、ドイツらしいアイテムもありますよ。そのほかに、サンタクロースなどの季節感のあるものなど、ありとあらゆるアイテムが揃っているので、きっとお気に入りが見つかるはず!メンズ用のアイテムも揃っているので、気になる彼へのお土産にいかがでしょう。世界中に専門ショップがありますが、ぜひフランクフルトの本店でショッピングを楽しんでください。ちなみに、空港でも購入可能なので、買い忘れたアイテムがあったら、帰国前に立ち寄ってみて!

THOMAS SABO FLAGSHIP SHOP & SHOWROOM MÜNCHEN(トーマス サボ)
住所:
Theatinerstrasse 30 80333 München
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+49 69 2193 9939
定休日:
日曜日と祝日
土曜日の営業時間は、10:
00~18:00

フランクフルトでおすすめのお土産14:フェイラー

日本では「FEILER(フェイラー)」と呼ばれているドイツ製タオルは、日本ではデパートの小物売りコーナーがあり、抜群の知名度!ところが、なぜか本国・ドイツではあまり有名ではありません。かわいいデザインやカラフルな色使いと独特の肌触りが、女性の心をつかんでドイツのお土産ランキングの上位にランクインしています。何度、使用しても色落ちせず、ヨレヨレにならないところが◎。

フランクフルトの直営店には、日本未入荷のさまざまなデザイン、豊富なカラーバリエーションのミニタオルが並んでいるので、お土産用、自分用に選ぶ楽しみも!また、見ていてワクワクするようなベビーグッズも豊富なラインナップで取り揃えているので、出産祝いのギフトにおすすめですよ。フェイラーは、ミニタオルが定番ですが、ポーチやエプロンなどの小物も見逃せません。ショップは、フランクフルトの中心地にあるので、観光の途中に覗いてみてくださいね。

FEILER(フェイラー)
住所:
Schillerstraße 20, 60313 Frankfurt am Main
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+49 69 2193 2832
定休日:
日曜日 
土曜日の営業時間は10:
00~18:00

フランクフルトでおすすめのお土産15:オーデコロン

おしゃれな人へのお土産に「オーデコロン」はいかがでしょう。オーデコロンとは、ケルンの水という意味があり、1792年に世界で初めて誕生したオーデコロン。200年という長い間、世界中の人々に支持されているフレグランスは、原料となる香料は、今でも天然植物素材だけで作られています。自分用や大切な家族へのお土産には、ナポレオンも愛用したといわれる「4711」のものがおすすめ。

持続時間が短いところが、強い香りが苦手な人でも気軽に楽しめます。また、程よい香りのソープや、かわいい缶入りのオーデコロンは、お手軽なものもあるので、バラマキ用のお土産におすすめです。ソープと缶入りのオーデコロンをセットにしてプレゼントしてはいかがでしょう。ちなみに、ソープは種類があるので、香りを選べるのもうれしいポイントです。その中でも、柑橘系の爽やかな香りが人気の「Original Eau de cologne(オリジナルオーデコロン)」は、シトラスから甘いラベンダー、ローズマリーへと豊かに変わっていくので、リフレッシュしたいときに最適です!

4711本店
住所:
Glockengasse 4, 50667 Köln, ドイツ
営業時間:
09:30~18:30
電話番号:
+49 221 2709 9911
営業時間:
土曜日9:30~18:00
定休日:
日曜日

最後に

チョコレートにビール、さらにはオーガニック製品まで、魅力あふれるお土産がたくさんあるフランクフルト。街中のスーパーマーケットやドラッグストアに一歩足を踏み入れると、フランクフルトの人たちに、親しまれている商品に出会え、手軽なお値段で購入できます。ぜひ、フランクフルトの素敵な思い出とともに、日本へ持ち帰って、大切な人を喜ばせてください。思わず、あれもこれも大量に欲しくなりますが、買い過ぎには注意ですよ。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 世界のクリスマスごはん!クリスマスミール【ヨーロッパ編】

    世界のクリスマスごはん第一弾!ヨーロッパの各国の伝統的なクリスマスメニューをご紹介します。パーティーメニューから、家族でほっこり過ごすクリスマスを彩ってくれるメニューまで、国の特徴・特色がよくわかるクリスマスミールが盛りだくさんです。

  • バルト三国間の移動は断然バスがおすすめ!乗り方のコツ教えます

    北ヨーロッパに3つ並んだ小さな国々、バルト三国。首都を結ぶ長距離バスを使えばラクラク移動できちゃいます!便利なバス会社"Lux Express"とチケットの買い方、乗りかたを予習してバスの旅に挑戦しましょう♪

  • 一人旅ヨーロッパおすすめ観光スポット15選!世界遺産の美し...

    ヨーロッパは、音楽・美食・ファッション・建築と訪れる者の心をはなして止まない魅力の地です。そんな好奇心集まる国を一人旅するとしたら、あなたはどこを選びますか?今回は一人でも安心して旅ができる場所、とりわけ世界遺産の美しい街や村の光景に合わせて見どころなど楽しみ方をご紹介します。

  • 北欧グルメを一挙まとめ!旅行で食べたい絶品北欧料理8選

    海の幸や山の幸が豊富な北欧は、まさにグルメの宝庫!新鮮な食材を使った料理やスイーツは、日本でも徐々に知られてきていますね。北欧を旅したら是非食べていただきたい、極上の北欧グルメを早速ご紹介します♪

  • 北欧でみるおすすめオーロラスポットまとめ!高確率で目撃出...

