大阪市・鶴橋にある韓国!? プチ旅行気分が味わえるディープな鶴橋商店街を紹介

4,095

views

0

旅行しなくても、本場韓国に行った気分が味わえる?!そう、大阪市生野区のJR環状線鶴橋駅周辺には、とてもディープな本場の韓国の雰囲気が味わえます。今日はJR環状線鶴橋駅すぐにある、生野区の鶴橋商店街で本場韓国を感じられる「ここは絶対に外せないお店」を、地元生野区で幼少時育ったPRINCHIPESAが紹介したいと思います♪

大阪のディープスポット、鶴橋商店街

地元の一部公立小学校では90%が韓国系の子供という程、「日本の中にある韓国・鶴橋商店街」。そんな大阪の中でもかなりディープなスポットは、JR・近鉄線の高架下一帯に広がり、駅前すぐには鶴橋商店街、そこから更に進むと鶴橋市場・高麗市場と広がります。

JR鶴橋駅西側の商店街には焼き肉店がズラリと軒を並べています。

商店街の中に入れば、ここが日本という事を忘れてしまう程、韓国カラー一色!
衣料品店や、本場韓国の食材、キムチ専門店や焼き肉店がズラリと軒を並べます。

商店街の中は通りとブロックによって「班」で分けられています。

こんなにキムチの種類が揃うのは鶴橋商店街ならでは!
韓国料理店でも食べる事の出来ないような、珍しい種類のキムチやベーシックなキムチ、その他にもチャンジャやチジミといった韓国を代表する食べ物が!
こんなに美味しいものがイッパイありますが、商店街の中は食べ歩き禁止なので注意しましょう!

創業47年の老舗 【丸金商店】

出典: tabelog.com

JR鶴橋駅を出て、目の前の千日前通りを右折、3本目の商店街の入り口から入るとそこは11班。
その11班の中で創業47年の歴史を誇る「丸金商店」は、老舗の韓国食品専門店です。

出典: tabelog.com

丸金商店のオモニ”レイカママ”の手作り薬味にこだわった定番の白菜キムチ!豚肉と合わせて豚キムチにも最高♪

その他にもキュウリ・ダイコン・チャンジャなどの色んな種類のキムチと、韓国料理には欠かせない唐辛子やヤンニョンジャン・ゴマ油などの本場の調味料も購入できます☆

これには私も驚きました!本格手作り参鶏湯がお家で食べられるんです♪
丸金商店の自家製サムゲタンは、丸鶏のおなかの中に人参・ナツメ・松の実・もち米・にんにくを詰めたもの。1~2人前で価格は2,800円、事前の予約が必要なのでご注意を!         

丸金商店
住所:
大阪府 大阪市生野区 鶴橋 2-2-6
アクセス:
JR鶴橋駅を出て、目の前の千日前通りを右折、3本目の商店街の入り口を右折。
営業時間:
8:00~17:00
定休日:
水曜日
電話番号:
06-6717-2585

屋台と食堂で休憩しましょ♪【崔おばさんのキムチ】

JR鶴橋駅を出て、目の前の千日前通りを右折、1本目の商店街の入り口を右折してすぐ9班にある「崔おばさんのキムチ」、キムチや韓国食品の販売は勿論、お店の中に屋台と飲食店「韓国食堂チェおばさんの店」が併設されています。本場の韓国食材を使用した自慢の韓国家庭料理が楽しめますよ♪

自慢のキムチは勿論、チェおばさんの秘伝の手作り☆
人気のキムチは、定番の白菜キムチ、辛いけど癖になる白菜キムチ・辛口 、山芋たんざくキムチ、ニラキムチ、ネギキムチ。店頭販売の他に通信販売もありますよ♪

食堂では韓国キンパが大人気☆商店街の中で気軽に座って食べられるので、観光の休憩にオススメです。屋台からはチヂミの焼ける香ばしい香りが漂い、食欲倍増☆

崔おばさんのキムチ
住所:
大阪府大阪市東成区東小橋3丁目15−1
アクセス:
JR鶴橋駅を出て、目の前の千日前通りを右折、1本目の商店街の入り口を右折すぐ。
営業時間:
9時30分~20時00分
定休日:
年休無休(元旦は休み)
電話番号:
06-6972-2188

チヂミといえばここ!【新かどや "ちぢみ屋 豊山なみえの店"】

JR鶴橋駅を出て、目の前の千日前通りを右折、2本目の商店街の入り口を右折して直進、高架の手前8班にある「ちぢみ屋 豊山なみえの店」、パワフル美人3姉妹がいる韓国チヂミのお店です。
新かどやは3姉妹のお母様が経営されている焼き肉店です。

出典: tabelog.com

テレビや雑誌で何度も紹介されている有名店で、有名人のサインやテレビ番組のステッカーが沢山貼られています。
ちぢみの種類も豊富で、何といっても具だくさんでボリュームたっぷり☆
一番の人気は海鮮ちぢみ、価格は500円です♪

お箸で食べるか、クレープみたいに巻くか聞かれるのでお好きな方にしてください♪
その場で食べるなら巻いてもらいましょう!お店の前に広場とベンチがあるので、そこなら歩き食べOK♪ 
商店街の中は禁止なので注意ですよ!

