ミラノの人気観光スポットおすすめ14選!鉄板スポットをまとめ

2,045

views

0

ファッションの街、ミラノ。イタリアの代表的な観光都市であり、おしゃれなお店がたくさん立ち並んでいます。ショッピングももちろん楽しみですが、ミラノの主要観光スポットもしっかり押さえておきたいですよね。美しい建築や芸術にふれて、心癒されること間違いなし。ミラノで押さえておきたい観光スポットをご紹介します。

ミラノってどんなところ?

ミラノは、イタリアで最も人口が多い都市です。
歴史が深く、建築物や芸術作品が多く残されています。

また、世界最先端のファッション都市と言われており、おしゃれでモードな雰囲気が流れているのが特徴です。
狭い区域内にたくさんの芸術的観光スポットがあるので、徒歩での観光もしやすいですよ。

スフォルツェスコ城

1450年にミラノ公爵のフランチェスコ・スフォルツァが建設した城塞。
ミラノの中心部にあります。
現在は美術館として使われています。

独特の風格をもった魅力的なお城です。
レオナルド・ダ・ヴィンチも建築に携わったといわれています。
早朝や夕方には散歩やジョギングをする人の姿も見えるので、美しい古城を見ながら散策するのもいいですね。

スフォルツェスコ城(Castello Sforzesco)
住所:
Piazza Castello,Milano Italy
アクセス:
ドゥオモ広場から続くミラノのメイン通りであるダンテ通りの突き当たり
定休日:
月曜日
電話番号:
+39 02-8846 3704
料金:
お城は入場無料、博物館は5.5€

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

出典: www.italia.it

「最後の晩餐」を見るには事前の予約が必要で、1回あたり15分、25人までと制限が設けられています。
必ず見たい方は予約してから行ってみてくださいね。

ユネスコの世界遺産に登録されているカトリック教会の聖堂です。
隣接するドミニコ会修道院の食堂の壁に掛かっているのが、レオナルド・ダ・ヴィンチの名作、「最後の晩餐」です。
今では修復が終わり、一般公開されています。

サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会(Santa Maria delle Grazie)
住所:
Piazza Santa Maria delle Grazie,2 MILANO-ITALY
営業時間:
8:15~18:45
アクセス:
ミラノ中央駅から地下鉄「M2線(緑色)」に乗って、CADORNA FNT駅で下車、徒歩9分、ドゥオモから「M1線(赤色)」に乗ってCADORNA FNT駅下車、徒歩9分
定休日:
毎週月曜日、1/1、4/25、5/1、12/25
電話番号:
+39 02 8942 1146
料金:
入場料金8€

ブレラ絵画館

イタリアの絵画の名作が数多く所蔵されている著名な絵画館。

特に15世紀~18世紀のヴェネツィア派、ロンバルディア派が中心となっています。

ブレラ絵画館(Pinacoteca di Brera)
住所:
Palazzo di Brera-Via Brera,28-20121 Milano-Italy
アクセス:
中心地から歩いて約15分、もしくは地下鉄montenapoleoneから5分
定休日:
毎週月曜日、1/1、5/1、12/25
電話番号:
+39 02 722 631
料金:
入場料金10€

ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世

出典: kovalsky.biz

こちらはミラノにあるガラス張りのアーケード。
このアーケードは100年以上の歴史があるアーケードです。
ドゥオーモとスカラ座を結んだ十字型になっています。

ファッション都市といわれるミラノの中心街にふさわしく、美しく、見る人を魅了する作りになっています。
一流高級店やカフェなどが並んでいるので、おしゃれな街でショッピングが楽しめます。

ガレリア・ヴィットーリオ エマヌエーレ 2世(Galleria Vittorio Emanuele Ⅱ)
住所:
Galleria Vittorio Emanuele Ⅱ,20121 Milano
アクセス:
地下鉄1、3号線 ドゥオモ駅から徒歩1分
営業時間:
各店舗により異なる
定休日:
各店舗により異なる
電話番号:
各店舗により異なる

