【ヨーロッパ】美しい夜景を堪能できる!橋のあるロマンチックな街5選

3,910

views

0

歴史の重みを感じさせるヨーロッパの街並みは、昼の風景にもまして夜がとてもロマンチック。 水が流れる景色と、そこにある橋の存在は異国情緒たっぷりで、いつまでも眺めていたい気分になります。 そんなヨーロッパで、美しい橋がある5か所の街をご案内したいと思います。

1.「ローマRoma」サンタンジェロ橋/Ponte Sant'Angelo

サンタンジェロとはイタリア語で「聖天使」。つまり聖天使橋で、そばには「聖天使城」もあり、このあたりで映画「ローマの休日」の撮影が行われました。
この橋はテベレ川にかかる古代ローマを代表する石造りの橋で、紀元136年に建設され、イタリアを代表する有名な建築家ベルニーニが手がけたオリジナルの聖天使像もあります。

1953年製作のアメリカ映画「ローマの休日」のアン王女役を演じたオードリー・ヘップバーン。
ローマを訪れたアン王女が、お忍びで新聞記者ジョーと船上パーティーを訪れ、追いかけてきた警備員たちと乱闘するシーンがここサンタンジェロ橋のたもと。

テベレ川(Tevere)とサンタンジェロ城(Castel Sant'Angelo)

ロマンチックな夜を楽しませてくれるローマ市内を流れるテベレ川は、イタリアで3番目に長い川。
ローマ建国の伝説によれば、この川に流されてきたロムルスとレムスという双子を、雌狼が拾って自分の乳で育てたそうです。後にこの場所に町を建設することになり、双子の兄弟は鳥占いをして争うのですが、かくしてロムスの勝利となり、彼の名前をとって「ローマ」と名付けられました。

サンタンジェロ城(CASTEL SANT'ANGELO)
住所:
Lungotevere Castello, 50, 00193 Roma, イタリア
営業時間:
9:00~19:30
アクセス:
地下鉄A線 レパント(LEPANTO)駅から徒歩13分。
定休日:
月曜日,1/1,12/25
電話番号:
39-06-681-9111
料金:
大人10.5ユーロ
入場は18:
30まで。
※営業時間、休業日、料金については季節・時期の状況により変更する場合もございます。ご利用の際には、必ず事前にご確認下さい。
おススメの時期:
冬場は17:00を過ぎると暗くなるので、夜景がとても綺麗です。

2.「フィレンツェFirenze」ベッキオ橋/Ponte Vecchio

ベッキオとはイタリア語で「古い」。その名の通り、フィレンツェ市内を流れるアルノ川にかかる橋の中では最古のもの。屋根付きの橋ですが、渡り廊下としてメディチ家が自宅と事務所を行き来していました。
石造りの橋はとても丈夫なので、中世の時代の主な橋の上には家を建て、通行税や家賃で橋の修繕費を賄っていたそうです。
この橋は非常にシックな色合いで、中世の街並みが美しいフィレンツェに溶け込んでいてとてもロマンチック。

アルノ川(Arno)

アルノ川は、斜塔で有名なピサまで流れ、ティレニア海まで注いでいます。
ベッキオ橋のライトアップがアルノ川に映る風景は、中世の街並みのフィレンツェをさらに美しく装飾しているようです。

貴金属店

ベッキオ橋の上には、たくさんの貴金属店が立ち並び、ウインドウショッピングだけでもとても楽しいところ。
昔、ここには「お肉屋さん」が並んでいたそうですが、メディチ家の時代になってから悪臭を放つお肉屋さんから貴金属店のお店に変わりました。
お気に入りの素敵なお土産が見つかるかもしれませんね。

ウフィッツィ美術館(Galleria degli Uffizi)

ベッキオ橋を挟んで、ピッティ宮殿とウフィッツィ美術館があります。メディチ家が住居と事務所として使用していた建物でベッキオ橋の上が渡り廊下の役割を果たしておりました。
「ウフィッツィ」というのはイタリア語で「事務所」という意味で、ウフィッツィ美術館の名前の由来となっています。

ウフィッツィ美術館(Galleria degli Uffizi)
住所:
Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze FI, イタリア
営業時間:
8:15~18:50
アクセス:
中央駅から徒歩15分。ドゥーモ前広場から徒歩2~3分。
定休日:
月曜、1/1,5/1,12/25
電話番号:
39-055-238-8651
料金:
大人6.5ユーロ(18歳未満は無料)、特別展開催中は11ユーロ
最終入場は16:
45
おススメの時期:
混み合う夏のバカンスシーズンは避けた方がよいでしょう。

フィレンツエは街全体が美術館。栄華を極めたメディチ家の時代のコレクションなど見どころが満載の美術館や博物館を、数日かけてのんびりご覧ください。

3.「パリParis」ポン・ヌフPont Neuf

ローマ時代の石造りの重量感のある橋から、その後のルネサンス時代には優雅なアーチをもつ橋へと変貌いたしました。パリのセーヌ川にかかる「ポン・ヌフ」は、そんなエレガントな美しさを兼ね備えた代表的な橋。フランス語で「ポン・ヌフ」とは「新しい橋」のことですが、現存する橋の中では一番古い橋です。
映画「ポン・ヌフの恋人」でもその名前が有名になりました。
素敵です。夕暮れ時のポン・ヌフを美しいセーヌの流れとともに恋人とお散歩なんてロマンチック!