新かどや "ちぢみ屋 豊山なみえの店"
住所:
大阪府大阪市東成区東小橋3-15-11
アクセス:
営業時間:
11:30~21:00
定休日:
水曜日
電話番号:
06-6981-4746

絶品チャンジャの名店!【鶴橋・キムチ宅配便 豊田商店】

JR鶴橋駅を出て、目の前の千日前通りを右折、3本目の商店街の入り口から入った奥にある「豊田商店」、創業47年の老舗でキムチ・チャンジャが自慢のお店です。

出典: www.sky-s.net

国産野菜と天然素材にこだわった豊田商店秘伝の薬味で作った「定番の白菜キムチ」は、月間15トン以上の売上実績!!実力派の名店です。英子ママの手作りの自慢のキムチは、種類も豊富でまろやかな辛さが癖になり日本中にファンがいるほど。通信販売でも購入できますよ!

出典: www.sky-s.net

創業47年、本場韓国の味を追求し続ける豊田商店の人気No.1メニューはズバリ「チャンジャ」!
ベーリング海峡の荒波で育った、肉厚で脂ののった1メートルを超える大型本マダラのみしか使用しないこだわり。カット以外は全て手作業で仕込まれる自慢のチャンジャを食べないなんて、損ですよっ!

鶴橋・キムチ宅配便 豊田商店
住所:
大阪府大阪市東成区東小橋3−17−20
アクセス:
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
水曜日
電話番号:
06-6717-3113

チョゴリを着て記念撮影ができる!【安田商店】

JR鶴橋駅を出て、目の前の千日前通りを右折、1本目の商店街の入り口から入り2本目の通りを左折した7班の右手にある「安田商店」。
韓服民族衣装のチマチョゴリの販売・レンタル、韓国寝具・雑貨の輸入販売・ネット通販を取り扱うお店です。

安田商店の2階でレンタルのチマチョゴリを選ぶことができます。
ウエディング・古典韓服・宮廷衣装など、チマチョゴリでも色んな種類が揃っています。
気に入ったものを試着もOK!

衣装が決まったら近くのスタジオで撮影スタート!
出来上がった写真はアルバムにして、約2週間ほどで自宅にメール便で届きます♪
2L判×2枚のスタンダードコースは7,000円で所要時間30分から1時間、その他にもメアメイクもつけられるプランもありますよ☆大人だけでなくキッズの撮影も大人気ですよ!

安田商店
住所:
東成区東小橋3丁目15-9
アクセス:
JR鶴橋駅を出て、目の前の千日前通りを右折、1本目の商店街の入り口から入り2本目の通りを左折し右手すぐ
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
水曜日(祝祭日および12月は営業)
電話番号:
06-6971-1262
ゆみか

皆さんの旅の参考になりますように…♡

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 大阪市・鶴橋にある韓国!? プチ旅行気分が味わえるディープな...

    旅行しなくても、本場韓国に行った気分が味わえる?!そう、大阪市生野区のJR環状線鶴橋駅周辺には、とてもディープな本場の韓国の雰囲気が味わえます。今日はJR環状線鶴橋駅すぐにある、生野区の鶴橋商店街で本場韓国を感じられる「ここは絶対に外せないお店」を、地元生野区で幼少時育ったPRINCHIPESAが紹介したいと思います♪

  • 大阪といえば!お笑いを生で見て爆笑しよう

    テレビでも大活躍の大阪出身の芸人さんたち!本場の笑いをぜひ生で体験してみませんか?ここでは、手軽にお笑いを楽しめる大阪の劇場をご紹介します。

  • 定番だけじゃない!大阪ならではの人気スポットをご紹介

    梅田や難波、USJ、大阪城、通天閣など大阪の定番スポットで遊ぶのもいいですが、大阪らしい少し穴場のスポットにも足を運んでみませんか?新たな大阪の一面の虜になるはずですよ!

  • 大阪2大名物タワー!通天閣&あべのハルカスを制覇しよう!

    2014年3月新たな大阪のランドマークとしてオープンした「あべのハルカス」と大阪のシンボルとして長年親しまれている通天閣。 まだ行ったことがない、という方のために、新しい「あべのハルカス」内の施設と大阪の文化そのものといえる「通天閣」をご紹介します。

  • 大阪・道頓堀の名物看板&フォトスポットを知っておこう♪

    賑やかな街・道頓堀には、たくさんのお店がひしめきあっています。その中から名店を探すには、店頭にある大きな看板を目印にするのが一番!道頓堀の名物看板をめぐるのも楽しそうですね♪

  • 【大阪府】定番から穴場まで大自然スポット5選

    大阪には、大阪城などお馴染みのところから大阪府立少年自然の家などあまり知られていないような場所まで、自然豊かな観光スポットがたくさんあります。 今回ご紹介する5カ所の特色や自然をそれぞれ感じていただけたら幸いです。あなたの行ってみたい場所が、この中に間違いなくあるはずです。

今週の人気記事

この記事のキーワード