ドゥオーモ

ドゥオーモ広場にある、ミラノのシンボルといわれる教会堂。1386年に着工し、約500年の時を経て、ナポレオンの命によりようやく完成しました。イタリアでもっともゴシックらしいゴシック建築といわれており、圧倒的な存在感を放っています。たくさんの建築家の努力の結晶としてできた教会です。外観もさることながら、内部もステンドグラスや彫刻など、見所がたくさんあるので、一見の価値ありです。

ドゥオーモ(Duomo)
住所:
Piazza del Duomo
アクセス:
地下鉄M1・M3ドゥオモ駅から徒歩1分
営業時間:
7:00~19:00【屋上】9:00~21:30、(11月~3月)9:00~19:00
定休日:
無休
電話番号:
02-860358
料金:
無料(屋上への階段利用7€、エレベータ利用12€)

サン・シーロ

「サン・シーロ(San siro)」と聞いて「あぁ!」とピンと来た方はおそらくご自身や身近な方が海外・イタリアサッカーファンなのではないかと思います。正式名を名選手の名前を冠した「Stadio Giuseppe Meazza(スタジオ・ジュゼッペ・メァッツァ)」と呼ぶサン・シーロはサッカーセリエAのミラノを本拠地とする2チーム「インテル」と「ACミラン」のホームグラウンドです。
サッカーといえばイタリアの国民的スポーツ!夏の終わりから翌年の春までかけて行われるリーグ戦のセリエAは日本のJリーグのように毎週末に熱戦が繰り広げられ、イタリア中を沸かせます。月に何度もここに足を運ぶミラネーゼも少なくないんですよ!!

収容人数はイタリア最大の80,018人、敷地面積はなんと355,000㎡!!出来たら試合のある日に足を運んでもらいたいですが、試合のない日でもその迫力はサッカーがいかにイタリア人に愛されているのかを物語る迫力満点のもの。博物館も併設されているので是非曜日に限らず行ってみて下さい。
市内中心地から地下鉄や路面電車(トラム)で簡単にアクセスできますよ!サッカー以外にもラグビーの試合や音楽のコンサート会場として使用されることもあり、最近では英人気グループのワンダイレクション、かつてはあのマイケルジャクソンなどもここで歌声を披露しました。イタリア人の神髄を感じられるスポット、是非その熱量を肌で感じとってみてください。

サン・シーロ
住所:
Piazzale Angelo Moratti, 20151 Milano MI Italia
営業時間:
9:30~18:00(博物館)
アクセス:
ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅から地下鉄「M5線(紫色)」に乗って、San Siro Stadio駅で下車、徒歩5分
定休日:
不定休
電話番号:
+39 02 48798201
料金:
博物館&スタジアム見学ツアー 大人17€

スカラ座

スカラ座はイタリアでは「テアトロ・アッラ・スカーラ(Teatro alla Scala)」の名で愛される、イタリアはもちろん、世界を代表する歌劇場で、オペラに携わる全ての人にとって憧れの聖地です。
ミラノの観光拠点ど真ん中にあるため、旅行で中心街まで足を運んだ方の多くがその姿を目にしたことがあるのではないでしょうか!?そして、外観を見たほとんどの方が「え、この建物?!」と目を丸くされたことでしょう。
スカラ座は外から見るとまるで日本の公民館!?のよう。すぐ近くに立つミラノのドゥオーモやガレリアなどと比べるととってもシンプルな佇まいです。しかし、華やかな世界は実はスカラ座の中に広がっています。

見て下さい、この豪華絢爛な絶景!お芝居のある日はドレッシーな恰好に身を包んだミラネーゼが一堂に会し、会場はさらに華やかな印象となります。
もともとサンタ・マリア・スカラ教会の跡地に建設されたことからこの名が付いたスカラ座は、地元っ子からは「ラ・スカーラ(La Scala)」と呼ばれており、ひとたび中に足を踏み入れればそこには赤を基調とした優雅な世界がどこまでも続いています。
お芝居は日本からもインターネットで予約可能なので興味がある方は是非行ってみてはいかがでしょうか?夜のお芝居は開演時刻が21時近くのものが多いので、是非時差ボケの調子と相談しながら演目をチョイスしてみてください。また、公演終了時刻が深夜近くになる為、お帰り手段の確認もお忘れなく。お芝居を見る時間がない方は、スカラ座の劇場見学だけをすることも出来ますので是非、外からだけでなく中からもご堪能ください。