出典: taptrip.jp

夕暮れ時から夜のイルミネーションまで、セーヌのほとり沿いに散歩をするのも素敵だと思います。行き交う船を眺めて、橋の上から写真を撮ったり疲れたらカフェで休んだりとのんびり過ごすのも楽しい時間ですね。

セーヌ川(Saine)

フランスでローヌ川に次いで2番目に長い川で全長は780km。
パリ市内を流れており、街はセーヌ川をはさんで右岸と左岸にわかれています。
パリでは「右岸でお金を使い、左岸で頭を使え」という諺があるように、右岸は高級ブテイックなどが多く、左岸は美術館や大学があるためです。
セーヌ川沿いのライトアップされた建物の美しさは、そこを訪れた人にしかわからない感動ですね。

セーヌ川クルーズ(Bateaux Mouches)
住所:
Port de la Conférence, Pont de l’Alma, 75008 Paris, フランス
営業時間:
10:15~22:30
アクセス:
地下鉄Alma Marceau、徒歩5分以内
定休日:
通年運行
電話番号:
33-1-42-25-96-10
料金:
「遊覧船クルーズ」
大人 13.5ユーロ 、子供(12歳未満) 6ユーロ 、子供(4歳未満) 学生 4.2ユーロ~
「食事つきクルーズ」
ランチクルーズ - 「ドゥース・フランス・メニュー」 大人55ユーロ 、子供(12歳未満) 29ユーロ
ディナークルーズ - 「エクセレンス・メニュー」大人 155ユーロ
ディナークルーズ - 「プレステージ・メニュー」 大人99ユーロ
おススメの時期:
1年中楽しめます。
なお、運行時間はハイシーズンとローシーズンで異なります。またセーヌ川の増水などの状況で運行時間に変更が生じることもありますので現地で再確認をなさってください。

4.「ブダペストBudaPest」くさり橋

ハンガリーの首都プダペストにある吊り橋。全長380mの輝くイルミネーションが美しいドナウ川にかかるこの橋は、ブダとペスト地区を結ぶ重要な役割を果たしています。
ドナウ川はヨーロッパで2番目に長い大河で、ドイツの黒い森から東欧諸国を含む国々を通り黒海へ注いでいます。ヨハン・シュトラウスの「美しく青きドナウ」という曲は世界的に有名。
ブダペストの夜のインフォメーションは、光り輝く宝石が散りばめられたように美しいことで知られておりますが、その中でもこの吊り橋は群を抜いて綺麗。おとぎの国のイメージです。

国会議事堂

ブダペストの国会議事堂は、ドナウ川クルーズでは見逃せないフォトスポット。その姿は、まるでディズニーのお城のよう。1880年に建設されたブダペストの象徴的存在です。
ハンガリー帝国時代の豪華絢爛な内部も見事!絶対に見学に行ってみたいところですね。

王宮の丘

歴史を刻む「王宮の丘」にたたずむ「王宮」は、もともと13世紀の半ばごろに建てられたのですが、大火災や対戦などにより破壊され1950年代になってから完成したものです。そのためルネサンスやバロック様式が入り混じっており、華やかな歴史の名残を感じさせてくれます。

ドナウ川クルーズ(Legenda Sightseeing Boats)
住所:
Dock 7 Jane Haining rakpart, Budapest 1051, Hungary
営業時間:
9:00~23:15
アクセス:
マルギット橋たもと。市内中心部です。
定休日:
通年営業(川の増水などの天候にもよりますので現地でもご確認ください)
電話番号:
+36 1 317 2203
料金:
大人8.7ユーロ(ドリンク代別)/6歳から13歳は半額/5歳以下無料
1時間程度のクルーズですが、マルギット橋から乗船して国会議事堂、漁夫の砦、くさり橋、ブダ王宮、自由橋など次々にライトアップされた観光名所が目の前にあらわれます。またくさり橋は近くにいくにつれてくさりのイメージがはっきりしてきて感動ですよ。船についてはデッキの上部が最高の場所。
おススメの時期:
1年中素敵です!