    太陽風が地球の磁場にひきよせられ、大気とぶつかった部分の発色が「オーロラ」と呼ばれています。まさに太陽による贈り物!北極圏では、カナダやアイスランドでも見れますが、北欧はアクティビティが充実していますし、町中でオーロラ観測ができるスポットが多いのです!早速ご案内しましょう。

  • ヨーロッパの美しい競馬場6選!エレガントな雰囲気に包まれた...

    日本で競馬というとまだまだ入りにくい世界。競馬場には行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。ところが競馬の本場であるヨーロッパの競馬場は、日本にはないエレガントな雰囲気に溢れています。競馬はもともと貴族たちの遊びであり、競馬場は紳士淑女の社交場だったのです。そこで今回は、一度は見てみたいヨーロッパの美しい競馬場を6つご紹介いたします。

このエリアの新着記事
  • Chandrika is the best face pack for glowing skin

    Chandrika is a skin detoxifier that helps to reduces blockage in skin layers, sluggish circulation, and stimulate lymphatic drainage because of that skin radiates from within.

  • 北欧でみるおすすめオーロラスポットまとめ!高確率で目撃出...

    太陽風が地球の磁場にひきよせられ、大気とぶつかった部分の発色が「オーロラ」と呼ばれています。まさに太陽による贈り物!北極圏では、カナダやアイスランドでも見れますが、北欧はアクティビティが充実していますし、町中でオーロラ観測ができるスポットが多いのです!早速ご案内しましょう。

  • 北欧グルメを一挙まとめ!旅行で食べたい絶品北欧料理8選

    海の幸や山の幸が豊富な北欧は、まさにグルメの宝庫!新鮮な食材を使った料理やスイーツは、日本でも徐々に知られてきていますね。北欧を旅したら是非食べていただきたい、極上の北欧グルメを早速ご紹介します♪

  • やっぱり現地で発掘したい!可愛すぎる北欧の雑貨屋さんを巡ろう

    日本の女子たちにも大人気な「北欧雑貨」。国内にも続々と上陸していますが、現地にはまだまだ未発掘の可愛い雑貨たちがたくさんあります!今回はフィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイスランドの北欧5か国それぞれのキュンキュンしちゃうおススメの雑貨屋さんをご紹介♪

  • HISが発表する、ヨーロッパのリゾートランキング

    今も昔もヨーロッパは憧れの観光地。魅力に取りつかれて何度もリピートしている人もいれば、絶対に行きたいと思っている人も多いのでは。でもヨーロッパというひとくくりでは観光名所が多すぎて、どこがおすすめなのやら迷いませんか。そこで旅行会社HISが2016年初頭にアンケートを行った人気ランキングを調べてみました!

  • 北欧オーロラツアーにおすすめの人気ホテル5選!オーロラ鑑賞...

    北欧に旅行に行く目的のひとつがオーロラ観賞。しかし、オーロラは夜にならないと見ることができません。オーロラが見られる時間まではおしゃれで快適なホテルステイを楽しみ、オーロラ観賞のタイミングを待ちましょう!これが北欧オーロラ鑑賞旅行の楽しみ方。こんな過ごし方が出来る北欧のホテルを5つ厳選してご紹介します!

  • 【ヨーロッパ】美しい夜景を堪能できる!橋のあるロマンチッ...

    歴史の重みを感じさせるヨーロッパの街並みは、昼の風景にもまして夜がとてもロマンチック。 水が流れる景色と、そこにある橋の存在は異国情緒たっぷりで、いつまでも眺めていたい気分になります。 そんなヨーロッパで、美しい橋がある5か所の街をご案内したいと思います。

  • 【ヨーロッパ】海外ウエディングスポットおすすめ3選!お城...

    海外での挙式となると、費用がかなり高額だと思っている方も多くいらっしゃいます。実は、親族の方の渡航費などを合わせても、日本でするより安いケースも多いことをご存知でしたか?それだけ日本の冠婚葬祭の費用は高く、海外挙式はリーズナブルなところも多いのです。これから挙式を行う方は是非、海外ウエディングも参考にしてみてくださいね。

  • ヨーロッパ人気古城めぐりリスト!本物に感じる、歴史と伝説...

    伝統的な由緒ある古い建造物が多いヨーロッパの国々には、ミステリーに彩られた歴史が数多く語られています。今回は、中でも怖さを感じる伝説が残されているスリル満点の建造物をご紹介したいと思います。

  • 北欧の絶品名物料理を紹介!~デンマーク・ノルウェー・スウ...

    北欧は各国が海に面しているため、新鮮なシーフードがよく食べられています。日本もお魚をよく食べる国なので親近感が湧きますね。しかし、その調理法や食べ方は各国でさまざま。今回は、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの北欧4カ国の名物料理をご紹介します。

このエリアの人気記事