スカラ座
住所:
Via Filodrammatici, 2, 20121 Milano
電話番号:
+39.02.88.79.1
営業時間:
12:00~18:00(博物館)
アクセス:
ミラノ・ドゥオモ大聖堂から徒歩5分
定休日:
元旦,イースター,8/15, 12/7,24PM,25,26,31 PM(博物館)
電話番号:
+39 02 48798201
料金:
博物館 大人9.75€~

アンブロジアーナ図書館

アンブロジアーナ図書館はミラノのシンボル、ドゥオーモから徒歩5分ほどの所にある観光スポットなのですが、意外にも日本人観光客が少ない穴場スポット。しかし、ここは行かないと絶対に損しますよ!
イタリアでは図書館のことは「Biblioteca(ビブリオテカ)」といい、ミラネーゼに「図書館(ビブリオテーカ)」といったら間違いなく「アンブロジアーナのことね」と言われるほど、ここはイタリア人にとっての図書館の聖地です。その歴史は大変古く、創立はなんと1600年初期と言われています。ミラノの守護聖人(日本の氏神様のようなもの)「アンブロシウス」にちなんで名づけられた図書館。この「アンブロジアーナ」という名前はミラノのレストラン・観光地などの至る所で出て来るワードですので、来館時は是非「ビブリオテカ」という言葉も頭の片隅に入れておきましょう。

扉をくぐった瞬間、誰もが「きゃー」と声を上げてしまいそうなほど。まるでハリーポッターや美女と野獣の世界のような蔵書の数々に思わずうっとりすることでしょう。
海外の図書館ならではの本の香りや静謐な雰囲気は旅情をさらに掻き立ててくれます。イタリアでは図書館が名画などを所蔵していることも多く、ここアンブロジアーナ図書館(アンブロジアーナ館)でもレオナルド・ダ・ヴィンチやボッティチェッリなどの名画が眠っています。
施設は「アンブロジアーナ館」として絵画館なども併設されている大きな所。絵画館と図書館は共通チケットで誰でも入ることが出来ますので是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

アンブロジアーナ図書館
住所:
Piazza Pio XI, 2, 20123 Milano
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
+39.02.806921
アクセス:
ミラノ・ドゥオモ大聖堂から徒歩5分
定休日:
元旦、イースター、クリスマス
料金:
絵画館・図書館入場チケット 大人€ 15

ルイー二

ルイーニ(Luini)は「パンツェロッティ(Panzerotti)」と呼ばれる、ちょうどピザを真ん中でパタンと折り曲げたような半月型の形が特徴的なイタリアの食べ歩きグルメです。
パンツェロッティは本来はイタリアをブーツの形に例えた時にちょうど踵の部分にあたる州「プーリア州」の伝統的郷土料理なのですが、1949年にプーリア州より引っ越してきたジュセッピーナ・ルイーニ夫人がこの地で店を開いたことによりミラノにも紹介されました。
ドゥオモ大聖堂の目と鼻の先にあるここルイーニはもはや観光名所といっても過言ではないほど、一日を通して世界中からのお客さんでごった返しています。

ルイーニの行列は、もはや地元の有名ジェラート店もしのぐ勢い。店先に設置された行列を整理する為の金のポールが繁盛店の印です。
一見、日本のコンビニのレジ前にもありそうな料理に見えますが、一口食べれば行列の理由がわかります。写真の「ルイーニ・フリット(Luini Fritto)」はモッツァレラチーズとイタリア産ハムの調和が見事な創業者の名を冠した店のNo.1人気メニュー。「フリット」は日本語で「揚げる」を意味する為、「揚げパンだなんてしつこいのでは・・・」なんて、躊躇してしまう方もいるかもしれませんが、そこはグルメ大国イタリア!!絶妙な油加減で、頬張った瞬間に思わず「ボーノ!」と叫んでしまうほど、見事なハーモニーを奏でます。