5。「ロンドンLondon」タワーブリッジTower Bridge

イギリスのロンドン市内を流れるテムズ川にかかるタワーブリッジは、大型の船が通ることができるように開閉式になっています。建設当時としては世界初のシステムだったそうです。
橋の長さは244mで、左右にあるゴシック式のタワーの高さは65m、内部には展望通路と歴史博物館があります。近くにあるロンドン塔の景観と調和するように大理石で装飾されているという豪華さ。まるで中世のお城のようです。

ロンドンアイ(London Eye)

ロンドンアイ(London Eye)
住所:
London SE1 7PB イギリス
営業時間:
10:00~21:30
アクセス:
ウエストミンスター駅そば
橋からはビッグ・ベン(エリザベス・タワー)と、ロンドン・アイを眺められるスポットです。
ビッグ・ベン(エリザベス・タワー)、ロンドン・アイ共に深夜までライトアップ。
00:
00過ぎが夜景のベストフォトタイムです。
定休日:
12月25日
電話:
+44 871 781 3000
料金:
大人(16~59歳) 20.70ポンド、 シニア(60歳以上) 17.00ポンド、子供(4~15歳) 14.00 ポンド
運行時間:
【1月~3月】10:
00~20:30
【4月~6月】10:
00~21:00
【7月~8月】10:
00~~21:30
【9月~12月】10:
00~20:30
【特別運行のご案内】
12/24 10:
00~17:30
12/31 10:
00~14:30
1/1 通常通り運行
4/9~4/25 10:
00~21:30
5/28~6/5 10:
00~21:30
5月~6月の金・土曜日 10:
00~21:30
11/17 10:
00~17:30
おススメの時期:
1年中美しいロンドンの夜景をみることができます。

ロンドン塔(Tower of London)

千年もの英国王家の歴史を刻む城「ロンドン塔」は、タワーブリッジを望むロケーションに位置しており、テムズ川にかかるタワーブリッジを撮影できるベストスポットです!
また、内部の「クラウン・ジュエル」には、「アフリカの星」と呼ばれる世界最大級のダイヤモンドや煌く宝石の数々が埋め込まれた王冠が展示されています。ため息のでそうな豪華な宝石のコレクションも必見。

ロンドン塔(Tower of London)
住所:
London EC3N 4AB イギリス
営業時間:
9:00~16:30
アクセス:
地下鉄Westminster駅から徒歩2分
定休日:
通年営業
電話番号:
+44 844 482 7777
料金:
大人24.5ポンド(公式サイトからネットで購入すると23.1ポンド)
日・月のみ10:
00開館。
おススメの時期:
冬は寒すぎるのと夏の混雑時期を避けて、春か秋がベスト。

伝統的なヨーロッパの街にある橋の数々。旅行で訪れたとしても、なんとなく通り越してしまう橋にも重みのある歴史があったのです。しかも、ライトアップされたその美しいイルミネーションは言葉にならないくらい。
次の旅のプランに加えてみてはいかがですか。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 世界のクリスマスごはん!クリスマスミール【ヨーロッパ編】

    世界のクリスマスごはん第一弾!ヨーロッパの各国の伝統的なクリスマスメニューをご紹介します。パーティーメニューから、家族でほっこり過ごすクリスマスを彩ってくれるメニューまで、国の特徴・特色がよくわかるクリスマスミールが盛りだくさんです。

  • バルト三国間の移動は断然バスがおすすめ!乗り方のコツ教えます

    北ヨーロッパに3つ並んだ小さな国々、バルト三国。首都を結ぶ長距離バスを使えばラクラク移動できちゃいます!便利なバス会社"Lux Express"とチケットの買い方、乗りかたを予習してバスの旅に挑戦しましょう♪

  • 北欧グルメを一挙まとめ!旅行で食べたい絶品北欧料理8選

    海の幸や山の幸が豊富な北欧は、まさにグルメの宝庫!新鮮な食材を使った料理やスイーツは、日本でも徐々に知られてきていますね。北欧を旅したら是非食べていただきたい、極上の北欧グルメを早速ご紹介します♪

  • 一人旅ヨーロッパおすすめ観光スポット15選!世界遺産の美し...

    ヨーロッパは、音楽・美食・ファッション・建築と訪れる者の心をはなして止まない魅力の地です。そんな好奇心集まる国を一人旅するとしたら、あなたはどこを選びますか?今回は一人でも安心して旅ができる場所、とりわけ世界遺産の美しい街や村の光景に合わせて見どころなど楽しみ方をご紹介します。

  • 北欧でみるおすすめオーロラスポットまとめ!高確率で目撃出...