ルイーニ
住所:
via Santa Radegonda,16 - 20121 Milano
電話番号:
+39 02 86461917
営業時間:
月曜10:00 -15:00 火曜~土曜 10:00 - 20:00
アクセス:
ミラノ・ドゥオモ大聖堂から徒歩5分
定休日:
日曜日
料金:
ハム&チーズ味 2.5ユーロ

ヴェラスカ・タワー

教会の鐘楼(鐘つき堂)を除いて滅多に高い建物がないイタリアにおいて、ミラノの高層ビル「ヴェラスカ・タワー」はかなり特異で特別な存在と言えるでしょう。
高層ビルとしても見ごたえがあるのはもちろん、その奇抜な形も一年中世界中からやってくる観光客を魅了して止みません。イタリア語で「トッレ・ヴェラスカ(Torre Velasca)」と呼ばれるタワーは、1961年に竣工、26階建てのビルです。その不思議なシルエットはミラノの観光土産や風景写真・絵画の中にもちょくちょく登場するので、是非一度は目に焼き付けておいてください。近くまで行かなくとも市内のあちこちから目にすることが出来るでしょう。

タワーは高さ約106mで中はオフィスや住居になっています。日本の商業ビルのように観光客誘致の目的で建てられたものではないので、目の前まで行って見物するよりもこの写真のように少し離れたところからその姿形を堪能するのがオススメです。写真はドゥオーモの屋上からの景色で、特にヴェラスカ・タワーの全体像がよく見える場所として人気が高いですよ!晴れた日の日中に上に上がる機会がある方は是非タワーがどこにあるか探してみてください。
地元の人達からは「キノコ」と称されるタワー、名前はスペインのヴェラスカ広場に由来します。ミラノの近代化の象徴として、周りの伝統的な建物との調和を図りながら建築された建物を是非ご堪能ください。

ヴェラスカ・タワー
住所:
Piazza Velasca, 5 20122 Milano
アクセス:
ドゥオモ大聖堂から徒歩約5分
*商業ビルではない為、周辺からの観光がおすすめです。

ミラノ皇帝宮跡

ミラノ皇帝宮殿跡はミラノの数ある観光スポットの中でも超穴場!ゆえにのんびりとイタリア旅行を楽しみたい方にもってこいのスポットです。
場所はドゥオーモから10分ほど歩いたところにあり、両者のちょうど真ん中あたりに先ほどご紹介したアンブロジアーナ図書館がありますので、3つセットで訪れると良いでしょう。ちなみにそこからさらに10分ほど歩けば最後の晩餐があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。
ミラノ観光で古代ローマの息吹を感じたい方は是非行ってみてください。中世のデコラティブな建物が右に左に軒を連ねるミラノの中で厳かな雰囲気の皇帝宮殿跡は、とても新鮮なものに感じられるはずです。

皇帝宮跡地はイタリアでは「パラッツォ・インペリアーレ・ロマーノ・ディ・ミラノ(Palazzo imperiale romano di Milano)」と呼ばれています。また周辺案内図や看板では英語表記の「インペリアル・パレス・マキシミアン(Imperial Palace Maximian)」もよく目にします。どちらも観光に行く際は大切なワード。というのも、ミラノにはドゥオモのすぐ裏に「王宮」がある為「romano(ローマ時代の)」や「Maximian(ローマ皇帝マクシミアヌスのこと)」といったキーワードがないと一大観光名所の「王宮」の方に案内されてしまうケースが多いからです。
このことからも、皇帝宮殿跡がいかに穴場スポットなのかがひしひしと伝わってくるかと思います。周辺はミラノの中心地よりも人が少なく、地元っ子気分でそぞろ歩きしたい方にも満喫してもらえることでしょう。是非少し足を延ばしてローマ時代を探検しに行ってみてください。

ミラノ皇帝宮跡
住所:
Via Brisa, 20123 Milano MI
アクセス:
ドゥオモ大聖堂から徒歩約10分
定休日:
なし
料金:
無料

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館はイタリアでは「ムゼオ・ナショナーレ・デッラ・シエンツァ・エ・デッラ・テクノロジーア・レオナルド・ダ・ヴィンチ(Museo Nazionale della Scienza e della Tecnologia "Leonardo da Vinci")」と呼ばれています。
とても長い名前なので覚えるのは大変だと思いますが、絶対どこかにメモをしておきましょう。というのも、イタリアにはレオナルド・ダ・ヴィンチの博物館なるものが、とにかくたっくさんあるからです。イタリアが生んだ天才レオナルド・ダ・ヴィンチは、日本でいう坂本竜馬のような存在で今でも大変人気の高い歴史上の人物。とにかくあちこちにゆかりの地や施設があるのです。

その中で特に有名なのがレオナルド・ダ・ヴィンチの生まれ故郷であるフィレンツェ近郊の街ヴィンチ村(Vinci)にある「ムゼオ・レオナルディアーノ(Museo Leonardiano)」と、ここミラノにあるレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館です。
彼の描いた名画「最後の晩餐」が眠るサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会から南へ徒歩約5分のところにあるので、最後の晩餐を見る機会がある方は是非セットで足を運んでみてはいかがでしょうか?
日本のこども科学館のように、触れて遊びながら学べる施設も充実しているので家族連れで行ってみてもよいでしょう。名画モナリザはありませんが、同じくルーブル美術館にて所蔵されている「ニケ像」のレプリカはご覧のようになぜかこちらにも展示されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館
住所:
Via S. Vittore 21 - 20123 Milano
電話番号:
+39 02 485551
営業時間:
火曜~金曜9.30 - 17.00
土曜・日曜・祝日9.30 - 18.30
定休日:
月曜(祝日を除く)・1/1、12/24・25
アクセス:
地下鉄2号線サンタンブロージョ(S. Ambrogio)駅から徒歩5分
料金:
大人10ユーロ

センピオーネ公園

センピオーネ公園はイタリアでは「パルコ・センピオーネ(Parco Sempione)」といいます。先述のスフォルツェスコ城と、写真の「平和の門(ポルタ・センピオーネ/Porta Sempione)」との間に広がる広大な公園で、センピオーネ通りに面していることからこの名が付きました。センピオーネ公園は、ミラネーゼ御用達の憩いの場。東京でいう皇居や日比谷公園のような所で、敷地面積はなんと386 000 m²もあります。のんびりするもよし、スポーツをするもよし。
特に休日は多くの地元っ子で賑わい、夏になると日焼けを楽しむ人があちこちに自宅から持ってきたデッキチェアを出して、新聞や本を読みながら北イタリアミラノの短い夏を満喫しています。

写真は公園中央付近にそびえる「ブランカ塔(Torre Branca)」の上から見た平和の門の姿です。ブランカ塔は入場料さえ払えば誰でも上からの眺望を堪能出来ますので、是非足を運んでみてください。
平和の門は高さ25メートル、幅24メートルの大変大きなもの。もとはローマ時代の遺跡があったのですが、ミラノがフランスと戦争に敗れてナポレオンの支配下になった折、彼の命令によってこの門の建設が始まりました。そのため現在でも門はパリの方向を向いて立っています。当初は「凱旋門」として建設された平和の門ですが、完成間際になんとナポレオンが失脚。その後、ミラノを支配したオーストリア皇帝によって「平和の門」という名が付けられ現在に至ります。

センピオーネ公園
住所:
Piazza Sempione, 20154 Milano MI
開園時間:
10月~4月 
6時30分~21時00分
5月 
6時30分~22時00分
6月~9月 
6時30分~23時30分
アクセス:
ドゥオモ広場から続くミラノのメイン通りであるダンテ通りの突き当たり
定休日:
なし
料金:
無料