    太陽風が地球の磁場にひきよせられ、大気とぶつかった部分の発色が「オーロラ」と呼ばれています。まさに太陽による贈り物!北極圏では、カナダやアイスランドでも見れますが、北欧はアクティビティが充実していますし、町中でオーロラ観測ができるスポットが多いのです!早速ご案内しましょう。

  • ヨーロッパの美しい競馬場6選!エレガントな雰囲気に包まれた...

    日本で競馬というとまだまだ入りにくい世界。競馬場には行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。ところが競馬の本場であるヨーロッパの競馬場は、日本にはないエレガントな雰囲気に溢れています。競馬はもともと貴族たちの遊びであり、競馬場は紳士淑女の社交場だったのです。そこで今回は、一度は見てみたいヨーロッパの美しい競馬場を6つご紹介いたします。

このエリアの新着記事
  • カヌーメゾラ湖、イタリアアルプス

    地質学者、考古学者、自然科学者の指導によるアクティブツアー。典型的な観光ルートを離れて、イタリアの自然、風景、歴史、伝統を発見することができます。 私たちは、ハイキング、マウンテンバイク、カヌー、そして典型的な食べ物、ワイン、歴史と結びついた文化的経験などの活発な経験を組み合わせています。

  • Chandrika is the best face pack for glowing skin

    Chandrika is a skin detoxifier that helps to reduces blockage in skin layers, sluggish circulation, and stimulate lymphatic drainage because of that skin radiates from within.

  • フランクフルトのおすすめお土産15選!必ず手に入れたいスイ...

    ビールやソーセージで有名なドイツのフランクフルトで、おいしい!うれしい!と喜ばれる素敵なアイテムをピックアップしました。フランクフルトには、オーガニック製品からスイーツまで、魅力的で楽しいお土産がたくさん!ぜひ、旅行前にチェックして、自分用や大切な人のために、素敵なお土産を選んでください。

  • 北欧でみるおすすめオーロラスポットまとめ!高確率で目撃出...

    太陽風が地球の磁場にひきよせられ、大気とぶつかった部分の発色が「オーロラ」と呼ばれています。まさに太陽による贈り物!北極圏では、カナダやアイスランドでも見れますが、北欧はアクティビティが充実していますし、町中でオーロラ観測ができるスポットが多いのです!早速ご案内しましょう。

  • 北欧グルメを一挙まとめ!旅行で食べたい絶品北欧料理8選

    海の幸や山の幸が豊富な北欧は、まさにグルメの宝庫!新鮮な食材を使った料理やスイーツは、日本でも徐々に知られてきていますね。北欧を旅したら是非食べていただきたい、極上の北欧グルメを早速ご紹介します♪

  • やっぱり現地で発掘したい!可愛すぎる北欧の雑貨屋さんを巡ろう

    日本の女子たちにも大人気な「北欧雑貨」。国内にも続々と上陸していますが、現地にはまだまだ未発掘の可愛い雑貨たちがたくさんあります!今回はフィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイスランドの北欧5か国それぞれのキュンキュンしちゃうおススメの雑貨屋さんをご紹介♪

  • HISが発表する、ヨーロッパのリゾートランキング

    今も昔もヨーロッパは憧れの観光地。魅力に取りつかれて何度もリピートしている人もいれば、絶対に行きたいと思っている人も多いのでは。でもヨーロッパというひとくくりでは観光名所が多すぎて、どこがおすすめなのやら迷いませんか。そこで旅行会社HISが2016年初頭にアンケートを行った人気ランキングを調べてみました!

  • 北欧オーロラツアーにおすすめの人気ホテル5選!オーロラ鑑賞...

    北欧に旅行に行く目的のひとつがオーロラ観賞。しかし、オーロラは夜にならないと見ることができません。オーロラが見られる時間まではおしゃれで快適なホテルステイを楽しみ、オーロラ観賞のタイミングを待ちましょう!これが北欧オーロラ鑑賞旅行の楽しみ方。こんな過ごし方が出来る北欧のホテルを5つ厳選してご紹介します!

  • 【ヨーロッパ】海外ウエディングスポットおすすめ3選!お城...

    海外での挙式となると、費用がかなり高額だと思っている方も多くいらっしゃいます。実は、親族の方の渡航費などを合わせても、日本でするより安いケースも多いことをご存知でしたか?それだけ日本の冠婚葬祭の費用は高く、海外挙式はリーズナブルなところも多いのです。これから挙式を行う方は是非、海外ウエディングも参考にしてみてくださいね。

  • ヨーロッパ人気古城めぐりリスト!本物に感じる、歴史と伝説...

    伝統的な由緒ある古い建造物が多いヨーロッパの国々には、ミステリーに彩られた歴史が数多く語られています。今回は、中でも怖さを感じる伝説が残されているスリル満点の建造物をご紹介したいと思います。

このエリアの人気記事
新着記事