ナヴィリオ運河

オランダのアムステルダムや水の都ヴェネチアを彷彿とさせるミラノのナヴィリオ運河地区。ここはミラノ中心街の喧騒を忘れさせてくれる大変優雅な場所として、特に地元っ子に人気の高いスポットです。その為運河の両側にはこだわりのレストランやショップがたくさん。美味しい物、ワンランク上のお土産をチェックしたい方は、ナヴィリオ運河散策は欠かせません。
鉄道や車が無く、船が人々の移動や運搬の主流だった時代、近郊の街とミラノとを結ぶ為に造られたナヴィリオ運河は、昔はまるで道路のようにミラノ市内にさらにたくさん存在したのですが、現在はナヴィリオ・グランデ(Naviglio Grande)とナヴィリオ・パヴェーゼ(Naviglio Pavese)を残すのみとなりました。

なんて素敵な景色!カメラアングルによってはこのようなビーチリゾートのような風景もカメラに収めることが出来ます。ミラノはイタリアの首都ローマに次ぐイタリア第二の都市ですが、その発展ぶりはもはや東京のよう。ゆえに、右に左に近代的な建物や高層ビルが並ぶ都会のど真ん中でこのような景色が見られるナヴィリオ運河地区は本当に貴重な存在です。2つある運河は2つ合わせて「ナヴィリオ」の複数形「ナヴィッリ」という名で呼ばれることもありますので是非覚えておいてください。春~秋は川沿いを歩けばいつだって都心に居ながら広い空と水からの涼をたっぷりと浴びることが出来るでしょう。冬のイルミネーションも有名です。

ナヴィリオ運河
住所:
Via Isonzo, 20010 Bernate Ticino MI
アクセス:
地下鉄「M2線(緑色)」でポルタジェノバ駅(Porta Genova FS)下車、徒歩約5分。
定休日:
なし
営業時間:
24時間アクセス可能

いかがでしたか?ぜひ回って欲しい主要観光スポットをご紹介しました。ミラノの美しい建築や芸術にふれて、心を癒してみてはいかがでしょう?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • イタリアのアウトレットまとめ完全版!買い物大好きな人にお...

    オシャレな町並みも多く歴史的名所も多いイタリアですが、多くのブランドもあるため買い物好きにはたまらないでしょう。最新のブランドやお気に入りのブランドが安く買える場所を紹介します。

  • フィレンツェで食べる!名物トスカーナ料理が美味すぎる

    イタリア料理は「地方の料理」と言われるほど、各地方で特色があり、それぞれ異なる個性を持っています。 本日ご紹介するのはイタリア中央部に位置するトスカーナ州の郷土料理。

  • ハイブランドを破格で!ミラノの街中アウトレットD'magazine ...

    イタリア・ミラノと言えば世界に名だたるハイブランドショッピングの聖地!正規店でお買い物も素晴らしいけど、お安く買うにはやっぱりアウトレット。ミラノにはとってもお得にハイブランドをゲットできる立地抜群なアウトレットがあるんです。その名も"D'magazine Outlet"。ぜひ訪ねてみて!

  • ヴェネツィアでイタリアン料理食べ尽し!絶品レストラン5選!

    ヴェネツィアは、観光もいいですが、グルメも最高なんです! 今回は、最高のご飯を食べさせてくれるレストランをご紹介します!あなたはどのお店がお好みですか?

  • ミラノのとっておき!頬が落ちるほどのイタリアンレストラン5選

    ファッションとデザインの街、ミラノ。イタリア随一のオシャレでモダンな街は、レストランシーンにおいても流行の発信地です。 伝統的なリストランテに最先端のバー。ミラノを訪れたら絶対に見逃せない、5つのお店をご紹介致します。ミラノ独自の文化、アペリティーボもぜひ楽しんでみて下さいね!

  • 地元の味を堪能する!イタリアグルメ~フィレンツェ・ベネチ...

    イタリアといえば、ピッツアにパスタ、リゾットと、私たち日本人が好むグルメがさまざま!でも、どんなところで食事をしたらいいのか悩んでしまったり、ちょっと敷居が高そう…なんて思っていませんか?実は、イタリアにも日本の赤提灯的なお店やカジュアルな居酒屋はたっくさん!気軽に入って食事を楽しめるうえに、数々の名店がひしめき合っています。今回は、その中でも実際に行って食べてきたフィレンツェとベネチア、ローマのオススメのお店をご紹介します!

このエリアの新着記事
  • イタリア・ローマの人気おすすめホテル15選!泊まってみたい...

    観光客に人気の街、イタリアのローマ。遺跡や歴史的建造物が現存していることから、多くの人達が見に訪れます。また、イタリアといえば、料理。パスタやピザなど、美味しい食べ物がたくさんありますよね。ということで今回は、ローマに行ったらぜひ宿泊していただきたい人気ホテルを紹介します。

  • フィレンツェで泊まるならここ!人気のおすすめホテル15選

    かつてルネサンスの中心地として栄えたイタリア「フィレンツェ」。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂やサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局 など中世を感じる観光名所がたくさん。市街中心部はユネスコの世界遺産に登録されているなど魅力たっぷりで日本からの観光客も多い街です。そんなフィレンツェで泊まりたいホテルを厳選しました。

  • 【イタリア】世界遺産アルベルベッロに行くなら!日本人経営...

    イタリア南部のワインで有名なプーリア州。最近日本からの観光客が増えたアルベルベッロに近く、世界遺産マテーラとの中間地点で観光にとても便利なB&Bです。一日一組のお客さんしかとらないというイタリア人と日本人のご夫婦が経営するB&B「レオの家」をご紹介します。

  • イタリアBAR(バール)の楽しみ方!

    イタリアでよく見かけるBAR。ヨーロッパ、特にイタリアやスペインでよく見かけるカフェですが、実は日本人が行くカフェとは少し違います。本記事ではイタリアのBARを、本場イタリア人の利用方法を交えてご紹介します。本場のやり方を真似てイタリア人になった気分でBARを楽しみましょう!

  • アマルフィ絶景付ラグジュアリーホテル4選!【南イタリア】

    ナポリの南にある港町、アマルフィ(Amalfi)。その美しさから、世界中の人々の憧れの街でもあるアマルフィの素敵なラグジュアリーホテルを4つ厳選してご紹介します。ホテルから見られる最高の景色にも注目♡

  • ナポリの観光おすすめスポット13選!鉄板スポットまとめ

    古代より多くの人々を魅了し、街全体が世界遺産にも登録されている美しいナポリの街。その美しさは、かつてナポリを訪れたゲーテが「楽園」と称したほどです。ここでは、そんなナポリの魅力を存分に味わえる代表的な観光スポットを紹介します。

  • イタリアのおすすめ人気ホテルベスト15口コミ高評価ホテル厳選!

    世界遺産や観光名所だけでもトップクラスの数を誇る南欧イタリア。個人で自由に旅行する人が増えています。滞在するホテルも立派な思い出の一つ、できれば楽しく快適に過ごしたいですよね!そこで、今回は5つの都市に絞り、おすすめ人気ホテルベスト15を一挙にご紹介。ぜひ最後までお付き合いください!

  • イタリアのアウトレットまとめ完全版!買い物大好きな人にお...

    オシャレな町並みも多く歴史的名所も多いイタリアですが、多くのブランドもあるため買い物好きにはたまらないでしょう。最新のブランドやお気に入りのブランドが安く買える場所を紹介します。

  • トリノ観光のおすすめ人気観光8選!優雅でロマンチックな街で...

    洗練されたヨーロッパの街並み、憧れますよね。中でも大人気の国の筆頭に挙がるイタリア!石やレンガでできた重厚な壁、隙間なくぎっしり石が敷き詰められた道。自然を尊重したつくりの広場には噴水から水が心地よく流れています。今回ご紹介したいのは北部にある町トリノ(Torino)。ぜひトリノの優雅な雰囲気の中で、映画に出てくるような憧れのワンシーンを体験してみてください。

  • イタリアのお土産を探している方におすすめ!人気のお土産15選

    美味しいものや、おしゃれなものなど魅力的なものにあふれている、イタリアのお土産選びには迷ってしまいますね。憧れのブランド物や、イタリア各地方で出会う小さな工芸品、美味しいイタリアングルメと、絶対買いたいイタリアのお土産アイテムをご紹介します!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事